大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

なかの家(創作料理系居酒屋/大淀)

2011年01月25日 12時19分32秒 | その他
 昨年末にグランドオープンした店。単なるスモールサイズの居酒屋かな。その割にはイタリアンなメニューがあったりするなと思っていたんですけど、行ってみてびっくりの創作料理の店でした。
 
 創作料理を標榜している店は多数ありますけど、どこが創作料理なのか良く分からないところがあったりします。和洋折衷でも同じなんですけど、和食と洋食の両方を出す店だったりするわけですね。少し前は、無国籍料理とか言う表現もあったようですが…。
 
 『ポでん』という創作料理が、多分この店の一押しなんだと思います。読んで字のごとくで、『ポトフ』と『おでん』のハイブリッドです。今回は盛り合わせをお願いしたんですけど、フォアブラとかドラムチキンなどのメニューも用意されているので、是非一度試してみてください。新しい世界が広がると思います。洋風の食材をおでんネタにしたわけでもなく和風の食材をポトフに入れてみたというものではないです。



ポでん。ポトフとおでんのハイブリッド。左から筍、安納芋、豚肉、背後にスジ


 まず、突き出しとして出されたのがフォンデュバーガー。チーズを挟んであげてバンズに挟んだ物なんですけど、不思議な旨さがあります。ちなみにパンは、谷町六丁目の有名店のものを使っているそうです。



フォンデュバーガー


 前菜盛り合わせは、蟹味噌のクリームチーズとか、鶉玉子のピクルスとか飲兵衛のお友達のような料理が多数。で、メンソールはビールから赤ワインにスイッチ。



前菜盛り合わせ。左か蟹味噌チーズ、数の子、生ハム、手前は鶉玉子のピクルス。


 続いては、鴨の炙り焼きと、芽キャベツとゆり根の炒め物。鴨肉がレアなんですよ。しかも、ねっとり感がすごいです。芽キャベツ&ゆり根の方も、ゆり根がほぼレア状態。百合ねと言えばほくほくした食感が特徴なんですけど、ほぼレア状態なので、シャキシャキした歯ごたえになってます。生じゃないかと思うくらいに…。でも、噛み続けていると、ねっとり感が出てきて、甘さが口の中に広がります。なかなかセクシーです。
 
 ムール貝のワイン蒸しと言えば定番料理なんですけど、ムール貝が大振りで、旨味がしっかりと凝縮されています。
 
 ワニ肉もそうだったんですけど、全て食べたことのある食材なんですけど、多分、原材料が銀蒸されているんだと思います。旨いです。それと、先入観をちょっとだけ裏切る調理法が、この店の特徴のように思います。
 
 メンソール的には、日本酒がもう少し充実してくれていたら嬉しいかなと思いつつ、日本酒よりはワインの方が合わせやすいんじゃないかなとも思っています。
 
 何にせよ、2011年の出だしから大発見の店ですね。値段の方もリーズナブルなので、通ってしまうような気がします。『ポでん』はお勧めです。是非、何人かで訪れて盛り合わせをオーダーしてみてください。
 
 
 

(店  名) なかの家
(ジャンル) 創作料理
(所 在 地) 大阪市北区大淀南1-2-10
(電  話) 06-6455-7739
(営業時間) 11:30-14:30、18:00-23:00。土日祝はディナータイム営業のみ。
(定 休 日) 不定休

コメント

上田温酒場(居酒屋/大開)

2011年01月21日 12時59分15秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 飲兵衛にとってみれば今さらの定番の店なんですが…。





 野田阪神の駅から商店街を抜けて大開小学校の北側にある店。徒歩で7分くらいかな。メニューは関東煮と土手焼きのみ。日本酒の方も忠勇のみのこだわりよう。もちろん、ビールや焼酎もありますけど…。
 
 グランドオープンは昭和12年と言うことなので、ということは1937年なので74年目を迎えるわけですね。関東煮は100~250円くらい。出汁は今風のものとは違って濃いめ。でも、食べてみると全然辛すぎると言うことはない。見事に出汁が具材に染みこんでいるという感じで、ものすごく安心できる。
 
 土手焼きの方は白味噌仕立てなんですけど、本当に柔らかい、心地よい味です。


(店  名) 上田温酒場
(ジャンル) 居酒屋
(所 在 地) 大阪市福島区大開2-11-4
(電  話) 06-6462-3489
(営業時間) 17:30-20:30
(定 休 日) 土日祝
(予  算) 2,000円/人
(席  数) カウンター12席
(予  約) 可
(カ ー ド) 不可
コメント

太陽家(海鮮旬菜居酒屋/十三)

2011年01月19日 10時00分12秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 ちょいと前、といっても一年くらい前だったと思うんですけど、コストパフォーマンスが高いと、教えてもらった店です。あと、日本酒が旨いとも…。場所柄なかなか訪れることが出来なかったんですけど、2011年になってやっと行けました。
 
 場所は、阪急の十三駅のにし改札を出て、高架道路手前の側道を右に曲がったところ、高架道路の下にあります。高架道路の下ということで、こぢんまりした店を想像してたんですけど、意外とゆったりとしたスペースがあります。で、長いカウンターとテーブル席が配置されています。
 

 とりあえず一杯目はビール、いわゆるトリビーを飲んでつくり盛り合わせを頼んだんですけど、かわはぎ用のポン酢、造り用醤油、アナゴ用の梅肉と三種類用意してくれます。造りは、少量ずつ多種類を出してくれるので、一人酒にはありがたかったりします。



(造り盛り合わせ)


 二杯目からは日本酒オンリー。日本酒メニューは、半紙台の紙に書かれて壁に貼られているんですけど、12種類くらい。うち3種類は燗がお勧めとなってました。
 
 シラサエビの天ぷらを食べて日本酒を一杯。牡蛎の醤油炒めを食べて日本酒を一杯。野菜は芽キャベツのトマトチーズ乗せと挽肉カレー乗せを食べながら日本酒を一杯…。ということで、結局、冷や3種類、燗2種類を飲んじゃいました。冷やは五勺ですかね。



(シラサエビ天ぷら)

 
 思わず口説きたくなるようなお姉さん(ホール担当)もいたりするんですけど、ハーフというオーダーが出来るみたいです。お姉さんから「ハーフにしますか?」と何度か言われましたので…。ただ、メニューによってはハーフが出来ないものもあるみたいですので、確認してみてください。



(クワイ揚げ)

 
 個人的には、もう少し日本酒メニューが充実してくれると嬉しかったりします。あとは、魚系メニューがもう少し増えると嬉しいかもです。


(店  名) 太陽家
(ジャンル) 鮮魚系居酒屋
(所 在 地) 大阪市淀川区重傷本町1-3-3
(電  話) 06-6306-3913
(営業時間) 11:30-13:30、17:30-23:00
(定 休 日) 日曜日&月曜日、祝日
(予  算) 5,000円/人
(ウ ェ ブ) http://www.k3.dion.ne.jp/~taiyoya/
コメント

山善(うどん/服部)

2011年01月19日 09時50分03秒 | 麺類
左)看板
中)生醤油
右)カレーうどん

 阪急電車の服部駅というのは、昔は定期的に足を運んでいたんですけど、最近は全く行けてないです。一つ前の庄内の方は不定期に出向くので、それに合わせて服部駅から徒歩3分くらいのところにあるうどんの『山善』を訪れてみました。
 


(生醤油)


(揚げ茄子トマトカレーうどん)


 門真の『やしま』で修行されたそうです。定番の生醤油やカレーうどんもあるんですけど、季節ものとか限定もののメニューが数多く用意されていて、何度もリピートしたくなる店ではあります。この季節なら牡蛎を使ったものとかもあるんですけど、キムチ鍋焼きうどんというメニューもあって、次回はこれを狙ってみたいと思ったりはしています。限定メニューらしいので、次回もキムチ鍋焼きうどんがあるかどうかは判らないですが…。


(店  名) 山善
(ジャンル) うどん
(所 在 地) 豊中市服部本町1-6-7
(電  話) 06-6864-0770
(営業時間) 11:00-15:00、17:00-22:00
(定 休 日) 水曜日
コメント

もも(餃子/昭和町)

2011年01月10日 09時06分35秒 | チャイニーズ
 やや小振りの、肉&キャベツ系の餃子を出してくれる店。皮は薄くぱりっと焼き上げられている。後味がちらり辛いが、これは自家製のラー油を練り込んでいるかららしい。



(餃子)


 この餃子はまず、なにも付けずに食べてみる。次に酢だけで食べてみる。ピリ辛がまろやかになるから不思議だ。逆に、ピリ辛感がほしい場合は酢は付けない方が良い。場合によっては、桃色の岩塩が出てきたり、特製味噌が出てきたりするが、メンソールはありつけなかった。
 
 餃子以外にも一品料理がいくつかあり、メンソールは豚胡椒蒸しをオーダー。最近はエコ志向なんで、しっかりと脂を抜いてしまう料理が多いんですけど、こちらの豚胡椒蒸しは、脂が残ってて、しっとり柔らかな歯ごたえがある。その分、慣れてないとちらりヘビーかもしれないが、酒のアテとしてやるには好適なんだと思う。ほかにも『変なやっこ』とか『林檎チーズ』とか、試してみたいメニューがいっぱいある。



(野菜スティック)


(豚胡椒蒸し)


 メンソールは最初に、餃子とビールをオーダーしたんだけど、出されたビールが琥珀エビスだったりする。で、ヴァイツェンとかも用意されてるし、日本酒や焼酎、ワインもある。
 
 メンソール的には、餃子のオーダーを少なめにして、一品料理をアテに飲みに行きたい店。カウンター7席の店なので、あまり長居は出来ないのが残念な店かな。ちなみにBGMはクラシック。
 
 

(店  名) もも
(ジャンル) 餃子店
(所 在 地) 大阪市阿倍野区阪南町1-46-8
(電  話) 06-6622-8063
(営業時間) 17:00-23:00
(定 休 日) 水曜日
(予  算) 餃子500円、ビール500円。
(席  数) カウンター7席
コメント

炉端ワコー(炉端焼き/南本町)

2011年01月07日 20時05分45秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 隠れ家系で、ディープで、昔懐かしい炉端焼きの店。おっさん系でもあるので、こうした雰囲気が嫌いな人には向かないかもしれません。場所はちょいと判りにくいです。本町センター街といういわゆるシャッター商店街の中にあります。寂れた商店街と言えばいいんでしょうか。表通りからだと看板の提灯が見えるくらいですかね。

 焼き場の周りは10席くらいしかないんですけど、メンソール的にはこの席に座るべきだと思いますね。なので開店と同時に飛び込むか、あるいは電話で確認した方が良いかもしれません。焼き場周りの席は18:00台でなければ座るのはまず無理だと思います。
 
 この日のメンソールがオーダーしたのは、カワハギのキモあえ、イカのくちばし、アナゴの白焼き、サツマイモ入り薩摩揚げ、ネック&プチトマトの串など。酒は最初の一杯を除いて福寿(灘の酒)の燗オンリー。しかも5合近く飲んでしもた。



(サツマイモ入り薩摩揚げ)


(マコモ茸の炒め物)


(ネック(鶏肉)とプチトマトの串)


(カワハギのキモあえ)


(目印の提灯)


(店  名) 炉端ワコー
(ジャンル) 炉端焼き
(所 在 地) 大阪市中央区南本町3-4-9 本町センター街
(電  話) 06-6252-2757
(営業時間) 18:00-26:00、-24:00(土曜日)
(定 休 日) 日祝
(予  算) 3,000円/人
コメント

釜匠(天ぷら&釜飯/天六)

2011年01月07日 19時35分29秒 | ジャパニーズ
 2009年4月にグランドオープンした店。それを、ひょんな事からメンソールは2010年の春に知る。行きたいと思いつつ、なかなか行けなかったんですけど、ついに昨年末に行く機会がありました。釜飯と天ぷらの店、加えて旨い日本酒が飲める店と言うだけの知識で、天ぷらをメインで食べたい旨を伝えて、予算を伝えて予約しました。

 メンソールはまずトリビー。剣先イカのつくり、芽キャベツ、赤なまこ、茄子の煮浸しなどの料理が続く中で、日本酒の方もおまかせでオーダー。料理に合わせて日本酒が供されます。



(剣先イカのつくり)


 料理は続いて天ぷらに移ります。エビ、タラの芽、トマト、白魚、タマネギ、百合のつぼみなどが続き、メンソールも日本酒を冷やから燗へ。



(タラの芽とトマトの天ぷら)

 
 で、最後に牡蛎の釜飯。米粒の一つ一つに牡蛎の香り、旨味が凝縮されてます。大げさではなく、メンソールがこれまで食べた中では、最強で最旨の釜飯でした。



(牡蛎釜飯)

 
 釜飯だけを食べに行くのもいいんですけど、じっくりと店主の紡ぎ出す世界を堪能した方が良いと思います。また、釜飯はオーダーが入ってから炊き始めるので、早い目にオーダーしておいた方が良いです。メンソールは予算を伝えておまかせにするのがいいと思いますね。
 
 

(店  名) 釜匠(かましょう)
(ジャンル) 天ぷら、釜飯
(所 在 地) 大阪市北区長柄中1-3-13
(電  話) 06-6353-7811
(営業時間) 18:00-24:00(平日)、17:00-22:00(土日祝)
(定 休 日) 水曜日
(座  席) カウンタ6、テーブル2、座敷4
(予  算) 6,000円/人
(予  約) ベター
(カ ー ド) ほぼ可
(ウ ェ ブ) http://www.kamasyou.jp/
(そ の 他) 店内は禁煙です。
コメント

飛鳥(焼鳥/西天満)

2011年01月04日 20時23分07秒 | 
 地鶏は50種類以上、塩は30種類以上を使い分けているらしい。日本酒は12種類程度、グラスで飲める日尾ワインが10種類程度。シェリーや紹興酒もある。
 
 焼鳥屋なので串焼きもあるし、珍しい串もあるんだけど、一品料理もたくさんある。メンソール的には、一品料理と共にワインとか日本酒とかを飲みたいかな。
 


皮ねぎ巻き


(店  名) 飛鳥
(ジャンル) 焼鳥
(所 在 地) 大阪市北区西天満3-8-18
(電  話) 06-6361-0137
(営業時間) 18:00-23:00
(定 休 日) 日祝
(予  約) ベター
(席  数) カウンター8、テーブル12、座敷18
(予  算) お試しセット2,000円。日本酒(五勺)310円から
(ウ ェ ブ) http://sumibi-asuka.com/
コメント

呑 ととまる(立ち飲み系居酒屋/西天満)

2011年01月04日 19時12分33秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 西天満の裏通りにある。ちょいと判りにくいけど、路地に一軒だけ明かりがともっているような感じなので、路地まで行き着ければあとは簡単である。



(フグ皮の湯引き)


(たこぶつ)


(イカの炙り)


 
 店主は、中央市場の仲卸を務めた人らしく、魚系のメニューはそれほど多品種ではないものの新鮮なものが取りそろえられいる。
 
 場所柄、客層は法曹界の人が多い。
 

(店  名) 呑 ととまる
(ジャンル) 居酒屋(立ち飲み系)
(所 在 地) 大阪市北区西天満1-6-4 日辰ビル一階
(電  話) 06-6059-6383
(営業時間) 11:30-13:30、17:00-22:30
(定 休 日) 土日
(席  数) カウンター12席
コメント

空心(中華料理/新町)

2011年01月03日 08時44分49秒 | チャイニーズ
 今更と言っていい感のある「空心」です。メンソールは行列がすきではないし、予約を取るのも一仕事といった感じの人気店はオミットしてしまう訳なんですけど、クリスマスといえばフレンチかイタリアンで、中華料理を食べに行くという殊勝な人は少ないかもしれないという判断のもと、予約をかけてみました。それでも30分間、電話かけまくりの末の勝利でしたが…。で、やっぱり25日も満席でした。
 
 
 今回は5,000円のコースを予約してたんですけど、突き出しは菱と茹でピーナッツでした。菱は、忍者がよく使っていたまきびしですね。忍者劇画などでは鉄製のテトラポットのようなものが使われてますけど、本来は菱の皮を乾燥させたものを使ったんですね。
 
 菱は、栗のような感覚の食感&味でした。茹でピーナッツの方は、バーなどでよく出されるのでおなじみなんですけど、味付けが中華風になっていて、なかなか楽しかったです。



(菱と茹でピーナッツ)

 
 次が蕪のフールーソース。フールーは腐乳とも書きます。もう一つが腐乳(フールー)に更に紅麹を加えたものをベースとしたソースです。メンソールの記憶では、もう少し刺激的な調味料だったんですけど、すごく柔らかな味わいに仕上げられていました。腐乳といえばやはり好き嫌いがでる調味料だと思うので、そのあたりを上手く処理していると思います。



(左が蕪の腐乳(フールー)ソースがけ、右は魚料理で腐乳に紅麹を加えた調味料が使われている)

 
 次が、タコのぶつ切りのサラダ風。蓼、茗荷がたっぷり使われていて。とは言いつつ、それほどここの味が主張せず、上手いバランスを取っているんですけど、食は進みます。盛りつけに高さを出す手法は日本料理のものだと思ってたんですけど、中華料理でも使うみたいですね。



(タコぶつ切り)


 鯛の上湯スープがけは、若干塩味が強いように感じるんですけど、鯛と合わせるといいバランスです。



(鯛の上湯がけ)

 
 クレソンの瞬間茹でという料理があって、茹でたクレソンが山のように盛りつけられています。クレソンだけで勝負するということは、余程自信があるんでしょう。クレソンのシャキシャキした食感と苦みに対して、塩味の粘度の高いソースが使われていて、そのバランスが楽しいです。



(クレソンの瞬間塩茹で)


 黒酢を使った酢豚は、旨かったです。豚肉の方にちょいと細工というか一仕事してあるんですけど、その食感が初体験でした。で、麻婆豆腐。是非、麻婆豆腐を食べてほしいと勧められていたんですけど、山椒で痺れるといわれていたんですけど、メンソール的には普通でした。逆に激辛を売り物にしている店とかに比べるとマイルドです。唐辛子や花椒はしっかりと聴かせてはあるんですけど、旨味もしっかりとあります。どちらも、日本人ならご飯がほしくなる一品です。蒸しパン、揚げパン、白飯からチョイスできたんですけど、メンソールは揚げパンをチョイスしたんですけど、白飯もほしかったなと思う瞬間ではありました。



(麻婆豆腐)


(黒酢酢豚)


(揚げパン&蒸しパン)

 
 デザートは、杏仁豆腐&ゴマ団子でした。



(杏仁豆腐&ゴマ団子)


 
 さて…。冒頭で書いたとおりで、メンソールは予約を取るのに一苦労という店は基本的には行かないんですけど、行って良かったというのが正直な感想。リピートしたいです。メンソールがオーダーしたのは5,000円のコースだったんですけど、5,000円でこのボリューム、このパフォーマンスはすごいです。ワンランク上のコースだったらどんな感じなんだろうとものすごく期待させてくれます。
 
 
 
 


(店  名) 空心
(ジャンル) 中華料理
(所 在 地) 大阪市西区新町1-21-2
(電  話) 06-6532-7729
(営業時間) 11:30-14:00(売切次第終了)、18:00-23:00
(定 休 日) 月曜日
(予  算) 6,000円~9,000円。
(予  約) 要。前月20日に翌月の予約を受付

コメント