大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

よかよか(馬肉専門店/鶴橋)

2015年06月04日 14時24分47秒 | 
 体調不良で、ひょっとしたら肉を食べれば回復するのではないかと思い立ち、牛肉を食べるか馬肉を食べるかを迷った末に、馬肉にしました。選んだのは、鶴橋駅近くにある馬肉専門店の『よかよか』です。



 
 突き出しとして出されたのは、モツポン酢です。



 
 大将のお勧めに従って、肝の作りです。凄く新鮮でした。



 
 造りの盛り合わせです。通常は2人前からのオーダーになるらしいんですが、1人前からでも対応してくれました。



 
 こちらはたたきです。希少部位に付き、売り切れ御免なんだそうですが、どの部位なのかを聞くのは忘れました。




 焼き物です。



 
 もやしナムルです。



 
 ユッケの細巻きです。御飯系、麺類系はほとんど食べることがないんですが、鮨系のメニューが沢山あったので、その中からユッケの細巻きをオーダーしてみました。肉の旨味もさることながら、タレの味が旨かったです。



 
 もう少し食べられそうだったので、馬肉筋煮込みをオーダーしてみました。少し辛い目の味付けになっていて、酒がよく進みます。



 
 
 
(店  名) よかよか
(ジャンル) 馬肉専門店
(所 在 地) 大阪市天王寺区舟橋町9-7
(電  話) 06-6763-3112
(営業時間) 17:00-23:00
(席  数) 28席(カウンター4、テーブル9、座敷15)
コメント

TAI-YA-TAI(タイ料理/西天満)

2015年06月04日 13時54分06秒 | エスニック
 タイ料理は好きですし、『大阪グルメ倶楽部』の前身は『辛い料理を食べる会』として発足していたりします。なので、当初は、カレーとかタイ料理とか韓国料理とかばかりでオフをしていました。その頃は、今よりもタイ料理店が沢山あったような気がするんですが、かなり数が減ってしまったような印象です。その中で、タイの屋台の雰囲気を残したタイ料理店が出来たとの情報を得ましたので、行って来ました。
 
 先ずは何と言ってもヤムウンセン(800円)です。春雨の辛いサラダですね。昔付き合っていた、辛い料理が好きな娘がいて、タイ料理も食べに行ったりはしたんですが、「私、ヤムウンセンとソムタム。後は任せる」というオーダーのしかたをする娘で、メンソールもヤムウンセンは好きな料理なので、その後、その娘と別れたあともタイ料理を食べに行くときの第一オーダーはヤムウンセンと言うことになってます。



 
 二皿目がガイパットキン(850円)です。チキンのと生姜の炒め物なんですが、タイ料理に共通する懐かしい味わいがあります。タイ料理、久しぶりだったので…。




 こちらはパットパックルワムミット(800円)です。野菜炒めです。これも何とも言えず懐かしい、ソース味の野菜炒めという感じです。白飯が食べたくはなるんですが、最後のカレーまで我慢する方針です。



 
 カレーの一皿目はゲーンペット(800円)です。ゲーンペット(赤カレー)には、大小のサイズがあるんですが、これは(小)です。合わせるもはもちろんカウニャウ(蒸し餅米)です。手づかみにして、少し捏ねてから食べるのがタイ式です。



 
 こちらもカレーなんですが、ゲーンマッサマン(1,200円)です。鶏肉&ジャガイモにピーナッツを加えたカレーです。カレーにピーナッツを入れることについては、好みが分かれるとは思いますが、安心出来る味わいです。



 
 デザートは別腹と言うことでオーダーしたのがラムヤイ(380円)です。初めてオーダーしたので、何が出てくるのか楽しみだったんですが、画像の通りでマンゴスチンのシロップ付でした。



 
 
(店  名) TAI-YA-TAI
(ジャンル) タイ料理
(所 在 地) 大阪市北区曽根崎1-6-23
(電  話) 050-5869-9598(予約専用)、06-6232-8733(問合専用)
(営業時間) 07:00-11:00、11:00-14:30、17:00-26:00
(定 休 日) 日曜日
(席  数) 35席
コメント

セパタ(タイ料理/江坂)

2015年06月04日 13時12分10秒 | エスニック
 以前、江坂はよく行ってたんですが、最近は全く足が遠のいてしまっています。と言うことで、久しぶりにタイ料理が食べたくなったので行ってきました。
 
 先ずはヌームアナムトックです。豚肉か牛肉の旨辛サラダだそうですが、今回は牛肉のようです。以前、付き合ってた娘も辛い料理が好きで、もちろんタイ料理も好きだったんですが、店に入ってビールをオーダーするなり、「私、ヤムウンセンとソムタムタイ。後はメンソールに任す」と言う人だったので、それ以来メンソールも、その娘と別れてからも、タイ料理を食べに行って一品目はヤムウンセンをオーダーするのが習慣になっていました。そろそろそうした呪縛から逃れても良いだろうと言うことで、今回は、ヤムウンセンはオーダーしないと心に決めて、オーダーしたのがヌームアナムトックです。




 続いてが、ガイガパオ(鶏肉のバジル炒め)です。




 普段、麺類は食べないんですが、元カノの呪縛からの脱却を目指して、素麺系メニューをオーダー。正直、タイ料理の素麺系メニューって初めて食べるので、メニューに書いて得る辛さマークを参考にして一番辛そうな料理をオーダーしました。
 非常にユニークな味がしました。トマトと挽肉をトマトソースで煮込んだような感じなので、素麺がスパゲッティならそのままミートソースのパスタのようで、味付けはそれ歩道濃厚ではなく。それでいてパスタでは考えられないパクチー(香菜)と唐辛子が乗っていて不思議な感覚でした。




 最近になって、素直にカレー料理だけ食べに行くのもいいのかなと思うようになったりしました。


(店  名) セパタ
(ジャンル) タイ料理
(所 在 地) 大阪府吹田市江坂町2-6-14 池上第二ビル
(電  話) 06-6338-2317
(営業時間) 11:30-13:30、18:00-22:00
(定 休 日) 火曜日(祝日の場合は営業)
(席  数) 26席(カウンター2、テーブル24)
コメント

しまね屋(島根県の魚貝類、野菜、日本酒/関目高殿)

2015年06月04日 12時08分32秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 島根県産の魚貝類や野菜類、日本酒を味わえる店だと聞いて行ってきました。
 
 先ずは造り盛り合わせです。画像では分かりにくいと思いますが、瓦の上に乗せられていて、瓦盛りになってます。乗せられている魚たちも、普、段大阪で食べるものとは違うものが入っていたりします。




 普段、料理の写真は撮っても酒の写真を撮ることはないんですが、あまりにも素敵なラベルだったので、撮影してしまいました。米田酒造の『雀と稲穂』という特別純米酒です。




 次が赤貝。



 
 こちらはこんにゃくのピリ辛そぼろです。今回は珍しく、居酒屋系メニューが続きました。



 
 牛レバーの竜田揚げ。



 
 こちらは明太子の豚肉巻きです。明太子は豚肉に塩分を与え、豚肉は明太子に脂分を与えという感じなんでしょう。独特の味わいでした。



 


(店  名) しまね屋
(ジャンル) 居酒屋
(所 在 地) 大阪市旭区高殿4-4-19
(電  話) 050-5890-9678(予約専用)、06-6955-7277(問合専用)
(営業時間) 17:00-24:00(日~木)、17:00-27:00(金土)
(定 休 日) 月曜日
(席  数) テーブル16席、カウンター6席
(ウ ェ ブ) https://www.facebook.com/Shimaneya.sekime
      https://goo.gl/maps/UAq15(店内画像)
コメント

日果(バー/江坂)

2015年06月04日 11時50分52秒 | 洋酒系(バー、ワイン)
 江坂にあるバー『日果』でのひととき。店名から分かるとおりで、酒はニッカ系のみ。ウォッカもジンもバックカウンターにはない。蒸留所で限定販売されているウィスキーも10種類以上ある。




 ニッカの社名の由来を知らない人が多くなったけど、元々は大日本果汁。ウィスキーは、蒸留しただけでダメで、しばらく寝かさないと商品として出荷出来ない。なので、林檎ジュースなんかを売って凌いでた。その名残がアップル・シードルね。
 
 
(店  名) Bar 日果
(ジャンル) バー
(所 在 地) 大阪府吹田市江坂町1-23-33 第七マイダビル 三階
(電  話) 050-5571-5194(予約専用)、06-6338-8020(問合専用)
(営業時間) 18:00-26:00(日月、水木金土)、20:00-26:00(火曜日)
(定 休 日) 無休
(席  数) カウンター8くらい、テーブル8くらい
(カ ー ド) 可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
コメント