大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

串やき まつ屋(ハイハイタウン店)/串焼き/上本町

2020年06月30日 07時45分00秒 | 
 串焼きのまつ屋といえば、鶴橋の高架下に店舗を構える老舗の名店なんですが、上本町のハイハイタウンにも店が出来たとの情報を得たので、行ってきました。
 
 まずは、店構えです。




 長芋のナムルです。病みつきになるか、リピーターになるかのどちらかだそうです。



 
 ミノ刺身にしようかと思ったんですが、センマイの方をオーダーしてしまいました。



 
 アゴ肉、コリコリ、ツラミ、アカセンなど、5種10本です。





(参考)
串焼き まつ屋(ハイハイタウン店)
コメント

肉バル DENNER-ROIN/肉バル/上本町

2020年06月18日 07時21分52秒 | 
 新型コロナ騒動で中止になっていた月例の未開が再開されることになりました。今回の画像は、5,000円のコース(飲み放題付き)からです。
 
 お任せ三種前菜盛り合わせ。




 海老とキノコのアヒージョ



 
 山村さんが誰なのかは分かりませんが、山村さんちのハンバーグという料理名です。



 
 海老のトマトクリームパスタ。



 
 特製テンダーロイン



 
 デザート



 
  
 もっと、肉料理がたくさん食べたかったです。コースではなくて単品オーダーにして、ビフカツとかハラミステーキとか食べたカットは思ったんですが、そうすると、当然金額は跳ね上がるので、痛し痒しというところなんでしょう。とは言いつつ、シャトーブリアンが1,980円(120グラム)とか、サーロインステーキが1,780円(120グラム)だったりするのはお得だと思います。客層も、思ったよりは若くて、グループでの利用が多かったように思います。デザートのケーキは美味しかったので、見つけたらオーダーして下さい。
  
  
(参考)
肉バル DENNER-ROIN
コメント

てが利/串焼き肉&串ホルモン/玉造

2020年02月13日 20時29分56秒 | 
 なぜか、突然に蛋白質の不足を感じたので、玉造駅近くにある串焼き肉&串焼きホルモンの『てが利』に行ってきました。
 
 串カツとか串揚げと言ったものは、写真を撮ってもほぼ同じにしか見えなかったりするので、画像を載せることはあまりないんですが、今回はチャレンジとして、全品目の写真を掲載します。なお、後半は酔っ払いですので、解説が出来ないものもあったりします。
 
 入店したら、まずはドリンクをオーダーして、一番最初にオーダーするのは『あごすじばくだん』が良いよとお勧めがあったので、『あごすじばくだん』です。




 説明の必要はないと思いますが、『生センマイ』です。



 
 『ハラミ』です。



 
 これは忘れました。何だっけ?。(^^ゞ。



 
 『ウルテ』です。



 
 『丸腸』です。



 
 『バラ』です。



 
 これまた説明の必要はないと思いますが『はちのす』です。



 
 これも覚えてません。(^^ゞ。



 


(参考)
串焼肉・串焼きホルモン てが利
コメント

炭焼あきない/焼肉、河豚/上本町

2019年11月24日 09時47分10秒 | 
 遠方より客人がありまして、焼肉が食べたいとのことだったので、いくつか候補を示したところ、一番興味を持ってくれた店に行くことになりました。
 
 オーダーは任せると言うことだったので、盛り合わせ(ロース、バラ、カルビ、ハラミ)にしました。




 焼いてる中です。



 
 次はハラミにしました。一つ100グラムくらいとのことです。



 
 焼いてる中です。表面が焼けたら、ハサミで細かくしてさらに焼く感じです。



 
 すだち冷麺です。



 
 旨かったです。再訪必至ですかね。二階席もあるんですが、掘りごたつ式ではないようなのが、ちょっと残念かもしれません。
 

【店名】炭焼あきない
【ジャンル】焼肉、河豚
【所在地】大阪市天王寺区上本町6-7-22
【営業時間】17:00-23:00
【連絡先】06-4967-0711
【定休日】不定休
【席数】38席
【カード】可、電子マネー不可
コメント

嬉野/焼肉/兎我野町

2019年09月22日 11時49分11秒 | 
 最近、お誘いを受けることが多いのはどうしてなんだろうと思いつつ、兎我野町にある焼肉の『嬉野』に言ってきました。知っている人は知っていると思いますが、この界隈はファッションホテル群が林立しています。
 
 こちらが、突き出しで出されたスモークタンです。




 五種盛り合わせ。



 
 部位の名前は忘れましたが、血管の近くらしいです。なので、かなりのコリコリ感を期待したんですが、普通に肉の食感で、固くはなかったです。



 
 定番のハラミ。



 
 定番のアカセンマイ。



 
 定番の冷麺。



 
 誕生日には肉ケーキというメニューがあったり、タンの花束というメニューがあったりします。


【店名】嬉野
【ジャンル】焼肉
【所在地】大阪市北区兎我野町11-14 イチフジビル一階
【電話番号】06-6948-8895
【営業時間】17:00-24:00
【席数】35席
【定休日】なし
【カード】可(VISA、MASTER、JCB、AMEX)、電子マネー不可
コメント

要/和牛料理/本町

2019年09月06日 21時37分24秒 | 
 なかなかよさげな店があるというのは知ってたんですが、機会を得たので行ってきました。まさかこんなに迷路のような、巨大な店だとは思いませんでしたが、逆に密会してる感を味わえるような気がします。
 
 まずは突き出しですが、フワ(肺)だそうです。いや、旨かったです。これとビールだけでも幸せな気分になれたかもしれないなと思ったりはしました。




 焼肉やもつ鍋のメニューもあるんですが、今回はステーキ系のメニューを中心にオーダーしてみました。まずはイチボとラムシンです。



 
 ステーキ系第二弾のオーダーはマルシン、もう一つは千本筋という部位らしいですが、画像が行方不明になりました。(^^ゞ。

 メンソールは、ツラミが好きなので、お約束のツラミです。



 
 牛肉の握りです。



 
 これは、レジカウンターにあったパンダなんですが、お客さんの忘れ物だそうです。可愛いので、ボーナスショットと言うことで…。





【店名】要
【ジャンル】和牛料理
【所在地】大阪市中央区南久宝寺町4-3-1
【電話番号】06-6258-0036
【席数】150席
【営業】11:30-14:00(月~金)、17:30-23:00(月~土)
【定休日】日祝、ゴールデンウィーク、盆、年末年始
【カード】可
【電子マネー】不可
【喫煙】分煙
【ウェブ】http://www.kantekiya.jp/wagyu_kaname.html
コメント

トミヅル 蒲生四丁目店/焼肉/蒲生四丁目

2019年06月20日 21時57分03秒 | 
 『富鶴』と言えば、言うまでもなく京橋にある焼肉ともつ鍋の名店ですが、その味が、蒲生四丁目でも味わえると言うことで、行ってきました。
 
 まず、店構えなんです。




 町家風の店内なんですが、ロースターの煙でもうもうとなっているところに、日が傾きかけて、いわゆる天国への階段がうっすらと見えている様子です。




 ナムル盛り合わせです。



 
 胡麻の葉。



 
 焼きしゃぶろース、おろしポン酢(2,400円)です。正直、これだけで満足できます。これ以外にも食べましたけど…。



 
 チレさしです。



 
 ハラミ、ツラミ、てっちゃんです。メンソールの定番三点セットです。



 
 生搾りレモンチューハイです。最近、流行なんですかね。



 
 

(店  名) トミヅル 蒲生四丁目店
(所 在 地) 大阪市城東区今福西1-6-21
(電話番号) 06-7164-1631
(営業時間) 11:30-13:45-16:00-23:00(月~日)
(定 休 日) 不定休
コメント

チエちゃん/モツ串焼き、モツおでん/上本町

2019年05月06日 15時16分49秒 | 
 上本町のハイハイタウンに新しくできた店で、ほぼ隣にある海鮮系居酒屋の姉妹店らしいです。こちらの店は、モツの串焼きとおでんが売り物になってます。店名は、ご存じの『じゃりんこチエ』から来てるものと思われます。
 
 まず突き出しの水キムチです。



 
 串の盛り合わせをオーダーしたんですが、店内の混み具合からたぶん、多少の時間はかかるだろうと思ったので、馬刺しをオーダーしました。



 
 で、もう一品。ポン酢系です。酸味は胃を刺激してくれるので…。



 
 ビールはアサヒの『マルエフ』です。アサヒの主力商品と言えば、たぶん『スーパードライ』だと思うのですが、発売からすでに30年が経ちました。『スーパードライ』が出る前のビールがこの『マルエフ』なんですが、実は『マルエフ』は、商品開発コードネームだそうです。30年目にして、復刻販売と言うことでしょうか?。味わいは『スーパードライ』と似てはいますけど、ホップの味わいが感じられて、個人的にはこちらの方が好きです。余談ですが、『スーパードライ』の商品開発コードは『FX』だったらしいです。『スーパードライ』発売の2年後だと記憶してるんですが、アサヒビールは第二段の『スーパーイースト』を発売します。良いビールだったんですが、売り方が難しかったんでしょう。たぶん、廃版になってしまったと思います。



 
 串(1)



 
 串(2)



 
 ちょっとおでんも頼みたくなったので、モツ巾着です。



 
 これは日本酒の出汁割りです。ワンカップの熱燗が出されて、少し飲んでからおでんの出汁を入れてもらいます。珍しいものはオーダーしてみるというクセがあるからなんですが、感覚的には、ウォッカをビーフブイヨンで割る『ブルショット』というカクテルが近いんじゃないかと思います。従って、基本的には食前酒と考えた方が良いでしょう。ワンカップ以外の、純米酒とかで、これの半量くらいだったら手頃だと思うんですけど、どうでしょうかね。



 
 次はセンマイシリーズです。第一段は生センマイ。正確には湯引きセンマイです。



 
 第二段、おでんです。煮センマイですね。



 
 第三弾。焼きセンマイです。個人的には焼きが一番好きです。




 最後の一串。かなり満腹です。





(店  名) ちえちゃん
(所 在 地) 大阪市中央区千日前1-4-2
(電話番号) 06-6213-5148
(営業時間) ?
コメント

米沢鶏肉店/焼き鶏&ワイン/鶴橋

2019年05月05日 10時09分18秒 | 
 素敵な焼き鳥屋があると言うことは聞いていたんですが、鶴橋の商店街の中にあるんですが、地元民でもたどり着けないようなところにあります。行き着けたらラッキーと言うことで…。
 
 さて、店構えです。一階には道路に面したカウンターが数席あるのみで、二階がテーブル席になっています。




 鶏肉は、自分で焼くタイプで、テーブルにはコンロが置かれています。メニューはすべて300円程度ですが、串二本分くらいの量と思えばいいのではないかと思います。希少部位も色々あったので、まずは喉笛をオーダーしていました。声帯だという説明でしたが…。



 
 こちらはずりくちです。ズリは砂嚢ですが、その手前にある胃の部分という説明です。ズリとは違って柔らかいミノっぽい味わいです。



 
 ワインも色々と揃っているんですが、個人的な好みでシラー&カベルネで選んでみました。これは2,000円のボトルですが、かなりお得ではないかと思います。



 
 分かりにくいところにある割りには、人気の店のようで、予約はした方が良いみたいです。問題は、行き着けるかどうかですが…。
 


(店  名) 米沢鶏肉店
(所 在 地) 大阪市東成区東小橋3-20-22
(電話番号) 080-4233-4238
(営業時間) 11:00-21:00
(ウ ェ ブ) https://www.facebook.com/search/str/%E7%B1%B3%E6%BE%A4%E9%B6%8F%E8%82%89%E5%BA%97/keywords_search
コメント

焼肉美食亭いわや/焼肉/蒲生四丁目

2018年02月26日 16時51分43秒 | 
 若かりし日は、食費を浮かすために白肉系を主体にオーダーしたもんですが、最近は、店で出してくれる最高級の肉を一種類、食べるだけで良いかなと思ったりするようになりました。その方が安いですし…。

 と言うことで、メニューの一番最初に乗っていた、お勧めの三種盛りオーダーしました。後から考えれば、五種盛りにすれば良かったかなと思ったりはしました。



 
 焼肉と言えば、お約束のキムチ盛り合わせ。



 
 こちらは、メンソールの好みではないんですが、野菜焼きです。メンソールとしては、韓国風に、チシャとか胡麻の葉で巻いて食べる方が好きです。



 
 サラダです。



 
 これはさがり。



 
 これはツラミですが、なかなかセクシーな盛り付けでした。







(店  名) 焼肉美食亭 いわや
(ジャンル) 焼肉
(所 在 地) 大阪市城東区中央1-13-18 角屋がもよんびる五階
(電  話) 06-6933-4129
(営業時間) 11:00-15:00、15:00-23:00
コメント

らむ屋/羊肉焼肉/日本橋

2017年12月25日 21時53分37秒 | 
 メンソールは羊肉が大好きなので、早速、行ってきました。人気の店のようなので、予約はした方が良いです。
 
 お勧めに従って、まずはジンギスカンをオーダーしました。こちらは、ラムのもも肉です。




 
 調理中です。



 
 追加は肩ロース。メンソールは、マトンでもそれほど臭みを感じないので、加えてマトンロースをオーダーしてみました。






 珍しいメニューもたくさんあったので、胃の容量が揺する限りオーダーしました。まずは、胸腺。いわゆるおっぱいです。



 
 これはラムタン。ラムのタンです。コリコリ感は牛タンよりもある感じです。



 
 ラムのステーキとか、ラムハツ(心臓)とか、レバーステーキとか、腎臓、気管とかのメニューもありました。T-ボーンステーキというのがあったので確認してみたんですが、ひつじのT-ボーンだそうです。次回は必ずオーダーします。



(店  名) らむ屋
(ジャンル) 羊焼肉
(所 在 地) 大阪市中央区千日前1-6-1 山喜登会館二階
(電  話) 050-5593-6457
(営業時間) 18:00-29:00
(定 休 日) 水曜日
(予  算) 5,000円~10,000円
(カ ー ド) 不可
(席  数) 8席
(ウ ェ ブ) http://ramuya-osaka.jp/
コメント

溺れる牛/焼肉/谷町四丁目

2017年12月19日 10時43分05秒 | 
 焼き肉よりはステーキが好きです。なんとなくなので、理由はないですが、それはさておき、このところと言えば、一枚からオーダーできる焼き肉屋に代わって、200グラム売りの焼き肉屋が増えてきているような気がします。一枚から食べられるというのは、多品種が食べられて、特に希少部位がリーズナブルに食べられてお得なような気もするんですが、結局のところトータルで食べる量が変化するわけではなく、割高感があったりもするわけです。それに対して、200グラム売りだと、しっかりと、その部位が味わえたりします。このあたりは好みだとは思いますが、メンソール的には、200グラム売りの方が良いような気がします。
 
 さて、今回は堺筋本町にできた『溺れる牛』にいってきました。グランドオープニングは2017年05月らしいです。牛肉に溺れて欲しいということからのネーミングらしいです。オーダーは初回200グラムですが、二回目からはハーフでもOKです。お勧めは日替わりのものとハラミがある様です。

 まずはキムチの盛り合わせですが、右下はらっきょのキムチです。メンソールはらっきょが好きというか、健康のためにらっきょがメニューにあるとオーダーする癖があるので、嬉しい限りです。




 肉の方ですが、まずはお勧めのタンです。



 
 こちらが日替わりのお勧め肉なんですが、ミスジです。二種類あって、奥にあるのが通常のミスジ、手前にあるのは裏ミスジらしいです。味わいが全然異なります。




 追加でオーダーしたのがツラミ(ハーフサイズ)です。



 
 やっぱり、ステーキにしても焼き肉にしてもガッツリ系が良いなと思うメンソールでした。次回は、看板のハラミも食べなければ…。


(店  名) 溺れる牛
(ジャンル) 焼肉
(所 在 地) 大阪市中央区徳井町1-3-13
(電  話) 050-5225-3330
(営業時間) 17:00-23:00
(定 休 日) 日曜日、第一週月曜日
(予  算) 5,000円くらい
(カ ー ド) 可(VISA、MASTER、AMEX)
(席  数) 12席(カウンターのみ)
(ウ ェ ブ) https://www.instagram.com/oboreru.ushi/
コメント

焼肉やっちゃん 分店/焼肉、ホルモン/十三

2017年11月05日 10時22分09秒 | 
 この日は、十三に観劇に来て、帰宅前に久しぶりに十三で飲んで帰ろうと言うことで、立ち寄ってみました。実は、この店に入るまでにも紆余曲折があったんですが、詳細は省略します。
 
 お勧めは上タンと上ハラミということだったので、お勧めに従ってそれらをオーダーしました。それぞれ、2,200円で、ちょいと高い目な値段設定のような気もするんですが、一人前200グラムなので、それほど高いというわけではないです。ハーフサイズでもオーダー可と言うことだったので、今回はハーフでオーダーしましたが、フルで食べた方が楽しいかもしれません。

 まずは、白菜キムチ(380円)をオーダーしました。ソース皿には中央につけダレ、右側にはレモン汁が入っています。右上はサービスのキャベツです。




 こちらが上タン。レモン味です。




 こちらが上ハラミです。ワサビ醤油味も洗濯できたんですが、今回はタレでお願いしました。



 
 こちらは上ツラミ、塩味です。1,800円ですが、ハーフでオーダーしたので、多分900円でしょう。メンソール的にはこれが一番気に入ったので、アカセンマイとかホルモンミックスとかもオーダーしたかったんですが、次回しですかね。ただ、次回はいつ十三に来れるのかが心配なんですが…。



 
 


(店  名) 焼肉やっちゃん 分店
(ジャンル) 焼肉、ホルモン
(所 在 地) 大阪市淀川区十三東2-6-15
(電  話) 080-3858-4129
(営業時間) 17:00-24:00
(定 休 日) 日曜日
(予  算) 4,000円くらい
コメント

THE COSMOPOLITAN/ステーキ、ダイニング/グランフロント南館

2017年06月26日 23時22分15秒 | 
 グランフロント大阪、南館にあるステーキハウス『THE COSMOPOLITAN』に行ってきました。もう少しシックで落ち着いた感じかと思ってたんですが、テーブル間隔はそれほど余裕があるわけではないし、ちょっと騒がし目だったです。あと、弱点としてはサービス・パーソンのアウェアネスがちょいと弱い印象です。味も良かったし、サービス自体は悪くないので、弱点がちょっと目だったという感じでしょうか?。
 
 さて、メンソールはシーズンというコース(6,000円)をオーダーしました。まずはアミューズのズワイガニのクラブケーキです。左側に見えるのはマンゴーのサルサ。添えてあるのは、説明しなくても良いと思いますがミントです。蟹のみがぎっしりと詰まっていて、蟹好きにはたまらないと思います。



 
 前菜は三種類用意されていて、その中から選べるんですが、メンソールはみつせ鶏のソーセージ、鉄板焼きをオーダーしました。左側に見えているのはグリーンピースのリゾット。説明しなくても良いと思いますが、蓮根チップス。見えにくいと言うか見えてませんが、バルサミコを使ったソースが使われています。ちょっと画像に違和感を感じるのは、この皿が縦長だからだと思います。ティルト&シフトのレンズを使っているわけではないので、奥の方にピントが合ってません。もともとメンソールは、できるだけ料理に接近して撮影するので、被写界深度は深くないんですが…。


 

 メインですが、ニュージーランド産のリブアイ(280グラム)にグレードアップしました。他にも和牛ランプステーキ(200グラム)、特選熟成肉(200グラム)、特選国産フィレ(200グラム)、特選国産サーロイン(280グラム)などにグレードアップは出来ますが、追加料金が必要になります。熟成肉は興味があったんですが、久々のステーキなので、脂身をしっかりと楽しみたいと言うことで、リブアイにしました。




 デザートです。左側に見ているのはヌガー、右側に見えているのはタルトです。中央についても説明は受けたんですが、この頃はすでにワインを一本開けて単なる酔っ払いとなっているので、翌日には忘れてしまってました。


 
 

(店  名) THE COSMOPOLITAN
(ジャンル) ステーキ、ダイニング
(所 在 地) 大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪南館九階
(電  話) 06-6147-7700
(営業時間) 11:00-23:00(日~木)、11:00-24:00(金土)
(定 休 日) 無休(グランフロント大阪の休館日に準ずる)
(予  算) 10,000円くらい
(ウ ェ ブ) http://thecosmopolitan.jp/
コメント

炭火とワイン/ビストロ、肉、バル/福島

2017年06月19日 13時31分12秒 | 
 割引券をいただきましたので、行ってきました。
 
 まずは、サラダですが、こちらはお代わりが自由です。画像はありませんが、自家製のドレッシングが添えられています。




 お勧めのカルパッチョです。



 
 おおいた豊後牛、オレイン酸55%だそうです。




 チョリソです。



 
 枝豆ですが、オリーブオイル、唐辛子で炒めたものです。



 
 大阪河内鴨の炭焼きコンフィです。




 アラビアータです。ペンネでないところが珍しいところです。ソースは、旨辛、激辛、控えめなどから選ぶことが出来ます。





 看板の肉料理はおいしいですし、コストパフォーマンスは良いです。グラスワインのイメージを表すためだと思うんですが、芸能人の名前が添えられているのが良いです。メンソールは、箕輪はるかから有村架純まで、グラスで提供されているワインはすべて飲みました。

(店  名) 炭火とワイン
(ジャンル) ビストロ、バル
(所 在 地) 大阪市福島区福島7-11-51 福ろうじ一階
(電  話) 06-6442-3110
(営業時間) 17:00-25:00(月~木、土日)、17:00-27:00(金)
(定 休 日) 無休
(予  算) 5,000円くらい
(ウ ェ ブ) https://www.facebook.com/sumibiandwine/
      https://www.instagram.com/sumibitowine_fukushima/
コメント