大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

つじ田/魚と野菜、割烹、居酒屋/心斎橋

2020年01月17日 12時12分00秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 心斎橋にある、魚と野菜の『つじ田』に行ってきました。店は、ビルの二階にあるんですが、店構えはこんな感じです。




 テーブルセットはこんな感じ…。



 
 こちらは、突き出しのメゴチです。突き出しにも力が入っているようでいい感じです。




 
 ひたし豆です。酒のアテに良いです。



 
 こちらが作り盛り合わせなんですが、左から、ひっさげ、サバキ寿司、天然鯛、鰆、アオリイカ、&雲丹です。



 
 なぜか、オーダーの順番がいつもとは違っているような気がするんですが、鶏もも肉の塩焼きです。ジューシーです。



 
 牡蠣とほうれん草の酒盗炒めという、酒飲みのハートをくするぐる一品です。もちろん、日本酒もたくさん消費しました。



 
 鱈の白子の天麩羅です。鱈の白子と言えば、ポン酢なんですが、天麩羅も良いですね。




 
 イカの三升漬けだったかと思います。東北地方の保存食のようで、青唐辛子、醤油、麹を、それぞれ一升ずつの分量で漬け込んだのが由来だとか…。もちろん、日本酒の消費量がアップしたことは言うまでもありません。






【店名】つじ田
【ジャンル】和食、居酒屋
【所在地】大阪市東心斎橋2-8-3 日宝笠屋町会館二階
【営業時間】18:00-25:00(月~金)、18:00-23:00(日祝)
【連絡先】06-6213-1559
【定休日】月曜日
コメント

クレープリー・エ・ビストロ アルモリカ/フレンチ(ブルターニュ料理)/本町

2020年01月16日 14時04分29秒 | フレンチ
 2019年09月17日のグランドオープンだそうで、フレンチなんですがブルターニュの代表的料理であるガレットと、シードルを出してくれる店です。写真は、ムニュ・ブルトンという6,500円のコースからです。
 
 まずは店構えです。



 
 こちらはアミューズです。左は、プチガレットに鴨のリュエットを乗せたもの。右はカニ系のスープです。



 
 これはスープではなく、シードルです。ブルターニュでは、このようにグラスではなくカップでシードルを飲むらしいです。



 
 前菜は二皿あるんですが、一皿目の蟹のジュレ寄せです。



 
 二皿目ですが、茸のソテー、サラダ仕立てです。



 
 ガレットです。サイズが分かりにくいですが、ミニサイズです。日替わりを含めて五種類用意されていて、その中から選べるようになっています。今回セレクトしたものは、自家製ハム、玉子、チーズのガレットにしました。他には、豚玉をガレット風にアレンジしたものや、牛挽肉カレーに茄子のトッピングを添えたもの、ソーセージをガレット生地で巻いたものなどがありました。



 
 魚介料理ですが、オマール海老、ムール貝、鮮魚です。




 シードルは、四種類くらい用意されていたんですが、これとは別にボトルシードルもいくつかありました。写真のシードルは、フランス産の物ではなく、左の日本がオーストラリア産、右端はアメリカ産だそうです。



 
 メインは、鴨肉か仔牛肉から選れべたんですが、仔牛にしました。



 
 コースには含まれていませんが、サジェストがありましたので遠慮なくチーズの盛り合わせでを追加オーダーしました。



 
 デセールです。この日は、ワインに加えてシードルもたくさん飲んだので、デセールの説明を覚えていません。画像で確認してください。




 

【店名】クレープリー・エ・ビストロ アルモリカ
【ジャンル】フレンチ(ブルターニュ料理)
【所在地】大阪市中央区瓦町4-3-14 御堂筋アーバンライフ地下一階
【営業時間】12:00-14:00、18:00-23:00(火~土)、12:00-14:00(日曜日)
【連絡先】06-6226-8955
【定休日】月曜日、日曜日のディナー
【ウェブ】https://french-armorica.com/
コメント

うず潮/海鮮系割烹/肥後橋

2020年01月14日 11時22分10秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 昨年末、たぶん11月頃から肥後橋界隈に出没することが多いんですが、今回も肥後橋です。とは言いつつ、昨年12月の訪問だったのですが…。しっかりと吟味した、熟成魚を中心に提供してくれています。テーブル席もありますが、大将のうんちく話を聞くためにカウンターに座るのが良いかもしれません。
 
 さて、いきなりですが突き出し(先付け)です。下にあるのが鰺を昆布締めにしたもの。上に乗せられているのはアカモクです。アカモクというのは、海藻の一種で、食感はモズクと似ていますが、ちょっと粘り気があります。




 造りですが、左上から時計回りに、ヤイト鰹、尾長グレ、アオリイカです。ヤイト鰹は高級な鰹だそうで、ちょいと高いらしいです。尾長グレは、その名の通りで尾が長くなるグレだそうです。



 
 メバルの煮付けです。まぁ、静かになるというか酒(日本酒)が進むというか…。



 
 天麩羅です。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、上が太刀魚、下が鱈白子です。



 
 北海道厚岸の牡蠣を使ったみぞれ酢です。大ぶりの牡蠣に、大根下ろしと、柑橘系の絞り汁をあわせたんでしょうか?。淡く儚い感じでした。次の飯物の前の口直しな感じになっています。



 
 白飯のお供三種です。左端は金山寺味噌など、複数の味噌が使われているとのことです。



 
 氷菓です。自家製の焙茶アイスです。





【店名】うず潮
【ジャンル】海鮮系割烹
【所在地】大阪市西区土佐堀1-1-32 日宝リバービル二階
【営業時間】11:30-13:30、17:30-23:30
【連絡先】06-6147-9096
【定休日】日祝
【ウェブ】https://gururi-co.jp/uzushio/
コメント

Ecle.enishi(エクレ・エニシ)/モダンメキシカン/新町

2020年01月13日 11時32分30秒 | エスニック
 もう昨年のことというか、一ヶ月が経ってしまいましたが、新町にあるモダンメキシカンの店『Ecle.enishi(エクレ・エニシ)』に行ってきました。画像は6Menu+Cafe(6,000円)のコースからです。
 
 ちょっと分かりにくいですが、抹茶入りのスープです。まず茶器に抹茶が入れられ、そこにスープが注がれるので、各自が茶筅を持って、混ぜる感じです。



 
 ブッタラーチーズを使った前菜です。



 
 この日の酒、一本目がこれです。



 
 魚料理です。確か鰆だったと思います。上に乗っているのはインカをの目覚めを使った付け合わせです。



 
 メインの料理は鴨でした。



 
 タコスは、三種類、用意されたんですが、そのうちの一号&二号です。



 
 タコス三号。



 
 デザートです。



 
 コース料理をオーダーしていたんですが、食べている時間より待っている時間の方が長かったです。年に何回か、オーダーしてから料理がだされるまでが信じられないくらい長い店に当たるんですが、コース料理が遅いというのはどうしたことなんでしょうかね。
 
 

【店名】Ecle.enishi(エクレ・エニシ)
【ジャンル】モダンメキシカン
【所在地】大阪市西区新町1-22-22 森町ダイヤパレス一階
【営業時間】11:30-14:00(月~金)、12:00-14:00(土日祝)、18:00-24:00
【連絡先】050-5456-0867
【定休日】不定休
【ウェブ】https://www.instagram.com/ecle.enishi/?hl=ja
コメント