goo

なぜこの練習をするのか


スポーツの世界では、以前は指導者がやれと命じたことを黙々とこなしてきた、という印象が強かったのですが、今は、なぜこの練習をやるのか、選手自身がいろいろと考えるようになった。

これは科学的にいろいろなことが解明されてきたことと、動画などの記録ツールや情報処理技術が進んで、考えた方がむしろ効率良く強くなれる、上手になれるということがわかってきたからです。

例えば身体の動きについて、どの筋肉をどう鍛えればいいのか、ということが議論されてくるようになった。昔は体幹なんて言葉はまず聞いたことはなかったと思いますが、今はそういう練習を取り入れている選手が圧倒的に多い。

ところが、どうも受験の世界はそういう変革があまり起きていない。

問題をたくさん解けば良い、長く勉強をすれば良い、という風に考えられているところがあるのです。

長く勉強するというのは、本当に正しいのだろうか。

運動をすれば当然疲れが出てきて、乳酸がたまる。サッカー選手も後半、足がつる。彼らはものすごく鍛えていてもそうなるのです。勉強も同じで、目も疲れるし、頭脳も疲れる。

だから勉強すべき良い時間に、短時間にやるべき勉強をしっかり進めることが大事なのです。

今やっている練習はなぜ、やるのか。子どもたちはわかっているでしょうか?

ただやりなさい、ではいけない。この勉強をすることで、何ができるようになり、それはどんな試験に対して有効なのか、それを説明してあげないと、子どもたちだってがんばれないでしょう。

そろそろ根性論からは脱すべきではないか、と思っていて、だから学習履歴のデータを使ったやり方を実践しているのです。

フリーダム進学教室 無料体験登録はこちらから


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第6回 田園調布学園

今日の田中貴.com
第337回 コントロールしようと思わない

5年生の教室から
ミスを減らす魔法の言葉

中学受験 算数オンライン塾
8月10日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 秘めている可能性 やりたいこと... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。