東山魁夷、名画のモチーフ

 東山魁夷が1982年に描いた「緑響く」は多くの方がご存知の絵であろう。タイトルを知らずとも、その絵を見れば「あぁ、この絵ね」となるほど有名な一枚である。

 その「緑響く」のモチーフとなった御射鹿池に初めて行ってきた。毎年必ず訪れている蓼科・車山のすぐ近くであったが、なぜかこれまで足を運んだことがなかったのである。

 お気に入りの小説が映画化され楽しみに出かけたが・・・。がっかりした、見なければ良かったと云う経験をされた方も少なくないかと思うが、まさにそんな感じでありました。もとより期待はしていなかったのですが、その分を差し引いても「がっかり」と云わなければなりません。


 行った季節や時刻、天気のせいもあったかもしれません。PLフィルターを持って行っていればもう少しはましに撮れたのかもしれませんが、後の祭り。はい、後の祭り(PS)で少々いじってできる限りそれらしくしてみました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )