大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

善道/中華料理/北新地

2021年03月13日 13時21分53秒 | チャイニーズ
 以前から、店については知っていたんですが、なかなか行くことが出来なくて、先日、やっと訪問することが出来ました。入店するまで、カウンターがメインの店だとは思わなかったですが…。
 
 まず、前菜六種盛りですが、二人前分のボリュームです。左上から右回りに、搾菜、蒸し鶏のネギ生姜ソース、コリコリクラゲの冷製マスタード風味、トロトロピータン、ヨダレ鶏です。



 
 先の前菜六種盛りには、五品しかありませんでしたが、残り一品がこちらで、白身魚のお刺身サラダ、山椒ソースです。これだけでも十分なボリュームがありますし、お得です。



 
 空心菜とキノコ炒めです。プラス100円くらいでニンニクをプラスできます。



 
 油淋鶏です。



 
 四川料理系の店なので、麻婆豆腐は外せないと言うことですが、これは麻婆豆腐Wというメニューです。四川麻婆豆腐と四川麻婆茄子というメニューがあるんですが、真棒豆腐Wというのは、豆腐&茄子の両方が入っています。




 麻婆豆腐というと、普段は白飯を食べないメンソールでも白飯を合わせたくなるんですが、今回は、ここまででかなりの満腹になっていたので、白飯はなしです。デザートもなし。


(参考)
善道
コメント

大阪王/餃子、中華料理/鶴橋

2021年02月08日 20時22分02秒 | チャイニーズ
 最初、『大阪王』が『餃子王』に見えて『王将』の系列店かと思ったんですが、そうではないようです。鶴橋店を見つけて、辣油を買ってみたら旨かったので、それではということで、満を持して餃子を食べに行きました。
 
 餃子専門店かと思ったんですが、そうではなく、一品料理も扱っているようでしたが、この日は、初志貫徹と言うことで餃子狙いです。先ずは、胡瓜浅漬けです。辣油はあとで乗せたものです。もともとの料理には辣油は載せられていません。メニューには、胡瓜浅漬と書かれていますが、十分に使っていて旨いです。これだけで、紹興酒が一杯飲めてしまう感じです。




 レアチャーシュー。甘口で、これでも紹興酒は一杯飲めるような気はします。




 焼き餃子は、1人前6個で、260円です。他にも、紫蘇餃子(350円)や海老餃子(390円)もあります。





(参考)
大阪王(鶴橋店)
コメント

信/中華料理/蒲生四丁目

2021年02月01日 20時40分02秒 | チャイニーズ
 蒲生四丁目も、ちょっと外れたところに飲食店が集中しているエリアがあるんですが、今回は、その中から中華料理の『信』に行ってきました。店構えの写真も撮ったんですが、紛失してしまいました。ということで、最初の一杯はビールからです。メンソールの場合、最初にビールをオーダーすることが多いですけど、料理が出てくるまでの間と言うことであればビールかなと思ってるだけで、いきなり日本酒とかワインにする場合もあります。なので、小ジョッキとかコップビールとかがあれば一番嬉しいわけです。ということで、今回は青島の瓶ビールです。




 スタートはピータンです。



 
 最初のオーダーは油淋鶏にしました。油淋鶏ならと言うことで、紹興酒の三種飲み比べです。



 
 これが油淋鶏なんですが、でかいです。値段から見てこれの半分くらいをイメージしてたんですが…。なので、このあとにオーダーしようと思っていた、鰆の中華風南蛮漬けをオーダーするのは諦めました。十分に満腹してしまうボリュームです。




 コップワインなるメニューがあって、グラスでワインがオーダーできるのかと思ったんですが、そうではなくて、ワインのハーフボトルが出てきます。



 
 もう一品と言うことで、腸詰めにしました。こっち系の料理も美味しかったです。




(参考)
コメント

香港海鮮飲茶楼/飲茶、点心/心斎橋

2020年09月20日 11時19分35秒 | チャイニーズ
 若い頃は、オシャレな店が多くて憧れの街だったんですが、最近は行けてないです。この店も、昔からあったような気はするんですが、当たり前すぎて、いつでも行けるという思いが強すぎたのか、これまで訪れたことはなかったです。
 
 店名からすると飲茶の店のような気がするんですが、しっかりと点心も用意されています。とりあえず、日替わりの前菜の中から、アサリのピリ辛を選んでみました。




 もう一品は定番の焼き豚です。



 
 中華料理って、定番メニューが多いんですが、その中からでも、なんとか過去に食べたことのないメニューを探すんですね。今回はハチノスのXO醤炒めをオーダーしました。



 
 女児紅です。紹興酒なんですが、女の子が生まれたときに紹興酒を仕込んで、地中に埋めておきます。その子が結婚する段になったら掘り出して、披露宴で振る舞うそうです。



 
 小海老を春巻きの皮で巻いて揚げたものなんですが、幸せな気分になります。奥野デコレーションもいい感じです。中華料理で立体的な盛り付けというのは珍しいので、アングルに苦労しました。



 
 挽肉のレタス包みです。これも奥に、うさぎのデコレーションが置かれています。ウズラ卵で作られていました。




 普段、麺類はあまり食べないんですが、海鮮あんかけ揚げそばです。



 
 焼き餃子です。鍋貼ですね…。




 動画は、九龍茶をオーダーしたときのパフォーマンスです。ズームアウトのタイミングを逸してしまい、全体像が映っていません。




(参考)
香港海鮮飲茶楼
コメント

鑑真の郷/中華料理(上海系)/谷町九丁目

2020年09月09日 07時38分00秒 | チャイニーズ
 南の方で一段落が付いたので、今日の食事は谷町九丁目にしようということになりました。店名にある鑑真は、日本でも有名な鑑真和上なんですが、鑑真の故郷揚州の料理が楽しめる店です。鑑真の生まれた揚州は、江蘇省にあり、江蘇料理を出してくれる店です。江蘇料理は、日本では余り馴染みがないですが、南側にある安徽省、浙江省の料理と合わせて、東方系(上海系)の料理で、海に面しているので魚介料理が多く、甘みが強いのが特徴です。八宝菜とかトンポーローとかですね。
 
 さて、これは突き出しです。豆腐干ですかね。



 
 ピータンです。中華料理と言えば、ピータンをつまみながら紹興酒というのが一番なので…。



 
 シェフお勧めの料理がいろいろとあったんですが、料理名は書いてあるものの、料理の説明がないので、なんとか漢字だけで料理の内容が想像できるものをオーダーしてみました。海の幸葱油冷製です。エビ、貝柱、クラゲなどと胡瓜を和えた感じの前菜ですね。



 
 コロナの影響があるのか、客の入りは少ない感じでした。というか、他に客はいませんでした。


(参考)
鑑真の郷
コメント

チャイナテーブル(千里中央店)/中華料理/千里中央

2020年08月24日 10時26分21秒 | チャイニーズ
 盆休みの墓参り&親族会合なんですが、千里中央にある老舗の中華料理店、チャイナテーブルにて開催しました。画像は、2,500円のランチコースからなんですが、なぜか青椒肉絲の写真を取り損ねたみたいです。なので、実際の料理はあと一品(青椒肉絲)があると思って下さい。
 
 夏の前菜三種盛り合わせ。



 
 ズワイ蟹のエビ味噌ソープ



 
 若鶏の唐揚げと海鮮春巻き



 
 錦糸焼売



 
 干し貝柱入りお粥



 
 胡麻団子





(参考)
チャイナテーブル(千里中央店)
コメント

坊(大衆中華食堂)/中華料理/本町

2020年08月07日 10時00分59秒 | チャイニーズ
 今日は餃子が食べたいなと言うことで、Google先生に聞いたところ、この店を教えてくれました。グランドオープンは2020年07月27日とのことですから、グランドオープンから一ヶ月も経っていないと言うことですね。まずは、店構えです。大衆中華食堂にふさわしい看板のような気がします。




 カウンターに座ったんですが、麻雀パイでした。




 ビールを飲みながら、最初に出てきた料理を楽しみながら、次はなにをオーダーするかを考えます。XO醤は好きなので、ピータンとどのようにマッチするのかが楽しみではあったんですけど、マヨネーズが入っているせいか、ピータン独特の繊細な味わいとか食感とかが、押し殺されてしまっているような気がします。ちょいと残念ですね。



 
 オリジナル料理の生レバニラです。見た目も生、食感も生に近いものがあるんですが、低温調理しているもので、生ではありません。




 小籠包です。一個ずつオーダーできるのと、蒸しと焼きの料理法を指定することが出来るようです。小ぶりなものが来ると思って3個オーダーしたんですが、予想を超えた大きさでした。



  
 台湾モツ煮。八角がよく効いたハチノスです。




 ドリンクメニューの最上段に書かれていたので、気になってオーダーしてみたのがこちら。癖になる山椒ハイです。





(参考)
大衆中華食堂 坊
コメント

鼎泰豐なんばダイニングメゾン店/小籠包、台湾料理、台湾スイーツ/なんば

2020年08月02日 08時56分54秒 | チャイニーズ
 有名店なので、説明の必要はないと思いますが、小籠包が看板メニューの鼎泰豐(ディンタイフォン)です。
 
 とりあえず、小籠包メニューの中から、一番ベーシックな小籠包(6個入り)です。他にも、色々な小籠包を、合計20個くらいは食べたような気がします。



 
 メンソールは、台湾料理と言えば腸詰めの方なので、前菜盛り合わせもオーダーしました。左から、蒸し鶏ねぎソース、麩と野菜の煮物、ピリ辛瓜です。もちろんお供は紹興酒ですな。1.5本くらいは飲んだような気が…。




(参考)
鼎泰豐なんばダイニングメゾン店
鼎泰豐
コメント

AKA/中華料理/昭和町

2020年07月16日 16時17分53秒 | チャイニーズ
 今回は、昭和町駅すぐのところにある中華料理のAKAです。少し前に、昭和町にある町家を改造した飲食店が注目を浴びたんですが、そのときにすぐに、こちらの店と、十割蕎麦やまなかにはお邪魔した記憶があります。なので、今回のAKA訪問は15年以上ぶりなんですかね。
 
 今回はランチタイムで、3名での訪問です。画像はランチセットB(3,000円)からなんですが、プラス500円でメインを一品追加できたので、3名で訪問したにもかかわらずメイン料理が4品あります。
 
 まずは、店構えです。




 こちらが前菜の三種盛りです。左から、蒸鶏、時鮭、鰹と搾菜です。なかなか斬新というか、モダン中華という感じで良かったです。



 
 こちらはフカヒレのスープです。



 
 焼売二種盛りですが、左は海老焼売、右は豚肉焼売です。



 
 野菜の塩春巻きです。



 
 ここからがメインです。4種類出てきますが、追加オーダーしたものですので、本来であれば、どれか1種類のみです。まずは、黒酢の酢豚です。



 
 海老と野菜のXO醤炒め。



 
 茄子の蟹あんかけ。



 
 鱧のスパイシーフリッター。



 
 牛ほほのやわらか煮込み。



 
 麺飯料理は3種類から選べるんですが、メンソールは中華粥にしました。



 
 デザートに種盛り。杏仁豆腐が濃厚でした。





(参考)
AKA
コメント

中華居酒屋未来/中華料理/鶴橋

2020年04月11日 13時23分52秒 | チャイニーズ
 鶴橋にある中華料理店です。少し手前にある『杭全ホルモン』に行く人は多いと思いますが、もう少し北側です。
 
 まずは店構えですが、パンダが迎えてくれます。中華料理店と言うよりは、中華居酒屋のような感じです。最初、カウンターにいる女性が店長で、奥の厨房にいる男性は料理人だと思ったんですが、奥の男性が店長で、女性の方は娘で二代目だそうです。




 中華料理と言えば紹興酒なので、ボトルでオーダーしました。合わせたのはピータンです。



 
 できるだけ、他の店では食べられないようなメニューをオーダーすることに決めているので、大海老とイカ野菜の旨煮です。海老とイカが同時に入っているというのはなかなか珍しいので…。



 
 酢豚(ハーフサイズ)です。



 
 紹興酒が余ったので、このあとで餃子をオーダーしたような気はしてるんですが、写真が残っていませんので、定かではありません。また、娘(二代目)に会いに行きます。


(参考)
中華居酒屋未来
コメント

Maison China Umemoto(メゾン・チャイナ・ウメモト)/中華料理/福島

2019年10月22日 12時11分26秒 | チャイニーズ
 昔は、『炎技(エンギ)』という名前でした。ヒルトン大阪の中華料理店『王朝』におられたシェフなんですが、その後は『香桃(リッツカールトン)』、『三楽(新千里阪急ホテル)』『故宮(ウェスティンホテル)』におられました。追っかけをしたわけではありませんが、『王朝』以外はすべて行ってます。麻婆豆腐と毛沢東スペアリブが名物なんですが、なぜか麻婆豆腐の画像は撮り忘れました。また、今回はコースでオーダーしたので、毛沢東スペアリブは含まれていませんでした。次回、チャレンジします。


 これは、二階の壁面にある厨房機器や食器を使ってのディスプレイです。



 
 今回は、飲み放題付き5,000円個コースなんですが、後で考えれば、飲み放題は外しても良かったです。あとは、ボリュームが多い目なので、ちょいと苦しいです。
 
 まずは前菜の五種盛りです。



 
 続いては、トマトの酸辣湯です。もっとトマト色をしているのかと思えばそうではなかったです。酸味も控えめでした。



 
 大根餅です。桜エビがアクセントになってます。



 
 鶏肉のクリーム煮込みです。



 
 大エビと牡蠣の宮保炒めです。唐辛子がいいですねぇ。それほど辛味を効かせた味付けではありませんでしたが…。宮保は『クンポー』と読んだり『ゴンバオ』と読んだりするんですが、『定宮保(ディン・ゴンバオ)』という人名から来ています。オリジナルは鶏とピーナッツのピリ辛炒めだったようです。



 
 ここで、名物の一つである四川麻婆豆腐が出てくるんですが、なんと写真を撮り忘れてしまいました。さほど辛いとも山椒が効いているとも感じなかったんですが、旨い麻婆豆腐であることは間違いないです。少し前は、辛さを追求するあまりに、辣油に豆腐が沈んでいるような麻婆豆腐もありましたけどね。
 
 秋鮭とレタスのチャーハンです。麻婆豆腐となると、どうしてもご飯ものが欲しくなるので、このコース構成はいい感じです。ただ、ここまででかなりのボリュームなので、チャーハンを食べるのが苦しかったですが…。



 
 本日のデザートは、マンゴーでした。



 
 

【店名】Maison China Umemoto(メゾン・チャイナ・ウメモト)
【ジャンル】中華料理
【所在地】大阪市福島区福島4-2-65
【連絡先】06-6131-9974
【営業時間】17:00-23:00
【定休日】日曜日とたまに月曜日
【カード】可。電子マネー不可。
【喫煙】完全禁煙
【席数】44席。
【ウェブ】http://www.chinese-engi.com/
コメント

森田養生麻辣香鍋専門店/四川料理、麻辣香鍋(汁なし鍋)専門店/日本橋

2019年09月16日 10時56分28秒 | チャイニーズ
 日本橋にオープンした、麻辛香鍋専門店だそうです。Google先生がお勧めしてくるので、行ってみました。辛い料理が好きなのと、名物の汁なし鍋というものに興味があったので…。店は、千日前通り沿い、二階にあります。
 
 これが鍋料理のオーダーシートです。鍋に入れた具材(肉類、野菜類)をチェックし、左上のベース醤と辛さをチェックして渡すと、厨房で調理してくれます。鍋料理と行っても、テーブルで調理するのではないです。ベース醤ですが、山椒の痺れる感覚を愛するならばピリ辛四川ベース醤、そうではない場合は、漢方香辛ベース醤を選ぶのが良さそうです。




 こちらは、ジャガイモの炒め物です。



 
 羊のスペアリブですが、画像から分かる通りで、ピリ辛です。左側にはスパイスも添えられています。



 
 こちらが、鍋料理の第一弾、漢方香辛ベース醤です。メンソールは、辛い料理が好きではあるんですが、今回は辛い料理に抵抗のある人も多くいたので、辛さは中辛だったはずです。それでも、これだけの唐辛子が入っています。下の方には油が溜まっていて、そこまで食べ進むと辛さが増してきます。



 
 知らないものはとりあえずオーダーするというポリシーで、訳の分からないままにオーダーしてみましたが、お茶です。中国では、辛い料理を食べるときに合わせて飲むようで、甜茶のような甘いお茶でした。すぐにビールに戻しましたが…。



 
 鍋料理台二弾、こちらはピリ辛四川ベース醤です。一番辛くしてみましたが、それほどではなかったです。山椒もそれほど効いているようには感じなかったです。



 
 口の中が火事になったので、タタキ胡瓜をオーダーしてみましたが、しっかりとニンニクがきいています。



 
 同様に、口休めのつもりでほうれん草の炒め物をオーダーしてみましたが、かなり醤油味がきつく、塩分もきつい感じです。



 
 てっちゃんの炒め物です。なんとなく分かると思いますが、少し甘い目の味付けだったので、いいかんじに鍋料理の辛さを緩和してくれました。



 
 厨房近くの席にいると、調理の辛い雰囲気が漂ってきてむせることがあるので、苦手な型は厨房から離れた席を確保するのが良いと思います。


【店名】森田養生麻辣香鍋専門店
【ジャンル】四川料理、汁なし鍋
【所在地】大阪市中央区千日前2-6-11
【電話番号】06-7710-2824
【席数】28席
【営業】12:00-24:00
【ウェブ】https://twitter.com/mau03_02
コメント

黄龍/新中華料理/谷町九丁目

2019年03月08日 08時36分56秒 | チャイニーズ
 以前は、堺筋線の北浜寄りにあった店なんですが、移転したと言うことで、今度はディナータイム(前回はランチタイム)に訪問しました。ディナータイムはアラカルトはなく、コースメニュー(6,500円)のみです。20:00以降であれば、アラカルトメニューも登場するらしいですが…。
 
 まずは看板です。



 
 自家製干し肉と野菜の甘酢漬けです。店の、店外から見えるところにチャーシューやソーセージなどが置かれていることから考えても、店としては看板メニューなんでしょう。干し肉といっても、塩分が効いているわけではなく、甘酢漬けとの相性が良いです。



 
 カリフラワーと干し貝柱のスープです。一応、カリフラワーの形は残っていますが、スプーンで突くと簡単に崩れていきます。しっかりと崩して食べるようにとの説明がありますが、このカリフラワーの食べ方、食感は初体験です。もちろん干し貝柱のスープも素晴らしかったです。



 
 ロースト料理の盛り合わせです。こうした肉料理は、この店の看板なんだと思いますが、紹興酒好きのメンソールとしては楽しい限りです。今回は赤ワイン、ハンガリーの赤ワインにしましたが。葡萄がライナイリズリング、オラスリズリングがそれぞれ40%、40%なんですけど、リースリングの仲間なんでしょうか?。味わいもサッパリとした感じでした。ちなみに、残りの20%はトラミニです。



 
 大根餅と中国野菜の炒め物です。



 
 コラーゲン香港麺です。皿の形から、左が月、右が日で明を意味していたのかなと思って確認したんですが、たまたまだという答えが返ってきました。中国武術愛好家なら、どう考えても明ですよねぇ。まさか、清の残党だと思われたと言うことではないと思うんですが…。



 
 黒団子の甘酒。キンモクセイの香り。



 
 新中華料理を標榜しているだけあって、他の中華料理店では味わえないような料理が味わえます。料理はもう一品、大根餅と中国野菜炒めのあとに香港式精進野菜の八宝菜があったんですが、画像はありません。とりわs
 
 

(店  名) 黄龍
(所 在 地) 大阪市天王寺区石ヶ辻町14-6 銭屋本舗ビル102
(電話番号) 06-6779-5557
(営業時間) 11:30-14:00、18:00-23:00
(定 休 日) 日曜日
(席  数) 16席(カウンター6、テーブル10)
(カ ー ド) 可(VISA、JCB、AMEX、Diners)、電子マネー不可
(備  考) 完全禁煙
コメント

一凜/チャイニーズ酒肴/谷町九丁目

2019年03月07日 16時25分10秒 | チャイニーズ
 以前は、別の中華料理店だったような気がするんですが、新しくなっていたので入ってみました。
 
 トリビーでもいいんですが、寒い日だったので紹興酒スタートです。日本酒でよくやる枡にこぼすようなサービングを真似てるのかと思うんですが、適当なガラス製容器がなかったんですかね。ちょっと残念だったりしますね。




 シシャモの甘酢です。結構、定番のメニューだとは思うんですが、置いてる店は少ないような気がします。個人的には好きなんですが…。



 
 黒酢酢豚。メニューには爆弾酢豚と書いてあったような気がします。画像は小(850円)ですが、大(1,200円)もあります。大は3~4人用のボリュームだそうです。霧島山麓の豚ロースを使い、バルサミコスと黒酢を使ったソースで仕上げられています。従って、黒酢のみの甘酢よりは、若干軽やかな仕上がりになっているような気がします。



 
 季節的には牡蠣なんですが、今年はあまり牡蠣を使った料理を食べてなかったような気がしたので、牡蠣とネギの生姜炒めをオーダーしてみました。旨かったです。紹興酒も進みました。



 
 

(店  名) 一凜
(所 在 地) 大阪市中央区上汐2-3-10
(電話番号) 050-5596-6898
(営業時間) 11:30-14:00、17:30-23:00
(定 休 日) 不定休
(席  数) 35席
(カ ー ド) 可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)、電子マネー不可
コメント

チャイニーズキッチン粤香(ユエシャン)/中華料理(広東系)/JR摂津本山

2018年08月15日 16時14分44秒 | チャイニーズ
 前回に引き続き、神戸方面に用事があったので、夕食は神戸になりました。JR摂津本山駅が最寄りではありますが、少し歩きます。
 
 店構えはこんな感じです。他にも、行きたくなるような店が何軒か有りましたので、機会があれば訪れてみます。



 
 メニューは少なめです。例によって、ビールを飲みながらメニューを色々と吟味して、最初の一皿は前菜二種盛りにしました。蒸し鶏とクラゲです。



 
 なかなかユニークな料理が多いので、チョイスに迷うんですが、二品目は、エビと夏野菜の天ぷらにしました。画像には写ってませんが、抹茶塩が添えられています。



 
 要予約のメニューが多い中、鮑がリーズナブルでしたのでオーダーしてみました。



 
 定番と言えば定番ですが、黒酢酢豚です。



 
 あと、もう一品食べたような気がするんですが、写真を撮り忘れたようです。
 
 意外とリーズナブルでした。
 

(店  名) チャイニーズキッチン粤香(ユエシャン)
(ジャンル) 中華料理(上海広東系)
(所 在 地) 神戸市東灘区本山中町3-4-15
(電  話) 078-862-9586
(営業時間) 11:30-14:30、17:30-21:30
(定 休 日) 不定休
(席  数) 24席(テーブル席)
(カ ー ド) 可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
(ウ ェ ブ) http://www.yuexiang.jp/
コメント