大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

大市寿司/寿司屋/谷町九丁目

2017年08月31日 12時04分59秒 | すし
 名物親父がいる谷町九丁目が最寄りの『大市寿司』でのひととき。息子がイタリアンを開業するまでの間、寿司とイタリアンが楽しめる店になっているとの噂を聞きつけて駆けつけてみたが、イタリアンは09月01日にグランド・オープニングなので、開店準備で忙しかったのか、寿司&イタリアンのコラボレーションを楽しむことが出来なかったのは残念だった。握り、アテとも、写真の通りのぶっちぎりで、親父のトークも面白い。
 
 まずはイクラ。テレビ番組でも紹介されたことがあるらしく、軍艦巻きなんですが、もはや海苔が見えず。海苔は別途もらえるので、こぼれたイクラは、その海苔で掬って食べるみたいです。




 ケンサキイカですがこのサイズ。どうやって持てば良いのか分かりません。



 
 こちらは穴子をアテとしてもらったものですが、山積みになってます。



 
 最後は赤貝です。握りなんですが、シャリがどこにあるのか見えません。ちなみに、細巻きもオーダーしてみたんですが、紫蘇巻きはノーマルでした。



 
 
 

(店  名) 大市寿司
(ジャンル) 寿司屋
(所 在 地) 大阪市天王寺区高津町11-7 一階
(電  話) 050-5589-7571
(営業時間) 11:30-13:30、17:00-22:00
(定 休 日) 日曜日
(席  数) カウンター15席
コメント

炭火焼き鶏 いこか/焼鶏(お洒落系)/堺筋本町

2017年08月27日 18時03分32秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 2016年06月30日がグランド・オープニングとのことですから、ほぼ一年を超えたあたりと言うことなんでしょう。店は、かカウンター9席のみで、焼き台を囲む様な感じでカウンターが配されています。ほとんどが2名客か、たまにメンソールの様な1人客が来る程度です。

 まず店構えですが、左側が、今回、訪問した炭火焼き鶏の『いこか』です。右側の白い暖簾には『かこい』と書かれていますが立ち飲み居酒屋で、主に海鮮系でもてなしてくれるんですが、実は『いこか』と『かこい』な内部で、暖簾一枚でつながってます。双方の料理がオーダー出来たりするのかとか、行き来出来たりするのかとかは確認していないので分かりませんが、立ち飲み居酒屋の『かこい』の方は2017年08月31日までで、その後は炭火焼き鳥店に合体するみたいです。そのためだと思いますが、2017年09月04日(月)から同月07日(木)までは改装のための臨時休業となるようです。



 
 こちらが突き出しのおぼろ豆腐です。塩が振ってあるのでそのままでOKですが、メンソール的には、塩は振らなくても十分に大豆の味が楽しめると思います。



 
 こちらが造りの盛り合わせ(1,280円)です。左から、ささみ、ずり、生つくね、こころ、きもです。手前の調味料ですが、左から白醤油、醤油、ごま油となっています。



 
 いつもは、アラカルトでオーダーするんですが、何か予感めいたものがあって、店主のおまかせ七串セット(1,280円)にしました。これをオーダーするときは、人数分オーダーする必要があるようです。それ以外の食べたい串があったので、三串くらいを別途オーダーする形で、計10串をオーダーしました。

 まずは抱身だそうです。初めて聞いたこともあって、どの部分かを聞いてみると胸肉だそうです。胸肉とは思えないほどジューシーで、あふれる肉汁に、これからの九串が楽しみになります。




 せせりです。メンソールが初めて行きつけにした焼き鳥屋は、せせりといえばひね鶏だったんですが、最近は若鶏を出してくれるところも多くなりました。



 
 皮です。



 
 これはハツです。



 
 つなぎだそうです。



 
 これは、口直しの大根おろしです。



 
 手羽です。



 
 つくねです。



 
 軟骨です。



 
 コースの最後についている鶏スープです。



 
 七串で1,280円というのはちょいと高い気もしたんですが、ボリューム十分で、大満足でした。もちろんメンソールは飲んだくれたので、それなりの値段になりましたが…。


(店  名) 炭火焼き鶏いこか
(ジャンル) 焼鳥屋(お洒落系)
(所 在 地) 大阪市中央区大手通3-3-3
(電  話) 050-5592-1892
(営業時間) 18:00-22:30(最終入店)
(定 休 日) 月曜日
(カ ー ド) 可(JCB、AMEX、JCB、AMEX、Diners)
(席  数) 9席(カウンターのみ) 
コメント

さくら/居酒屋/今里~桃谷

2017年08月27日 18時03分32秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 ふらりと立ち寄った居酒屋でのひととき。帰宅後に検索してみたがネットに情報は上がっていないみたいなので、詳細は不明。場所は、鶴橋のコリアンタウンをさらに東に入ったところあたり…。
 
 まずは看板。




 突き出し…。




 イカとタコの造り。




 蒸し豚。




 らっきょ。



コメント

雲亭/ピザ/生駒

2017年08月13日 09時07分48秒 | その他
 生駒ケーブルの『宝山寺』駅を降りて、少し歩いたところに、完全予約制のピザ屋『雲亭』があります。生駒産のピザ屋と言えば、もう一軒『山岡ピザ』があるんですが、こちらは車でないと行けないので、メンソールが行くことはないでしょう。基本的に食事には、アルコールが付随してくるものなので、車とは相性が悪いからですが…。
 
 店は、完全予約制です。生駒ケーブルの時刻表と、『宝山寺』駅からの所要時間とを総合して、遅刻しないようにしましょう。道を間違えてなければ、こんな看板があります。




 こんな暖簾もあります。



 
 ピザは、日替わりのピザを含めて12種類くらいですが、店主がひとりで焼いているようなので、『季節の大和野菜サラダ』『前菜盛り合わせ』『ドリンク』のセットをオーダーして、眼下に広がる景色を愛でながら、気長に待つのが良いです。ドリンクをアルコール系に換えるとプラス200円となります。セットは、セレクトしたピザの値段に応じて、2,100円から3,000円までと様々ですので、しっかりとメニューを確認しましょう。店から見える東大阪市街はこんな感じ、テラス席もあるので、もう少し涼しくなったら、テラス席もいい感じかもしれません。



 
 メンソールは当然ビールですが、コロナとギネスしかないようです。



 
 こちらが前菜の盛り合わせです。右上にあるのがトマトのスープで、酸味がしっかりと効いた濃厚なトマトの味わいです。もう少し飲みたくなる感じ。右下はクスクスです。今回は、前菜とサラダが同じプレートに盛り合わせられていたようです。



 
 メンソールがオーダーしたのは『生駒ならではの山の恵みのピザ』という長い名前のピザです。トマトソースをベースにして、二種類のチーズとキノコ(椎茸、シメジ、エノキなど)とナッツ類(クルミ、アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ、レーズン)、それにジャガイモとネギという斬新な取り合わせです。味の方も刺激的なんですが、それよりも生地がおいしいです。オーダーする前は、正直、ちょいと高い目の値段設定かと思ったんですが、食べてみると、ここまで生地だけで食べさせてくれる店はそうないです。





 


(店  名) 雲亭
(ジャンル) ピザ
(所 在 地) 奈良県生駒市門前町2-10
(電  話) 0743-25-8400
(営業時間) 12:00-16:00、17:00
(定 休 日) 月、火、水
(予  算) 2,000~3,000円くらい
(ウ ェ ブ) https://pizzakumotei.jimdo.com/
コメント (2)

出入橋助六/蕎麦/福島

2017年08月05日 15時06分46秒 | 麺類
 店があるのはかなり以前から知っていたんですが、店名の『助六』から、鮨屋だと思ってました。先入観とは怖いものです。
 
 さて、利き酒セットとアゴの味醂干しです。値段設定はちょいと高い目かなと思ったんですが、出されたアゴの味醂干しの量を見てびっくりです。蕎麦前は利き酒セットと味醂干しだけに仕様と思ってたんですが、利き酒セットだけでは酒が足らなくなり、別の日本酒をオーダーすると言うことになってしまいました。ちなみに、日本酒は山形県のものが取りそろえられています。



 
 アゴの味醂干しの量が多くて、利き酒セットだけでは酒が足りなくなって、日本酒を追加オーダーしたら酒が足りなくなってと言う悪魔の無限ループに陥ってしまい、ニシンをオーダーしました。こちらもかなりのボリュームです。



 
 店主のお勧めにより十割蕎麦です。話を聞くと、夏に収穫する蕎麦があって、従ってこれが新蕎麦なんだそうです。なかなかに良い香りが漂ってきます。蕎麦のボリュームも、ちょいと多い目ですね。



 
 店先に置かれていたカエルの置物です。店主がカエルが好きだという話だったんですが、客商売とカエルは相性が良いので、置いてあるのかもしれません。





(店  名) 出入橋助六
(ジャンル) 蕎麦
(所 在 地) 大阪市北区堂島3-2-4
(電  話) 06-6341-0767
(営業時間) 11:30-15:00、18:00-21:00(月~筋)、11:30-15:00(土)
(定 休 日) 日祝
(カ ー ド) 可(JCB、AMEX、Diners)
コメント

ALOHA FOOD HALL SHO-GI/ハワイアンダイニング/大阪城公園駅前

2017年08月01日 16時55分39秒 | その他
 以前は閑散としていた大阪城競演駅前ですが、『JO-TERRACE OSAKA(ジョーテラス・オオサカ)』がオープンしました。今回は、その中のハワイアンダイニング『ALOHA FOOD HALL SYO-Gi(アロハフードホール)』に行ってきました。



 
 ハワイアンスタイルのフードホールは、日本初上陸らしいですが、昔、バブルがはじけたころににhんでも流行した『屋台村』のような感覚です。
 
 フードホールの中には、全部で六店舗が入っています。『コナ・クラブ・マーケット』『ウォリアーズ・タコス・キッチン』『ホノルル・バーガー・カンパニー』『アラモナ・ボウルズグリル』『カカアコ・コットン・スウィーツ・ファクトリ』『サーフライダー・バー』です。ドリンクの店とスウィーツの店が各一店舗。フードを提供してくれる店が四店舗と言うことです。
 
 アメリカンサイズの店を、一度に複数回る根性も胃袋のサイズもありませんので、今回は、『ホノルル・バーガー・カンパニー(HONOLULU BARGER CO.)』に狙いを定めました。ハンバーガーは全部で7種類あるんですが、メンソールは、ロコモコバーガーセット(1,600円)をオーダーしました。日本限定のアロハバーガーコンボ(1,600円)は、ハンバーガー、ブルーハワイバーガー、ホットメキシカンバーガーの三種類の食べ比べセットですが、今度、三人で行く機会があれば試してみたいと思ってます。カメハメハ・トリプルバーガーセット(2,500円)とか言うのもありましたが、何人連れて行けば食べきれるのかは不明です。




 ドリンクの方はフローズンビールにしました。通常のビールに、フローズンの泡を乗せた感じでしょうか?。




 次回以降に、他のフードを頼んでみたいと思います。




(店  名) ALOHA FOOD HALL SHO-GI
(ジャンル) ハワイアンダイニング
(所 在 地) 大阪市中央区大阪城3-1 大阪城公園内
(電  話) 06-6450-6881
(営業時間) 11:00-22:00
(席  数) 120席以上
(ウ ェ ブ) https://www.jo-terrace.jp/shop
コメント

立寄所 桜子/居酒屋(立飲系)/福島

2017年08月01日 15時55分03秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 福島にある割烹『さくらや』が直営する立ち飲み系日本酒の店にお伺いしました。
 
 フード類は、400円程度とルーズなブルなものが並んでいますが、なんといっても目を引くのは、壁一面に書かれた日本地図でしょう。

 まずは、店構えです。シンプルなたたずまいなので、見逃してしまうことがあるかもしれません。




 最初にオーダーしたのは利き酒セットです。



 
 合わせたのはタコの造り。



 
 いたか貝の酢味噌。



 
 メンソールのペースは速いので、次の酒に移行します。




 これに合わせたのはうなぎの蒲焼きです。




 おまかせで出してもらったのがこの酒です。



 
 網焼きの盛り合わせ。



 
 七輪ではなくて、コンロが出されるのでそれで調理します。



 
 最後の一杯ということでお勧めしてもらったのがこの酒です。



 
 リーズナブルです。メンソールは、立ち飲みでも5,000円超を使ってしまう、言い換えると飲んでしまうことが多いんですが、今回は4,000円でおつりが来たような気がします。
 
 

(店  名) 立寄所 桜子
(ジャンル) 居酒屋(立飲系)
(所 在 地) 大阪市福島区福島5-10-14 柳田ビル一階
(電  話) 06-6225-7870
(営業時間) 17:00-23:00(月~土)
(定 休 日) 不定休
(カ ー ド) 可(JCB、AMEX、JCB、AMEX、Diners)
(席  数) 22席
コメント