大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

ITALIAN STAND GIGLIO

2021年10月24日 06時56分58秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 以前、『あたらよ』があった近くに、また同じ様なスタンディングのワイン&イタリアンの店が出来てるなとは思っていたんですが、代替わりしたと気づくまでには、少し時間がかかりました。何にせよ、新しい店が出店したと言うことなので、言ってきました。先ずは、店構えです。



 
 看板。



 
 今回は、ワインの写真が多い目ですが、撮り忘れていると思うので、すべてではありません。一部です。先ずは、到着早々、一気飲みできる白というオーダーで出てきたのがこちら。




 カプレーゼです。キャロルセブンというミニトマトをハーフカットして、その上にバジル、モツァレラが乗せられている感じで、トマトとモツァレラを交互に挟むという感じではありません。とりあえずの一品目と言うことでオーダーしたんですが、ミニトマトが使われているというところで意表を突かれるのと、軽く振られた塩が、プチトマトの甘味を引き立ててくれます。そこにモツァレラなんですが、バジルを挟んでいるというところも細かい技を駆使していると感じさせてくれる一品です。



 
 白の二杯目。




 赤一杯目。




 穴子のソテーと野菜のミネストラ。穴子が食べたかったのでオーダーしたというのが正しいんですが、ミネストラがなんとも言えない素朴な味わいでいい感じです。ミネストラは、2~3種類くらいの少ない材料で作るスープのことです。もう少したくさんの具材を入れて作ると、おなじみのミネストローネになります。




 赤二杯目。スタンディングであることもあって、このあたりからは周囲の客たちとも会話が弾む訳なんですが、グランドオープンからまだ間がないと言うことで、飲食関係者が多いような気がしました。




 普段、パスタ類を食べないのは周知だと思うんですが、今回はお勧めだったことと、ソースが仔羊だったことでオーダーしてみました。オレキエッテです。耳たぶとか言う意味でしたか…。ソースは、仔羊とキノコの煮込みソースです。旨いです。




 赤三杯目。




(参考)
ITALIAN STAND GIGLIO(食べログ)
ITALIAN STAND GIGLIO(Instagram)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おさかなキッチン/梅田阪急三階改札内店/梅田

2021年04月20日 12時33分26秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 阪急電車の梅田駅、三階改札内に、『Osaka na kitchen』があります。以前(かなり前)は喫茶店で、阪急電車の発着を見ることができたりしたので、デートの待ち合わせに使ったりしてました。ここに、2019年07月に『Osaka na Kitchen』がグランドオープンしたんですが、2021年03月19日から、1年限定で通信販売の『フェリシモ』とコラボして『猫部パーラー』がオープンしました。メンソールは、特に猫好きというわけではないんですが、国産ワインもあったりするので、行ってきました。

 これが店構えです。売店の二階にあります。ここから見る阪急電車の発着は、それなりにワクワクしたりするので、子供連れていっても楽しめると思います。



 
 一階にある看板です。



 
 店内なんですが、一番奥にある壁面です。



 
 グラスはこんな感じ。デザインは4種類あるらしいです。



 
 とりあえず1杯目はビールです。多分、このグラスが本来の『Osaka na kitchen』で使っているグラスなんでしょう。




 ちょいのみセットです。ビール、もしくはワインと、アテ3種類盛り合わせになっています。宛ては6種類用意されているので、その中から3つ選びます。




 黒板はこんな感じ。普段は日替わりメニューが書かれているのかもしれません。




 あん肝と白ワインとだし汁のジュレがけです。




 マグロの生ハムです。ちょっと、薫香が強い気がするので、苦手な人がいるかも知れません。




 スモーク盛り合わせ(五種)、3種盛りもありました。内容は日替わりらしいです。




 水族館という名前のカクテルです。ウォッカとブルーキュラソーを使ってあるらしいです。




 店内から、阪急電車のホームを見るとこんな感じ。一番奥の席に座ったので、肝心の電車がチラリとしか写っていないんですが、カウンター席に座るとしっかりと見ることができます。




 デザートはフィナンシェですが、メニューにはふぃにゃんしぇと書かれています。




 デザートドリンクですが、アイスカフェラッテですが、アイスかふぇにゃってと、メニューには書かれています。



 
 阪急電車の改札内にあるので、入場券を購入してはいる必要がありますが、提示すると入場券分は割り引いてくれます。また、阪急電車の入場券には時間制限はないらしいので、長居しても大丈夫です。



(参考)
おさかなキッチン(梅田阪急三階改札内店)
おさかなキッチン(オフィシャル)
阪急大阪梅田駅改札内の魚料理とワインの店が「猫部」とコラボ(梅田経済新聞)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

nota/ワンバー/老松町

2021年04月15日 20時40分26秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 久しぶりに西天満界隈に来たので、Google先生に聞いてみたところ、このワインバーが出てきました。
 
 まず、看板です、店は二階にあるので、ビルの入り口に置かれている看板はシンプルです。




 オーダーしたのは、前菜三種盛りです。前菜三種盛りの一つ。水牛モツァレラチーズとフルーツトマトのカプレーゼです。




 前菜三種盛りの残りの料理なんですが、先のカプレーゼと合わせると三種類以上あるような気がしますが…。



 
 フォカッチャです。



 
 お約束のチーズ盛り合わせです。イタリアンワインを中心としたラインナップになっていて、グラスワインは10種類。料理の方は、イタリアンです。今回はバー使いでしたが、しっかりと食事も出来るようです。




(参考)
nota
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きまま酒店/日本ワイン/松屋町

2021年04月10日 12時11分37秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 松屋町駅の北側にある、国産ワインにこだわったバーと言うことだったんですが、日本酒も置かれています。メンソールが行ったときは、新型コロナで時短営業していた頃でしたので、メニューは絞っていたと思われますが…。
 
 こちらは、店の近くにある南大江公園ですが、桜が綺麗でした。



 
 店構えです。



 
 一杯目はクラフトビールという考えもあったんですが、メニューの中にシードルを見つけてしまったので、それをオーダーしてみました。




 牛肉の生ハムです。旨かったです。自家製でしょうか?。もっとたくさん食べたいです。




 キャベツピクルス&ミックスナッツ。




 クラフトジンです。左(ソーダ割)、右(ストレート)です。



 
 メインの鶏肉なんですが、ピントがずれてしまいました。






(参考)
きまま酒店
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニューヨーク/カクテル/鶴橋

2021年03月16日 12時30分50秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 久しぶりにカクテル(ニューヨーク)を飲んできました。
 
 こちらが看板。




 こちらが、ニューヨークです。




(参考)
バー イニティウム
ニューヨーク(カクテル)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ビノテカパネンカ(Vinoteca Panenca)/ワインショップ、ワインスタンド/大国町

2021年02月23日 16時35分09秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 スパニッシュワインとスパニッシュ食材の店。大国町にある『ビノテカパネンカ』なんですが、再訪問です。本当は再々訪問だったんですが、前回はほぼテイクアウトのみだったので、ブログには載せてません。スペインと言えば、シェリーですので、今回はシェリーをメインにしています。
 
 まず、生ハム盛り合わせです。



 
 チーズです。3種類ありますが、いずれも山羊のチーズです。




 ソーセージ。




 アルボンディガスという、挽肉料理だそうです。



 
 ごまめ&ナッツ。



 
 シェリーです。辛口から甘口まで…。




(参考)
ビノテカパネンカ(オフィシャル)
ビノテカパネンカ(過去ログ)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

炭火とワイン/肉&ワイン/天王寺

2021年02月19日 09時54分55秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 基本的には大雑把でいい加減な性格なんですが、その反動で、落ち込むときはかなりひどく落ち込んだりします。メンタルがヘロヘロになったときは、肉を食え。肉は正義という名言があったりするので、それに従って肉を食いに行ってきました。ちょっと食べ足りない気はするので、日を改めて塊肉を食べに行くような気はしますが…。
 
 緊急時短制限による時短営業要請のせいか、ちょっと早い時間に行ったにも関わらず、ほぼ満席でした。入り口でのチェックは手指消毒、検温に加えて連絡先まで聞かれるという徹底のしようでした。隠す必要はないので正直に伝えましたが、代わりに、担当してくれたお姉さんの電話番号も教えて欲しかったりはしました。

 先ずは、グリーンサラダなんですが、これは突き出しです。お代わりは自由だそうですが、サラダばかり食べていては、目的の肉が十分に食えず、メンタルの回復も見込めませんので、お代わりはしませんでした。




 河内鴨ロース天恵菇ラワーユッケ(1,200円)です。天恵菇が何か分からなかったんですが、大きな椎茸のことらしいです。



 
 こちらが目的の赤振りスペシャルオレイン55%(1,800円)です。



 
 ちょいと、食べ足りない気がしたので、オリジナルソーセージの中からベアラオホ(650円)をオーダーしました。ベアラオホって、確かニンニクの葉のような意味だったと思うんですが、自信がありませんので、気になる人は調べてみて下さい。



 
 炭火とワインの店名通りで、ワインも素敵なものが置かれているんですが、その風味や味わいが有名人に例えられていることでしょうか。メニューを撮影することはめったとないんですが、面白かったので撮影してみました。ちょっと上の方が読みにくいかも知れませんが、オグリキャップ以外は、すべて飲みました。






(参考)
炭火とワイン(天王寺店)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キス・イン・ザ・ダーク/カクテル/阿倍野

2021年02月15日 09時45分13秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 今回は、『キス・イン・ザ・ダーク』というカクテルです。『ピンク・レディー』という女性アイドルデュオも歌っていたと思います。先日、バーテンダーに『ピンク・レディー』のことを聞いてみたんですが、知らないと言ってました。
 
 『キス・イン・ザ・ダーク』のレシピは、ジン(1/3)、ドライベルモット(1/3)、チェリーブランデー(1/3)です。従って、マティーニのバリエーションと言えなくもないです。チェリー色の、ちょっと甘い、ロマンチックなカクテルにはなりますけど、アルコール度数はそれなりに強いので、注意しないと行けないかもです。スノースタイルになっているのは、この店のオリジナルなんだと思います。




(参考)
バー・ミスタータナカ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

40スカイバー&ラウンジ/バー、ラウンジ/肥後橋

2021年01月30日 09時01分54秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 このあたりで仕事が一段落したとき、Google先生に聞くとこの店を教えてくれるんですけど、なかなか行けずにいました。
 
 カクテル(マティーニ)、ワイン(ジンファンデル)、日本酒のあとに飲んだ極めの一杯がこれです。タコヤキ・オン・ザ・スカイと呼ばれる、こちらの店のオリジナルにして人気商品だそうです。
 
 レシピは、ジン(ビーフィーター)、ドライベルモット、ブルーキュラソー、フレッシュレモンジュース、卵白、タコヤキです。それぞれの分量までは分かりませんが、ブルーキュラソーとレモンジュースの味がかなり主張するので、ジンとベルモットはあまり入ってないんじゃないかと思います。バーテンドレスに確認したところ、それほどは使っていないそうです。上のたこ焼きは本物で、かかっているソースもたこ焼きソースです。ただし、青海苔は、それにもしたすりおろしライムとのことです。




(参考)
食べログ
公式
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バーミスタータナカ(Bar Mr. Tanaka)/バー/阿倍野

2021年01月24日 14時50分44秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 今回は、阿倍野にあるバーに行ってきました。阿倍野にもお気に入りのバーはいくつかあるんですが、なかなか行く機会がなくて、今回も久しぶりの訪問となりました。
 
 こちらは、RUSSEL'S RESERVEです。今回いただいたのは、右側にあるシングルバレルです。芳醇なバニラ香があるんですが、同時にスパイシーでもあります。アルコール度数は100プルーフ(55%)です。



 
 こちらはプースカフェ系のカクテルで、B&Bです。よく見ると二層に分かれていることが分かると思います。上層がブランデー、下層がベネディクティンというリキュールなので、頭文字を取ってB&Bと呼ばれています。ブランデーに代えてコニャックにするとC&Bになったり、ベネディクティンの代わりにドランムイを使うとB&Dになったりします。バリエーションな何通りも作れますし、頭文字だけ言われてもバーテンダーには伝わらない場合がありますので、しっかりとレシピを伝えましょう。




 プースカフェ系のカクテルが大好きだった時代があって、自分でもオリジナルの『あさやけ』なるカクテルを作ったことがあります。ただし、グレナディンシロップを使うので超甘口で、シャルトリューズ(ジョーヌ)を使うので、超度数が高いカクテルになってます。あともう一つ材料があるんですが、最近のバーは、これを置いていないので、幻のカクテルになってしまっています。
 
(参考)
バーミスタータナカ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

魚菜イタリアンサスケ/イタリアン/新深江

2021年01月18日 09時13分37秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 新深江にあるイタリアンに行ってきました。この界隈では名店と言われているらしいです。こちらが突き出しです。



 
 奥のカウンター席に座ったんですが、いわゆる日替わりのおすすめメニュー(黒板メニュー)が真後ろにあるので、振り返って確認し、カウンターに置かれている定番メニューを確認し、かなり悩んでオーダーしたのが前菜の森泡でです。本当はもう少しボリュームがあるんですが、ハーフサイズにしてもらっています。



 
 こちらはタイのかまのオーブン焼きです。値段から推察するに、もう少し小ぶりなものが出てくると思ったんですが、意外に大きなポーションだったのでびっくりしました。



 
 最後は、牛ホホ肉の煮込みです。



 
(参考)
魚菜イタリアンサスケ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の酒/バーインティウム(鶴橋)

2021年01月10日 09時56分20秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 久々に行ってきました。画像は、オリジナルの洋なしを使ったカクテルです。




(参考)
バー イニティウム
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラリティ(RARITY)/バー/心斎橋

2020年12月20日 09時54分12秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 心斎橋にある、もう老舗と言って良いほど以前からあるバーです。久しぶりに行ってきました。地下とは思えない広さと、バブリーな時代を思い起こさせてくれる空間は昔の通りでした。当たり前なんですが…。
 
 というところで、1杯目はマティーニです。三角形の、いわゆるカクテルグラスではないグラスなんですが、マティーニにはオリーブが添えられるので、こうしたグラスの方がオリーブの据わりが良いのかも知れません。


 
 
 二杯目はアードベックのソーダ割りなんですが、画像はありません。3杯目はゴッドファーザー。ウィスキーとアマレットのカクテルです。右側にあるのはビーフジャーキーです。


 
 
(参考)
ラリティ(RARITY)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヨコボリ/立ち飲み、ワインバー、中華料理/北浜

2020年12月19日 09時39分00秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 北浜と言っても東横堀の近くなんですが、立ち飲みのワインバーがオープンしたという情報を得たので言ってきました。店主は創作中か料理の店で働いていたと言うことで、フード類は中華系やエスニック系のものが用意されています。中華料理とワインというのは、意外と合わせにくいので、その辺りも興味があったりしました。



 
 先ずはビールをオーダーして飲み終わったあと、さっそくワインをオーダーしてみたんですが、出てきたのがこちらでした。




 カマンベールチーズですが、乗せられているのは自家製のXO醤です。チーズとXO醤で、両方とも発酵食品というところもあるんですが、チーズもXO醤も、どちらも単独で酒のアテとなるものですから、その相性は抜群です。




 ライムのタコマリネ。薄切りになっているのはジャガイモです。乗せられているのは香菜です。




 ワイン、2杯目です。




 よだれ白子だそうです。



 
 炙り鯛と香草油淋ソースです。香辛料とワインを合わせるのは難しくて、一般的に言われているのはピノノワールですね。あとはアルザス系。このあとも何杯かワインを飲んだんですけど、あまりボディーのある赤ワインはでてこなかったです。




 麻婆チーズ。豆腐は入っていません。



 
 ワイン、3杯目。




 大人のポテトサラダです。どこが大人のサラダなのかと聞いてみたところ、ジャガイモではなく里芋を使っているところと、クリームチーズを使っているところだそうです。




 ワイン、4杯目。4杯目と書いていますが、ボックスワインを1杯飲んでいますので、正確には5杯目。これにスターターのビールと、やっぱり中華料理には紹興酒だろうと言うことで、紹興酒も飲んでます。



 
 フォーチューンくっきー!があって、50円でした。大吉は良いんですが、デートの電話はなかったですねぇ。それ以前に、電話っていつの時代の話だと言うことなんですが…。



 
 こちらは鶏の唐揚げ感ですが、LOVE PAKU唐揚げだそうです。何がLOVE PAKUなのかと効いてみたところ、LOVE PAKUという調味料を使っているそうです。並べて写真を撮ってみました。




 グランドオープンはほぼ二週間前の12月01日なんですが、すでに常連がいて、オープンと同時にかなり混雑します。このあと、隣にいたギャルズ軍団とワインで乾杯しましたから、結局ワインだけで6杯。ほぼボトルが開いた感じですかね。

(参考)
ヨコボリ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小沢バー/バー/谷町六丁目

2020年11月29日 09時11分00秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 谷町六丁目と松屋町の中間くらいにあるバーで、たまに行ってます。
 
 最近、バーではソーダ割りしか飲まないような気がしていますが、ウォッカ・マティーニを愛した初代ジェームズ・ボンド役のショーン・コネリーがお亡くなりになってから、1杯目はジン、ウォッカを問わずマティーニをオーダーすることが多いです。こちらは、マティーニです。



 
 カウンターに、ニッカのセッション(SESSION)というウィスキーが置かれていたので、ストレートでオーダーしてみました。国産以外の原酒もブレンドしたという話で、少し華やかさが感じられます。



 
 こちらは、金柑を使ったカクテルです。



 
(参考)
小沢バー
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする