goo

すべての学校の過去問が準備できるとは限らない

多くの子どもたちの平均的な受験校は6校。さらに、1月のお試し受験までいれると7校ぐらいになります。

7校で10年分、4教科として計算すると1回やるだけで280教科です。

9月1日から2月1日まで、153日。1日1科目でも追いつきません。しかも、今、子どもたちの通塾日は増えているはずですから、家で過去問をやる、という時間は一気に減っているはずなのです。

だからすべての学校の過去問の準備ができる、とは限りません。

1~2年分やっただけで受けるという場合もあるでしょう。ただ、当然のことながらこの対策には濃淡があってよい。

第一志望、。第二志望というところはやはりしっかりやるべきでしょうし、併願校でも安全校やお試し受験はまあ、そこまでできなくても良いでしょう。

いずれにしても何をどのくらいやるのか、しっかり計画を立ててやっていく必要があります。ただ問題を解けばいいというわけではなく、間違えた問題はしっかりとやり直し、傾向を捉えていかなければなりません。

夏休みが終ったばかりですが、もう次のステージに進んでいますので、予定を組んで確実に進んで行きましょう。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳を差し上げます。


今日の田中貴.com
私学は英語既習クラスをつくるべき

6年生の教室から
落ち着いて勉強する空間

慶應進学館から
慶應湘南、活動報告書のフォーマットが変わりました。

4年生の保護者のみなさまへ 
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 目的意識が上... 合格偏差値が... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。