大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

熱炒龍/台湾料理/阿波座

2022年06月17日 10時26分51秒 | チャイニーズ
 阿波座駅(大阪メトロ)の近くに台湾料理の店が出来たと聞いたので行って来ました。看板です。

 
 外観です。入り口近くは、ドラム缶を使った立ち飲みスペース。奥がカウンター&テーブル席になっています。

 
 突き出しです。

 
 ドリンクメニュー。

 
 フードメニュー。定番メニューの他に、手書きメニューも用意されています。沙茶醤(サーシャージャン)を使った料理があるのが特徴的です。沙茶醤は中華風バーベキューソースのようなもので、ヒラメなどの魚介をベースにして、ニンニクや胡麻、香辛料を加えた調味料で、広東の潮州地方発祥の調味料とされています。

 
 先ずは、肴三種盛りです。台湾ミミガーポン酢、梅水晶などが並んでいます。

 
 麻婆豆腐は気になるところなんですが、白飯が欲しくなるので、エビチリにしました。

 
 なぜか麻雀パイが…。たまに役満が見つかります。

 
 出世よだれサワーをオーダーしてしまいました。時間が経つと酸味が強くなるらしいんですが、よく分かりませんでした。

 
 アンコウの唐揚げ、台湾バージョンです。何が台湾バージョンなのかと言えば、香辛料です。

 
 
(参考)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中村屋/中華料理(四川料理)/平野

2022年05月13日 08時01分33秒 | チャイニーズ
 ここのところ、平野駅(大阪メトロ)周辺に出没することが多くなっているんですが、平野駅のすぐ近くにある本格四川料理の店、『中村屋』に行ってきました。外観です。100人以上収容できる大箱で、二階席もあって宴会も出来るようです。シェフも中国の方のようです。

 
 中華料理は、オーダーしてから出てくるまでが早いので、メインのオーダーがくるまでの酒のアテとして、ピータンをオーダーすることが多いんですが、今回は四川料理ということもあり、スピードメニューも四川系にしてみたいと言うことで、合鴨のごま油和えにしてみました。大阪の南部と言えば鴨なので…。このソースが香辛料でからいと言うよりは、塩辛い感じ。う~ん。

 
 次は、四川風エビチリ(唐辛子炒め)です。ポピュラーな海老のチリソースというのは、オリジナルの四川料理ではなくて、陳健民が広東あたりに立ち寄ったときに考案した料理だと言ったような気とを聞いたことがあります。四川省には海はないですから…。川海老を使うということはあるとは思うんですが…。画像の通りで、チリソースとは異なる見た目です。青唐辛子炒めな感じです。青唐辛子は乾燥赤唐辛子より辛いですし、青椒肉絲も、本来はピーマンを使うのではなくて青唐辛子を使った料理であるというのは聞いたことがあります。で、辛かったです。後から辛さが増幅して襲ってくる感じです。その辺りはよいんですが、やっぱり塩味がきつい感じです。

 
 本格四川麻婆豆腐です。一時期、激辛麻婆豆腐が流行ったことがあって、辣油の中に豆腐が浮かんでいるようなものも見かけたりしましたが、こちらの麻婆豆腐は、それほど赤くなく、むしろ甜麺醤が多い目で若干の甘さを感じるものとなっています。華椒も、たぶん乾燥華椒ではなくて生華椒を使っていると思われ、痺れ具合はそれほどではありません。でも、辛いよりも先に塩辛いが来てしまうのは残念なところです。


(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

色彩のブルース/居酒屋、点心/西大橋

2022年04月03日 10時10分07秒 | チャイニーズ
 『色彩のブルース』と聞いて、似たような店名の『満汐のロマンス』を思い出す人もいると思うんですが、姉妹店のようです。

 
 基本、立ち飲みなんですが、椅子は用意してありますし、フードメニューもよく似ています。看板の雰囲気も似ていますし…。

  
 『満汐のロマンス』と姉妹店と言うことは、こちらでも名物の焼売が食べられるということですので、豚焼売と鶏焼売をオーダーしてみました。焼売は、それぞれ1個からオーダーできます。

 
 もう死語になっているかも知れませんがトリビーです。昔は、トリビーと言えばビールが出てきたんですけどねぇ…。

 
 こちらは、フードメニューです。

 
 琥珀卵の鶏ユッケ風。

 
 和牛ホルモンの煮込みですが、ほぼ脂身の煮込みです。脂身独特のぷにぷに感とか甘みとかが好きな人にはたまらないと思います。

 
 鶏の酔いどれ蒸しもオーダーしたんですが、画像がありません。取り損なったと言うことはないと思うんですが…。

(参考)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サヨナラ天サン/中華料理(点心)、立ち飲み/肥後橋

2022年03月31日 06時58分59秒 | チャイニーズ
 天神橋筋三丁目にある『ぎょうざの求胃ちゃん』の姉妹店が肥後橋に出来たと聞いたのは、2021年の夏の終わりごろだったんですが、なかなか行けず、行ってみたら流行病の影響で休業していたりということもあったんですが、やっと行くことがで来ました。店の外観は撮り忘れました。看板というか、通りから見えるところに出されているメニューはこんな感じです。

 
 店名の『サヨナラ天サン』からは、ドラゴンボールの名台詞が連想されるんですが、どんなシーンだったかは覚えていません。ちなみに『ぎょうざの求胃ちゃん』がある天三(天神橋筋三丁目)からサヨナラするという意味らしいです。
 
 中華ベースの小皿料理が中心ですが、『ぎょうざの求胃ちゃん』でも提供されていた焼売も食べられるようですが、ここでは、春巻きを狙うことにしました。定番メニュー以外にも、店内の張り紙メニューにスペシャル春巻きのメニューが書かれています。
 
 それはさておき、あて肉の盛り合わせからです。

 
 春巻き一種類目ですが、外観からではなんだったか分からなくなってしまいました。ちゃんと切断面の画像も用意しておくべきでした。

 
 砂ずりのクミンオイル煮です。

 
 珍しいドリンクがあったので、オーダーしてみました。小松菜レモンチューハイです。

 
 こちらは紅生姜春巻き。

 
 余談ですが、天満にある『炭焼呑処うまとら』も姉妹店です。


(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

百楽(上本町店)/中華料理(北京料理)/上本町

2022年03月12日 09時03分28秒 | チャイニーズ
 中華料理(北京料理)の『百楽』と言えば老舗で、現在は、上本町本店以外に、天王寺店(天王寺ミオプラザ)、奈良店(奈良近鉄ビル)、王寺店(りーべる王寺東館)の4店舗があります。中でも上本町本店は、上本町の顔と言っても良いほどの存在感があったんですが、昨年末(2021年11月)に、通りの南側にあるシェラトン都ホテルの地下一階に移転しました。ということで行ってきました。画像は、すべて4,500円のコースからです。もう一品、デザートが出たんですが、撮り忘れました。

 今回は、外観写真もなしです。コース料理から、前菜3種盛り、サラダ添えです。


 フカヒレスープ。


 大エビのチリマヨ仕立て。


 牛カルピと春野菜のオイスターソース炒め。


 焼豚チャーハン。


 デザートにマンゴープリンが出たんですが、例によって、単なる酔っ払いと化していたので、画像はありません。先日も『百楽(天王寺店)』で食事をしたんですが、安定して旨いです。



(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ナチュラルナイン/中華料理/松虫(阿倍野区)

2022年03月04日 11時02分25秒 | チャイニーズ
 阿倍野区松虫に、中華料理店が出来たらしいと言う話が聞こえてきたので行ってきました。Hotel State Tennojiの一階が中華料理店になっているんですが、中華料理店の奥にホテルのフロントがあるのにはちょっとびっくりしたりしました。こちらが外観です。


 中華料理と言えば紹興酒です。最近、中華料理店で紹興酒をオーダーすると、銚子に入ってくるんですが、これは一種の流行なんですかね?。


 通常のフードメニューの他に、ジャストサイズメニューとして、ちょっとスモールポーションで提供されているものがありましたので、そちらからのオーダーです。宮包鶏丁という、鶏肉とピーナッツを唐辛子と炒めた四川料理を食べたかったんですが、メニューからは消えていました。残念です。気を取り直してエビマヨです。ジャストサイズとなっていますが、小皿ではなくてそれなりの分量はあるので、2~3皿のオーダーが適当でしょう。


 もう一皿は、豚肉と青梗菜の旨煮です。




(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

元祖四川陳マーボ豆腐/宝満園/上本町

2022年03月03日 07時36分54秒 | チャイニーズ
 上本町野ハイハイタウンにある中華料理店『宝満園』ですが、再訪してきました。目的は、元祖四川陳マーボ豆腐です。この店のメニューには、辛さを表すマークがつけられている場合があるんですが、一番辛そうな料理が元祖四川陳マーボ豆腐だったので…。
 
 先ずは、棒々鶏でウォーミングアップ。


 麻婆豆腐を食べるときは、飯物が必用で、麻婆豆腐のみを食べるのは苦手だったりします。メニューに白飯は見つからなかったので、五目チャーハンをオーダーしました。


 こちらが、元祖四川陳マーボ豆腐です。見た目は普通です。一番からそうなところから一口食べてみますが、まず甘みが来ます。辛さはそれほどではないです。華椒が丸のまま入っている感じはありますが、劇的に痺れるという感じはないです。


 1/3くらい食べ進んだんですが、滝のように汗が出てきます。ただ、辛くはないです。激辛カレーを食べると、胃に全身の血液が集まってきて、手足末端が冷えたりするんですが、そんな感覚もないです。ただ、甘みを、最初の一口目よりも強く感じて、それがさらに甘くなってくるような感じがあります。その甘みがどんどん強くなってくるので、ギブアップしました。甘いのはダメです。




(参考)

(過去ログ)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

青蘭/中華料理/谷町六丁目

2022年02月12日 11時40分57秒 | チャイニーズ
 説明しなくても良いほどの有名店、谷町六丁目の中華料理『青蘭』に久しぶりに行ってきました。相変わらずの安定感でした。先ずは外観。

 
 海鮮系料理が得意な店ですし、お勧めもいただきましたので、鯛の中華風造りです。


 ピータンです。酢醤油を使っている店が多いですが、こちらのものはそうではありません。若干の甘みを感じたりします。


 鶏肉を唐揚げにして、香味ソースをかけたものです。


 麻婆豆腐です。麻婆豆腐をオーダーすると、飯物が欲しくなると言う理由で、普段はオーダーしないんですが、今回はオーダーしてみました。激辛と書いてあるとおりで、辛い目です。これ以上唐辛子を使うと苦みが出るというレベルまで使っていると思いますが、塩分が強くないのが良いです。山椒の痺れ具合は中くらい。辛みが収まったあとに、若干の甘みが戻ってきます。


(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宝満園/中華料理/上本町

2022年01月09日 09時09分23秒 | チャイニーズ
 上本町のハイハイタウンに出来た中華料理店です。価格設定がリーズナブルだとの話もあったし、中華料理は好きなので行ってみたんですが、四川系の麻辛な料理も用意されているし、嬉しい限りです。ということで、店構えです。


 小皿料理というのも用意されていました。要はハーフサイズと言うことなんでしょうが、食事するほどではないが飲みたいという場合もあるでしょうし、アテとするにはいい感じのメニューが並んでいました。いつもならピータンをオーダーするんですが、今回はこの小皿料理の中から、サザエ胡瓜和えをオーダーしてみました。サザエがたっぷり入っています。箸だけでは辛いので、レンゲが欲しいところですが…。


 中華料理と言えば、紹興酒なんですが、このように銚子&猪口で提供してくれます。


 辛い料理には、料理名の横に辛さマークがついています。メインには辛い料理を持ってくるにしても、どの程度の辛さなのか、まず探りを入れたいと言うことで、アサリとネギの香味和えをオーダーしてみました。これも小皿料理です。ちなみに辛さレベルは、やや辛い、辛い、激辛の3段階なんですが、これはやや辛いレベルです。それなりに辛かったので、唐辛子系の辛さが苦手な人は避けておいた方が良いかもしれません。


 メインは悩んだんですが、若鶏とピーナッツの唐辛子炒めにしました。レベルは真ん中の辛いです。辛かったです。久しぶりに…。


 紹興酒が余ったので、ピータンをアテにしました。激辛の麻婆豆腐もあるので、次回はそちらにチャレンジしてみることにします。


(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

響香/中華料理/北新地

2021年12月19日 10時39分02秒 | チャイニーズ
 北新地にある中華料理店です。老舗だと思ってたんですが、グランドオープンが2014年10月02日と言うことなので、それほど古い店ではないようです。店はアストリアジロービルの一階奥にあります。今回は、ランチタイムの訪問です。店の外観写真は撮り忘れました。今回の写真は、響香ランチコース(3,900円)からのものです。

 前菜盛り合わせ。


 フカヒレと焼き鮭入り卵白スープ 


 揚げ物二種盛り合わせ。


 ソフトシュリンプと海鮮かまぼこ入りの炒め。ちょっと変な日本語ですけど、メニューをそのまま転写しています。


 飲茶三種盛り合わせ。

 
朝天辣椒麻婆豆腐。プラス100円で激辛に出来るとあとから知ったので、ちょっと後悔してます。


 五目炒飯。麻婆豆腐というと、どうしても飯物が欲しくなるので、良いタイミングでチャーハンが出てきました。


 デザート2種盛り合わせ。


(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

巣王/餃子、焼味/堺筋本町

2021年12月18日 09時15分32秒 | チャイニーズ
 『阿飛流ラーメン』がリニューアルされたという話は聞いて、そこに餃子&焼味の店も併設されていると言うことで、行ってきました。堺筋本町駅の近くで、本来交通の便は良いはずなんですが、なかなか行けずに今になってしまいました。店構えです。『阿飛流ラーメン』は併設されていると言うよりは、『巣王』の店内に『阿飛流ラーメン』がある感じです。会計は、『阿飛流ラーメン』が職権制の先払い、『巣王』はレジで後払いな感じなんですが、混乱はしないんでしょうか?。


 先ずはビールなんですが、グラスではなく、このようなコップに注がれます。コップが空になると、接客係が注ぎに来ます。なかなか昭和なスナックの対応のような気がしますが、回転を上げたいんでしょうかね。若い人たちだと、不快に感じかないか心配です。


 焼味(シュウメイ)の盛り合わせ。チャーシュー(チャーシュー)、クリスピーポーク、豚トロ、スペアリブ。中央にあるのはパイナップルソースです。


 餃子です。画像は4人前です。辣油にはどうやら五香粉が入っているみたいで、好みが分かれるんじゃないでしょうかね。


(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一期一会/中華料理/日本橋

2021年11月07日 07時43分36秒 | チャイニーズ
 日本橋駅の北東側と言えば、中国東北三省(吉林省、遼寧省、黒竜江省)の料理が食べられる店があったりする、ちょっとエキゾチックな街なんですが、今回は、その界隈にこの夏、新しくオープンした中華料理店に行ってきました。店構えです。


 
 メニューのトップには麻婆豆腐が載っていたり、そのほかにも麻辛な料理があったりするので、四川系かと思ったんですが、北京ダックなんかもあったりします。水餃子もあったりするので、四川&北京系なんでしょう。先ずは、ピータンをオーダーしました。量はちょっと多い目かと思います。2人で行くのが吉ですかね。



 メニューなんですが、今回のお目当ては、ゴーバオロウ(揚げた豚肉と野菜の甘酢炒め)です。タンスーキー(鶏甘酢)とか酢豚とかは好きな料理なので、それの延長みたいな料理だと思ってたんですが、ちょっと違いました。薄切り豚肉が使われているのは良いとして、酸味はあるものの甘さの方が勝ってます。この店の甘酢がこの味なのかについては、次回、酢豚を食べて確認してみます。本当は、マーラージャングォ(海鮮・野菜、きのこの炒め物)の方が気になるんですが…。ラーズーチー(鶏肉の唐揚げと唐辛子炒め)は何度か四川料理店で食べてます。


 これがゴパオロウです。次回、酢豚をオーダーするか、マーラージャングォが悩みどころですが、マーラージャングォはちょっと量が多そうですからねぇ。辛いのは平気なので食べられるとは思うんですが…。



(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アンダースタンド?/中華料理/日本橋

2021年11月01日 14時00分36秒 | チャイニーズ
 ちょいと前に、日本橋にある地下秘密基地に潜入しようとして失敗してしまっていましたが、再挑戦してきました。地下に降りると、カウンターメインの中華料理店があります。店名も『アンダースタンド?』です。


 扉を開けるとこんな感じです。恐れず、地下に降りましょう。


 地下に降りると看板が見えます。本当は、もう一軒別の店があるんですが、それは後ほど紹介するかも知れません。


 酢菜です。白菜と春雨を使った酸味のある料理です 。


 海老のマヨネーズ炒めです 。


 酢豚です。いい感じのボリュームです。左上に見える、紹興酒が入ったチョコからサイズを推定してください。


 サキモトという料理です。何が出てくるか分からなかったのでオーダーしてみたんですが、こんな感じでした。








(参考)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蛍/中華居酒屋/上本町

2021年10月08日 08時43分22秒 | チャイニーズ
 上本町のハイハイタウン、地下一階に中華居酒屋が出来たという話が伝わってきましたので、行ってきました。ちょっと、陰になっていて分かりにくい場所にありますが…。
 
 まずは店構えです。



 
 こちらは、突き出しというか、料理が出されるまでのおつまみです。



 
 中華料理を食べに言ったときは、まずピータンから始めます。



 
 色々と魅力的な料理はあったんですが、警戒して激辛系は外しました。激辛でも大丈夫なんですが、日本人用にアレンジした中華料理ではないと言うことは、メニューを見た段階で分かりましたので、今回のオーダーからは外しました。こちらは、辛み海老です。



 
 もう一品は豚肉料理なんですが、何と書いてあったか忘れました。




 今回の動画です。





(参考)
蛍(食べログ)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

善道/中華料理/北新地

2021年03月13日 13時21分53秒 | チャイニーズ
 以前から、店については知っていたんですが、なかなか行くことが出来なくて、先日、やっと訪問することが出来ました。入店するまで、カウンターがメインの店だとは思わなかったですが…。
 
 まず、前菜六種盛りですが、二人前分のボリュームです。左上から右回りに、搾菜、蒸し鶏のネギ生姜ソース、コリコリクラゲの冷製マスタード風味、トロトロピータン、ヨダレ鶏です。



 
 先の前菜六種盛りには、五品しかありませんでしたが、残り一品がこちらで、白身魚のお刺身サラダ、山椒ソースです。これだけでも十分なボリュームがありますし、お得です。



 
 空心菜とキノコ炒めです。プラス100円くらいでニンニクをプラスできます。



 
 油淋鶏です。



 
 四川料理系の店なので、麻婆豆腐は外せないと言うことですが、これは麻婆豆腐Wというメニューです。四川麻婆豆腐と四川麻婆茄子というメニューがあるんですが、真棒豆腐Wというのは、豆腐&茄子の両方が入っています。




 麻婆豆腐というと、普段は白飯を食べないメンソールでも白飯を合わせたくなるんですが、今回は、ここまででかなりの満腹になっていたので、白飯はなしです。デザートもなし。


(参考)
善道
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする