団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

老人は 死んでください 国のため

2020-10-23 11:52:55 | 健康・病気

大阪大招聘教授の石蔵文信医師(64)が提唱した「集中治療を譲る意志カード」(譲るカード)が議論を呼んでいるという新聞記事(9月12日付の朝日新聞夕刊)を読んで、すぐに頭に浮かんだのは「老人は 死んでください 国のため」という川柳でした。

少子高齢化が社会問題になってきた1997年4月号の「日刊オール川柳」の特選になった句でした。「年寄りは早く死ねというのか」と批判を招いたのです。新聞各紙も採り上げたという記憶があります。

若い人が詠んだ句ではないか、と思われましたが、作者が77歳の男性だったこともあり、さらに議論が広がりました。

石蔵さんが提起した「高齢者はコロナ治療を若者に譲れ」という論争に結論はないと私は考えます。スウェーデンの高齢者が「コロナになったら、人工呼吸器を若い人に譲るというのが、私の国では常識です」というコンセンサスが取れているところは、そのやり方でやればよいのでしょう。

でも、日本では、その考え方でまとまるはずがないと思います。結局、各自が判断するしかありません。

コメント

「譲るカード」を使うかどうかは各自の判断です

2020-10-22 12:00:18 | 健康・病気

大阪大招聘教授の石蔵文信医師(64)が提案した「譲るカード」が議論になっている。新型コロナウイルスの感染が拡大し、医療崩壊の危機になり、人工呼吸器などが不足した時、高齢患者が若者に譲る意志を示すカードです。「命の選択につながる」と物議をかもしているのです。

石蔵さんは循環器病などの専門医で、定年後の夫が長時間、在宅することから妻がストレスから精神疾患に陥る「夫源病」の提唱者としても知られています。

石蔵さんは2月に前立腺がんが見つかり、すでに全身の骨に転移しているといいます。手術は不可能で、ホルモン治療でがんの勢いを止めている状態だそうです。

このような治療を受けていると、新型コロナに感染すると重症化する恐れが大きく、助かってもそんんなに長く生きられないと考えています。

石蔵さんは医療がひっ迫した状態でコロナに感染したら、若い人に治療を譲ることを家族に話したら、全員が理解してくれたそうです。そのうえで、「譲るカード」を作ったといいます。

「批判は覚悟の上です。高齢世代は人生の最終段階でどんな治療を受けたいか、家族や医師らと話し合ってほしいと思い、譲るカードを提唱しました」と石蔵さん。

「譲るカード」に賛成し、実際に使うかどうかは、あくまで各自の判断です。

コメント

75歳を過ぎたら、体のいうことを聞いてはいけません

2020-10-20 11:09:35 | 健康・病気

阿川佐和子さんと大塚宣夫・よみうりランド慶友病院長(78)の対談「看る力 アガワ流介護入門」(文春新書)を読んだら、大塚さんが「75歳を過ぎたら、体のいうことを聞いて、楽させたら、もう終わり」と訴えています。

大塚さんは精神科医として40年以上、高齢者治療に取り組んでいます。老後は三つのステージで考えてほしいといいます。

①65~75歳 定年で仕事がひと区切りがつき、体力的にはやや衰えを感じるものの、自由な時間が増えて、さあこれからという時期

②75歳から5~10年の間 自他とも衰えを感じるとき。人によっては体の不自由さや認知症が発症し、それに伴う介護の問題が始まる時期

③人生の最終楽章 80歳代後半からのおまけの人生。どんな最期を迎えるかが、最大の関心事となる時期

多くの高齢者を診てきた大塚さんは「75歳を過ぎると、一日安静にしているだけで6~7%の筋肉が落ちていく。1週間も安静が続いたら30~40%の筋力が落ちてしまう」といいます。

「75歳以上は体が疲れて1日休んでも、2日目も疲れが残って動かないでいると、3日目には動けなくなります」と大塚さんは強調し、「体がしんどいといっているから動かないでいると動けなくなります。高齢者は体のいうことを聞いてはいけません」と呼びかけています。

 

コメント

体をひねるストレッチでお腹すっきり!

2020-10-19 10:53:49 | 健康・病気

70代後半の女性は便秘気味なのが悩みです。整腸剤を毎日、服用しているのですが、毎朝すっきりとはいきません。

そんな悩みを打ち明けられたので、体をひねるストレッチを指導しました。大腸の活動を促進するストレッチです。

指導に先立ち、排便のメカニズムについて説明しました。朝食後、30分ほどたつと、脳から大腸に大蠕動を起こすように指令が出ます。この時を外すと、排便がスムーズにいかなくなる恐れがあります。

そこで、朝食後30分ほどたったら、トイレに行くよう伝えました。トイレに腰かけたら、体をひねるストレッチです。体を前に倒し、右手で左足首をつかみます(または外側に当てます)。大腸をひねると、蠕動運動が促進されます。その姿勢で20秒間。

排便されないようでしたら、今度は左手で右足首をつかみ(外側に当て)、20秒間。これを繰り返します。

翌日、来院された女性は「教えられたストレッチをしたら、驚くほどスムーズに出ました。お腹すっきりです」と喜んでいました。

コメント

一度しか会わないのに記憶に残る女性

2020-10-16 09:49:56 | 健康・病気

一度しか会わないのに記憶に残る人は、取材対象の多くが男性であることから、どうしても男性に偏りがちです。そう思いながら、記憶の糸をたどると、女性もおりました。

初任地の高松市で、どうしてかは忘れたのですが、劇団四季の公演の打ち上げに参加したことがあります。なにかのはずみで女優さんの一人がタバコを出して「火を貸して」と言われました。

マッチに火をつけて、タバコの先に持っていこうとしたら、やや下向きに顔を下げていた女優さんに「タバコの火は私の首筋が伸びるようにやや上のところでつけて」と注文をつけられました。確かに、下を向いて首筋にしわが寄っているより、首筋が伸びた姿勢の方が数段と美しくなります。

女優さんは一つ一つの動作をいかに美しく見せるのか、と心配りをしているのだと感じました。舞台や映画の女優さんの所作を見る目が変わりましたし、女性が美しく見えるよう私も少し気配りをするようになりました。

コメント