大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

だるま(串カツ/新世界)

2006年05月27日 23時01分18秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 新世界に本店がある有名な串カツの店。メンソールは本店を目指したんだけど、本店は金曜日が休みなのね…。で、本店には行けず。仕方がないので通天閣の北側にある通天閣店へ。新世界には、あとジャンジャン横町の北橋にも店舗がある。あとは道頓堀店と法善寺店。

 昔は串カツとかよく行ったけど、梅田あたりで串カツを満腹になるまで食べると結構高くつくんだよね。で、同じ金額払うんだったら串カツよりもビストロとかトラットリアとかに行って、一番安いコース料理頼んだ方がクォリティというか、コスト・パフォーマンスが高いような気がするんだな。

 この日は、この近くの映画館に、見逃した映画を見に来てその帰りに串カツを食べたんだけど、梅田あたりで食べるのに比べたら比較にならないほどコストパフォーマンスは高い。各種メニューか、季節ものとかを除けばすべて105円。メンソールは、飲まないと食べれない、食べないと飲めないという高くつく人間なんだけど、2,000円程度で満足できる。3,000円は食べれないかもしれない。ネタ類は、かなり良いと思う。パン粉は、細かい目で表面はサクサクしてるんだけど、内部はちょっとモチモチしてる。

 ちなみに大阪地元民は知ってると思うけど、ソースが共有皿に入っているので、ソースの二度付けは禁止されている。ソース二度付け禁止を略してソニ禁と言ったりする。それはかなり認知されてる見たいなんだけど、キャベツを箸を使ってソースにつけてはいけないことを知らない人が多いらしい。店内にはそのことを書いたポスターが貼ってあったりする。
 

(店  名) だるま(通天閣店)
(ジャンル) 串カツ
(所 在 地) 大阪市浪速区恵美須東1-6-8
(電  話) 06-6643-1373
(営業時間) 11:00-21:00
(定 休 日) 年中無休
(ウ ェ ブ) http://kushikatu-daruma.com/shop/index.html

コメント (1)   トラックバック (1)

ぶえの(炭火焼鳥&ビオワイン/恵美須町)

2006年05月27日 11時19分23秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 少し前に酒好き&グルメな友人達から誘われたにもかかわらず、先約があって行けなかった店。天王寺あたりは行く機会もあるんだけど、恵美須町というと立ち寄ることはあまりないので、行きたいと思いつつ、延ばし延ばしになってしまっていた。この日は、見逃した映画を新世界国際劇場に見に行ったので、チャンスとばかりに『ぶえの』に突入した。正確には突入したというのは少し違うかもしれない。『魔法のレストラン』での紹介されていた店だし、すでにメンソール友人達からの連絡&評価も聞いていたので、迷わずに行き着けるはずだったにもかかわらず、店の場所が判らない。仕方がないので、店に電話して道案内してもらった。(^^ゞ。

 店はカウンターがメインで8席くらいあるのかな。メンソールは、隠しテーブルも見つけたが…。

 ここへ来れば炭火焼き鶏料理が目当てになるんだけど、同時に目当てになるのがビオワインだったりする。ビオワインは、テーブルに置かれているメニューとは別に、壁に張り出されている。赤白四種類ずつなんだけど、メニューに載ってない隠しワインもあるみたいなので、尋ねてみるのも面白いかもしれない。但し、非常にスモールサイズの店なので、常時隠しワインがあるわけではないと思う。

 メンソールは、皮湯引きとキモ造りをアテにしながらビオワインを飲む。赤白一杯ずつ飲んじゃった。ワインはグラスで600~700円くらい。多少人数がまとまるなら、ボトルでオーダーする方が圧倒的にお得だと思う。そのあたりは、店のメニューを見て確認して欲しい。

 鶏肉炭火焼きの方は、いわゆる焼き鳥のように串に刺したものではなく、皿に盛ってくれるタイプのもの。炭火で焼くので表面が真っ黒になるが、決して焦げているわけではない。それどころか、噛むとほとばしる肉汁がうまかったりする。

 食べたことのないメニューが三品あって、制覇したかったんだけど、すでに別の店で食事を済ませてしまったという事情とかがあったりしたので、店の人と相談して、一番のお勧めの一品をオーダーした。鶏ハラミ肉の炭火焼きなんだけど、牛肉のハラミと同じく横隔膜部分らしい。で、旨い。メンソールは、鶏肉で一番旨みが凝縮されている部位はひね鶏のセセリだと思ってたんだけど、それよりも旨いかもしれない。しかも、セセリほど歯応えがないので、食べるのも楽かも…。いや、この店でセセリの炭火焼きも食べたので、それとの比較なんだけどね。

 気になったメニュー三品の残り二つは、胸トロ肉と、モモ外側肉。胸トロ肉というのは、胸肉の肩関節に近い部分らしい。トロと言うことはサシとかが入ってて脂身の旨みが味わえたりするんだろうか?。モモの外側というのも興味をそそるメニューなんだけど、普通、モモ肉を食べる時には内側とか外側とかを気にしたり区別したりすることはないと思う。わざわざ外側と書いてあるのはどうしてなんだろう。メンソールの記憶としては、牛肉の場合内側の方がサシが少なくて赤身の味を十分に堪能できたりする。ユッケなども内モモ肉だったと思うし…。ということは、外側は脂が乗ってるのかな?。鶏肉好きのメンソールとしては、是非ともリピートして、残り二品も制覇したかったりする。

 ビオワインの方は、グルメ&酒飲みな友人達が言ってたとおりで、若干、刺激というかとげとげした部分があるように思う。ただ、そうしたワインばかりじゃなくて、美味しいと思えるワインもあったので、その後改善されたのかもしれない。結局メンソールは、白一杯、赤五杯飲んでしまって、その上に、梅酒をストレートで二杯飲んでしまったりした。ボトルでオーダーした方が良かったかも、とは思ったりすると反省するのであった。でも、色々な銘柄を飲んでみたいし…。


(店  名) ぶえの
(ジャンル) 焼き鳥&ビオワイン
(所 在 地) 大阪市浪速区恵美須西2-1-1
(電  話) 06-6631-7900
(営業時間) 17:00-25:00
(定 休 日) 日曜日

コメント (1)   トラックバック (2)

かのや篠原(鹿児島料理/平野町)

2006年05月21日 22時38分53秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 行くたびに満席だったり貸し切りだったりと振られ続けた店なんだけど、やっと入れた。メンソールは最初の客で一階のカウンターへ。ちなみに、二階席には座敷があり四階には個室がある。三階には鹿児島物産店がある。

 店名になっている『かのや』は、鹿児島県の鹿屋市に由来している。鹿屋市は大隅半島にあって、その位置関係が似ているので、日本のフロリダとか呼ばれたりもしているらしい。篠原の方は店主の名前から。店主はもとフレンチのシェフだったらしい。

 いきなり焼酎(不二才)のロックではじめる。芋焼酎のみ250種類が取りそろえられている。メニューに載せられていないレアな焼酎もあるので、焼酎にこだわりがある場合は遠慮なく店長に相談すべし。

 フードの方は、名物の『鶏のきいこん』と『三種盛り』をオーダー。きいこんというのはどう説明すれば良いんだろうか。おでんのようなどて焼きのような。どちらにしても、関西風のあっさりダシのおでんからは想像できないほどの濃厚な味。甘みが強いがくどくはない。逆に焼酎に良く合う。三種盛りの方は、豚味噌、生姜の甘酢付け、酒盗なんだけど、豚味噌も生姜もやはり味付けが濃くて甘みが強いという印象を受ける。この味の傾向は、他の料理にも共通していて、メンソールがオーダーした『とんこつ』も例外ではないあった。『とんこつ』というのは豚肉を焼酎を使って煮込んださつまの名物。残念ながらこの日は、地鶏やカツオの造りがなかったのが残念。

 ここで常連とおぼしき客達にメンソールから苦言。常連かもしれんが、店主をつかまえて話し相手にしてどうする。店主を独り占めすると田の客に対する注意力が散漫になるのが判らんのやろか。それから、同伴出勤かなんか知らんが、料理をオーダーする前からタバコ吸うな。この客がタバコ吸い始めてメンソールは席を立ったので、少なくともメンソールの飲食代3,000円くらいは店に損害を与えてるぞ。隣の客がいなければ、メンソールはあと3,000円くらいは食べたということね。一日だけでは何とも言えないけど、料理はうまい視点酒も良い人だけど、常連客に恵まれてない店という印象だな。あの客がいるなら、メンソールは二度と行かんな。でなければ、二階のテーブル席に上がるかだな。


(店  名) かのや篠原
(ジャンル) 芋焼酎&九州料理
(所 在 地) 大阪市中央区平野町4-5-5
(電  話) 06-6226-1810
(営業時間) 16:00-23:00
(定 休 日) 日祝
(ウ ェ ブ) http://www.balnibarbi.com/kanoya/index.html
コメント

豊年(沖縄料理&島唄ライブ/大正)

2006年05月19日 00時01分17秒 | その他
BGMは、Alice in the wonderland by Yakko(http://www.yakko.org/)

 なんというかな、今年のゴールデンウィークは、例年通り世間一般では連休だったんだろうけど、メンソールにとっては怒濤の一週間だった。世間が休んでいてもメンソールは仕事してたし、わずかな休暇も予定が詰まっていたし、ゴールデンウィーク向けにジムの営業時間は短縮されてるしということで、かなり濃密だった。

 今年は日本酒の年と決めてはいるんだけど、この日は気分を変えるために心斎橋へビオワインを飲みに行った。行った先は『パシオン・エ・ナチュール』だけど、こちらは余りにも有名だと思うので、レポートはなし。

 この日は心斎橋から大正へ跳んで、沖縄料理の『はいさい』へ。確か『はいさい』はこのあたりだったはず…、と思って探すが店がない。探し回っても仕方がないので、『豊年』へ。メンソールの記憶では、2004年に今の場所に移転してきたんだったかな。『はいさい』とか『かりゆし』と同じく、座敷があって奥にステージがある。島唄ライブが19:00ごろから始まって、チャージは500円。

 メンソールは焼酎を飲みながら、まずミミガー、続いてラフテー、ナーベラーチャンプルーなどを食べながら島唄ライブを堪能する。ナーベラーというのはヘチマのことね。

やっぱり沖縄料理には泡盛だわな。飲み過ぎて翌日辛かったけど…。


(店  名) 豊年
(ジャンル) 沖縄料理
(所 在 地) 大阪市大正区三軒家1-11-4
(電  話) 06-6553-0781
(営業時間) 17:00-24:00
(定 休 日) 不定休

コメント

トライベッキア(USフレンチ/北新地)

2006年05月16日 21時07分26秒 | その他
 ニューヨーク&カリフォルニアのフレンチレストランで修行した川田シェフによるアメリカンなフレンチ。ちゃんこダイニングの『若』やバー『川口』が入っているのと同じビルにある。

 コースメニューは良くあるAコース、Bコースという呼び方ではなく第一メニュー(3,500円)、第二メニュー(4,000円)という風になっている。第三メニュー(5,000円)もあるが、こちらはシェフのお薦めコースで要予約となっている。

 メンソールの前菜は、帆立貝柱と鮭のマリネ、クスクス添えというもの。帆立貝柱と鮭の切り身は、見ればわかるけど、センターに置かれていたクスクスが食べてみるまで判らなかった。なので、口に入れてから意表をつかれたという感じ。

 次がスズキの香草バター焼き。ブルーベリーソースと間違いそうな色のソースがかけられていて、これが甘みが利いていて美味ではあるんだけど、どうしてこんな味になるんだという疑問の方が頭の中で暴れ出す。不味いということじゃないんだよ。かつて味わったことのない味。十分の甘みとその中に垣間見えるスモーキーなフレーバーが何とも言えないハーモニーを奏でてくれる。但し、好き嫌いの好みは別れると思う。

 メインが安濃牛のサーロイン炭火焼き、炭火の香りがして、これに有機野菜が添えられている。かけられているソースはケイジャンの本領発揮のルイジアナソース。ルイジアナソースというのは、カイエンペッパーとかも使ってあって辛いんだけど、同時にコーンシロップなんかもふんだんに入ってて、甘辛い。タイ料理なんかで出てくるスィートチリソースと同じような感覚になるのかな?。

 最後は、デザート&コーヒーで締め。

 どう表現すればいいのかな。未知のものが好きで刺激を受けたい人にはお勧めだけど、好き嫌いは別れると思う。フロアのサービスが、それほどこなれてなくて、なんか可愛いといった感じ。形式張ったと言うよりは、気軽なサービスをしてくれる見あせ。メンソールがバクバク食べるからか、コースには入ってない一皿をサービスしてくれたりした。パンに添えられているバターは自家製のもの。ノーマルなバターとハイビスカスの花をワインに付け、バターに練り込んだイビスカスバターの二種類が用意されている。

 それと、価格設定がリーズナブルだ。通常4,000円のコース料理をオーダーするとワインと合わせて、サービス料やチャージがついて7,000円以上ということは良くあるけど、今回は5,000円くらいだった。



(店  名) トライベッキア
(ジャンル) アメリカンフレンチ
(所 在 地) 大阪市北区堂島1-4-2 ビールディング北新地五階
(電  話) 06-6341-4466
(営業時間) 11:30-13:30、17:30-22:00
(定 休 日) 土曜日のランチ、第一&第三土曜日、日曜、祝日
(ウ ェ ブ) http://www.tribekiya.com/
コメント