goo

過去問はなぜ早い方が良いのか

過去問をやる時期は塾によっていろいろです。

早い塾もあれば、遅い塾は11月、12月というところもあります。まあ、塾としてはなるべく全員に同じことをさせた方が塾サイドは合理的です。全員が違うことをやると、それに対応する先生の力が問われるところがあるので、ぎりぎりまで同じことをさせたい。

結果として、いったい何が出るのか、ということはあまり重視しないから、対策が異様にふくれあがる部分があるのです。

で、やはり過去問は早く始めた方が良いでしょう。塾の方針と違って構わない。我が子の受験ですから、我が家の方針で構わない。

いったい何が出て、どう対策をしなければならないのか、しっかり研究すべきです。

そして具体的に何をやればいいのか、明確になるから、準備が効率的になる。だから早くやるべきなのです。

ところが「早くからやっても良い点が取れないと自信をなくすから」という先生がいます。

この時期、最初から過去問がスイスイできるわけではありません。

だからこそ、研究する意味があるのです。

この問題からどうやって合格点を取るのか。これからはそこに視点を絞って勉強を続けていきましょう。




New!!フリーダムオンラインからのお知らせ

夏期講習のお知らせ






New
2021 合格手帳 5年生用夏休み特集号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用夏休み特集号のお知らせ






今日の田中貴.com
第490回 子供のすることだから完璧にはいかないが

算数オンライン塾
7月15日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 子どもは突然... 長い拘束時間... »