大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

ピッツェリア・ダ・ティグレ(Pizzeria da Tigre)/ナポリピッツァ/西大橋

2018年03月30日 12時30分12秒 | その他
 食券制というユニークなピッツァリアに行ってきました。入り口を入るとすぐに券売機があるので、そこで食券を購入し、空いている席に座って、食券を渡します。牛丼の松屋のような感じ。追加のオーダーは、カウンターで受けてもらえます。
 
 画像はアッティリオというピッツァなんですが、円形でないピッツァは初めて見ました。内容は、マルゲリータにサルシッチャ(ソーセージ)とリコッタを追加したような感じです。



 
 一人でも食べきれるようにと、生地は薄い目です。またソースやオイルが生地に染みこんで食感を損ねないように、カットせずに提供されるので、自分でナイフ&フォークでカットしながら食べます。
コメント

本当鮨 海馬/鮨/北堀江

2018年03月29日 08時27分58秒 | すし
 久しぶりに、北堀江にある『海馬』に寄ってきました。
 
 酒盗とクリームチーズ。



 
 造り盛り合わせ。



 
 鰯の造り。



 
 久保田の飲み比べ。



 
 タラコを干して炙ったもの。美味でした。



 
 ケンサキイカの造り。



 
 海鮮サラダ。



 
 ブリかまの塩焼き。



 
 天ぷら盛り合わせ。



 
 鮓(1)。



 
 鮓(2)。





(店  名) 本当鮨 海馬
(ジャンル) 鮓
(所 在 地) 大阪市西区北堀江1-15-22
(電  話) 050-5570-6302
(営業時間) 11:30-14:00、17:00-23:00(平日)、16:00-23:30(土日祝)
(定 休 日) 日曜日
(席  数) 40席(カウンター10、テーブル(一階:12、二階:18)
(ウ ェ ブ) http://www.sushi-kaiba.jp/
コメント

糀-コメノハナ-/日本酒(立ち飲み)/南森町

2018年03月28日 08時30分08秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 2017年07月07日にグランドオープンしたことは知っていたんですが、やっと、立ち寄ることができました。




 テーブルに、オーダー用の紙&ペンが置かれているので、メニューから日本酒やフードを選んで書き込み、カウンターに持って行くシステムです。メンソールはまず、日本酒の四種類飲み比べをオーダーしました。



 
 最初のアテは、自家製甘酒を使ったピクルス(390円)です。



 
 続いては、酒粕付けの鴨ロース(590円)ですが、良い味です。



 
 これは白い牛タンです。タンもおいしいですが、白いソースもおいしいです。



 
 塩麹ベーコン(690円)です。日本酒は、四種類飲み比べも含めて、七種類は飲んだと思います。日本酒メニューには、新しく入荷されたものとか、人気のものとかには印がつけられているので、セレクトする目安にはなると思います。普通の立ち飲み居酒屋とは違って、一人で行くよりは、多人数で行って、飲み比べをする方が楽しい店のような気がします。





(店  名) 糀-コメノハナ-
(ジャンル) 日本酒バー(立ち飲み)
(所 在 地) 大阪市北区天神橋2-5-31 コンフォール南森町一階
(電  話) 06-6926-4059
(営業時間) 17:00-23:00
(定 休 日) 日祝
(カ ー ド) 不可
(席  数) 20
(ウ ェ ブ) https://www.facebook.com/Komenohana/
コメント

てるてる/蕎麦/西大橋

2018年03月27日 21時17分41秒 | 麺類
 おいしい日本酒が飲める店と言うことで、久しぶりの蕎麦前が楽しみで行ってきました。
 
 日本酒は色々と取りそろえられていますが、生が多かったような気が…。季節的なものなんでしょうか?。
 
 まずは、お勧めに従ってマグロ山かけ。



 
 二つ目は子持ちシシャモ。



 
 この日はかわり蕎麦(桜蕎麦)があったのでそちらをオーダーしました。かわり蕎麦と粗挽きせいろのにシュルを食べるのも楽しみなんですが、今回はかわり蕎麦のみです。画像からは分かりにくいと思いますが、ピンク色です。桜餅のような香りがいい感じです。



 

(店  名) てるてる
(ジャンル) 蕎麦
(所 在 地) 大阪市西区新町1-31-3 ダイヤパレス四つ橋一階
(電  話) 06-6556-7860
(営業時間) 17:30-22:00(要問合)
(定 休 日) 水木
コメント

草鍋えんや/草鍋/環状線野田

2018年03月27日 15時22分14秒 | その他
 大量に野菜が食べたいというリクエストがあったので、環状線の野田駅近くにある『草鍋えんや』に行ってきました。草鍋と言えば、九条近くある『こかげ』という店の方が知名度はあると思います。『こかげ』の方は、『きたろう』と名前を変えて、今も営業しているらしいです。伝聞情報ですが…。
 
 一品メニューもありますが、オーダーするのは草鍋です。まずは大量の野菜が用意されます。野菜は季節に応じて5~13種類くらいが入っています。手前は、突き出しの器なので、それと比べてみれば、野菜のボリュームが分かると思います。




 調理中です。野菜ですので、嵩はぐんと減りますが…。これを、すりゴマ、ポン酢などでいただきます。



 
 野菜を食べ終わると、次は肉が出されます。豚肉、牛肉、鶏肉と豆腐です。



 
 肉類は、割り下のような甘い醤油味の出汁と生卵を使ったすき焼き風のタレでいただきます。




 肉類調理中です。



 
 〆はラーメンです。もともとの出汁がおいしいところに、野菜エキスも十分に出ているので、スープだけでもうまいです。



 
 本店は、堺市堺区櫛屋町にあるようです。


(店  名) 草鍋えんや
(所 在 地) 大阪市福島区野田3-15-15 KAITOビル一階
(電  話) 06-6462-4007
(定 休 日) 不定休
(営業時間) 17:00-23:30
(席  数) 22席
コメント

STEREO NOVEL(ステレオノベル)/バル、餃子/東心斎橋

2018年03月21日 12時43分13秒 | イタリアン
 創作餃子というのはよく出てくるんですが、何を持って創作とするのかですね。通常の餃子と言えば、キャベツ系、にら系、肉系が多いと思うんですが、具材として何を使うのかというポイント。もう一つは、餃子をどう使うのか?。単純に焼いたりするだけではなく、ラザニアのように使ってうまく仕上げていたものも食べたことはあります。その店は、閉店してしまったと記憶していますが…。
 
 と言うこともあって、創作餃子と言われると行きたくなってしまったりするので、行ってきました。ただし、創作餃子は五種類用意されているんですが、前菜盛り合わせのボリュームが予想外に多かったので、今回、餃子は二種類しか食べることができませんでした。別の機会に、全種目制覇はしてみたいと思っています。
 
 さて、ゼッポリーネ。これは突き出しです。



 
 前菜の盛り合わせです。ちょっと予想外のボリュームで、その分、ワインがいつもより多い目に消費されました。



 
 今回、選んだワインは、最近注目されている南アフリカ産のものです。



 
 こちらが創作餃子です。左がシンプル野菜餃子。添えてあるのはトマト醤油のソース。右がポルチーニとトリュフ餃子。添えてあるのはサワークリームです。メニューにはこれ以外に、エビと香草の海鮮餃子(ピリ辛マヨネーズ)、クアトロフォルマッジオ(ハニーマスタード)、フォアグラ餃子(バルサミコソース)が載せられていました。



 
 メインの羊肉のローストです。



 
 


(店  名) STEREO NOVEL(ステレオノベル)
(ジャンル) バル、創作餃子
(所 在 地) 大阪市中央区東心斎橋1-17-5 ブルータスビル一階
(電  話) 050-5592-1896
(定 休 日) 月曜日
(営業時間) 12:00-15:00、15:00-27:00
(席  数) 30席
(カ ー ド) 可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)



コメント

野菜肉巻き&蒸し料理 蒸っしゅ FURUTA/居酒屋、野菜料理、蒸し料理/谷町六丁目

2018年03月20日 21時49分26秒 | 独り言
 以前は『一馬力』という名前の素敵な店だったんですが、今回、行ってみたら『蒸っしゅ』という店に代替わりしていました。まったく関係のない店ではないようですが…。
 
 まずは、お勧めのポテロニサラダです。ポテトとマカロニを使ったサラダです。



 
 続いては、蒸し豚です。



 
 お待たせしました。名物の蒸し八寸です。これだけで、酒が進むこと…。



 
 蒸し八寸用の調味料なんですが、ラベルから見ても分かる通りで、左が酢塩で、酢で塩を溶かしたもの。ただし割合は秘密のようです。右はビールで酢を割ったもの。こちらも割合は秘密みたいです。



 
 こちらもお勧めの蒸し牡蠣です。



 
 


(店  名) 野菜肉巻き&蒸し料理 蒸っしゅ FURUTA
(ジャンル) 居酒屋・野菜料理・蒸し料理
(所 在 地) 大阪市北区浪花町13-25
(電  話) 050-5594-4658
(営業時間) 17:00-24:00
(定 休 日) 月曜日
(予  算) 3,500円くらい
(カ ー ド) 可
(席  数) カウンター6、テーブル10
コメント

中国料理『隆』/中華料理/深江橋

2018年03月06日 20時53分36秒 | チャイニーズ
 地下鉄中央線。緑橋から深江橋にかけての中華料理店と言えば、必ず名前が挙がるのが『隆』、もう一つは『菜演』ですが、今回は『隆』にお伺いしました。シェフは、リーガロイヤルホテル東京で料理長を務めておられた方です。まず、店構えです。




 一皿目は、お勧めの蒸し鶏のネギ生姜ソースです。ネギ生姜ソースが別され出だされるので、味の変化が楽します。



 
 こちらもお勧めの青菜の腐乳炒めです。もう少し刺激的な味付けかと思ったんですが、穏やかでした。



 
 こちらも名物の黒醋の酢豚です。豚肉は一枚肉です。



 
 こちらもお勧めのイカの味噌味炒めです。



 
 こちらもやはり名物の、海老の宮保ソースです。宮保(クンポウ)ソースというのは、紹興酒をベースとしたソースらしいんですが、とろみのないエビチリソースのようにも感じられるんですが、レシピは教えてもらえませんでした。



 
 最後はチャーハンです。これ以外に、小籠包もオーダーしたんですが、撮影し忘れました。



 

(店  名) 中国料理『隆』
(ジャンル) 中華料理
(所 在 地) 大阪市東成区神路1-11-24
(電  話) 06-7182-9123
(営業時間) 11:30-14:00、17:30-21:00
(定 休 日) 水曜日
(席  数) 24席(円卓5名×2、4名×2、2名×3)
コメント