大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

蓮生(蕎麦屋) 福島

2005年05月21日 10時27分37秒 | 麺類
 最近、福島界隈には蕎麦屋が多くなった。聖天通りのかなり奥にある『からに』には最近入り浸ってたりする。二日酔いには蕎麦がいいという話を薬局で聞いて以来のことだ。ちなみに、この『からに』の店主は枚方の名店『天笑』で修行したらしい。蕎麦打ち台を兼ねると思われるカウンターと、バケツを利用した椅子。天井のデザイン。酒のアテの旨さと安さなんかが気に入ってる。

 今回メンソールが行った『蓮生』の店主は、堂島の『春知』で修行したとのこと、店は路地裏にあって、隠れ家のような感じ。入り口は、非常に濃厚で、店の前に看板がなければそば屋ではなくお洒落系の飲み屋と間違いそう。店内の雰囲気も同様。濃厚でディープ。カウンターは五席くらいしかないと思う。奥にも何かありそうな雰囲気だったけど、テーブル席なのかトイレなのかは、判らない。店内も、高級感があって、何より壁画に見入ってしまったりする。

 メンソールが最初にオーダーした蕎麦の味噌焼きは、しゃもじに蕎麦味噌をつけ、それをバーナーで焼いたもの。一部しゃもじにも焦げ目が付いていて、持つと熱い。

 メンソールは、日本酒を飲みながら蕎麦の味噌焼きをつつく。続いては、ざる。例によって漬けダレを使わずに食べる。次に、箸の先にワサビを付けて、食べる。最後に漬けダレを使う。その前に、つけダレのみ味見はするけど…。

 結構、甘い目のまろやか系の漬けダレ。対して蕎麦は、やや細めの力強いものとなっている。ざるを食べ終えたメンソールは、二杯目の辛味おろし蕎麦。蕎麦は同じものだと思われるんだけど、辛味おろし蕎麦の方が、若干香りも味も濃厚であるような感じがする。もちろん、漬けダレも若干ながら濃厚に仕上げてあるように思う。

 最後は、そば湯を飲みながら蕎麦焼酎をストレートで、その後、メンソールの得意技である、そば湯のそば茶割りを楽しむ。でもなぁ…、ちょっと店主の愛想が悪いなぁ…。



(店 名) 蓮生
(ジャンル) そば屋
(所 在 地) 大阪市福島区2-9-22
(電 話) 未公開
(営業時間) 11:30-15:00、17:30-21:00
(定 休 日) 日曜
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1/2(北区本庄東) | トップ | まき埜(蕎麦屋) 福島 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-27 18:27:51
蓮生さん場所、貸し物件になってました(;_;)何処へ⁇どなたかご存知の方教えてください(ToT)/~~~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

麺類」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

蓮生(蕎麦屋) (こころにおひさま)
今日は土曜の出勤日。めっちゃ暑い。 12時半までの営業なので、お昼に旦那とどこ
蓮生 (殿のBlog)
福島の住宅地の奥にある隠れ家的なお蕎麦屋さん 『 蓮生 』 オープンから3年、生駒にある(以前は堂島にあったお店)蕎麦の名店「春知」で修行されたご主人(ジャージ姿の女子)のお店。 鳥獣戯蕎画(鳥獣戯画の蕎麦打ち版)の墨絵がカウンター越し...