大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

スパイスカレーまるせ/カレー/中津

2018年04月20日 13時36分45秒 | カレー
 二日酔いの日はカレーなんですが、今回は中津にある『スパイスカレーまるせ』で、全盛りカレー(三種盛り&フライドエッグ)をいただきました。この日のカレーは、ポークキーマカレー、チキンカレー、グリーンカレーです。




 カレーは単体なら800円。三種盛りなら400円プラス。フライドエッグは100円プラスです。

(参考)
スパイスカレーまるせ
コメント

ノムソンカレー/カレー/日本橋

2018年04月20日 13時24分56秒 | カレー
 二種類のカレーが食べられる二種盛りカレー、通称、相乗りがポピュラーでお得なんですが、何と三種盛りカレー、通称、三角関係カレーが登場しました。



 
 デザートに雪花氷をいただきました。台湾のデザートとして有名なのはマンゴー味ですが、今回はナッツ&チョコレート味です。





(参考)
ノムソンカリー
コメント

オービカ(梅田店)/モツァレラバー/梅田

2018年04月13日 22時22分15秒 | イタリアン
 日本初の、水牛モツァレラチーズの専門店があるとのことで、行ってきました。モツァレラバーと言うことになってますが、なかなか素敵なイタリアンが味わえたりします。
 
 まずは、モツァレラですが、三種盛りです。左がクラシカと呼ばれる一般的なもの、中央は燻製にしたものでフッカアミータ。燻製と言えば、桜や楢のチップを使いますが、このチーズは小麦の藁で燻製にするらしいです。したがって、桜や楢のチップを使ったものよりも薫香は控えめです。歯ごたえは、かまぼこな感じです。右はクラシカとプーリア産のクリームを加えたものです。




 こちらはパンです。



 
 これはサラダですが、ワイルドサーモンとスモークケッパーベリーです。



 
 ピッツァ・タルトゥーフォ。トリュフをふんだんに使ったピッツァです。当たり前ですが、これほどふんだんにトリュフが乗せられていると、トリュフの香、味わいは素晴らしいものがあります。



 
 アスパラガスと小エビのバジルペーストのパスタ。麺はマファルデと呼ばれる波形の幅広麺です。



 
 牛リブロースのタリアータ。焼いた牛肉を皿に盛り付けるというシンプルなイタリア料理です。



 
 ドルチェのトラディショナルティラミスです。



 
 
 

(店  名) オービカ(梅田店)
(ジャンル) モツァレラバー
(所 在 地) 大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZAENT五階
(電  話) 050-5592-8314
(営業時間) 11:00-15:00、17:00-23:00(平日)、11:00-16:00、17:00-23:00(土日祝)
(定 休 日) 不定休。ハービスENTに準ずる
(カ ー ド) 可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
(ウ ェ ブ) http://obica.jp/umeda/
コメント

空(堀江店)/大阪産料理/四つ橋

2018年04月13日 20時30分19秒 | 居酒屋系(日本酒&焼酎)
 『大阪産』と書いて『おおさかもん』と読みます。大阪の食材と酒に特化した店です。系列店に、炉端焼きや沖縄料理の店もあるようです。また、大阪産料理の店としては、堀江店以外にも船場女将小路にも店がある様です。
 
 日本酒メニューの中に、磯自慢があったので、大阪産ではない日本酒が置かれていると行ってみたんですが、オーナーの出身地だそうで、これだけは例外だそうです。
 
 まずは、突き出しのブリ大根です。




 酒のアテとして、エビの糀漬けです。うまいんですが、酒の減りも早くなるのは困ったところです。



 
 造り盛り合わせ。



 
 ガシラの姿揚げ。予想したよりもボリュームが多かったので、ここでも、大量に日本酒を消費してしまいました。



 
 看板娘です。ウェブで公開することに関しての許可は得ています。持っているのは、立春に搾った酒で、限定品だそうです。



 
 チーズ。



 
 茄子の煮浸し。



 
 だし巻き玉子。



 


(店  名) 空(堀江店)
(ジャンル) 大阪産料理
(所 在 地) 大阪市西区北堀江1-1-27 イマイビル一階
(電  話) 050-5868-5081
(営業時間) 11:30-14:00、17:00-23:00(月~金)、16:00-23:00(土日祝)
(定 休 日) 日曜日
(カ ー ド) VISA、MASTER、JCB
(ウ ェ ブ) http://www.t-k-kikaku.co.jp/sora/shop01.html
コメント

東京泡餃子(福島店)/餃子/福島

2018年04月07日 18時43分09秒 | チャイニーズ
 このところ、創作餃子を食べることが多いので、その路線で走ろうと言うことで、今回は『東京泡餃子(福島店)』にやってきました。

 タレ皿です。なぜ『泡』なのかという疑問はあるんですが、とにかく入店です。



 
 まずは、あて盛り合わせをオーダーしてみました。餃子は、それほど待つこともなく出してくれるので、餃子を全メニュー制覇したい場合は、控えて置いた方が良いかもしれません。



 
 まずは、もっちりジューシーな水餃子です。最近、本場タイではパクチーをサラダみたいに山盛り食べることはしないと言った事実を知ったりしました。画像からも分かるとは思いますが、辛口の仕上がりになってます。




 上が生姜餃子です。さらの左側に添えてあるのは生姜の千切りです。その左側の小皿に入っているのは、梅風味の酢の泡です。この泡になった調味料につけて食べるので、泡餃子と言うことなんでしょう。下は肉餃子、さらの左側にあるのは粉末の辣油。左側の小皿に入っている泡が、餃子のタレです。



 
 こちらは、ニラ玉チーズ餃子です。これにも専用の泡調味料がつくのかと思ったんですが、そうではないようです。



 
 キムチとチーズのタッカルビ餃子です。餃子の中身が鶏肉なのかどうかについては確認できませんでした。



 
 全メニューを制覇したかったんですが、そろそろ限界と言うことで、最後の一皿に選んだのは鴨とオレンジの焼き餃子です。もはやフレンチの盛り付けです。黄色いものはオレンジを摺り下ろしたもの。そしてバルサミコですね。



 
 他にも、ゴルゴンゾーラパウダーの焼き餃子とか、サム"餃"プサルとかあって、さらには〆の極細ラーメンもトライしてみたかったんですが、次回に持ち越しとなりました。
 

(店  名) 東京泡餃子
(ジャンル) 創作餃子
(所 在 地) 大阪市福島区福島7-5-20
(電  話) 06-6131-8548
(営業時間) ?
(定 休 日) ?
コメント

アアベルカレー/カレー/九条

2018年04月04日 14時41分38秒 | カレー
 いつもは昼食は食べないんですが、食べるときはカレーが多いです。
 
 今回は、九条駅近くにある『アアベルカレー』に行ってきました。人気の店だと言うことで、行列ができているかと思ったんですが、すんなりと入れました。
 
 メニューは、アアベルチキンカレーと、アアベルチキンカレーと週替わりカレーのあいがけをオーダーしました。スパイス玉子も追加です。
 
 右側がチキンカレー、左側が週替わりのホタテ稚貝と菜の花のマサラです。他には、パパドに乗せられたダル。カチュンバル(スパイシーサラダ)、ライタ、アチャールが乗せられています。ライスはターメリックライスですかね。




(参考)
アアベルカレー
コメント