いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」

オール人力狙撃システム試作機

2011~14年の日本で子宮頸癌が多かったのは何故か?(データ追加)

2020年09月04日 11時28分11秒 | 法と医療
今、必死で新型コロナワクチンの導入に向けて、日本国政府に大金を支払わせるよう、欧米企業が頑張っているらしい。


ロイター記事によれば、既に5億1200万回分の契約を結んだそうだ。
(ファイザー、アストラゼネカ、モデルナ、塩野義、等)

>https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-vaccine-japan/japan-eyeing-olympics-lines-up-half-billion-doses-of-covid-19-vaccine-idUSKBN25O0EW


「5億だぞ、5億!!」(半沢第1シーズンの江島副支店長風w)

日本国民に何遍ワクチンを打つ気なんだ?
全国民に4回以上も打つのか?全く無意味としか思えないが。


これは、まあおいておく。

本題は、日本の子宮頸ガンの罹患率が何故か増加した時期があったのはどうしてか、ということだ。
(国立がんセンター 年齢階級別罹患率 人口10万人当たり)


※※9/12 16、17年の数字が公表されていたので、表に追加しました。
参考>https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl/index.html



   20~24  25~29  30~34  35~39  40~44(歳)

(年)
00   0.777   5.112    13.577   19.410   18.398
05  1.386   8.157   11.433  20.889   22.844
10  1.220   10.864    22.061  28.427   31.012
11  2.279   12.602    24.454  27.727   35.510
12  2.123   12.236    21.057  28.122   32.864
13  1.224   9.988    20.229  25.789   30.195
14  1.560   9.007    21.071  24.951   30.722
15  0.472   7.283    21.399    25.019    28.422
16  0.9    6.2    20.0   27.8   27.8
17  1.0    6.1    18.9   27.9   27.2

(14歳以下は16、17年共にゼロ、15~19歳では16年ゼロ、17年に罹患者3名のみ)

日本でのHPVワクチン開始は09年でしたよね?
ある程度の規模でHPVワクチン接種が本格的に開始されたのは10年頃からでしょう?


約700万人程度の女性が接種したらしい。その効果はどうだったのか?
目を引くのは、11~12年頃に子宮頸ガンの罹患率が何故か増加していたことである。検診の効果ですかね?


専門家がこの理由を探らないのはどうしてなのかな?
あなた方、気にならないの?(黒崎検査官風w)


日本で、接種者と非接種者のその後の違いを調べてないのかな?
やればいいのにねw


HPVワクチンを接種すると2度とHPVに感染しないとか思っている人もいるかもしれないが、そんなことはないですよ。
例えば90%以上の感染予防を達成したという根拠はないんですよ?

早い話が「部分的には防げるかもしれない」という程度です。

更には、ワクチン接種から5年後に感染防御水準がどうなのか、なんてのは、まともな数字が公表されてないんじゃないですか?
じゃあ10年後にはどうなのか、誰か知ってるの?w

「エビデンスが!」って大上段から説教してくる連中に限って、そういう大事なエビデンスは提示してこないんですよ。

12歳で接種したとするでしょ?

10年後の22歳時点で、ヒトパピローマウイルス=HPVに感染しない、という保障はあるんですか?
それは、誰がしたんですか?

好発年齢はもっと先ですよ?
32歳とか42歳時点ではどうなのか?

本当にHPV感染は起こらない、と思ってるんですか?
更には、子宮頸癌の発生を「ワクチンで防げる」と主張できる根拠って何ですか?


仮に、ワクチン接種するとほんの少しだけHPV感染の確率が下がるのかもしれないとして、子宮頸ガンの発生が同じだけ減るかどうかは、誰にも分からないんじゃないですか?


他人には「根拠がないことは決して言うな」などと言う割に、ワクチン業界にとって儲け話になるとどういうわけか「何らの根拠もない」ことを大々的に主張してくるという謎w


日本だと45歳以下の層での子宮頸ガンの罹患率が欧米より低めなので、全国民にワクチン接種を義務化するメリットはかなり小さい。ましてや、発癌全部を防げるわけでもなく、どの程度の抑制効果があるのかは誰も知らないレベルなのだから、費用対効果面で見ても殆ど意義は乏しい。


やるなら、検診でよい。
検診の効果については、特段の否定的見解は出されてないのでしょう?w


過剰診断バカが反対してくる可能性はあるのかもしれないがwww



コメント   この記事についてブログを書く
« 謎の諺『雄弁は銀、沈黙は金... | トップ | 福島原発事故後、若年者の甲... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法と医療」カテゴリの最新記事