大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

かなめ(中華料理/御幣島)

2013年03月31日 12時52分17秒 | チャイニーズ
 グランド・オープニングのころから知っていて、機会があれば行きたいとは思っていたのですがなかなか行けないでいました。場所的なこともあるんですが、以前、予約電話をかけたときにディナータイムは二交代制だからということで開始時刻を指定されたりしたので、行けなかったりしました。今回は二交代制ではなかったので、たぶん、システムが変わったのでしょう。
 
 ディナータイムは要予約です。ディナーコースは2名より受け付けてくれます。今回は、シェフのおまかせコースの中から6,000円のものを予約しておきました。シェフのおまかせコースは、3,800円のみにコース。高級食材を使用した10,000円の特別コースがあります。コース料理はかなり充実していて、他にもあわびコース(5,300円)、フカヒレコース(7,800円)、北京ダックコース(3,300円)などがあります。
 
 
 席に着くと、クルミの飴焼きが供されます。いわゆるアミューズですが、これが良いです。クルミに絡める飴を、油の中に入れてクルミに絡めるそうです。手に持ってもべたつくことなく、口の中に入れても溶けた飴が歯に絡まることもなく、美味しくいただけます。お土産も用意されているので、買ってしまいました。




 前菜は、蒸し鶏のネギソース、焼き豚、春雨の湯葉巻き、エビの山椒ソース、プチトマトなどです。良くある中華料理の前菜盛り合わせとは異なり、器などの小道具にも配慮があるんですが、なんかレイアウト的に今ひとつなんですねぇ。写真を撮るときの構図が一発で決まらないというか、美味しそうに見える絵を取るためにあれこれ考えてしまったりする訳です。豆腐&茄子の涼拌の酢や山椒ソースの山椒は鮮烈ですし、焼き豚もしっかりと味が付けられていて旨いです。




 二皿目はフカヒレのスープで、蕪、鶏肉、金糸菜、ナツメなどが使われています。フカヒレというと醤油味で煮込んでしまう場合が多いんですが、ホタテの香りがしっかり効いたスープ仕立てとなるとフカヒレが生きてくるような気がします。




 三皿目は北京ダック。仕上げはお姉さんがしてくれます。なので、春餅で包まれている画像しかないです。




 四皿目はあわびの煮込み。あわびは、中華料理ではナマコ、アワビ、フカヒレ、浮き袋に並ぶ高級食材なので、アラカルトでオーダーすることはまずないですね。肝もちゃんと添えられていて、付け合わせの野菜は青梗菜と湯葉。これだけで紹興酒を一杯飲んでしまいました。




 五皿目が、エビチリソース、紹興酒に漬けた蛍烏賊の揚げ物、つぶ貝の炒め物です。エビチリの器は春巻きの皮を使って作られているので、器ごと食べることが出来ます。大皿に盛り合わせるのは中華風と言えば中華風かと思うんですが、これは小皿で別々に出してくれた方が良いような気がします。




 六皿目が、牛肉の豆鼓炒め、野菜添え。牛肉、ソース、野菜。どれも旨いんですが、このようにソースを広げてしまうと、冷えるのも早いような気がします。ちょっともったいないかなと言う感じです。




 締めが炒飯の海鮮餡かけ。パラパラの炒飯に餡をかけるのは勿体ないような気もしつつ、炒飯の味付けが餡と絡まったときに完成するように薄味になっているので、やっぱり餡は必要なんでしょうね。メンソール的には、炒飯だけ食べたかったような気がしますが…。




 デザートは、複数からセレクト出来るんですが、メンソールが選んだのはタピオカです。他に、胡麻団子とリキュールに浸したリンゴが付きます。




 
 美味しいんですけど、なんか料理のレイアウトにこだわって失敗しているところがあるような気がするのが残念です。紹興酒やワインの取りそろえも、もう少しバラエティーがあった方が嬉しいかもです。メンソールは中華料理には紹興酒と思っていますが、紹興酒が苦手でワインや焼酎をセレクトする人も多いので…。
 
 あと、料理ではないところで気になるところが二つ。通りに面しているガラスはしっかりと磨いてほしかったりします。もう一つは階段。トイレが二階にあるので、この階段は頻繁に使用されるんですが、よく響きます。気になるので防音してほしいところです。
 
  
(店  名) かなめ
(ジャンル) 中華料理
(所 在 地) 大阪市西淀川区御幣島5-9-13
(電  話) 06-6472-3247
(営業時間) 11:30-14:00、17:30-21:00
(定 休 日) 火曜日
(席  数) テーブル12(1階)、テーブル14(2階)
(備  考) http://www.geocities.jp/chinese_kaname/


コメント

67°餃子(四つ橋店)(餃子&中華料理/四つ橋)

2013年03月31日 11時20分44秒 | チャイニーズ
 元横綱の武蔵丸がプロデュースしたちゅうか料理店が四つ橋にも出来たとの情報が入ってきたので、早速行ってきました。で、今回も、店内が若干暗い目と言うこともあって、手ぶれしている画像が多いです。細心の注意は払ってるんですが、さらなる技術向上を心がけます。ちなみに、フラッシュを使うと予期しないところに影が出来てしまうので、強制的に停止しています。なお、料理の価格は、メンソールが訪問した時点のものです。
 
 ちなみに、店名に付いている67°ですが、武蔵丸が第67代の横綱であったことに由来するそうです。トイレには、どうした訳か博多の水炊き、もつ鍋で有名な『蟻月』のショップカードが…。提携してるんでしょうか?。たぶん、提携してるんだと思いますが…。
 
 さて、名物の鉄板焼き餃子です。380円と書かれていますが、2人前単位でオーダーする必要があるので、760円です。もう一つの名物が炊き餃子で、豚骨炊き餃子(680円)と担々炊き餃子(680円)の二種類がありました。今回は、豚骨炊き餃子です。




 このあたりが『蟻月』との定型なんでしょうか?。ニラは生なので、いったんスープに沈めてから頂きます。日本では、水餃子よりも焼き餃子の方がポピュラーですが、メンソール的には、この炊き餃子は旨いと思います。餃子のメインは中身の案ではなくて皮だと思っているので、皮をしっかりと味わうには水餃子や炊き餃子の方が合っているような気がします。




 次は、鶏の唐辛子山椒炒め。見るからに辛そうではあるんですが、それほど辛くはないです。メンソールにはですが…。唐辛子の辛さよりも、華椒がたっぷりと使われていてよく痺れます。今回はオーダーしなかったんですが、麻婆豆腐(630円)もメニューにあるので、痺れるのが好きな人は、麻婆豆腐をオーダーして、華椒増量をリクエストしてみてはいかがでしょうか?。応じてもらえるかどうかは分かりませんが…。




 定番の空心菜炒め(780円)。




 こちらは、酢もつ。このあたりも『蟻月』との提携が見て取れたりします。旨いです。焼酎にも良く合うと思います。メンソールは、ビールで通しましたが…。




 ハラミ酢豚(680円)。実は、黒酢はあまり得意ではないんですが、柔らかい味でした。酢豚をオーダーして豚肉の量が多いのは嬉しいです。




 茹で牛肉と香菜。香菜好きとしては、牛肉よりも先に香菜に反応してオーダーしてしまいました。すると、お姉さんに香菜好きがバレてしまったようで、香菜サラダも追加オーダーしてしまいました。香菜サラダは緊張して手ぶれが激しかったので、画像はありません。




 最後は、茹で鶏の味噌だれ(690円)です。




 餃子は、焼き系よりも茹で系がお勧めです。餃子の店のように思われていますが、一品料理も旨いです。ポーションが小さめなので、色々とオーダーしてみたいという向きにも対応してくれますし、600~800円という価格設定も嬉しいです。また、夜遅くまで営業してくれているので、深夜の一人飯にも良いです。
 
 
(店  名) 67°餃子(四つ橋店)
(ジャンル) 中華料理
(所 在 地) 大阪市西区北堀江1-2-16
(電  話) 06-6534-8867
(営業時間) 18:00-27:00
(定 休 日) 無休
(備  考) http://www.67gyouza.com/
コメント

ROKUDAI(シチリア系イタリアン/森ノ宮)

2013年03月31日 10時46分15秒 | イタリアン
 森ノ宮と緑橋のちょうど中間くらい、以前はテイクアウト専門の揚げ物店だったところに、こじんまりとしたトラットリア(シチリア系)がグランド・オープンしました。
 
 まずは、グラスワイン(白)をのみながら、一皿目にオーダーしたのは大阪野菜とドライトマトのマリネです。野菜達は、炭火焼きになってます。マリネと言いつつ、それほど酸味は主張してきません。その中で、ドライトマトの酸味&甘味がアクセントでになってます。




 二皿目がホルモンです。カウンター席は、しっかりと照明が当たらないので、手ぶれにはしっかりと注意したつもりだったんですが、ぶれてしまっています。すいません。




 ホルモンと言えば、トリッパのトマト煮込みが定番というか有名ではあるんですが、こちらのホルモンは、トリッパ(牛の第二胃)だけではなく、ハツやマメ(腎臓)などの色々な部位が使われています。レモンを使っているので、ホルモン独特の臭みはほとんどないと言っていいです。メンソール的には、もう少し臭みがあってもワイルドな方が好きなんですが、これは良い感じで、食べ手を選ばないです。




 最後は、自家製ソーセージですが、フェンネルが使ってあります。他にもフェンネルを使った料理があったので、店主に聞いてみたんですが、フェンネルはお好きだそうです。
 
 
(店  名) ROKUDAI(TRATTORIA ROKUDAI)
(ジャンル) イタリアン(シチリア系)
(所 在 地) 大阪市東成区中道2-4-7
(電  話) 090-4294-9832
      06-6976-5855(固定電話が開通したようです)
(営業時間) 16:00-25:00(火~金)、12:00-14:00、18:00-23:00(土日)
(定 休 日) 月曜日
(席  数) カウンター4、テーブル8
(備  考) 当面は、ディナータイムのみの営業とのことです。


(参考)
ROKUDAI(シチリア系イタリアン/森ノ宮)
ROKUDAI(シチリア系イタリアン/森ノ宮)
コメント

くくり(割烹系居酒屋/北浜)

2013年03月25日 14時44分09秒 | ジャパニーズ
 以前から気に入っていたよさげな店なんですが、居酒屋と言うよりは割烹に近い外観だったので、ちらり遠慮してきたようなところがあったんですが、今回訪問してみました。
 
 扉を開けるとカウンター席があって、その奥にはテーブル席があるようなレイアウトになっています。
 
 まずは造り盛り合わせと日本酒をオーダー。今回、ビールはスキップです。酒器がなかなか素敵な感じで持って帰りたいくらいかわいいです。



 
 突き出しは、胡麻豆腐、袱紗煮、アボガド&ツナ。




 造り盛り合わせですが、紋甲烏賊、カンパチ、甘エビ、平目、貝柱。紋甲烏賊&甘エビがいい感じですし、ホタテも旨味十分です。




 今回は、体調、特に胃の具合があまりよろしくなかったので、煮魚、焼き魚等は選択肢から外しました。で、鶏肉です。




 続いては、クレソンのおひたし。もう少し苦みの効いた味になるかと予想したんですが、意外とおしとやかな味でした。




 珍味系の第一弾は、干し明太子。




 珍味系第二弾ですが、干し蛍烏賊、爆雷、サメ軟骨梅和えです。




 
 高級感もあり、接待にも十分に使えるんですが、価格の方はリーズナブルです。体調が回復したら、再訪問の予定です。
 

(店  名) くくり
(ジャンル) 割烹系居酒屋
(所 在 地) 大阪市中央区平野町2-3-14
(電  話) 06-2663-5800
(定 休 日) 日祝
(営業時間) 17:00-23:00
コメント

BAGUS(インドネシア料理/中津)

2013年03月22日 10時41分15秒 | エスニック
 メンソールは、エスニック料理が大好きではあるんですが、ここのところ、フレンチ、イタリアン、和食ばかり食べていたような…。カレーは定期的に食べたくなるんですけど、タイ料理、ベトナム料理はなかなか行けていません。エスニック料理を一緒に食べてくれる人が少なかったりもする訳なんですが、それにしても、インドネシア料理は久しぶりです。
 
 今回訪れた店『BAUGS(バーグス)』は、お誘いを頂いたので、10年ぶり近くで訪問しました。いや~、旨かったです。
 
 今回は大人数だったので、おまかせでお願いしていたようです。一品目はガドガド。温野菜の甘辛ピーナッツソースのサラダです。インドネシア料理と言えば、ピーナッツソースですね。




 二品目は揚げ春巻き。スウィート・チリを付けていただく訳なんですが、メンソール的には、スウィートではない方のチリが好きだったりします。




 三品目は、しっかりと聞き取れなかったんですが、オポール・アヤムでしょうか?。鶏肉のココナッツミルク煮込みなんですが、味的には、トムヤクムンにココナッツミルクを加えたような感じ。ちゃんと、こぶみかんの葉も入ってますし…。カーは入ってなかったような…。メンソール的には、好みの味なんですけど、他の方々はこの味付けを辛いと感じるようです。




 続いてはツミス・カングン。空心菜の炒め物です。




 更に続いてはレンダン・パダン。牛肉の煮込みです。なかなかにスパイシーでセクシーです。ちなみにパダンというのはスマトラ島にある都市の名前だそうです。




 ラストはナシゴレン。メンソールの炭水化物嫌いは知ってる人は知ってると思うんですが、このナシゴレンは、一口食べて病みつくになりました。添えられているチリはめっちゃ辛いんですが、メンソール的にはこれくらいが好適です。




 

(店  名) Bagus Indonesian Kitchen(バーグス・インドネシアン・キッチン)
(ジャンル) インドネシア料理
(所 在 地) 大阪市北区中津1-9-11 第二東洋ビルディング二階
(電話番号) 06-6376-5818
(営業時間) 11:00-14:30、17:30-23:00
(定 休 日) 火曜日
(ウ ェ ブ) http://bagus1.web.fc2.com/
コメント

金盃(割烹系居酒屋/都島)

2013年03月20日 11時21分35秒 | ジャパニーズ
 都島新酒祭りのイベントで知ったんですけど、大将が、天満の『プラッスリー・プティポー』の出身だと聞いてびっくりしていってきました。『ブラッスリー・プティポー』にいったのは、ほぼグランド・オープニング直後に何回か訪問したきりになってるんですが、フレンチをやっていた人の和食と美味しい日本酒に惹かれて行ってきました。
 
 たぶん、人気の店だろうということは何となく行く前から分かっていたんですが、19:00過ぎに訪問したにもかかわらず、カウンター席に座ることが出来ました。まず、トリビーなんですが、ビールは瓶ビールしかありません。店のサイズとかを考えると当然といえば当然なんですが、潔い決断だと思います。ビールはアサヒのスーパードライとサッポロのラガーの二種類。中瓶のみです。
 
 手元にあるのはドリンク・メニューだけで、フード・メニューは黒板に書かれているんですが、どちらも非常にリーズナブルな価格帯に収まっています。カウンターの上の壁にも短冊メニューがあるのを見つけ、おまかせコース(1,500円)をオーダーしました。コースを食べて、足りなければ一品でオーダーしようとの考えです。おまかせコースは、他に1,000円のものもありますが、1,500円のものとは品数が異なるようです。
 
 まずは、造りの盛り合わせ。小さくまとまっていておしゃれです。蛍烏賊の酢味噌も良いですが、しめ鯖が抜群に旨いです。元々メンソールは、造りにはあまり醤油は使わない派なんですが、使わなくて良いというか、醤油を邪魔に感じるくらい旨いです。




 まだビールが残ってたんですが、造りを見た瞬間に日本酒が飲みたくなったので、日本酒をオーダーしました。
 
 二品目は、小皿の三種盛り。左から酢牡蛎。凄く旨味があって旨いです。中央は生湯葉なんですが、こちらも豆乳の味と香りがしっかりと鼻孔と味蕾をくすぐってくれます。軽く醤油がかけられていましたけど、メンソール的には醤油は不要です。湯葉の味だけで、十分に楽しめます。右端は蕗とジャコ天の炊き合わせ。日本酒は二杯目の花巴。



 
 三品目が鱈の白子です。ものすごく丁寧に下処理してあるのが分かります。小皿三種盛りの酢牡蠣と味がかぶっているのが残念といえば残念なんですが、旨いからいいです。




 四品目がおでん。厚揚げと大根です。ここまでの四品がおまかせコースの内容で、これで1,500円は凄くお得です。個人的には、2,000円コースとか作ってほしかったり…。



 
 ここからは単品オーダーなんですが、蒸し鶏のネギ油。580円です。菜の花があしらわれていてかわいいんですが、白髪ネギの更に上に乗せられているのはパクチーです。メンソールは、パクチーは大好きで、タイ料理店に行っても別皿でパクチーだけを追加オーダーしたりするんで、全く平気というか、歓迎です。これ以前はコース料理でしたので、少量ずつ供されたんですけど、単品だと、それなりのボリュームになります。580円で良いのかなぁ、と思ってしまうくらい。



 
 最後がチーズの盛り合わせ。もともとフレンチのシェフだったというところと、飲んでみたい日本酒があって、それに合わせるならチーズがいいかなと思ったので…。


 
 

 結局メンソールは、コース四品と単品二品、それぞれに合わせて日本酒を飲んだので、六杯飲んだ訳ですね。なので、5,000円を超えてしまいましたが…。日本酒は十種類くらい用意されていて、五勺か六勺で供されます。

 非常にリーズナブルですし、料理はすべて旨いです。四川麻婆豆腐とかがあったので、是非再挑戦したいです。
 

(店  名) 金盃
(ジャンル) 割烹系居酒屋
(所 在 地) 大阪市都島区都島北通1-20-2
(電  話) 090-5969-3933
(定 休 日) 日曜日
(営業時間) 18:00-24:00
(席  数) カウンター7くらい、テーブル4×3くらい
(ウ ェ ブ) https://www.facebook.com/kinpaiosaka
コメント

エクスキ(2)(フレンチ&日本酒/谷町六丁目)

2013年03月17日 16時42分36秒 | フレンチ
 早速再訪してきました。今回も日本酒三昧です。
 
 まずはホタテ貝柱とグリーンアスパラガスのバジル風味です。ホタテが旨いです。



 
 二皿目がカンパチと香草のタルタルなんですが、乗せられているのが、花山葵なんですね。魚に山葵なので、合うのは分かるんですが、それをフレンチに持ってきているところが凄いです。こうなると、ワインよりも日本酒で行くしかないでしょう。




 三皿目が、フォアグラのソテーとスクランブルエッグ、山椒の香りです。フォアグラのソテーはある意味食べ慣れているところがあるんですが、合わせてきたのがスクランブルエッグです。若干、塩味がきついと感じたんですが、スムーズな舌触りでとろけてしまいそうなスクランブルエッグです。これは最高にセクシーでした。




 魚料理は真鯛のポワレです。ソースは桜エビを使ったもの、付け合わせはブロッコリーです。桜エビのソースは、ちょっと反則と言ってもいいくらい旨いです。




 肉料理ですが、南州豚のドゥミ・サレの炭火焼きです。ソースはバルサミコ。辛み大根が添えられています。ドゥミ・サレは地域によってはプティ・サレという場合もあるんですが、塩漬け肉です。奥にはジャガイモが…。




 定番で名物のリゾットは蛍烏賊とエンドウ豆を使った蒸しリゾットで、チーズの味がいい感じでリゾット感を出しています。




 デセールは、コーヒー風味のブランマンジュです。





 前回も旨かったですけど、今回も素敵でした。
 
 

(店  名) エクスキ(exquis)
(ジャンル) フレンチ
(所 在 地) 大阪府大阪市中央区上町C-4
(電  話) 06-6761-7709
(営業時間) 17:00-23:00(火~土)、12:00-18:00(第二、第四、第五日曜日)
(定 休 日) 月曜日、第一&第三日曜日
(座  席) カウンター8くらい、テーブル1卓(4人掛け)
(ウ ェ ブ) http://exquis.jp/
(予  算) 5,000~10,000円
(予  約) した方が良いです。
(備  考) 全席禁煙。二階に喫煙ルームがあります。


(参考)
エクスキ(フレンチ&日本酒/谷町六丁目)
コメント

うろこ屋(魚介系居酒屋/心斎橋)

2013年03月17日 14時52分44秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 地元の人が食べてしまうので、なかなか流通しないような魚を扱う店が出来たと聞いたので、早速行ってきました。
 
 まずは、造り盛り合わせ。センターにある白いものは、あぶらぼうずだそうです。で、値段が破格で、1人前500円です。




 続いてはお勧めシリーズの中からマグロの縁側。背びれ付近の肉らしいです。




 マグロシリーズで、マグロホホ肉の鉄板バター焼きです。ちょっと、付け合わせのもやしが多いような気がしますが…。




 鉄板バター焼きシリーズで、蝦夷鹿。画像からはよく分からないですが、こちらも付け合わせのもやしの方が多いような気がします。




 最後はお勧めシリーズの中からマンボウの酢味噌。





 これ以外にも色々オーダーしたんですが、一人あたり5,000円で収まったというのは、かなりリーズナブルです。ただ、ポーションは少なめです。多品種を食べたいという向きには望ましいですが…。
 
 あと、若干ですがサービングが遅いような気がします。人気の店らしく、ほぼ満席状態なので、予約はした方がいいと思います。


(店  名) うろこ屋
(ジャンル) 魚介系居酒屋
(所 在 地) 大阪市中央区東心斎橋1-16-24 ラメールビル三階
(電  話) 06-6245-0185
(定 休 日) 日曜日
(営業時間) 17:00-27:00
(席  数) 座席20、テーブル20、カウンター8
コメント

いしかわ(2)(魚介系居酒屋/玉造)

2013年03月17日 14時10分39秒 | 雑談
 再訪しました。(^_^)/。

 蛍烏賊。




 熱く熱した石の上で焼きます。半生あたりが一番旨いです。





(店  名) いしかわ
(ジャンル) 居酒屋
(所 在 地) 大阪市天王寺区玉造元町18-1
(電  話) 06-6761-5083
(定 休 日) 日祝
(営業時間) 11:30-13:00、17:00-23:00(月~金)、17:00-23:00(土)
(席  数) カウンター10、いろり8、座敷15(要予約)、個室6(要予約)


(参考)
いしかわ(魚介系居酒屋/玉造)
コメント

内山田(鍬焼きと日本酒/福島)

2013年03月16日 13時19分52秒 | 雑談
 朝日放送(福島)の、やや北側に出来た店です。鍬焼きと書かれていますが、鉄板焼きと考えればいいと思います。メンソールが気になったのは、日本酒の取りそろえがそれなりに素敵らしいことと、グランド・オープニング時の祝花の中に、『匠海』からのものがあったからです。
 
 まずは、ビールを飲みながらメニューを吟味する訳なんですが、コース料理にするべきかアラカルトで頼むべきか結構なやんだりしましたが、アラカルトでオーダーしました。一品料理も沢山あるんですが、鍬焼きメインで試してみたかったので…。


 まず突き出しですが、苺豆腐です。あっさりとした酸味が唾液と胃液の分泌を促してくれたりします。




 豚バラとアスパラの胡麻ソース。




 伊勢赤鶏塩焼柚子胡椒。




 椎茸。ポン酢添え。




 玉葱の鍬焼き




 淡路産玉葱と和牛のステーキソース





 鍬焼きは1本ずつオーダーできて、青唐塩焼き(100円)から、黒毛和牛の霜降りサイコロステーキ(580円)まで用意されています。それぞれに、手が加えられていて非常にCPは高いです。日本酒の方も五勺程度と思われますが、特別なものを除いてほとんどが500円以下のリーズナブルな価格になっています。色々と飲み比べてみたい向きには非常に便利です。
 
 ただ、メンソールのような飲兵衛が行くと、食事代がそれなりに跳ね上がってしまうので、コース料理の方が有利かなぁと思ってしまったりしました。
 

(店  名) 内山田
(ジャンル) 鍬焼き
(所 在 地) 大阪市福島区福島1-2-37
(電  話) 06-6451-0889
(営業時間) 17:30-25:00
(定 休 日) 日曜日
コメント

くっすー(鮮魚系居酒屋/都島)

2013年03月14日 11時44分42秒 | 独り言
 先日たまたま訪れた、紀伊地方の魚介類を得意とする居酒屋でオーダーした鯨肉(赤身と脂身)は、旨かったです。




 後日、再訪問の予定です。

(店  名) くっすー
(ジャンル) 居酒屋(海鮮系)
(所 在 地) 大阪市都島区都島本通3-22-17
(電  話) 050-5797-3095
(営業時間) 17:00-23:00
(定 休 日) 無休
コメント