goo

難しい問題から手を引く


過去問を解いていると、どうしてこんなに難しいんだ?と思える問題にぶつかることがあるかもしれません。

で、これまでは、それを一所懸命掘り下げていたりしたわけですが、そろそろもういいでしょう。

まだ、掘り下げてもいいのだけれど、子どもたちもだいぶ力をつけてきている。

つけてきているこの段階で、これは難しい、大変だ、と思える問題というのは、やはり相当難しいのだと思うのです。

だから、できる子は少ない。

できたら大したものだろうが、入試の合否に関わる大きな問題であるか、といえばそういうことではないでしょう。

入試というのは僅差の勝負だから、自分が取れる問題を落とすことで失敗することが多いのです。

だから、そろそろ難しい問題からは手を引いていい。

あ、これは難しい、と思ったら、自分ができる問題に移る。この見極めはそろそろ重要になってきます。

もちろん、何でも手を引いてはいけませんが…

=============================================================
今日の田中貴.com

自由記述の問題
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

普通部の面接形態
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« この答えは納... 骨を折る子 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。