漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)
http://kampo.no.coocan.jp/

蟹肉豆腐(薬膳、食育)

2006-03-04 | 薬膳・食育
急に蟹が食べたくなった。蟹は冬から早春がまさに旬。そんな動機でも健康に十分良いと思う。

といっても生で食べると決まってお腹が冷えるので、要注意。
蟹に限らず海のものは生だと体を冷やす傾向があるので、冷え性や胃腸の弱い人は火を通した料理がお勧めです。
そこで、麻婆豆腐の蟹版はいかが?

ひき肉を使う麻婆豆腐より消化がよく、胃腸が弱い方やコレステロールが気になる方におすすめ。
蟹味噌は腎を強化するので老化予防にも役立ちます。
豆腐は体の潤いを補う効果があります。

蟹肉豆腐(シェロウ トウフ)
(豆腐を湯通しするのがコツ)

【材料】4~5人分
絹ごし豆腐    1丁
蟹剥き身、蟹ミソ 80g
ネギみじん切り  1/3本
ショウガみじん切り1/3個
ラード      10g

鶏がらスープ   200cc
サラダ油     大さじ1.5
塩        小さじ1
黒酢       大さじ1
砂糖       大さじ1
コショウ     少々
片栗粉      5g
老酒または清酒  小さじ1
うまみ調味料   少々

【作り方】
豆腐をさいの目に切りたっぷりのお湯に30秒くらいくぐらせ、ザルにあけ水分を切っておく。
中華鍋を熱してサラダ油をなじませ、ショウガとネギを炒めて香りが出たら、ラードと蟹肉を加えて炒め、老酒を入れる。
鶏がらスープを加えてから豆腐を入れる。
塩、コショウ、砂糖、黒酢、うまみ調味料で味を調える。
スープが沸騰したら弱火にして3分煮込む。
水で溶いた片栗粉を鍋肌に回し入れとろみをつける。
最後に艶出しのサラダ油小さじ1杯を加えて一瞬強火にして出来上がり。


豆腐を湯通しすると、水臭さがなくなり、タレをしっかりまとってくれるようになります。舌触りがぜんぜん違います。
蟹味噌のコクがショウガ、ネギの辛味とマッチ、しかも黒酢のやさしい酸味が引き締めに働いて、かなり本格派の味になりました。
(満足、満足
蟹の種類
本来はワタリ蟹が理想ですが、タラバガニのむきみで対応。蟹味噌は缶詰を使いました。

最近、テーブルに料理をのせると『食べてもいいの?』と家族に必ず聞かれるようになってしまいました。写真を撮るのが、習慣になりつつあるこの頃・・・


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
« よもぎ・桃の節句(薬膳、食育) | トップ | 梅が咲いたよ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

薬膳・食育」カテゴリの最新記事