大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

有(浪速割烹/南森町)

2015年12月24日 14時09分31秒 | ジャパニーズ
 有名店なので、特に店に関する情報は書きません。クリスマスを含む一週間くらいというのは、フレンチ、イタリアンはクリスマス特別メニューが用意されて、なぜか若干価格が高く設定されて、それでも混むからサービスは低下するしと言うことで、和食か中華料理か、そうでなければ焼き鳥を楽しむことに決めているので、今年はなにわ料理の『有』を訪ねてみました。

 まずは、突き出しです。高さのある盛り付けなので、下の方はピントが外れてますが、安いカメラなので、我慢してください。白和えですが椎茸も入っていて、良い感じのアクセントになっています。日本酒を味わいたいという思いがあったので、ビールは一番小さいサイズにしました。で、白和えを食べながらメニュー構成を決めようと思ったんですが、単品メニューが80種類以上あると思うので、初訪問であることも考えて、おまかせでお願いすることにしました。おまかせは3種類用意されていて、7,000円から12,000円までありました。



 
 最初は、海老芋の腕物です。中央にある黄色いものはマスタードです。ものすごく濃厚です。ポタージュスープかと思うくらいですが、白味噌の甘さ、旨さが最高です。



 
 造りの盛り合わせは三種類なんですが、よこわ、しめさば、ヒラメです。手前の台形のものは海苔です。醤油は、2種類用意されました。しめさば用には、生姜を溶いたものが出されました。軽く締めただけなので、さばの旨味が十分に堪能できます。



 
 ブリ大根です。同じサイズの立方体に、面取りされて用意された大根に、なぜか感動したりしました。大根の表面に黄色いものが見えると思いますが、柚の皮をすり下ろしたものです。ブリ&アイコンと言えば定番なんですが、柚が加わるだけで別の料理のように感じられます。



 
 酢の物ですが、蟹と林檎の酢の物です。酢は押さえられていて、林檎の酸味がかき消されることもなく、柔らかな酸味と蟹との出会いも良い感じです。



 
 山椒とじゃこのパンです。こちらは外部の業者に委託しているようです。山椒の味とじゃこの味が、ほのかに感じられます。



 
 こちらは牡蠣と鱈の白子をゆずと白味噌で仕立てたものです。ちょっと前半の海老芋の腕物と味がかぶっているところが気になるところではありますが、白身の旨味は更に凝縮された感じです。白味噌が掛けられているので分かりにくいと思いますが、中には牡蠣(的矢産)と、鱈の白子が入っています。非常に濃厚なので、日本酒も旨味の強いものに変えたほどです。それでもこれだけで一合飲めちゃった。



 
 こちらは、雲丹と引き上げ湯葉です。先の料理が濃厚だったので、雲丹があっさりに感じられてしまう感じですが、雲丹と湯葉の食感に琥珀案の感触が相まって幸せになれます。



 
 蜜芋の揚げ物です。かなり不思議な食感で、芋のホクホク感と甘さ、何かは分からないけど、シャクシャク感があります。きゅうりのような感触です。ひじきが入っているのは見て分かる通りです。



 
 最後は、鴨ひじきご飯です。汁物(シジミ)は白味噌ベースなので、この日のテーマとして白味噌があるのかもしれません。



 
 氷菓なんですが、丹波の黒豆を使ったプリンです。プリンも旨かったんですが、丹波の黒豆が最高に旨いです。





 何を食べても絶対の安心感があります。今回は7,000円のおまかせだったんですが、9,000円や12,000円のおまかせが、いったいどんな感動があるんだろうかとの期待もありました。




(店  名) 有
(ジャンル) 割烹
(所 在 地) 大阪市北区東天満1-9-17
(電  話) 06-6232-8558
(営業時間) 17:30-23:00
(定 休 日) 日曜日、祝日の月曜日。
(カ ー ド) 可
(予  約) ベター
(予  算) 10,000-15,000円
(座  席) カウンター8、4人テーブル×2、6~7人テーブル個室×1、2名完全個室1
(備  考) 完全禁煙。店外に椅子と灰皿があります。
コメント

莉玖(割烹/京町堀)

2015年12月20日 15時54分14秒 | ジャパニーズ
 話題の店なので、一度行ってみたいと思って予約を入れてみたんですが、半年前にはとれませんでした。今回、半年ぶりに連絡を入れたところ、幸いにも予約を取ることができました。料理は7,500円のコースの物です。
 
 まずは、突き出しですが、胡桃の味噌和えです。黄色く見えているのは麩。画像では分かりにくいと思いますが、ゴボウなどの根菜が入ってます。



 
 造りの盛り合わせです。左下はノドグロなんですが、口の中で溶けました。少し炙ってあったからだとは思うんですが、こんな食感のノドグロは食べたことはなかったです。感激です。白身は二種類。手前はあこう、後ろはヒラメ。奥の赤身はブリです。



 
 腕物です。左はエビの真薯、右は銀杏饅頭です。見えにくいですが、奥に小芋がいます。



 
 焼き物ですが、甘鯛です。甘鯛と言えば鱗焼きなんですが、ここで出された物は、鱗だけを取って揚げたものです。手前の斜めに立てかけられたようになっているのが鱗部分で、身は後ろにあります。身と鱗を分けて食べたことがないと言うこともあって、すごく印象的だったんですが、こうした方が食べ易いとも思うし、鱗のカリカリした食感と、ふっくらとした身の食感を対照的に楽しめるのも楽しいです。




 八寸です。貝柱、ピーナッツ豆腐などです。



 
 鴨です。添えられているのは、ネギ味噌です。確かに鴨にはネギなんですが、ネギ味噌という形で出されるとは意表を突かれました。彩りも鮮やかです。



 
 天ぷらの盛り合わせです。盛り付けもすてきです。見たとおりの内容なので、説明はいらないと思いますが、赤い物は満願寺唐辛子だそうです。



 
 飯物ですが、鯛茶漬けです。まずはそのままで…。



 
 しばらく食べ進んだら、出汁茶漬けにします。



 
 冷菓です。手前は金柑です。奥の物は、カステラに見えますが、プリンです。これも表現できないくらいおいしかったです。



 
 最後は、ちんすこうです。茶漬けの時には焙じ茶が出されるんですが、ここでは煎茶が出されます。このあたりの気遣いはうれしいところです。



 
 2015年も、いろいろな店に行きましたけど、一番に感激した店です。



(店  名) 莉玖
(ジャンル) 割烹
(所 在 地) 大阪市西区京町堀1-7-12 京町堀パートナーズビル一階
(電  話) 06-6450-8301
(営業時間) 12:00-15:00、18:00-22:00
(定 休 日) 月曜日
(席  数) カウンター10、個室(2席×1、4席×1)
コメント

朝な夕な(日本酒&おばんざい/福島)

2015年12月17日 13時58分32秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 このあたりはよく通るんですが、前回、通った時にはなかったような気がします。以前は、記憶が正しければ、寿司屋だったと思います。グランド・オープニングは2015年08月とのことですから、半年以上ぶりなんでしょう。店に入ってメニューを見るんですが、フードメニューは1ページ程度であるにもかかわらず、日本酒メニューは3ページを超えてます。
 
 さて、突き出しなんですが、糸こんにゃくのたらこ和えです。




 最初にオーダーしたのは、おばんざいの三種盛りです。おばんざいはいろいろと用意されていますが、その中からのおすすめを三種類盛り合わせにしてくれます。左からプチトマトのマリネ、鶏肉はくさいロール、豆もやしナムルです。プチトマトのマリネが好みの味だったので、後で女将に聞いたら教えてくれました。ただ、酔っ払ってたので、帰宅することには綺麗さっぱり忘れ去ってました。ちなみに、画像はありませんが、プチトマトは追加オーダーしました。



 
 続いて、ブリの造りです。画像で分かる通りで、良い色艶です。



 
 椎茸です。



 
 国産牛のイチボの炙りです。



 
 奈良漬けです。



 
 鶏の唐揚げ。



 
 日本酒の取りそろえが多いので、酒好きを誘って4人ぐらいで行くのが良いと思います。1人で行くにはもったいない。


(店  名) 朝な夕な
(ジャンル) 居酒屋/日本酒の取りそろえが豊富/福島
(所 在 地) 大阪市福島区福島6-22-11
(電  話) 06-7182-3446
(営業時間) 11:30-15:30、18:00-26:00(月~金)、11:30-26:00(土日)
(定 休 日) 不定休
(席  数) カウンター10、2人掛けテーブル×2
コメント

釣り船/海鮮系居酒屋(東心斎橋)

2015年12月17日 13時13分16秒 | その他
 関西の釣り名人である、安田明彦さんのお店です。オール阪神の出ているテレビ番組『ビッグ・フィッシング』によく出演されています。店では、亭主が自ら釣り上げた魚たちを使った料理を提供してくれるようです。今回は、釣り好きの友人から誘われたので行ってきました。
 
 これは突き出しです。4人で行ったので4人分です。



 
 箸置きも魚です。



 
 造りの三種盛りは、左はメジロ、右上は鯛、左下はヒラメです。



 
 次に出てきたのは南蛮漬けです。分かりにくいとは思いますが、奥にあるのが鰺、手前にあるのは太刀魚です。



 
 こちらはイカ料理ですが、この店の名物料理らしいです。



 
 カリカリサラダです。造りで出されたメジロ、鯛、ヒラメを揚げた物が乗せられています。



 
 牡蠣フライ。ちょっと油の切りが悪かったような…。



 
 骨せんべい。



 
 メジロの煮付け。



 
 グレの海鮮丼。



 
 デザートは林檎でした。





(店  名) 釣り宿
(ジャンル) 居酒屋/海鮮料理
(所 在 地) 大阪市中央区東心斎橋2-7-11 平和ビル二階
(電  話) 06-6211-8383
(営業時間) 18:00-22:30
(定 休 日) 日祝
コメント

くい蔵/うどん、そば、居酒屋/森ノ宮

2015年12月15日 08時48分23秒 | 麺類
 麺類は、よほどのことがなければ食べることはなくなってしまったんですが、それでもたまに食べたいと思うことがあります。そんなときに、気軽に足を運べる店を持っていることは財産ではあるんですが、なかなか難しいところもあります。今回、夜は居酒屋としても使えるうどん、そばの店があると聞いたので行ってきました。




 まずはきゅうり酢です。



 
 やっぱり肉が食べたいというところで、自家製ローストビーフです。予想したよりも量が多かったのでお得感があります。



 
 たこわさです。たこわさも、普段は食べないので、なぜオーダーしたか不思議なんですが、たこわさです。



 
 キムチです。



 
 かなり迷ったというか、元々はうどんを食べるのが目的だったんですが、とろろそばの方が魅力的に思えたので、とろろそばになりました。



 

(店  名) くい蔵
(ジャンル) うどん、そば、居酒屋
(所 在 地) 大阪市東成区中道1-10-5
(電  話) 06-6971-4892
(営業時間) 11:30-14:00、17:00-23:00(日、水~土)、17:00-22:00(月)
(定 休 日) 火曜日
(席  数) カウンター14、テーブル14、二階に座敷12畳、9畳
コメント

スパイスカレー ジッキン(カレー/谷町四丁目)

2015年12月15日 08時05分39秒 | カレー
(今日の昼食)
 玄米キーマカレー・ぜんぶ乗せ(1,100円)




(解説)
 今週は、本当の体調がボロボロで、普段は食べない昼食を、今週だけで2回も食べてしまいました。しかも、2回ともカレーです。
 
 さて今回は、谷町四丁目近くにある『スパイス・ジッキン』での昼食となりました。この店のメニューは玄米キーマカレー一本です。スパイスもホールで使っているらしいので、たまに八角(スターアニス)とかカルダモンとかの爆弾が炸裂します。今回、食べた限りでは、カルダモンの鞘は外してあるし、かなり丁寧に砕いてあるので、爆弾に当たっても、それほどの影響を受けることはないでしょう。
 
 ぜんぶ乗せなので、生卵、チーズ、激辛ハラペーニョ、ピクルスなどすべて乗ってますが、生卵は不要だった気が…。


(店  名) ジッキン
(ジャンル) カレー
(所 在 地) 大阪市中央区徳井町2-2-14 ラフォンダ
(電  話) 非公開
(営業時間) 11:00-14:30(ルーがなくなり次第終了)
(定 休 日) 不定休
コメント

カミノザ(カジュアル割烹/農人橋)

2015年12月14日 21時38分24秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 記憶が正しければ、前は焼き鳥屋だったところです。工事してたので、別の店がオープンするんだろうとは思ってたんですが、すてきな店がオープンしてました。盛り付けを見ていると、最近のイタリアンを想起させてくれるんですけど、大将に洋食系の経験があるのかどうかについては聞き忘れました。
 
 今回は、初訪問と言うこともあってお任せコースです。コースは3,800円、5,300円、6,800円の三種類あるんですが、今回は、真ん中の5,300円コースをオーダーしてみました。
 
 突き出しの鰹です。胡麻風味の味付けになってます。上の乗せられているのは、とんぶりです。白いものは長芋かと思ったんですが、ひょっとするとクリームチーズが入っているかもしれません。このあとの料理もそうなんですが、なにやら秘密の隠し味が仕込まれている感じで、いずれもストレートではないです。メンソールも、いろいろ大将とはいろいろと会話したんですが、いずれも外しました。(^^;)。




 前菜です。このおしゃれなレイアウトはなんでしょうか?。左から知らす紅おろし、ブルーチーズ豆腐、シメジ酢味噌、大根、小芋&アンチョビ、最中です。ブルーチーズ豆腐は、普通の冷や奴の上にブルーチーズをのせたものが出ると思ってたんですが、ブルーチーズを練り込んで作った豆腐みたいです。なので、ブルーチーズのインパクトはないですが、柔らかな雰囲気の味わいになってます。最中は、一口で食べちゃったので中に何が入っていたか分からないんですが、たぶんチーズじゃないかと…。ただし、大将に確認していないので分かりません。




 続いては造り。よこわ、鰆です。奥にあるのは鶏肉です。中央にあるのは醤油造りのために仕込んだ大豆なんですが、まさしく醤油代わりに使えます。単独でも、酒のアテとしては十分行けるので、是非、メニューに加えてほしいです。




 立体的な盛り付けなので分かりにくいですが、達大生です。上に乗せられているのは野菜のチップスです。




 鯖の幽庵焼きです。レイアウトとしては楽しいんですが、美しい写真を撮るためのアングルって難しいです。フォトグラファ泣かせです。乗せられているのはマスタード。菊芋には酢が効かせてあってメンソール好みと言うことはあるんですが、マスタードと酢のコントラストも良いです。




 煮穴子の天ぷらです。文字通り、煮穴子を天ぷらにしてます。




 生牡蠣です。このポイントで生牡蠣を持ってくると言うことは、よほど自信があるんでしょう。箸休め的な感覚なんでしょうか?。乗せられているのはポン酢のジュレです。ジュレなので、濃厚です。一気食いが吉です。




 飯物についてくる香物です。



 
 実は、酒がちょいと余ったと言うことで、鮒寿司をオーダーしました。従って、コース外の料理です。鮒寿司は好き嫌いがあると思うんですが、メンソールは好きです。右下にある米だけでも酒のアテになるんですけどね。乳酸菌も十分含まれていますし…。




 ご飯はたこ飯です。生姜がよく効いていました。




 味噌汁です。




 デザートがあったんですが、杏仁豆腐です。






(店  名) カミノザ
(ジャンル) カジュアル割烹
(所 在 地) 大阪市中央区農人町3-1-25
(電  話) 050-5571-5161(予約専用)、06-6942-7190(問合専用)
(営業時間) 11:00-14:00、17:30-23:00
(定 休 日) 日曜日
(席  数) 7席(一階)、16席(二階)
(カ ー ド) 不可
(備  考) 完全禁煙
(ウ ェ ブ) http://kaminoza.jp/
コメント

ヌワラカデ(スリランカ料理/阿波座)

2015年12月13日 23時30分59秒 | カレー
(今日の昼食)
 ヌワラ・プレート(マトン、1,500円)




(解説)
 普段は、昼食は取らないんですが、体調不良で、大量にスパイスを摂取する必要がありそうでしたので、阿波座にある話題のスリランカ料理の店でのランチです。ヌワラ・プレートは、チキン、ポーク、フィッシュ、マトン、エビから選べるんですが、今回、選んだのはマトンです。イノシシカレーも気にはなったんですが、今回が初訪問なので、おすすめのヌアラ・プレートにしました。
 
 エスニックなカレーは、スプーンを使わずに手で食べます。蟷螂拳の影響があるのか、指3本で食べてたんですが、スリランカでは指を5本とも使うらしいです。
 
 ちなみに、手食でないとオーダーできないサイバル・キャーマなるメニューがありました。


(店  名) ヌワラカデ
(ジャンル) スリランカ料理
(所 在 地) 大阪市西区江之子島1-6-8
(電  話) 06-6443-4636
(営業時間) 11:00-15:00、17:00-22:00
(定 休 日) 不定休
コメント

カゼウス(チーズ専門店/高槻)

2015年12月13日 22時48分47秒 | その他
 昨年末に高槻にグランドオープンニングしたチーズ専門店。大阪にも、気に入りのチーズ専門店があったんですが、なくなっちゃったんですよね。今回は、京都での要件があったので、その帰りに立ち寄ってみました。




 イート・インもできるんですが、ワンフード、ワンドリンクなので、悩んだ末に、最初の一杯はシメイ(白)に決定。今回、京都での要件があって、その帰りだったんですが、結構ヘロヘロ状態だったので、まずはビールとなったわけです。




 チーズは30種類程度の取りそろえがあるんですが、最初と言うことでチーズプレート(5種盛り、3,000円)をオーダーしました。上はブリー・ムランですかねぇ。ブリーと言えば、白カビのチーズでブリー・ド・モーというサイズの大きなカマンベールが思い浮かぶんですが、ブリー・ド・モー、ブリー・ド・ムラン、ブリー・ド・クロミエがブリー三兄弟とか言われてます。アンモニアな感じなので、チーズを食べ慣れていないとちょっと無理かも…。

 右はスティルトン、下はゴルゴンゾーラ、左はエポワス、中央はテット・ド・モワンヌです。



 
 チーズの取りそろえは30種程度。それぞれ350円から味わえます。チーズと言えば、ワインなんですが、こちらでは日本酒とのマリアージュも研究されていて、しかも冷や酒ではなく巻をした場合の相性を初めて体験してみたんですが、原酒あたりの味わいの濃い日本酒をとチーズの相性はなかなかでした。あと、マディラ酒もいろいろと取りそろえられていました。マディラは好きなんですが、ワインバーに行っても複数種類飲めるという店はほとんどと言って良いくらいないので、マディラを飲むためにだけでも通いたくなる店です。

 チーズプレート以外にも、ゴルゴンゾーラとパンチェッタのポテトサラダとか、チーズフォンデュとか、パスタなどのメニューもあります。


(店  名) カゼウス
(ジャンル) チーズ専門店
(所 在 地) 大阪府高槻市小曽根1-11-20 サポートプラザ一階
(電  話) 072-669-8949
(営業時間) 15:00-22:30(火~土)、13:00-20:30(日祝)
(定 休 日) 月曜日(祝日の場合は営業)
(席  数) カウンター6、テーブル12
(カ ー ド) 不可
(備  考) 完全禁煙

(参考)
カゼウス(2)
コメント