大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

六徳恒河沙/中華料理(四川料理、台湾料理)/福島

2017年01月31日 20時32分27秒 | チャイニーズ
 有名店ですから、説明する必要はないでしょう。店名になっている六徳(りっとく)は10のマイナス19乗、恒河沙(こうがしゃ)は10の52条。つまり、とっても小さい数からとっても大きい数までという意味なんでしょう。

 メニューは、店内の黒板に書かれているんですが、黒板は二カ所あって、それぞれの内容が異なっていることに気付くのにしばらくかかったりしました。このあたりは何とかして欲しいです。あるいは、入店時に教えてもらわないと、基本的には近い方の黒板しか見ないと思うので…。メニュー数は控えめで少数精鋭な感じ、麺料理とか飯料理とかが多い目というのが、メンソールの印象です。
 
 先ずは、前菜三種盛りなんですが、その中の数の子です。醤油系の味付けなんですが、柔らかい感じで、紹興酒の友には最高です。



 
 三種盛りの一つ、よだれ鶏です。乗せられているのはラー油なんですが、辛いだけではなく、いろいろな味わいが楽しめます。もちろん、これだけで白飯を食べることも出来ちゃうと思います。



 
 こちらは前菜三種盛りの一つ、叉焼です。



 
 中華料理となれば、例によって紹興酒です。



 
 さて、辛子鶏です。鶏の唐揚げと唐辛子を炒めたものです。この料理がで始めたころはびっくりしたもんですが、最近は落ち着いて対処できるようになりました。辛そうに見えますが、それほど辛くはないです。それよりも山椒のしびれを感じる料理です。



 
 野菜系の料理が少なかったんですが、その中からジャガイモの香菜炒めを選んでみました。何とも言えない旨みが口の中に広がります。



 
 なぜか餃子です。メンソールは、餃子は具材ではなくて皮を楽しむものだと思っているので、このサイズはうれしいです。もちろん皮も、もっちり感がいい感じです。



 
 丸腸ですが、唐辛子炒めとは思わなかったです。結局、この日は辛いものばかり食べているような気が…。丸腸は、いったん揚げたものを炒めているようです。画像を見ると辛そうに見えるんですが、さほど辛くはなく、それよりも山椒を感じます。



 
 料理の合間にはピータンです。



 
 メンソールは、炭水化物系は、白飯はもちろん麺類もあまり食べることはないんですが、この日は、餃子に続いてネギそばです。



 
 
 人気の店なので、予約は必須かもしれませんが、遅い時間だと飛び込めるかもしれません。もちろん、少人数ならばですが…。
 

(店  名) 中国料理 六徳恒河沙
(ジャンル) 中華料理(四川料理、台湾料理)
(所 在 地) 大阪氏福島区福島5-15-2 Yoshikawa.Bild 101
(電  話) 06-6454-3696
(営業時間) 11:30-14:30、(月~金)、18:00-23:00(月~木)、18:00-25:00(金土)
(定 休 日) 日曜日
(予  算) 8,000円くらい。
(席  数) 10席(カウンターのみ)
(カ ー ド) 不可
コメント

地鶏専門店 まるゑ(天神橋3丁目店)/焼鳥/天神橋三丁目

2017年01月30日 20時11分12秒 | 
 焼き鳥屋なんですが、セルフ焼き鳥です。串に刺した焼き鳥もいいんですが、セルフの焼き鳥も好きだったりします。
 
 先ずは、山盛りのキャベツが出されます。



 
 最初にオーダーしたのは特選生肝(700円)です。まず、これを食べるようにと書かれていたので…。朝引き地鶏の店なんですが、肝はいい感じです。



 
 らっきょです。個人的にらっきょが好きなので、見つけるとオーダーしてしまいます。



 
 オウカク塩(700円)です。肝の次はこれを食べるように誘導されるので…。朝引き地鶏が新鮮であることは間違いなんですが、メンソールはもう少し熟成させた方が好きだったりはします。でも、このオウカク塩は、噛むほどに滋味が感じられます。焼き方なんですが、あまりしっかりと焼かずに、裏&表、それぞれ30秒程度と書いてあります。炙る感じですね。



 
 地鶏の盛り合わせです。一人前は、六種類が四きれずつらしいんですが、今回は一人で行ったこともあって、店主の行為でハーフサイズにしてもらいました。説明はしなくてもいいと思いますが、こころ、ずり、かわ、もも、せせりです。これもあまり焼かない方がよいらしいです。




 その次にオーダーしたのが秘伝ツボ漬け(600円)です。はさみが添えられているのは、焼き上がった物を適当なサイズにカットするためですが、丸かぶりして食べられないサイズではないです。



 
 これが、焼いているところです。



 
 以下は時価の希少ネタですがこちらは『おび』と呼ばれていますが、他の店ではソリとかソレリスとか呼ばれている部分です。これだけ大きいとうれしいですねぇ。脂の色も上手そうですし…。



 
 『ざぶとん』という名前ですが上皮です。焼いているところの画像はないんですが、巻き終わりを上にして網に乗せると、徐々に開いてくる感じがいいです。歯ごたえも十分です。



 
 『カン』と呼ばれていましたけど、他店では『こころのこり』とか言われている部分らしいです。冠状動脈あたりです。牛肉ならネクタイと言うことになるんでしょうが、牛肉ほど噛み応えのある部位ではないです。



 
 セルフですので、自分のペースで食べられるのがよいです。それに、なんと言ってもリーズナブルです。食後は、向かいの『サンボア』でハイボールを飲むのがいいですかね。
 
 

(店  名) 地鶏専門店 まるゑ 天神橋3丁目店
(ジャンル) 焼鳥
(所 在 地) 大阪市北区天神橋3-7-18
(電  話) 06-6585-0858
(営業時間) 17:00-24:00
(定 休 日) 日曜日
(予  算) 3,000円/人
(店  内) 35席
コメント

田一/居酒屋/緑橋

2017年01月30日 19時36分12秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 以前は、『月の神殿』だったんですが、いつの間にか代替わりしたようです。『月の神殿』の時は、怪しげな照&内装だった気がするんですが、普通に居酒屋になってました。
 
 さて、先ずは造りの四種盛り(1,300円)をオーダーしました。なかなかいい感じです。




 続いては、酢の物の盛り合わせです。メンソールは、酸味を効かせた物が好きなんですが、それほど酢はきいてなかったです。その分、日本酒が合わせやすかったですが…。




 次にオーダーしたのが鯨の生姜焼き(900円)です。鯨は他に鯨カツもあったんですが、勝頼は生姜焼きの気分だったので…。



 
 日本酒が少し残ったので、しらすおろしをオーダーしてみました。







(店  名) 田一
(ジャンル) 居酒屋
(所 在 地) 大阪市東成区中本2-12-11
(電  話) 080-3779-4956
(営業時間) ?
(休  日) 日祝
(予  算) ?
(カ ー ド) ?
コメント

キュニエット(Cunette)/フレンチ、ワインバー/北新地

2017年01月03日 12時01分50秒 | フレンチ
 今回は、ちょっと背中を押されたので北新地にあるフレンチと自然はワインの店『キュニエット』に行ってきました。ディナー・コースもいろいろと用意されているんですが、今回はムニュ・キュニエット(6,000円)をオーダーしました。アラカルトでのオーダーにも対応はいただけたんですが、時期的なところと時間的なところで、混雑することが予想されたので…。
 
 先ずはアミューズですが、巻き込んであるものは蟹の身です。乗せられているのは、言うまでもなくウニ。ジューシーで、磯の香りが駆け抜ける一品になっています。



 
 前菜ですが、パテです。パテも美味しかったんですが、その周りを取り囲んでいるソースや付け合わせが旨いです。



 
 スープですが、南瓜以外にも秘密の食材が使われているような気がしました。



 
 魚料理です。牡蠣があしらってあったり、甲殻系のソースだったりと、磯の香りが漂ってきます。このあたりはアミューズからの流れでしょう。そこにしっかりキノコなどの山の幸が添えられています。



 
 肉料理です。部位は説明されたんですが、記憶から落ちました。最近、これが多いので、何とか改善したいとは思っているのですが、なかなか難しいです。メモを取れば良いんですが、メモを取った瞬間に瞬発的記憶力はガクンと落ちると思うので、メモは取らないことにします。



 
 デセールです。



 
 
 正気になところ、最近和食系に偏重していることもあって、メンソールに下駄を預けられたらセレクトしなかったと思います。背中を押してくれた人に感謝したいです。
 
 年末にもかかわらず大盛況だったのですが、22席の店内がほぼ満席であるにもかかわらず、シェフ一人とサービス担当一人で切り盛りしていたのはさすがだと思います。料理の方ですが、美味しかったです。


(店  名) キュニエット(Cunette)
(ジャンル) フレンチ、ワインバー
(電  話) 06-6345-0890
(所 在 地) 大阪市北区堂島1-3-16 堂島メリーセンタービル四階
(営業時間) 11:30-13:30、17:30-22:00
(休  日) 日祝(大型連休、週間の祝日は営業)
(席  数) カウンター10、テーブル(4人×3卓)
(カ ー ド) 可(JCB、MASTER、JCB、AMEX、Dinners)
(予  算) 8,000~13,000円(ほどほどに飲んだ場合)
(ウ ェ ブ) http://www.cugnette.com/index.html
コメント