大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

りょうりや しるべえ(割烹・居酒屋/南森町)

2014年06月22日 10時39分20秒 | ジャパニーズ
 少し、大人数で行ってきました。初訪問ではあったんですが、この店は旨いはずだという感がありましたので…。南森町駅が最寄りではあるんですが、わかりにくいところにあるので、地元民でも知らない人が多いんじゃないでしょうか?。



 
 居酒屋としての利用も可能ですが、コースをお願いすると季節感が感じられると思います。メニューには、水無月の彩りとありましたから、メニューは一ヶ月ごとに入れ替わると思われます。今回オーダーしたのはおまかせ旬菜(2,500円)で、先付け、造り、煮物、主菜の構成です。コースは他にも七品コース(4,500円)、八品コース(6,000円)が用意されています。
 
 先付けは枝豆豆腐です。口に入れると枝豆の味と香りが広がります。



 
 続いては造りなんですが、イカの食感と旨味が素晴らしかったです。いかだけ食べ続けたいくらい。貝柱も、画像を見て分かる通りで、酸味と甘味が仄かに移っています。白身魚に対してレモンやすだちというのは良くある組合せなんですが、酸味のインパクトがあって、それが消えていくのに平行して白身魚の甘味が顔を出すという感じなんですが、今回いただいた貝柱は、貝柱の甘味が同時に感じられてハーモニーを奏でるといった感じで、セクシーでした。




 料理の写真を撮るようになって、写真に語らせるクセが付いてしまって、ちょっと反省はしているんですが、煮物です。



 
 主菜ですが、鱧です。鱧は芋と合わせてあって、ふっくら感が味わえます。




 ここからはアラカルトのオーダーなんですが、鱧の玉〆(900円)です。油断してぶらしてしまいました。すいません。いわゆる卵とじですね。



 
 続いては河内鴨のローストです。夏と言えば鰻の蒲焼きを食べたりするんですが、本来身が痩せて美味しくなくなる鰻を、いかにして売ろうかと考えられたのが土用の鰻です。大阪府民であれば、夏は鴨を食べるのが習わしなんですが、かも料理を出してくれる店って少なくなりました。で、河内鴨のローストですが、旨いです。鴨の味がしっかりとあります。西洋料理で出される鴨肉って、若干の苦みが舌に残る感があるんですが、そうした感覚がないです。旨味だけが凝縮されている感じです。河内鴨と言えばツムラですが、そちらから仕入をされているとのことです。



 
 最後はだし巻き。今回はネギ(600円)をオーダーしましたが、他にちりめん(700円)、明太(700円)のだし巻きもあります。




 メンソールは米類を食べないので、オーダーしなかったんですが、おむすび、雑炊、茶漬けなどのメニューも用意されています。
 
 大将が一人でされているので、大勢で行って騒ぐ店ではないです。ゆっくりと腰を据えて、大将の料理を楽しむのがいいと思いますし、冒頭に書いた通りで、季節感を楽しむ意味でもコース料理のオーダーがお勧めです。メンソールの場合、アラカルトでオーダーすると、あっさりとおまかせ旬菜の値段を超えてしまうと言うのもあるんですが…。

 酒類は、ビールが麒麟、焼酎、日本酒はそれそれ7種類くらいが取りそろえられています。ワインは、丹波ワインの一種類のみのようです。
 


(店  名) りょうりや しるべえ
(ジャンル) 割烹
(所 在 地) 大阪市北区南森町2-2-13
(電  話) 06-6362-6088
(営業時間) 11:30-13:30、18:00-22:30
(定 休 日) 土日祝(団体予約の場合は営業)
(席  数) (一階)カウンター7、テーブル6 (二階)テーブル20
(ウ ェ ブ) http://www.sirubee.com/
コメント

コトコト(おでんダイニング/谷六)

2014年06月21日 22時38分47秒 | ジャパニーズ
 焼き鳥で有名な國型製作所の並びにあります。地元民でもなかなか見つけることは出来ないらしく、女将によるとグランド・オープニングから2年経って、やっと地元民にも知られるようになったとのことです。
 
 間口は狭いので、入りにくいかもしれません。狭い通路を進むと、右手側にはテーブル席があり、奥にはカウンター席があります。実のところ、細い通路を通りながら、右手のテーブル席を見ながら、メンソールは不思議なデジャヴ(既視感)を感じていたりしました。そう、この店は昔来たことがある。で、必死で記憶を呼び起こす訳なんですが、その店はここではなかったことを思い出すわけです。今もあるかどうかは分かりませんが、もう少し玉造よりだったはずです。
 
 黒一色と言っていいほどシンプルでシックな店内なんですが、メンソールは渡されたメニューを隅から隅まで吟味します。後に女将から、メニューの見方がマニアックであると言われてしまいましたが…。で、プレートが出されます。前菜というかお通しというかアミューズです。

 右側にあるのがパプリカと焼きナス。乗せられているのは味噌です。パプリカに染みこんでいるダシの味、焼きナスの焦げた皮の香。どちらも仄かで微かではあるんですが、手作り感をしっかりと感じることが出来ます。左手側はサラダですが、魚の身のネットリ感がエロく感じられたりします。



 
 続いては、燻製の盛り合わせです。盛り合わせということからもう少し多品種を少量ずつというのを期待はしました。薫香は軽い目です。日本酒も焼酎も、あまり主張をしない、おとなしい銘柄がセレクトされていましたので、料理もそちらに合わせているのかもしれません。メンソールは基本的には、添えられている薬味は使いません。この日も、アルゼンチン・マスタードは最後の最後まで使わなかったんですが、アルゼンチン・マスタードとチーズの燻製は合います。ちょっとビックリです。



 
 おでんの店だと聞いていたので、おでんをオーダーしました。おでん盛り合わせをオーダーしたところ、冷製と温製があるとのことでしたので、冷静をオーダーしました。1,200円です。盛りつけが美しいのでビックリしましたね。ボリュームもですが…。ダシは若干の酸味が効かせてあって、限りなく薄い目。ちょいと物足りないように感じたりするんですが、ダシとおでんを交互に味わうと、おでんのそれぞれの具材の味がしっかりと引き立ち、主張しているのが分かります。特に蒟蒻。もちろん隠し包丁は入っているんですが、それにしてもこんにゃくの味がしっかりと味わえるおでんって、そうはないと思います。柚子胡椒が添えられているので、好みで少量ずつ溶かしながら食べても良いです。




 ちょっと箸休めと言うことで生麩。



 
 魚料理を食べたかったので悩んでいたところ、ロシア風(ボルシチ風)、トマトシチュー風、ベルギー風の三種類が用意できると言うことだったので、食べたことがなかったベルギー風をオーダーしました。ベルギー風というと、延髄反射的にビール煮込みがイメージされました。女将から説明してもらったんですが、このあと、バーでかなり飲んだくれたこともあって、ほとんど忘れてしまいました。




 コースもいろいろとあるので、コースでオーダーして、不足するようならアラカルトで追加というのが良いような気がします。メンソールは、メニューを見て、勝手に構成しちゃいましたけど…。酒類は、こだわりのものを3~4銘柄ずつ取りそろえているという感じです。いちおうかなりの種類を飲んだんですけど、いずれも料理との印象はいい感じです。実は、洋食系のメニューもあって、そちらにはワインが合いそうです。ワインはビオが置かれています。


(店  名) コトコト(おでんダイニング)
(ジャンル) おでん
(所 在 地) 大阪市中央区上本町西1-3-28
(電  話) 06-6763-3719
(営業時間) 17:30-23:00(ランチタイムも営業してるはずです)
(定 休 日) 日曜、月曜
(席  数) カウンター5、テーブル4×4。要予約で二階席もあり。
コメント

徳田酒店(駅前第三ビル点)/立ち飲み居酒屋(肉が旨い)

2014年06月16日 13時34分48秒 | 独り言
 徳田酒店といえば、京橋にあるディープな立ち飲み屋なんですが、フラフラと歩いていると、普段はランチは食べないんですが、この日はなぜか腹が減っていたのと、肉料理がありそうだったので飛び込んでみました。
 
 ちなみに、駅前第一ビルにも支店があって、こちらのグランド・オープニングは2012年と書いてありますから、見逃してたんでしょうか?。メンソールが行ったのは、駅前第三ビル店の方です。
 
 まずは、トリビー。それから炙りユッケ。肉料理のスタートといえばやはり生肉です。色々とあって生肉の提供は難しくなっているので炙りユッケです。メンソールは、ユッケには生卵は不要だと考えているんですが、炙りユッケだと生卵ありでもいいかなという感じです。ただ、牛肉独特の味わいがマスクされてしまうところはあるので、微妙なところではあります。




 角ハイボールに買えての二皿目は、芯玉の炙り。芯玉といえば内もも分でそれほど脂身はない部位です。490円だったともうんですが、十分なボリュームですし、十分に味わいがあります。




 箸休めで春雨の酢の物…。




 ラストは赤ワインに変更して、三角バラ。こちらは390円だったかな。






(参考)
 ・徳田酒店(大阪駅前第三ビル店)

 
コメント

TIEERA(お野菜バル/中津)

2014年06月02日 22時56分15秒 | その他
 最近、肉と野菜しか食べていないので、野菜方面を開拓しようかと…。(^_^)v。
 
 まずは、前菜の10種盛り合わせです。前菜盛り合わせって、とりあえずオーダーしやすいですが、これがくせ者で、店のレベルをかなり正確に反映していると思います。バゲットに塗られているのは空豆のペースト。バゲットには好みがあると思いますが、空豆のペーストは軽やかで、このバゲットには合うと思います。手前に見えるキューブ状のものがペッパー&チーズ。右側のピンクのものは、苺の豆腐と説明がありましたけど、豆腐ではなさそうです。聞き間違えたかなぁ。苺の香り、味わいがほんのりと立ち上ってきます。左側にある鶏肉の味付けも良いです。




 中津にアボカド専門店があるんですが、そこのアボカドを使った料理が得意のようだったので、その中からアボカドと伊勢赤鶏のたたきサラダをオーダーしました。山盛りです。



 
 野菜メニューの中から、やみつき白菜です。塩とごま油で和えて、胡麻を振りかけただけのシンプルなものなんですが、ものすごくジューシーです。



 
 ラストが新ジャガイモを使ったニョッキ、キノコクリームソースです。若干、甘い目と感じるんですが、良い味です。ベーコンが良いアクセントになってます。





 フードメニューは、いずれも600~800円程度で、非常にリーズナブルですが、ボリュームはそれなりなので、コストパフォーマンスは高いと思います。ワインについても、ボトル3,000円くらいまでのものが揃えられています。もちろん、高級ワインも隠してあるとは思いますが…。
 
 スタッフルームが客席から見えてしまうのは、何とかしてほしかったりはしますが、それを除けばリーズナブルな価格で満腹できます。
 

(店  名) TIERRA(ティエラ)
(ジャンル) お野菜バル
(所 在 地) 大阪市北区中津1-5-2
(電  話) 06-6372-0323
(営業時間) 11:30~売切まで(ランチ)、13:00-17:30(カフェ)、17:30-24:00(ディナー&バー)
(定 休 日) 年中無休(除:年末年始)
(席  数) 48
(ウ ェ ブ) http://www.tierra-0831.com/index.html
コメント

大旦那(居酒屋/天満)

2014年06月01日 13時12分57秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 トレーニング帰りに、ビールでも一杯飲んで帰りたい心境ではあったんですが、その思いが熟成していくうちに、ビールじゃなくて日本酒が飲みたいと変化したので、環状線の天満駅で途中下車して向かったのが『大旦那』です。
 
 日本酒の取りそろえは15種類。しかもすべて380円(6勺くらい)という破格です。メンソールは、日本酒だけ飲めればそれで良かったんですが、魅力的な料理も沢山あったので、いろいろと食べてしまいました。
 
 まずは造りの盛り合わせ。これはハーフサイズですが、フルサイズでも良かったかなとは思います。ちなみに、フルサイズの場合980円です。




 鶏皮の湯引きです。鶏皮よりも玉ねぎの方が多く入っているのは、ちょっと悲しかったりはするんですが、湯引きは肉厚で美味しいです。



 
 続いてがローストポークです。これでたぶん480円だったと思いますが、凄いボリュームです。味の方は、もう一声あってもいいかなとは思うんですが、480円ということを考えれば、コストパフォーマンスは良いです。



 
 続いては、カスペの唐揚げです。メンソールも初めて食べました。と言うか、知らないものがあればそちらを優先してオーダーするクセが付いているので、何も考えずにオーダーしました。カスペというのはエイの仲間で、ぷりぷりとした食感が特徴です。ちょっとした味が濃い(塩辛い)です。酒のアテとしては良いかもしれませんが…。



 
 鮭の白子のスモーク。もう少しボリュームがあるかと思ったんですが、意外と小ぶりでした。個人的には、スモークせずに焼いた方が美味しいんじゃないかと思ったりはします。薫香だけを強く感じて、白子があんまり味わえない感じです。



 
 ガリトマは、文字通りで生姜とトマトを紫蘇とポン酢で和えたものです。食感の組合せが良いです。紫蘇を合わせているのもいい感じです。



 
 ラストが酢キャベツ。




 フード類も、一番高いのが造り盛り合わせの980円で、それ以外の料理は、380円だったり480円だったりがほとんどです。それほど多くを望んではいけませんが、価格から期待できる以上の味であることは間違いないです。魚貝類は、仲買が漁船丸ごと一隻買いするらしく、珍しい魚貝類がメニューに並ぶこともあるようで、魚好きにはたまりません。
 
 予約は出来ませんが、『今から○人で行きたい』という電話はOKです。


(店  名) 大旦那
(ジャンル) 居酒屋
(所 在 地) 大阪市北区天神橋4-1-2 松一ビル一階
(電  話) 06-6881-2827
(営業時間) 15:00-24:00
(定 休 日) 日曜日
(予  算) 4,000円くらい
(予  約) 不可。今から行きたいの電話はOK。
コメント