いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」

オール人力狙撃システム試作機

紳助復帰 etc.

2004年12月27日 15時24分30秒 | 社会全般
自粛中だった島田紳助氏の復帰が来年1日からと報じられています。意外に早い復帰となったようです。これについては、また賛否両論のネット上合戦が繰り広げられるかもしれません。私にはあまり興味がないネタなんですが、一応書いてみました。


気になるところは民事の係争が解決したわけではないので、如何なものかとも感じますが、早く決着させたいと会社側が考えたためでしょう。これもまた、非難を浴びる要素でもあると思います。「儲けばかり考える企業だ」みたいにね。




今日の毎日新聞朝刊に、長崎県の小6女児事件で被害者の父親である新聞記者の方が、記事を掲載したそうです。私が以前書いた記事(マスコミの存在意義)にも触れましたが、マスコミの報道姿勢や報道のあり方については、数多くの非難があることも事実であり、当事者となった報道する側の人間が感じる「報道される側」の立場について語っておられる。

これは、両者を知った者だけが感じる、真実の声であると思う。マスコミは幾多の非難を浴びても一向に変わる気配を見せないなら、いずれ信頼を失い非難だけが残されるかもしれない。前のネット上の騒動を見ていて、確かに誹謗中傷も多いが大半は深いところに根ざす不信感に基づくものであると感じたからだ。


私は今でもマスコミの意義を支持してはいるが、同時に非常に危うい信頼になりつつある。今までブログのような手段がなかった時は、ネット上の情報源は信憑性が疑わしいと思っていたが、整然と個人レベルから情報が発信されている現在の状況を見て、幾つかのソースを確認しようとするようになった。しかも情報発信者の所属などが明らかな場合もあり、ネット上の情報は信用度を増しつつあると感じる。

取材する手段を多くの個人は持たないため、マスコミ優位には違いないが、彼らが伝えようとしていること或いは敢えて伝えないこと、という視点から情報を見るようになった。この検証作業は面倒ではあるが、マスコミ情報とネット上の(特にブログの)幾つかの情報を組み合わせることによって、以前に比べて個人でも行い易くなったと思う。

情報の質が変化してきていると感じるし、それによってマスコミの存在意義が問われるならば、マスコミ自身も変革をもとめられていると思う。

それを「見える形」として、マスコミも取り組む必要があるだろう。今年はNHKの問題ばかりではなく、主だったマスコミの虚偽記載などが明るみに出て、「マスコミ不祥事元年」というかオンパレードとでも呼ぶべき状態であった。どこの報道機関も、もう一度自分達の存在意義と何をもって自らを正当となすかということについて考えて欲しい。

コメント   この記事についてブログを書く
« スマトラ地震 | トップ | 財政審のカウンター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会全般」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

島田紳助は、どこへ行くのか? (あるある雑記(仮))
新たなステージに上がった「島田紳助暴行事件」 ※吉本興行が謹慎期間を今年の年末までとし、本人も了承。 ※生放送で謝罪? 日テレ系「行列のできる法律相談所」特番。 ●島田紳助 暴行事件リンク集 言う事がコロコロ変るのは、もはや「仕様」としか云いようがないです
島田紳助さん来年1月から復帰へ (Y\'s WebSite : Blog ~日々是好日~)
タレントの島田紳助さんの芸能活動の復帰の目処が立ったようです。 10月に所属事務所である吉本興業の女性社員に口の利き方に対して立腹、そして暴行。島田さんが「100%自分が悪い」と全面的に謝罪し、芸能活動を自粛して約2ヶ月。いよいよ来年の1月には芸能活動を復帰され
島田紳介復帰について (⑫MightyBlog私的にっし!!!!!!!!!)
<島田紳助さん>来年1月から復帰へ 復帰が遅くなると思っていたが、来月から活動開始らしい。 まだ、その女性社員と決着はついてないし、 あの勢いは当分の間潜めそうだが、まずは復帰を喜びたい。 M-1グランプリの最後のエンドロールで、一番最初の名前が、 <企画> 
「いつも心に紳助を」思ってました・・・ (ほんま、チャーチャーと・・・)
待ってました!! 紳助来月復帰、被害女性と示談未成立も (日刊スポーツ) - goo ニュースとのこと・・・ 例の傷害事件で謹慎中だった島田紳助師が復帰されるのを聞き非常にうれしく思います。 今後、紳助師にとっては非常に困難なこととあると想定されますが、ここが正念場です