大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

じとっこ組合(大阪布施店)/居酒屋(宮崎ブランド鶏)/布施

2019年10月30日 19時04分52秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 最近、布施で食事をすることが多いような気はする。それはともかく、宮崎のブランド鶏、地頭鶏(じとっこ)にこだわる店で、地鶏料理と焼酎がウリの店のようだ。
 
 こちらはたぶん、突き出しなんでしょう。画像には写ってませんがもろみ味噌も添えられます。玉子の方はこだわりの半熟玉子だそうです。





 看板メニューのじとっこ焼きです。




 分かりにくいですが、地頭鶏(じとっこ)のハツの炙りユッケです。



 
 宮崎といえばキビナゴということでオーダーしてみました。



 
 よだればです。レバーの外側をカリッと焼いて、特製のタレを添えたものです。



 
 もう一つ、宮崎といえば明太子ということで、炙り明太子です。



 
 酒飲みの定番、牛蒡チップスです。



 
 

【店名】じとっこ組合(大阪布施店)
【ジャンル】居酒屋
【所在地】大阪府東大阪市足代新町1-48 ロンモール布施西館八号
【営業時間】17:00-24:00(月~金)、16:00-23:00(日祝)
【連絡先】06-6789-7373
【定休日】不定休
【席数】62席
【カード】可
コメント

リストランテ・イル・コンティヌオ/イタリアン、バー/蒲生三丁目

2019年10月29日 12時45分06秒 | イタリアン
 この店のあるがもう三丁目界隈は、町家を改造した飲食店がたくさんあるところで、そうした開発地域にも指定されているという話は聞いたことがあります。以前は『ジャルジーノがもう』という名前だったんですが、なぜ店名が変更されたのかは不明です。なお、一階の奥には、旧店名のプレートが残されていたりします。人気の店で、なかなか訪れる機会がなかったんですが、やっと訪問することが出来ました。
 
 今回はランチタイム。画像は5,000円のコースからのものです。店の外観写真も撮ったはずなんですが、どこかに行ってしまいました。
 
 まずは、前菜の五種盛りです。これだけでも、十分にイタリアンらしさを感じさせてくれます。



 
 こちらは、一階の客先から入り口方向を撮った画像です。左手に階段が見えますが、階段の裏手側にも客先があります。



 
 フォカッチャとバゲットです。フォカッチャは、オリーブオイル多い目でした。



 
 鴨の胸肉です。下にあるのはモツァレラと彩り野菜。帆立貝柱もあったような気はするんですが、記憶が定かではありません。



 
 魚料理ですが、青はただそうです。あとは、見ての通りでプチトマトとブロッコリーです。ここまでの感想なんですが、かなり抑制してある感じです。なんと言うか、食材の持ち味が、主張して暴れ出さないように旨くバランスを取ってまとめている感じ。そしてなんと言っても、塩の使い方。塩で旨みを引き出し引き立てるところは素晴らしいです。



 
 パスタの一皿目ですが、ギターラです。鮭と大根が使われています。



 
 パスタの二皿目は、意表を突いてインカの目覚めを使ったニョッキでした。そこに食感の異なる栗、そして舞茸。そして、絶妙の塩加減。



 
 口直しのソルベなんですが、レモンのソルベにミントの香りを添えたものです。ソルベも白、皿も白だったので、かなり撮影には苦労しました。



 
 メインは豚肉を使った料理です。後の青梗菜が隠れているのが分かると思いますが、少し中華料理っぽい、八角のような香りがありました。



 
 画像は、二階にあるバーカウンターです。コース最後のドルチェは、二階のサロン席に移動してゆっくりと落ち着いて味わうことが出来ます。サロン席側の画像はありませんが…。予約すればバーのみの利用も出来るそうです。



 
 こちらがドルチェです。説明の必要はないと思いますが、パンナコッタ、ティラミスとジェラートが二種類です。



 
 久しぶりに気持ちが良いというか、充実した時間を過ごすことが出来ました。料理ももちろん素晴らしかったんですが、わざわざ呼ばなくても席に来てくれたりと、サービス担当が素晴らしかった。
 

【店名】リストランテ・イル・コンティヌオ
【ジャンル】イタリアン、バー
【所在地】大阪市城東区蒲生3-4-20
【営業時間】11:30-13:00、18:00-20:30(火~日)、20:00-23:00(バー、火~日))
【連絡先】06-4255-7038
【定休日】月曜日、第二、第四火曜日
【席数】30席
【カード】可、電子マネー不可
【喫煙】ディナータイムのみ、バースペースで喫煙可
【ウェブ】http://ilcontinuo.com/
【備考】小学生以下の入店は不可
コメント

ほんま食堂/カフェ、カレー/西田辺

2019年10月28日 12時51分17秒 | カフェ
 西田辺にある『ほんま食堂』でのランチ。店名は、店主の名前から付けられているようです。週に何回か、スパイスカレーが登場するようですが、Twitter(http://bit.ly/36bxRNB)とかで、確認してから行きましょう。




【店名】ほんま食堂
【ジャンル】カフェ、カレー
【所在地】大阪市阿倍野区昭和町5-2-21
【営業時間】12:00-18:00(通常営業日、カレーの日)
      12:00-16:00、17:30-21:00(夜営業の日)
【定休日】月曜日(祝日などに営業する場合あり)、その他不定休
【席数】16席
【カード】可
【ウェブ】https://twitter.com/honma_obm
     https://www.instagram.com/honma_obm/
コメント

ビストロうちだ/中華料理/香里園

2019年10月27日 10時06分15秒 | 独り言
 以前は、京阪沿線にもよく出没していました。今回は久しぶりの香里園です。何年ぶりに降り立ったかは忘れました。
 
 中華料理店なんですが、店名にビストロとつけられている珍しい店です。メニューが一ひねりしてあって楽しい本格的な中華料理も、定番も麻婆豆腐も、女性客を狙ったと思われる点心も充実しています。何よりも、サービングが早いので待たされてる感が全くないのと、サービス担当のギャルがたどたどしくて可愛いです。飲みまくったと言うほどではないですが、満腹になるまでオーダーしまくった割りには、リーズナブルな値段設定でした。
 
 コースもお得かとは思うんですが、今回はアラカルトでオーダーしました。まずは、台湾ピータンです。飲兵衛としては、テーブルに料理がなくなったときに、軽い酒のアテをキープしておくというのは定石なので…。




 こちらは、鰆の瞬間スモーク青山椒ソースです。瞬間スモークのパフォーマンスもあったりしますが、これはカルパッチョですよね。見ての通りでかなりの量の山椒が使われていますが、それほどの痺れ感はなくて、バランス良く仕上げられている感じです。あとで画像が出てくると思いますが、今夜は紹興酒とワイン(赤)の二刀流です。ワインの選び方もあると思うんですけど、個人的には紹興酒の方が合うような気はします。



 
 特製の肉シューマイです。



 
 松茸小籠包。



 
 スキレットで出されたのは海鮮ときのこの広東風アヒージョ花巻添えです。画像は、すでに落ち着いたところですが、テーブルに運ばれてきたときはグツグツでした。花巻が、ちょっと遅れて出されたのは残念でしたね。



 
 海老と季節野菜の紅麹炒めです。一つ前の料理とは海老が重なってしまっています。通常は、食材を重ねるようなオーダーはしないんですが、紅麹炒めというのが気になったので、オーダーしてしまいました。台湾料理でよく使われますね。



 
 ハムスイコー(咸水角)です。いわゆる中華風揚げ餅餃子ですね。



 
 メインです。スペイン産栗豚のステーキ青菜添えです。



 
 食欲は止まるところを知らずで、極太麺の揚げ蕎麦五目あんかけです。



 
 デザートの盛り合わせ。



 
 さらにおまけで香港式揚げパン練乳添えです。



 
 紹興酒とワイン、二刀流の証拠写真です。



 


【店名】ビストロうちだ
【ジャンル】中華料理
【所在地】大阪府寝屋川市香里園南之町36-3
【営業時間】11:30-14:30、17:30-22:00
【定休日】火曜日、第四水曜日
【席数】16席
【カード】可
【ウェブ】http://chinesebistro-uchida.com/
コメント

マイネームイズりんりん/カレー/本町

2019年10月26日 20時45分04秒 | カレー
 りんりんと言われると、ビッグマムと脳内変換されてしまうんですが、店名は店主のお名前から来ているものと思われます。
 
 まずは看板です。




 こちらがメニュー。麻婆カレーが店の看板メニューのようなんですが、それとは別にキーマカレー、パクチーカレーも用意されていて、さらに日替わりのカレーが用意されるようです。この日は、すだちポークカレーでした。



 
 メインのカレーにプラスして、他のカレーのミニサイズを合わせることが出来るようなので、麻婆カレー&すだちポークカレーとしました。なお、麻婆カレーのみにサイズは提供されていないようです。メンソールは、シビレを二倍、辛さを三倍にしてみましたけど、ノーマルでもかなりのシビレ具合なので、山椒が苦手な場合はシビレましのコマンドは使わない方が良いでしょう。なお、麻婆カレーには、自家製の食べる辣油をトッピングとしてオーダーするのが幸せになる秘訣だと思います。





【店名】マイネームイズりんりん
【ジャンル】カレーハウス
【所在地】大阪市中央区安土町3-2-8 本町ABCビル一階
【営業時間】11:00-15:00
【定休日】月曜日
【ウェブ】https://twitter.com/Mynameis_rinrin
     https://www.instagram.com/Mynameis_rinrin/
コメント

パセパセ(pase pase)/スペイン料理/布施

2019年10月25日 09時59分43秒 | その他ヨーロッパ諸国
 偶然に見つけた店です。もともとは、武庫之荘にあったものが、2年くらい前に、この場所に移転してきたようです。パエリアが得意な店のようで、メンソールが訪問した日のメニューにも何種類かのパエリアが載っていました。フィディウア(ショートパスタのパエリア)って作ってもらえるのかな?。次回、行く機会があったら確認してみたいと思ってはいます。
 
 この日は、あまり体調がよろしくなかったので、軽く飲むつもりだったんですが、結果的にはいつも通りのボリュームを食べてしまいました。最近、しっかりとジムに行けていないので、ウェイトゲインが心配だったりはします。
 
 さてさて、スペイン料理と言えばタパスですが、種類が多すぎて悩んだので、タパスの六種盛りをお願いしたところ、何を盛り合わせにするか選んでくれと言うことでした。何にするかを悩んでいたので、下駄を預けたつもりではあったんですが、それも良しとしましょう。選んだのは、スペインオムレツ、チョリソ、鶏肉とネギのマスタードソース、豚肉と白菜のクリームソース、カボチャと林檎のサラダ、イイダコのオリーブオイルです。盛り合わせ方の大胆さとボリュームは、画像からでも伝わると思います。これだけで満腹ですね。



 
 鴨のオレンジソースです。前菜盛り合わせのボリュームを図り間違えたので、かなり苦しかったんですが、完食はしました。オレンジソースがフレッシュです。



 
 次回、いったときに確認はしてみますが、シェリーが置かれていないようなのが、ちょっと残念だったりします。ワインはボトルが安いです。


【店名】パセパセ(pase pase)
【ジャンル】スペイン料理
【所在地】大阪府東大阪市長堂1-20-5
【連絡先】06-6782-2702
【営業時間】11:30-15:00、18:00-23:00
【定休日】木曜日
【席数】14席
コメント

鰯屋カタクチ/居酒屋(鰯料理専門店)/谷町九丁目

2019年10月24日 10時13分49秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 昔々、田しか太融寺近くに鰯専門店があって、行ったことがあるんですが、たぶんそれ以来だと思います。鰯専門店といえば、堺市内にあるものが有名だと思うんですが、そちらには行ったことはありません。
 
 さて、大阪メトロの谷町九丁目駅の少し南側に、素敵な飲食店が密集しているエリアがありますが、今日はその中の一つです。2019年04月のグランドオープンだそうですから、ちょうど半年目です。メンソールは、オープンと同時に飛び込むという必殺技を使いましたが、予約はしておいた方が良いと思います。
 
 さて、無限キャベツです。紫キャベツが使われているのが珍しいと頃なんですが、しっかりと厚みもあり、甘みや旨みが感じられます。野菜類についてはこだわりがある様です。




 『104盛り』と書いて『イワシ盛り』と読むらしいです。内容は、刺身、生ハム、漬け、酢〆、なめろうです。最初の無限キャベツはビールを合わせてたんですが、この時点で日本酒にスイッチです。



 
 こちらは、オイルサーディンです。オイルサーディンも色々と用意されていて、今回オーダーしたものは、吟醸香味醤油です。他には、クレージーパン粉焼きとか柚須&貝出汁と言うのもありました。今回は初回訪問ですので、メニューの一番上に書かれている吟醸香味醤油にしました。



 
 鰯の南蛮漬けです。



 
 大羽鰯の一夜干し。



 
 トマトonトマトです。見ての通りなんですが、トマトスライスの上にトマトソースがかけられています。振りかけのように見えるのは鰯のフライですかね。



 
 鰯を使ってのグラタンです。



 
 同じ食材が続くと、どうしても飽きが来るんですが、こちらの料理は飽きが来なかったです。旨いです。
 

【店名】鰯家カタクチ
【ジャンル】居酒屋
【所在地】大阪市天王寺区上汐3-7-15
【連絡先】06-6771-1048
【営業時間】17:30-24:00
【定休日】木曜日
【席数】25席(カウンター9、テーブル16)
【ウェブ】https://www.facebook.com/iwashiyakatakuchi
コメント

アビタイユモン(Avitaillement)/ビアバー(クラフトビール)/西成区萩之茶屋

2019年10月23日 09時06分58秒 | 独り言
 『Avitaillement』と書いて、『アビタイユモン』と読むらしいです。西成区は萩之茶屋近くに出来たクラフトビールの店です。代表的なクラフトビールとしては、『西成ライオットエール』だそうです。ライオット(riot)というのは暴動という意味で、昔々、このあたりで暴動があったりしました。ちなみに経営母体は、福祉事業関係会社らしいです。
 
 外観です。




 この日のクラフトビールですが、四種類ありました。一番は売り切れていたので載せていません。言うまでもないと思いますが、全種類制覇しました。




 これがカウンターです。貼ってある四枚のポスターは、映画のものではなくて、クラフトビールのイメージから作られたものらしいです。



 
 フードの方は、鶏肉の甘酢っぽい味付けのもの。隣のビールは和歌山のIPAです。




 モツカレーもいただきましたが、トマトの酸味とココナッツミルクがよく効いた、美味しいカレーでした。





【店名】アビタイユモン(Avitaillement)
【ジャンル】ビアバー(クラフトビール)
【所在地】大阪市西成区花園北2-12-28
【連絡先】06-6630-8785
【営業時間】09:00-22:00(月~金)、19:00-18:00(土日)
【定休日】無休
【喫煙】完全禁煙
【ウェブ】https://www.facebook.com/ravitaillement/
コメント

Maison China Umemoto(メゾン・チャイナ・ウメモト)/中華料理/福島

2019年10月22日 12時11分26秒 | チャイニーズ
 昔は、『炎技(エンギ)』という名前でした。ヒルトン大阪の中華料理店『王朝』におられたシェフなんですが、その後は『香桃(リッツカールトン)』、『三楽(新千里阪急ホテル)』『故宮(ウェスティンホテル)』におられました。追っかけをしたわけではありませんが、『王朝』以外はすべて行ってます。麻婆豆腐と毛沢東スペアリブが名物なんですが、なぜか麻婆豆腐の画像は撮り忘れました。また、今回はコースでオーダーしたので、毛沢東スペアリブは含まれていませんでした。次回、チャレンジします。


 これは、二階の壁面にある厨房機器や食器を使ってのディスプレイです。



 
 今回は、飲み放題付き5,000円個コースなんですが、後で考えれば、飲み放題は外しても良かったです。あとは、ボリュームが多い目なので、ちょいと苦しいです。
 
 まずは前菜の五種盛りです。



 
 続いては、トマトの酸辣湯です。もっとトマト色をしているのかと思えばそうではなかったです。酸味も控えめでした。



 
 大根餅です。桜エビがアクセントになってます。



 
 鶏肉のクリーム煮込みです。



 
 大エビと牡蠣の宮保炒めです。唐辛子がいいですねぇ。それほど辛味を効かせた味付けではありませんでしたが…。宮保は『クンポー』と読んだり『ゴンバオ』と読んだりするんですが、『定宮保(ディン・ゴンバオ)』という人名から来ています。オリジナルは鶏とピーナッツのピリ辛炒めだったようです。



 
 ここで、名物の一つである四川麻婆豆腐が出てくるんですが、なんと写真を撮り忘れてしまいました。さほど辛いとも山椒が効いているとも感じなかったんですが、旨い麻婆豆腐であることは間違いないです。少し前は、辛さを追求するあまりに、辣油に豆腐が沈んでいるような麻婆豆腐もありましたけどね。
 
 秋鮭とレタスのチャーハンです。麻婆豆腐となると、どうしてもご飯ものが欲しくなるので、このコース構成はいい感じです。ただ、ここまででかなりのボリュームなので、チャーハンを食べるのが苦しかったですが…。



 
 本日のデザートは、マンゴーでした。



 
 

【店名】Maison China Umemoto(メゾン・チャイナ・ウメモト)
【ジャンル】中華料理
【所在地】大阪市福島区福島4-2-65
【連絡先】06-6131-9974
【営業時間】17:00-23:00
【定休日】日曜日とたまに月曜日
【カード】可。電子マネー不可。
【喫煙】完全禁煙
【席数】44席。
【ウェブ】http://www.chinese-engi.com/
コメント

て/エスニック系カレー/南船場

2019年10月21日 11時48分53秒 | カレー
 この日は長堀橋にいて、なぜかカレーが食べたくなったので、訪れてみました。
 
 こちらが看板です。『て』という不思議な店名の由来が気にはなるんですが、今回は聞いていません。




 こちらがオーダーした四種盛りカレー(1,200円)です。アンチョビキーマカレーは日替わりのようなんですが、手前にあるイカシオ(イカの塩辛を使ったカレー)と、奥側にあるウメチキ(梅干しとチキンのカレー)は定番のようです。右側にあるのがすっぱいポークなんですが、いわゆるビンダルーなんだと思います。これに自家製のらっきょ(100円)を添えてもらいました。



 
 メンソールはカレーが好きなんですが、その中でも、好みの味付けでした。


【店名】て
【ジャンル】エスニック系カレー
【所在地】大阪市中央区南船場3-1-16 ラッキービル二階
【営業時間】11:30-15:30、18:30-21:00。ランチ、ディナーとも売り切れ御免
【定休日】不定休。詳細はSNSにて…。
【カード】不可
【喫煙】ランチタイムは全席禁煙。ディナータイムは禁煙可。
【席数】10席。
【ウェブ】http://spice-curry-te.com/
コメント

楡/お洒落系和食/心斎橋

2019年10月20日 09時51分15秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 心斎橋駅の、南東部にあるエリアを鰻谷と言ったりして、昔からおしゃれな飲食店が建ち並んでいるエリアだったりします。このあたりのバーをはしごするフィクションを書いたりもしました。さて、今回の『楡』なんですが、かなり以前から営業されている店で、もはや古参と言ってもいいのではないかと思いますが、なぜか縁がなくて訪問したことがありませんでした。今回はご縁をいただいたと言うことで…。
 
 と言うところで、まずは前菜の三種盛りです。




 造り盛り合わせ。



 
 鹿肉の燻製らしいです。鹿肉は好きなので、メニューにあればだいたいオーダーするんですが、今回はその燻製と言うことなので、外せないメニューだと言うことでオーダーしてみました。それほどの薫香はなかったです。



 
 鱈の白子の醤油焼きです。何を食べるかを選ぶときには、これまで食べたことのないものがあればまずそちらを優先的にオーダーするクセが付いていて、白子の醤油焼きという、ある意味定番メニューはオーダーしないんですが、久しぶりにオーダーしてみました。白子の食感、醤油の味と香りのハーモニーが素晴らしい一品でした。



 
 シンプルに焼き蓮根です。一度経験してしまうと、このシンプルな料理方法が、蓮根のおいしさを余すところなく表現してくれていることがわかり、リピートしたくなります。





【店名】楡
【ジャンル】お洒落系居酒屋
【所在地】大阪市中央区東心斎橋1-18-1 ベストプラザ一階
【電話番号】06-6244-2087
【営業時間】17:00-24:00
【定休日】不定休
【カード】可。
【喫煙】ランチタイムは全席禁煙。ディナータイムは禁煙可。
【席数】19席
コメント

ゼックスウエスト ザ・バー(XEX WEST/The BAR)/イタリアン/梅田

2019年10月19日 12時45分14秒 | イタリアン
 なぜかよく分からないんですが、ハービスPLAZA ENTの最上階にある『ゼックスウェスト/ザ・バー』でのランチタイムに出かけてきました。ランチタイムのメニューは、バイキング形式のものと、プリフィックス形式のものがある様なんですが、今回はプリフィックス形式で、前菜、ピザかパスタ、メインが選べるようになっています。ドルチェについては、バイキング形式で食べ放題です。
 
 こちらが前菜の盛り合わせです。説明しなくてもいいと思いますが、器に入って一部しか見えないものは、モツァレラ&ミニトマトです。



 
 ピッツア・ビスマルクです。ビスマルクといえば、ドイツの鉄血宰相オットー・フォン・ビスマルクから来ているらしいんですが、ドイツとイタリアって、仲は良かったでしたかね。ピザは旨かったです。



 
 なぜかパスタです。



 
 メインの牛肉なんですが、ハムで巻いてある感じです。なので、ちょっと塩分きつい目が気になるところではあります。



 
 ドルチェのバイキングです。もともとメンソールは、普段は昼食を食べないので、ランチタイムというのは拷問に近いところがあったりします。美味しそうなケーキもたくさん並んでいたんですが、すでに満腹に近いところだったので、プリン、ゼリー系をメインにして、控えめにしました。



 


【店名】ゼックスウエスト ザ・バー(XEX WEST/The BAR)
【ジャンル】イタリアン
【所在地】大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 七階
【電話番号】06-4795-0065
【営業時間】ウェブサイト参照
【定休日】不定休(ハービスPLAZA ENTに準拠)
【カード】可。電子マネー不可
【喫煙】ランチタイムは全席禁煙。ディナータイムは禁煙可。
【席数】155席
【ウェブ】http://www.xexgroup.jp/west/
【備考】ディナータイムは、未成年入店禁止。若干のドレスコードあり。
コメント

くちばし/鉄板焼き鶏/福島

2019年10月18日 23時30分06秒 | 独り言
 福島といえば、かなり前から焼き鶏激戦区として知られてはいます。なんと言っても『あやむや』がありますし、『あやむや』出身の店主の店もありますからねぇ。
 
 さて、今回、訪問したのは、鶏肉を自分で焼くタイプの店です。七輪ではなく鉄板なんですが、その鉄板も特注品らしく、鶏肉を焼いたときに出た脂肪分が、周辺の白湯スープに落ちて、スープのコクがアップする。そのスープを使って〆のラーメンをいただくということになっているらしいです。
 
 こちらは突き出し(300円)です。手羽のトマト煮込みな感じです。




 今回は、紀州梅鶏の鉄板焼きにしました。鍋の用意が出来るまでということで、冷菜三種盛りをオーダーしてみました。取る胸肉の薬味ポン酢、もも肉の旨煮、ささみの梅肉和えです。鶏肉は、その部位によって独特の食感、味わいがあるわけですが、それをさらに別々の味付け、調理法で上手く仕上げていると思います。紀州にこだわっているらしく、鶏肉も紀州の梅鶏なんですが、日本酒も和歌山系の日本酒が用意されています。



 
 これが特注の鉄板らしいです。角度(傾斜)の付いた鉄板(焼き台)と、その周辺には白湯が配置されていて、すでに野菜が入っています。まずは野菜から食べ始めるようです。薬味が八種類用意されているので、好みで使えばいい感じに楽しめます。



 
 焼いてる中です。出てきた脂肪分は、周辺の白湯スープ煮流れ込み、コクを増していきます。



 
 順序が逆になりましたが、というか最初に出された肉類の写真を撮るのを忘れたので、追加オーダーした肉類の写真です。



 
 さらに追加した肉類です。説明しなくてもいいと思いますが、せぎも(左)、皮(右)です。



 
 〆はラーメンです。



 
 他には、紀州梅鶏の胸肉しゃぶしゃぶ&つくねのコースもある様です。


【店名】くちばし
【ジャンル】鉄板焼鶏
【所在地】大阪市福島区福島7-6-23 日の出ビル一階
【電話番号】06-6456-1199
【営業時間】(月~金)
       11:30-14:00、17:30-24:00
      (土)
       17:30-24:00
      (日祝)
       17:30-23:00
【定休日】不定休
【カード】可。電子マネー不可
【喫煙】全面禁煙可
【席数】26席
コメント

鉄板大衆酒場 高はし/おでん、鉄板焼き/西梅田

2019年10月17日 21時51分40秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 最近、ミナミに出没することが多いんですが、今回はキタに出てみました。久しぶりにお初天神界隈です。訪問したのは、おでんと鉄板焼きの店『高はし』です。



 
 鉄板焼きの店ですから、鉄板焼き&お好み焼きがメインのようにも思われますが、もう一枚看板があって、それが黒おでんのようです。画像は四人前です。関西に住んでいると、こうした黒いおでんには、ある種のおぞましさを感じたりもするんですが、食べてみると味が良く染みこんでいて、関西のおでんとは異なるおいしさを感じることが出来ます。



 
 こちらも、名物の旨だれホルモンです。



 
 これは、すき焼き風です。



 
 とん平焼きです。



 
 初代お好み焼きです。二代目があるのかどうかは確認していません。






【店名】鉄板大衆酒場 高はし
【ジャンル】おでん、鉄板焼き
【所在地】大阪市北区曽根崎2-5-20 お初天神ビル一階
【電話番号】06-6361-3380
【営業時間】18:00-29:00
【定休日】無休
【カード】可。電子マネー不可
【喫煙】全面禁煙可
【席数】33席(カウンター13席、テーブル20席)
コメント

食卓とワイン豆皿小皿/ワインバー/三ノ宮

2019年10月16日 21時28分38秒 | 独り言
 神戸は、ひとときは毎週通ってました。修行のために通ってたのと、その修行のあとには肝稽古が付いてくるのが当たり前だったので、残念ながら神戸の街を満喫するというわけではなかったですが…。ちなみにですが、肝稽古は誤変換ではなくて、肝臓を鍛えるための稽古、すなわち宴会ということです。
 
 この店は、トアロードを少し入ったところにあるんですが、神戸があまりにも久しぶりだったために、トアロードと生田筋が頭の中でごっちゃになってしまっていて、辿り着くのに時間がかかってしまったりしました。
 
 さてこの日は、旧知の友人が主催するセミナーに参加するために、午後一番くらいで三ノ宮には繰り出したんですが、なんと二日酔い状態であったため、セミナー修了後の食事も控えめにしようと言うことでこの店を選びはしたんですが、前日以上に鯨飲してしまい、結局、三日酔いという事態に遭遇することとなりました。

 店名の通り、小皿料理が用意されていますが、値段から想像するよりもボリュームは多いので、小皿料理だろうと思って調子に乗ってオーダーするとあとで公開することがあったりするかも知れません。まずは、小皿料理の中から鶏肉のタタキです。




 何を飲んだのかは基本的には載せないことにしているんですが、今回は特別に公開します。これは二杯目の白です。一杯目はカヴァだったような気が…。



 
 小皿料理の二皿目はアマゴのエスカベッシュです。



 
 小皿料理の三皿目ですが、豚肉です。中央にあるのはムング豆、奥にある紫キャベツにはクミンがきかせてあります。手前右にあるのは柚子胡椒です。どちらかといえば蛋白な豚肉の周りを、軽くスパイスで囲んで見せたというところでしょうか…。



 
 豚肉なので、白ワインでも良かったんですが、赤白、合わせて四杯くらいで切り上げるつもりだったので、赤ワインにしました。



 
 赤ワインその(2)です。



 
 小皿料理以外に、しっかりとしたメニューもあります。パスタ系のメニューもありましたが、メンソールが頼んだのメンチカツの赤ワイン煮込みです。



 
 合わせたワインがこちら…。



 
 お約束のチーズ盛り合わせ。



 
 なぜか、パイナップルジュースです。



 
 メンソールが食事をするときは、こんな感じで複数のドリンクが並んでいます。左から、一番最後に紹介した赤ワイン、甘口のシェリー(モスカテル)、パイナップルジュースです。



 
 まあ、素敵な店でした。次回訪問は11月25日の予定ですが、待ち伏せはしないでください。神戸に彼女を作って、頻繁に訪れたい店でした。
 
 

【店名】食卓とワイン 豆皿小皿
【ジャンル】ワインバー
【所在地】神戸市中央区北長狭通2-6-6 ヤナセビル202
【電話番号】070-3975-2687
【営業時間】18:00-26:00
【定休日】木曜日みたいですが、たまに月曜日も休むみたいです。
【カード】可。PayPay使用可
【喫煙】完全禁煙。
【席数】22席(テーブル4席×2、カウンター14席)
【ウェブ】https://www.facebook.com/mamekozara/
コメント