崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

小倉紀蔵教授の『朝鮮思想全史』

2017年11月22日 05時35分27秒 | 研究業績

 小倉紀蔵教授の『朝鮮思想全史』を手にして数日、「朝鮮(韓国)はすごいんだよ、朝鮮人(韓国人)はすごいんだよ」という最後の文まで至った。本当に「全史」なのか、実に本当に全史であった。本書を書くにはどのくらい年月がかかったのだろう。ただ寄せ集めではなく、読み、要約、解釈、評価などから長い歳月を思わせる。小倉氏とは下関の韓国総領事館が広島への移転記念テレビ出演討論会で初対面だっただけであるが、この度の著書により敬意を表したい。古代から現在まで神話、宗教、思想、学問、芸術などが総網羅され、特に日韓の比較、評価などが平易な文章、註で綴られているので読みやすい。読む途中で2ページほど私のシャーマニズムに関するものが引用されているところで視線が留まった。著者の韓国思想の霊性、その「霊性」のスパイクであった。そこから私の卒業論文の「処容歌」、新羅の「郷札」、そして風水信仰など私の常識に息を吹き込むように読み終えた。感謝である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 親日文化圏、反日文化圏 | トップ | ネチズン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本質 (柘植敦)
2019-03-10 15:55:28
この思想を研究する発表することが全く理解できない。
この思想は国民を弾圧する一家族親族のためのものであって市民のためのものではないことは読まなくてもわかる。
全く情けない御仁だ。
Unknown (崔吉城)
2019-03-10 18:42:12
思想とは民衆の意識が中心ではない。いわばエリットの考え方でしょう。

コメントを投稿

研究業績」カテゴリの最新記事