大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

マヌカ本町店/ニュージーランド料理/本町

2018年09月26日 19時49分41秒 | その他
 本町にある、グラスフェッドビーフをスタイとした料理が味わえる店です。ワインもニュージーランド産がメイン。ニュージーランド産のウィスキーもメニューにはあったんですが、今回は飲めませんでした。タイミングを逃してしまって…。今回は、おすすめのコース(4,000円)をーダーしたので、メニューを見ることはなかったんですが、ラムチョップとかも食べられると思います。
 
 今回は、多人数で訪問したことと、グループ内での会話が弾んでしまったので、料理の説明が聞き取れませんでした。なので、画像のみです。
 
 最初の料理ですが、エビです。乗せられているのは、ドライトマトだと思います。シンプルなんですが、エビのプリプリ感と旨みが十分に堪能できました。




 鴨のスモーク。



 
 サーモン。鴨のスモークのところにもビーツが使われていましたけど、ビーツはニュージーランドの特産品みたいですね。



 
 豚バラ肉です。乗せられているのはショートパスタの一種でリゾーニです。濃厚な味わいでした。ニュージーランドの赤ワインと言えば、ピノノワールを使ったものが多かったと思うんですが、フランスのピノノワールに気品が感じられるのに対し、ニュージーランドのピノノワールには元気さが感じられるような気がします。



 
 メインは、牛バラです。



 
 デセールです。



 
 普段コーヒーは撮影しないんですが、持ち手の形状が特殊なのと、指先にしっかりとフィットして持ちやすかったので、撮影してみました。





(店  名) マヌカ本町店
(ジャンル) ニュージーランド料理
(所 在 地) 大阪市中央区本町4-4-5 ナカノビル一階
(電話番号) 050-5593-6986
(営業時間) 11:30-15:00、17:30-23:00
(カ ー ド) 可(JCB、AMEX、Diners、Master)、電子マネー不可
(席  数) 40席
(喫  煙) 完全喫煙。入り口手前に喫煙スペースあり
(ウ ェ ブ) http://manuka-nzl.com/store
コメント

ブリューパブ センターポイント/クラフトビール、肉/中崎町

2018年09月21日 18時08分53秒 | その他
 そういえば、中崎町にもクラフトビールの店があったはずだと、ふと思いだしていった店です。ブリューパブは、谷町四丁目にもあって、そちらが一号店。中崎町が二号店だそうです。

 セルフ形式なんですが、フード類は入り口近く、ドリンク類は一番奥で、キャッシュオンデリバリー形式でオーダーします。ドリンクコーナーの横手には、醸造スペースがあって、ちょうどホップを投入するところでした。なので、麦の甘い香りが立ちこめていました。
 
 右側の三つですが、大麦のロースト度の違いを見せるためのサンプルです。よくローストした黒い麦から作ると黒いビールができあがるわけですが、苦みも強くなるので、基本的にはホップの量が少なくなり麦の味がしっかりと楽しめるビールになるわけです。左端においてあるのはライ麦です。本来、大麦で造るビールに、少量のライ麦やオーツ麦を添加することもある様です。ちなみにライ麦を追加すると、味わいがスパイシーになるそうです。オーツ麦を使った場合に、どのような味になるかは聞き忘れました。




 まずはケルシュです。最近、どの店に行ってもIPAなので、ちょっと飽きてきたところだったので、ケルシュは嬉しいです。ドイツのケルン地方で作られるので、ケルシュと呼ばれていて、めだった派手さはないですが、何杯でも飲めてしまう感じです。こちらの店では、仕込み日、アルコール度数、IBU(International Bitterness Units)、醸造担当者名などもしっかりと記載されています。ちょいと調べてみたんですが、IBU値は、一番搾りが21、エビスが25、モルツが21です。日本で売られているビールのIBUは、だいたい20前後と言うことでしょう。



 
 こちらがフードとしてオーダーしたちょいもりコンボです。肉は二種類選べるんですが、今回はサーロインとブリスケにしてみました。合わせて150グラムあります。画像を見ると、余り量がないような気もするんですが、左手にあるサイドメニューの胡瓜のピクルスからサイズを想像してみてください。なかなかヘビーでした。



 
 こちらはイングランドパブでは定番のベストビター。泡を乗せないタイプのビールらしいです。




タドポールクアドルペルという名前でしたが、タイプまでは覚えていません。クアドルというのは、文字通り四倍という意味です。ダブルIPAだと二倍濃いIPAですね。麦芽やホップをしっかりと使った味わいの深いビールでした。



 
 
 

(店  名) ブリューパブ センターポイント
(ジャンル) クラフトビール、ステーキ
(所 在 地) 大阪市北区浮田2-5-8
(電話番号) 050-5595-3433
(営業時間) 12:00-14:00(ランチ)、15:00-23:00(ディナー)。ランチは土日祝。
(定 休 日) 不定休
(席  数) 40席。ブランコあり
(ウ ェ ブ) http://brewpub.co.jp/brewpub-center-point/
コメント

マルカ カフェ・アンド・ビア・ファクトリー(Marca Cafe & Beer Factory)/ビアバー、ダイニングバー/北堀江

2018年09月21日 11時50分22秒 | その他
 何かと話題の、北堀江にあるブリュワリーのマルカです。基本的に、地図は頭に叩き込んでから移動するんですが、ちょっと見積を間違ったようで、北浜から歩いて行くのは辛かったです。若い頃は、梅田→難波くらいは平気で歩いてたんですが…。
 
 さて、一杯目です。




 二杯目は、ヘイジーIPAです。先日、堺東でも飲みましたが、ちょっと違うイメージでした。ロットが違うのかも知れません。



 
 三杯目ですが、カツオ出汁の香りと味が漂うビールです。ハーフパイントでオーダーしたんですが、途中でタルが空になってしまったので、この容量です。



 


(店  名) マルカ カフェ・アンド・ビア・ファクトリー(Marca Cafe & Beer Factory)
(ジャンル) ビアバー、ダイニングバー
(所 在 地) 大阪市西区北堀江3-7-28
(電  話) 06-6710-9487
(営業時間) 18:00-23:00(月~金)、15:00-23:00(土)、15:00-21:00(日)
(定 休 日) 年末年始
(席  数) 15席
(喫  煙) 完全禁煙
(ウ ェ ブ) http://beermarca.com/
コメント

カクレンガ/洋食(ステーキ)、ジャズライブ/四天王寺夕陽丘

2018年09月19日 14時29分51秒 | その他
 四天王寺夕陽丘の近くでセミナーを受講することが多いんですが、終了時刻が16:00頃なんですよねぇ。せっかく四天王寺に足を伸ばしたのであれば、四天王寺の地元グルメを堪能したいと言うことで、検索して見つけたのが『カクレンガ』です。
 
 いわゆる、学園坂の途中にあります。



 
 アメリカのクレオール料理が楽しめる店ですが、定期的にジャスのライブイベントもある様です。通しで営業してくれているので、便利です。まずオーダーしたのが、マカロニチーズです。マカロニを二種類のチーズで焼き上げたものです。



 
 続いてはメインのアメリカンステーキ(ハラミ)です。






(店  名) カクレンガ
(ジャンル) 西洋料理、ライブハウス
(所 在 地) 大阪市北区西天満4-1-11
(電  話) 050-5589-9129
(営業時間) 09:00-23:00(平日)、11:00-23:00(土日祝)
(定 休 日) 不定休
(席  数) 40席
(カ ー ド) 可、電子マネーは不可
コメント

ヒビノビア/ビーアバー、クラフトビール/堺東

2018年09月15日 14時08分19秒 | その他
 何かと話題のクラフトビールですが、今回は堺東にまで足を伸ばしてみました。堺東にまで来ることはあまりないんですが、駅を降りると見慣れた風景が広がっているのでちょっと安心したりはします。開発されて、少し町並みが変わってしまっているところはありますが…。
 
 さて、店は、堺東駅からすぐのところにあります。先入観を持たれるのが好きではないので、余り店の情報は書かないようにしてるんですが、営業時間帯と営業形態について少し説明しておきます。14:00-17:00はアフタヌーンタイムです。ビールのオーダーはできますし、ショップで売られているビールを抜栓してもらうこともできますが、フード類が軽食のみになります。17:00-23:00まではフードがフルメニューになります。ディナータイム(17:00-23:00)は、チャージがかかります。17:00以前に入店していても、17:00以降にフードメニューをオーダーする場合にはチャージがかかるようです。カウンターにあるタップビールも、ショップで売っているボトルビールも飲むことができますが、抜栓料がかかったような気はします。



 
 まず一杯目ですが、上富良野ビールのラガーです。




 アテはこちらを…。



 
 二杯目ですが、一杯目と同じく上富良野ビールのエールです。



 
 ビールのためのフライドチキンというメニューがあるんですが、その中から皮をオーダーしました。五種盛りがあって、たぶんそちらをオーダーするのがお勧めなんだとは思うんですが、ボリュームが分からなかったのと、これ以外のフードもオーダーしていたので、皮の単品にしました。黒いのは胡麻です。



 
 ホワイトIPA。ブリュワリーは、何かと話題のマルカ(大阪)です。



 
 ここで、17:00のディナータイムに入りましたので、チャージが加算されます。フードはいわゆる突き出しです。



 
 Hyde & Seekというビールです。日本語だとかくれんぼですかね。ビールのタイプは忘れました。微量のライ麦が入っているらしく、サービス担当によると、ライ麦を入れると少しスパイシーな感じになうらしいです。




 ピクルスですが、ビールを使っているそうです。



 
 ヘイジーIPAです。これもマルカ(大阪)ブリュワリーです。後にマルカにも訪問して、ヘイジーIPAは飲んだんですが、少し違う味わいでした。



 
 こちらがカウンターバックのタップと、この日のビールです。ビールは12種類なんですが、タップは13あります。左端の謎のタップは何でしょうかというのは、クイズにもならないと思いますので、回答は差し控えます。



 


(店  名) ヒビノビア
(ジャンル) ビールバー、クラフトビール
(所 在 地) 大阪府堺市堺区北瓦町2-1-24 ぼてじゅうびる地下一階
(電  話) 072-232-3615
(営業時間) 14:00-17:00(アフタヌーンタイム)、17:00-23:00(ディナータイム)
(定 休 日) 日曜日
(席  数) 26席(カウンター10、テーブル4席×4卓)
(カ ー ド) 可(VISA、MASTER)
(ウ ェ ブ) http://craftbeer-manmendo.com/
コメント

Hathor(ハトホル)/クラフトビール/京橋

2018年07月30日 20時09分23秒 | その他
 京橋にあるクラフトビールの店に行ってきました。
 
 まずは大山の香ラガーです。



 
 アテは、三種盛りです。



 
 二杯目は、スケダトラーIPAです。



 
 三杯目は、栗黒(宮座ひでじビール)、インペリアル・スタウトです。



 
 ピクルス。



 
 タップは、国内8系統、海外8系統の、計16タップが用意されています。



 


(店  名) Hathor(ハトホル)
(ジャンル) クラフトビール
(所 在 地) 大阪市都島区東野田町5-7-14 ファイン第二ビル一階
(電  話) 050-5571-8102
(営業時間) 15:00-24:00
(定 休 日) 無休
(席  数) 26席
(備  考) 完全禁煙
(ウ ェ ブ) https://ameblo.jp/craftbeerspot-hathor/
コメント

旨味食堂べじ吉/居酒屋、野菜料理/野田阪神

2018年05月05日 15時13分10秒 | その他
 この界隈は懐かしかったりもするし、甘酸っぱかったりもするエリアなんですが、野菜を中心とした料理が食べたいと言われたので、出向いてみました。
 
 まずは店構えです。こちらでは、奈良県明日香村の小規模農家から直送される取れたてや氏を中心とした野菜料理が楽しめる店です。日本酒、焼酎、地ビール、梅酒なども、良いものが取りそろえられています。



 
 手始めに、筍の田楽をオーダーしてみました。



 
 これはピザと呼んで良いのか、サラダと呼ぶべきではないのかと思ったりはするんですが、たっぷり飛鳥野菜の生ハムサラダピザです。ピザとサラダが併記されてます。



 
 吉備鶏のもも肉、スパイシーグリル焼きです。



 
 最後が、野菜たっぷりご飯入りお好み焼きです。ソースはノーマルのものと、ビーツを使ったもの、小松菜を使ったものの三種が掛けられていて、いい感じです。と言うか、お好み焼きとなれば、ソース&マヨネーズしか掛けたことがなかったので、色々な味わいが楽しめて楽しかったです。



 

(店  名) 旨味食堂べじ吉
(ジャンル) 居酒屋、野菜料理、日本酒、地ビール
(所 在 地) 大阪市福島区鷺洲1-2-11
(電  話) 050-5594-7056
(営業時間) 11:00-15:00、17:30-23:30
(定 休 日) 月曜日。祝日の場合は火曜日が休み
(席  数) 40席
コメント

ピッツェリア・ダ・ティグレ(Pizzeria da Tigre)/ナポリピッツァ/西大橋

2018年03月30日 12時30分12秒 | その他
 食券制というユニークなピッツァリアに行ってきました。入り口を入るとすぐに券売機があるので、そこで食券を購入し、空いている席に座って、食券を渡します。牛丼の松屋のような感じ。追加のオーダーは、カウンターで受けてもらえます。
 
 画像はアッティリオというピッツァなんですが、円形でないピッツァは初めて見ました。内容は、マルゲリータにサルシッチャ(ソーセージ)とリコッタを追加したような感じです。



 
 一人でも食べきれるようにと、生地は薄い目です。またソースやオイルが生地に染みこんで食感を損ねないように、カットせずに提供されるので、自分でナイフ&フォークでカットしながら食べます。
コメント

草鍋えんや/草鍋/環状線野田

2018年03月27日 15時22分14秒 | その他
 大量に野菜が食べたいというリクエストがあったので、環状線の野田駅近くにある『草鍋えんや』に行ってきました。草鍋と言えば、九条近くある『こかげ』という店の方が知名度はあると思います。『こかげ』の方は、『きたろう』と名前を変えて、今も営業しているらしいです。伝聞情報ですが…。
 
 一品メニューもありますが、オーダーするのは草鍋です。まずは大量の野菜が用意されます。野菜は季節に応じて5~13種類くらいが入っています。手前は、突き出しの器なので、それと比べてみれば、野菜のボリュームが分かると思います。




 調理中です。野菜ですので、嵩はぐんと減りますが…。これを、すりゴマ、ポン酢などでいただきます。



 
 野菜を食べ終わると、次は肉が出されます。豚肉、牛肉、鶏肉と豆腐です。



 
 肉類は、割り下のような甘い醤油味の出汁と生卵を使ったすき焼き風のタレでいただきます。




 肉類調理中です。



 
 〆はラーメンです。もともとの出汁がおいしいところに、野菜エキスも十分に出ているので、スープだけでもうまいです。



 
 本店は、堺市堺区櫛屋町にあるようです。


(店  名) 草鍋えんや
(所 在 地) 大阪市福島区野田3-15-15 KAITOビル一階
(電  話) 06-6462-4007
(定 休 日) 不定休
(営業時間) 17:00-23:30
(席  数) 22席
コメント

テンシンランラン/中華料理&イタリア料理/阿波座

2018年01月30日 09時37分10秒 | その他
 肥後橋にある中華料理店なんですが、なぜかイタリア料理も楽しめたりする店です。メンソールは、料理に合わせて酒を飲む癖があるんで、次に来る料理が中華料理なのかイタリアンなのかで、紹興酒とワインを飲み分けたりしました。飲み放題でなければ、紹興酒とワインの両方を手元に置いておけたんですが…。
 
 さて、コースの一皿目は前菜四種盛りです。これは中華料理ですね。




 このあと、肉汁たっぷり餃子と、点心三種盛り合わせが続くんですが、画像はありません。こちらは蟹チーズ春巻きです。スイートチリにマヨネーズを合わせると、まろやかです。



 
 さらに、麻婆豆腐やエビチリが出たあとで、石窯焼きチャーシューです。店内にピザ用の石窯があるんですが、そこでチャーシューを焼いたんだと思います。



 
 石窯ナポリピッツァか特製チャーハンのどちらかが出てくると思ったんですが、両方出てきてびっくりしました。と言うか、満腹です。
 
 

(店  名) テンシンランラン
(ジャンル) 中華料理&イタリアン
(所 在 地) 大阪市西区立売堀4-7-8
(電  話) 06-6626-9870
(定 休 日) 日曜日
(営業時間) 11:30-14:00、17:30-24:00
(席  数) 40席
(カ ー ド) VISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinners
(ウ ェ ブ) http://tenshinranran.com/
      https://www.facebook.com/tenshinranran/
コメント

口勝/串揚げ、ワイン/北新地

2018年01月09日 09時20分42秒 | その他
 普段、串カツ、串揚げの類いは食べません。楽しくはあるんですが、どうしても後半、飽きてくると言うかダレてくるという感じが否めないからです。今回、こちらの店を訪問したのは、串揚げとイタリアンのコラボレーションというか、天満にある名店イタリアン"sfida"の真野シェフと、鮨の名店『原正』のコラボレーションと言うところに興味があって行ってきました。
 
 まずはテーブルセットです。左側がタルタルソースなんですが、これが手作り感抜群でめっちゃ美味いです。これだけで酒が飲めたりします。実際に、お代わりをいただきました。




 最初に、今日の食材が紹介されます。今回は7,000円のコースから…。16種類あります。



 
 これは突き出しなんですが、河豚の白子です。



 
 こちらはサラダなんですが、根菜がメインで、ドレッシングとしては紫蘇のジュレが葉の下に隠れています。



 
 最初はケンサキイカです。見て分かる通りで、イカスミの衣がつけられています。これ以外でも、パン粉は非常に細かいものが使われています。また、いわゆるフライヤーではなくて大鍋で揚げてくれます。大鍋は二種類置かれていて、聞いてみると油の温度が異なっているようです。



 
 モロコです。琵琶湖産だそうです。



 
 海老です。



 
 鱈の白子です。



 
 このあたりから記憶が定かではないのと、串揚げって、すべてが茶色くて同じもののように見えるので、以下の画像は省略します。



 
 こちらは、〆の海老のかき揚げご飯です。



 
 さて、串揚げに合う酒は何かと言うことなんですが、これがなかなか難しくて、メンソールは基本的にビールにしてます。串揚げとワインを合わせる店も知ってはいますが、おしゃれを演出しているだけで、さほど串揚げとワインが合うとは思うことはなかったです。こちらの店はソムリエがおられて、串とワインのマリアージュがに力を入れていて、3,600円/4杯、5,400円/6杯のメニューが用意されていました。メンソールは、5,400円のものをオーダーしたんですが、見事にマッチしたワインを用意してくれました。ワインバーとして使えないかなと思ったりしてますが、ランチタイムに行ってみるかな?。
 

(店  名) 口勝
(ジャンル) 串揚、ワイン
(所 在 地) 大阪市北区曽根崎新地1-3-3 好陽ビル一階
(電  話) 06-6486-9020
(定 休 日) 日祝。
(営業時間) 12:00-15:30、18:00-23:00(ランチタイムは要予約)
(ウ ェ ブ) http://www.lacima.co.jp/kuchikatsu/
      http://bit.ly/2Epylkv(Facebook)
コメント

べらみ(Bel-Ami)/立ち飲み居酒屋/三宮

2017年12月19日 23時28分13秒 | その他
 メンソールは最近、大阪から出ることがなくなってきたんですが、この日は珍しく神戸、しかも新神戸界隈です。セミナーで神戸まで来たんですが、そのまま新神戸界隈で食事をして、新幹線で帰阪すると言うことはなぜか頭から飛んでいて、三宮界隈にまで降りてきての食事となりました。
 
 暖簾に書かれている『丸に橘』は、杉谷家の家紋だそうです。



 
 ドリンク類はセルフサービスなので、カウンター後ろのストッカーから取り出してチェックしてもらいます。生ビールとかハイボールとかが飲みたい場合は、対応するグラスを持ってカウンターに行けば対応してもらえます。メンソールはいきなり瓶ビールを二本飲んだりしました。最初のアテはサンカクというかボンジリというか、鶏のお尻、尻尾部分です。画像からも分かると思うんですが、焼き鳥屋でもここまでプリプリのサンカクを味わえるというのはまずないです。




 二皿目ですが、自分でも滅多にオーダーしないものをなぜオーダーしたんだろうかと、オーダーしてから自問自答したりはしたんですが、理由は分かりませんでした。塩鯖の焼き物です。



 
 手ぶれしちゃいましたけど、イチボのステーキです。値段は100グラム分のものが書かれているんですが、今回のものは200グラム強あります。



 
 チーズのチュイールです。フランス語は得意ではないんですが、瓦のことらしいです。材料をオーブンで薄く焼き上げたら、間髪入れずに麺棒に乗せてカールさせることにより瓦型に成形するようです。



 
 例によって、ビールから日本酒に入り、赤ワインに入ったんでしょう。チーズの盛り合わせです。メンソールはフードによってアルコールは変えていくので、結果としてチャンポンになります。このあと、さらにハイボールも飲んだような気がしますが…。



 
 三宮界隈に住んでいたら、愛用する店だとは思うんですが、残念ながら大阪市民なので、次はいつ行けるかなと言うところです。
 
 


(店  名) べらみ(Bel-Ami)
(ジャンル) 立ち飲み居酒屋
(所 在 地) 神戸市中央区雲井通3-4-8
(電  話) ?
(定 休 日) 日曜日
(営業時間) 16:00-22:00
(ウ ェ ブ) https://www.facebook.com/berami.official/
      www.instagram.com/belami1107
コメント

遊びなぁ たみんち/沖縄料理/松屋町

2017年10月24日 20時42分19秒 | その他
 沖縄料理が食べたかったのか、泡盛を飲みたかったのかは忘れてしまったのですが、久しぶりに、沖縄料理店に行ってきました。『遊びなぁたみんち』は、2016年10月11日のグランドオープニングだそうですから、ちょうど一年目と言うことになります。
 
 まずはオリオンビール。それからミミガー(380円)です。380円という値段から想像していた分量とは全然違ったりしました。これだけで、十分に満足できてしまったりします。




 ポチギ(410円)です。ポチギというのは、沖縄名物のピリ辛ソーセージを一口大にカットしてフライパンでさっと炙ったもので、ビールのお供にグッドです。ただ、この頃にはすでにビールは飲み終わっていて、泡盛のロックを飲んでましたが…。もともとはポルトガルのソーセージ(Portuguese Sausage)だったらしいのですが、それが縮められてポチギと呼ばれるようになったとか…。



 
 沖縄料理と言えば、スーチカーです。冷蔵庫のなかった時代に保存食として、豚肉を塩漬けにしたものです。昔は、沖縄料理店に行ってスーチカーがあれば必ずオーダーしていたんですが、最近は、ちょっと塩分が気になるようになりました。



 
 説明はしなくて良いと思いますが、豆腐よう(420円)です。



 
 豚もつ煮込み(420円)です。いわゆるナカミです。これをラフテーの出汁で煮込んだらしいです。



 
 肉味噌胡瓜。泡盛が余ったので、アテとしてオーダーしてみました。



 
 フード類は、ほぼ500円程度の値段なんですが、画像を見て分かる通りで、かなりボリューミーです。従って、コストパフォーマンスは最高です。次回は、主として、泡盛を味わいたかったりします。なんと言っても、完全禁煙なのが良いです。


(店  名) 遊びなぁ たみんち
(ジャンル) 沖縄料理
(所 在 地) 大阪市中央区6-18-14
(電  話) 06-6777-1798
(営業時間) 11:40-14:30(ランチ)、14:30-17:00(カフェ)、18:00-23:00(ディナー)
(定 休 日) 水曜日
(席  数) 23席。二階は畳敷き。
(カ ー ド) 不可
(ウ ェ ブ) http://taminchi.com/
(備  考) 完全禁煙。アイコスは可。
コメント

雲亭/ピザ/生駒

2017年08月13日 09時07分48秒 | その他
 生駒ケーブルの『宝山寺』駅を降りて、少し歩いたところに、完全予約制のピザ屋『雲亭』があります。生駒産のピザ屋と言えば、もう一軒『山岡ピザ』があるんですが、こちらは車でないと行けないので、メンソールが行くことはないでしょう。基本的に食事には、アルコールが付随してくるものなので、車とは相性が悪いからですが…。
 
 店は、完全予約制です。生駒ケーブルの時刻表と、『宝山寺』駅からの所要時間とを総合して、遅刻しないようにしましょう。道を間違えてなければ、こんな看板があります。




 こんな暖簾もあります。



 
 ピザは、日替わりのピザを含めて12種類くらいですが、店主がひとりで焼いているようなので、『季節の大和野菜サラダ』『前菜盛り合わせ』『ドリンク』のセットをオーダーして、眼下に広がる景色を愛でながら、気長に待つのが良いです。ドリンクをアルコール系に換えるとプラス200円となります。セットは、セレクトしたピザの値段に応じて、2,100円から3,000円までと様々ですので、しっかりとメニューを確認しましょう。店から見える東大阪市街はこんな感じ、テラス席もあるので、もう少し涼しくなったら、テラス席もいい感じかもしれません。



 
 メンソールは当然ビールですが、コロナとギネスしかないようです。



 
 こちらが前菜の盛り合わせです。右上にあるのがトマトのスープで、酸味がしっかりと効いた濃厚なトマトの味わいです。もう少し飲みたくなる感じ。右下はクスクスです。今回は、前菜とサラダが同じプレートに盛り合わせられていたようです。



 
 メンソールがオーダーしたのは『生駒ならではの山の恵みのピザ』という長い名前のピザです。トマトソースをベースにして、二種類のチーズとキノコ(椎茸、シメジ、エノキなど)とナッツ類(クルミ、アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ、レーズン)、それにジャガイモとネギという斬新な取り合わせです。味の方も刺激的なんですが、それよりも生地がおいしいです。オーダーする前は、正直、ちょいと高い目の値段設定かと思ったんですが、食べてみると、ここまで生地だけで食べさせてくれる店はそうないです。





 


(店  名) 雲亭
(ジャンル) ピザ
(所 在 地) 奈良県生駒市門前町2-10
(電  話) 0743-25-8400
(営業時間) 12:00-16:00、17:00
(定 休 日) 月、火、水
(予  算) 2,000~3,000円くらい
(ウ ェ ブ) https://pizzakumotei.jimdo.com/
コメント (2)

ALOHA FOOD HALL SHO-GI/ハワイアンダイニング/大阪城公園駅前

2017年08月01日 16時55分39秒 | その他
 以前は閑散としていた大阪城競演駅前ですが、『JO-TERRACE OSAKA(ジョーテラス・オオサカ)』がオープンしました。今回は、その中のハワイアンダイニング『ALOHA FOOD HALL SYO-Gi(アロハフードホール)』に行ってきました。



 
 ハワイアンスタイルのフードホールは、日本初上陸らしいですが、昔、バブルがはじけたころににhんでも流行した『屋台村』のような感覚です。
 
 フードホールの中には、全部で六店舗が入っています。『コナ・クラブ・マーケット』『ウォリアーズ・タコス・キッチン』『ホノルル・バーガー・カンパニー』『アラモナ・ボウルズグリル』『カカアコ・コットン・スウィーツ・ファクトリ』『サーフライダー・バー』です。ドリンクの店とスウィーツの店が各一店舗。フードを提供してくれる店が四店舗と言うことです。
 
 アメリカンサイズの店を、一度に複数回る根性も胃袋のサイズもありませんので、今回は、『ホノルル・バーガー・カンパニー(HONOLULU BARGER CO.)』に狙いを定めました。ハンバーガーは全部で7種類あるんですが、メンソールは、ロコモコバーガーセット(1,600円)をオーダーしました。日本限定のアロハバーガーコンボ(1,600円)は、ハンバーガー、ブルーハワイバーガー、ホットメキシカンバーガーの三種類の食べ比べセットですが、今度、三人で行く機会があれば試してみたいと思ってます。カメハメハ・トリプルバーガーセット(2,500円)とか言うのもありましたが、何人連れて行けば食べきれるのかは不明です。




 ドリンクの方はフローズンビールにしました。通常のビールに、フローズンの泡を乗せた感じでしょうか?。




 次回以降に、他のフードを頼んでみたいと思います。




(店  名) ALOHA FOOD HALL SHO-GI
(ジャンル) ハワイアンダイニング
(所 在 地) 大阪市中央区大阪城3-1 大阪城公園内
(電  話) 06-6450-6881
(営業時間) 11:00-22:00
(席  数) 120席以上
(ウ ェ ブ) https://www.jo-terrace.jp/shop
コメント