大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

ザ・フレンチ・ブルー(The French Blue)/フレンチ/天満橋

2018年05月04日 20時57分03秒 | フレンチ
 『ザ・フレンチ・ブルー』に、前回、行ったときは、何とも言えない勘が働いて、ディナータイムに訪問し、素敵な時間を過ごすことが出来たんですが、今回はランチタイムでの訪問です。今回は、プリフィックスの、2,500円のコースをオーダーしました。

 まずはアミューズです。この日は6種類用意されていて、その中から3種類をセレクトすることが出来ます。ウェブサイトには7種類と書かれているので、日によって用意されている種類数は異なるのかも知れません。




 オードブルで選んだのは、ジャガイモで巻いた天使のエビ、オリーブソースです。半熟卵もいい感じですし、添えてある野菜もいい感じです。



 
 パンは二種類出されます。



 
 スープです。



 
 メインからは米沢豚のホホ煮込みと春キャベツをオーダーしました。牛のホホ肉は珍しくありませんが、豚ホホ肉は珍しかったので…。文字通りホロホロほどけていく食感がなかなか体験できないもののようでした。



 
 デセールは、有塩バターのガトーショコラです。こちらでは、ハーブティーもおいしいんですが、今回はコーヒーにしました。



 
 

(店  名) ザ・フレンチ・ブルー(The French Blue)
(ジャンル) フレンチ
(所 在 地) 大阪市中央区島町2-2-10 天満橋コープ一階
(電  話) 06-6809-4608
(営業時間) 11:30-14:00、17:30-20:30
(定 休 日) 水曜日。祝日の場合は営業。翌日が休み
(ウ ェ ブ) http://www.the-frenchblue.com/
コメント

なにわフレンチびぎん/フレンチ、創作料理/心斎橋

2018年05月04日 19時51分52秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 『なにわフレンチびぎん』より、ゴールデンウィークのイベント情報をいただきましたので出かけてきました。福島県の日本酒をテーマにした東北応援イベントです。日本酒は14種類くらい用意されてましたけど、さすがに飲めたのは6種類でした。
 
 くらかけ豆のたいたのだそうです。枝豆に似た食感との説明があったんですが、出汁の味が染みていて、おいしくいただけました。




 気仙沼の初鰹の宿毛の塩たたきです。鰹のおいしさは感動的でした。



 
 根室産銀鰈のカマ焼きです。鰈のカマと言われて、小ぶりなものを想像してたんですが、それなりの大きさでした。



 
 冷製牛筋の赤ワイン煮です。



 
 滑川ホタルイカ高知産無農薬ブルーベリーソース掛けです。ブルーベリーソースがどのような感じなのか興味があったんですが、違和感はありません。酢味噌な感覚も残っていて、ブルーベリーの風味もあってと言う不思議な味でした。



 
 根室産の姫ホッケです。少し小さいサイズのホッケですね。



 
 根室の灯台ツブ貝と言うらしいですが、それを昆布煮にしたものです。




 

(店  名) なにわフレンチびぎん
(ジャンル) フレンチ、創作料理
(所 在 地) 大阪市中央区東心斎橋2-5-31 月虎51番館四階
(電  話) 06-6211-1240
(営業時間) 18:00-23:00
(定 休 日) 基本的に日祝休
(予  算) 6,000円くらい
(席  数) 20席(カウンター10、座敷10)
(カ ー ド) 不可
コメント