Con Gas, Sin Hielo

細々と続ける最果てのブログへようこそ。

「ムーンライズキングダム」

2013年02月09日 23時59分07秒 | 映画(2013)
心の叫びに応えられることが素敵な人間の条件。


賢い子供、早熟な子供というのは、得てして不必要な苦労を背負い込んでしまうもの。

小さな島でボーイスカウトのキャンプに参加していた主人公・サムには、更に両親を早くに失くすというハンデが加わっている。

そんなサムが導かれるように出会った少女がスージーだ。彼女は、表向きこそ裕福な家庭に育っていたが、家族にも級友にも奇異な目で見られ疎外感を感じていた。

お互いの根底に共通する何かを見出した二人は駆け落ちを企てる。

サムが所属するボーイスカウト、スージーの家族、警察も加わって島じゅうを巻き込んでの騒動に。

固い決意の元に迷いなく進むサムとスージーに対して、大人たちはみんな何処かふらふらしていて頼りないし情けない。

家庭のこと、仕事のこと、自分のこと。当たり前だけど思う通りにいかない人生を送るうちに、はたから見れば哀れな人間になっていた。

しかしこの映画は、そんな様子を滑稽に描くだけでは終わらない。

多感な時代を思い出し理解したときから、周囲の人たちがサムとスージーに歩み寄りはじめる。

それぞれの心からの本気が集約する嵐の中のクライマックスは、全篇を通して軽めに描かれている分だけ盛り上がりを感じる(建物からぶら下がってる3人の図は、何故かマンガ的だったけど)。

そして冒頭と同じような構図で、何事もなかったかのような光景の中で、ひとまわり大きくなり結び付きが強くなったことが確実に伝わってくる静かなエンディングが光る。ぽつりぽつりとナレーションが入るエンドロールもいい。

主な配役のB.ウィリスB.マーレイE.ノートン。ちょっと頭を使えば想像がつくが、いずれも情けない大人が見事にハマる絶妙な人選だった。

(75点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 「テッド」 | トップ | 「ゼロダークサーティ」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2013-02-12 10:21:40
おはようございます、早速観られたんですね★
コメありがとです、
これはウェス作品らしさ溢れるチャーミングな作品でした。
私はあまり好みではないんだけど
ウェス監督ファンにはたまらないようで
弟なんかはかなり満足してたし海外でも評価されてますね☆
脇の役者たちが嬉々として演じてたの良かった♪
次回作にはウェスファンのジュードも出るので楽しみです。
監督人気 (クラム)
2013-02-17 01:40:00
migさん、こんばんは。

あまり好みではないんですか。
私も75点だから、絶賛ではなく「まあまあ」なのですが。
ただ、次作のJ.ロウを含め、これだけの役者が集まるということは、
やっぱりファンの裾野はかなり広いということなんでしょうね。
何作も観続けるとハマってくるタイプかもしれませんので、
そのときに自分がどう感じているかを楽しみにしようと思います。
独特な世界観 (mezzotint)
2013-03-03 00:09:28
今晩は☆彡
不思議な雰囲気でした。
好きかどうかと聞かれるとう~ん微妙ですが、、、。
映像もソフトでしたね。この監督さんの映画といえば
「MrFOX」?だったかな確か人形劇だったと思います。
主演の2人の子供がまた味があって良かったですよね。
しいて言えばサム少年がとても好きでした。
嫌いではない (クラム)
2013-03-03 02:07:18
mezzotintさん、こんばんは。

不思議なのは確かだけど、好きと言うまでにはなっていない。
というのは、ほぼ同じです。
何本か観るうちに突然ハマる作品があると、
監督全体の評価が変わってくる可能性もあると思いますが。
サム少年のキャラクターは良かったですね。
決してモテるタイプではないながらも、
女の子が引き寄せられる設定にまったく無理はなかったと感じました。

コメントを投稿

映画(2013)」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

ムーンライズ・キングダム (だらだら無気力ブログ!)
出演陣が何気に豪華。
『ムーンライズ・キングダム』 (こねたみっくす)
オーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。 独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作 ...
ムーンライズ・キングダム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(12)
[映画『ムーンライズ・キングダム』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・「小さな島の、小さな恋のコメディ・・・、というには深みもあり」・・・。  この作品も、全く予備知識がないままに観た。  かなりの傑作なのでびっくりした。  その作風でかなり有名らしいウェス・アンダーソン監督だが、恥ずかしながら、私、この監督作、...
映画「ムーンライズ・キングダム」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ...
ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから 愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作 来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました~ 監督...
ムーンライズ・キングダム ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
若きオタク職人、ウエス・アンダーソンが、ボーイスカウト版「小さな恋のメロディ」でまさかのメインストリーム進出。 時は1965年の夏。米国東北部の沖に浮かぶニューペンザンス島は、1日に2便しか船が来ない辺鄙な小島で、警察官は疲れた中年オヤジ、シャープ警部(ブル...
ムーンライズ・キングダム/MOONRISE KINGDOM (いい加減社長の映画日記)
意外と有名な俳優さんが出演・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。 1年前、お芝居が上演されている島の教会でサムは同い歳のスージーと出会い、2人は恋に落...
ムーンライズ・キングダム (風に吹かれて)
ちょっと変な人たちのアンサンブル 公式サイト http://moonrisekingdom.jp監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「 ダージリン急行」1965年、アメリカ
小さな恋の王国~『ムーンライズ・キングダム』 (真紅のthinkingdays)
 MOONRISE KINGDOM  1965年。ニューイングランド沖、周囲約26キロの小島。12歳のサム(ジャ レッド・ギルマン)とスージー(カーラ・ヘイワード)は駆け落ちをする。出会って すぐに惹かれ...
『ムーンライズ・キングダム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、       エドワード・ノートン、ビル・マー...
『ムーンライズ・キングダム』 (こねたみっくす)
オーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。 独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作 ...
ムーンライズ・キングダム(2012)☆★MOONRISE KINGDOM (銅版画制作の日々)
 恋をしに出かけよう! ふたりだけの秘密の場所へ――。 好き度:+8点=78点 公開前からとても気になっていた作品。ようやく観ることが出来ました。お話の内容はとても可愛いです。そして映像もなかなかお洒落ですね。1965年代のアメリカってこんな感じだったの...
小さな恋と子供と大人 (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。 1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避行する 一方 彼らを追う保安官や親、ボーイスカウトたちがいて・・・ 監督はウィス・....
映画『ムーンライズ・キングダム』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-11.ムーンライズ・キングダム■原題:Moonrise Kingdom■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:94分■観賞日:2月9日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・製作:ウェス・アンダーソン□脚本:ロマン・コッポラ◆ブルース・ウ...
ムーンライズ・キングダム (いやいやえん)
欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。 黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。 ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィ...