団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

新聞記者が消えた街で

2011-10-31 09:49:06 | 社会・経済

「新聞が弱いと困るんです。議員や有力後援会から理不尽な要求が出されることがよくあります。そのとき、先生がやろうとしていることが新聞に出たら、どうなりますか、といって断るのです。新聞が弱くなったら、そんな言い訳が通用しなくなります」。関西の知事さんから真顔でこういわれたことがあります。知事としては、支持する議員さんや有力後援者ですから、そうした要求を無下に断れません。それで「このことを〇〇新聞がつかんだら書かれますよ」と言って断るのだそうだ。

先日の朝日新聞の朝刊に「記者が消えたアメリカの街でどんなことが起こっているか」を報じたインタビュー記事が載っていました。「取材空白域で何が起こったか」を調査した元米誌記者、スティーブン・ワハトマンさんが答えていました。それによると、米国では、ここ5年で新聞の広告収入が半減し、地方紙・地域紙を中心に212紙が休刊しました。ここ20年で、全米で6万人いた新聞記者が4万人に減り、2万人が職を失いました。その結果、米国各地で「新聞記者がいない街」が出現しました。そんな街の一つ、カルフォルニア州の小都市ベルでは、市の行政官(事務局トップ)は月500万円の給与を十数年かけて段階的に引き上げ、月6400万円にしました。オバマ大統領の2倍の給与です。行政官は警察署長の給与を3600万円にアップするなど、市議、市幹部を抜かりなく抱き込んだので、批判されることもなく「法外な給与」がまかり通ってしまいました。

さらに、自治体選挙の投票率が下がり始めました。市長、議員ら現職の実績がまったく報道されないため、有権者は判断材料に困り、棄権するようになってしまいました。自治体選挙はどこも現職有利、新顔不利の傾向を示しています。

記者が消えると、知事さんがいう理不尽な要求を断る言い訳ができないばかりか、行政トップが法外なことをやろうとすれば、できてしまうのです。ワハトマンさんは「教師や議員、警察官、消防士などがどの街にも必要なように、記者も欠かせないと確信するようになりました」といい、NPO報道機関の設立を提唱しています。

テレビやネットがあるのではないか、という質問に、ワハトマンさんは「テレビは新聞が発掘したニュースの原石を加工して周知させるの巧みですが、自前でニュースを発掘しません。ネットは新聞やテレビが報じたニュースを世界に広げる力は抜群ですが、ニュースの原石を求めて坑内に入ることはありません。新聞記者が採掘する作業をやめたらニュースは埋もれたままで終わってしまいます」と話しています。

新聞の役割はつまるところ「権力の監視」です。権力が暴走したり、理不尽なことをしないよう「ウォッチ・ドッグ」(番犬)として目を凝らし、暴走行為があれば権力に噛みつかなければなりません。その力が衰えてきたと読者のみなさんに思われたことも「新聞離れ」につながっているのでしょう。

コメント

時代からはじき出されないためには

2011-10-29 09:15:56 | 社会・経済

耳の不自由な人たちにとって、かつて歯科技工士は最も良い職業とされていました。聾学校の先生から伺った話ですが、卒業したばかりで歯科技工士になった教え子の給料を聞いたら、自分の給料を上回っていたのでびっくりしたそうです。歯科技工士の給料が良いことで、普通の人たちがこの業界に次々と参入した結果、いまでは、歯科技工士だけでは食べていくのが難しい、といわれています。私の友人の妹さんも歯科技工士になりましたが、収入が減り、転職を余儀なくされました。

あんま、マッサージ、指圧師は目の不自由な人たちの適職とされました。指先の感覚が鋭敏とされ、ツボを押し、筋肉のコリを取るなどの手技にたけているといわれています。マッサージ業界にも健常者が続々と入ってきたことから、競争は激化し、「生き残りの戦い」をしているのが現状です。

タケちゃんの子ども時代、時計屋さんの多くが足の不自由な人でした。歯車、ぜんまいなどを手直しする細かい仕事に向いているとされ、座布団に足を伸ばして座り、拡大鏡を片目につけ、修理している姿をよく見かけました。それが、デジタル時計の誕生で時計屋さんは販売修理する店から、販売だけをする店に変わりました。大型店が進出し、足の不自由な時計屋さんは街から姿を消していきました。

スティーブ・ジョブスさんが開発したiPodとiTuneにより、大型レコード店とCD産業を衰退していったように、時代の流れに合わなくなった職業は市場から退場していきます。商店街で次々と商店がつぶれ、シャッター街になっています。私の中学時代の同級生の何人か、が商店の店員になりましたが、商店街の現状では家族で経営するのがやっとで、店員を採用する余裕はまったくないでしょうし、就職する側も将来性のない商店に勤める人は見かけなくなりました。

私たち庶民が時代からはじき出されないためには、なにをすればよいのでしょうか。「天職」といえるものがある人は幸せですが、生きていくためには働かなければなりません。高度成長期で職業が増え、雇用が拡大していたタケちゃんたちの時代と異なり、私たちの子どもたちは、本当に厳しい時代を生き抜かなければならない、と危惧しています。

コメント

ジョブスさんの大成功の陰で

2011-10-28 10:39:17 | 社会・経済

スティーブ・ジョブスさんが開発したiPodシリーズの累計出荷台数は、全世界で3億台を超えました。2003年に世界最大の音楽販売サイトiTuneサービスを始め、これまでに160億曲を販売しました。聞きたい曲だけを購入でき、1曲あたり約1ドルと安かったことが音楽ファンの心をつかんだようです。元アップル代表のジョブスさんは今月5日、すい臓がんで亡くなり、その功績の大きさはネット上にあふれかえっていますから、ここでは触れません。音楽をコンピューターと並ぶ主力商品として開発し、アップルを株式評価総額で世界一の会社に引き上げたことにとどめておきます。

iTuneの大成功の陰で、アメリカのCDの売上高は激減しました。2006年に4180億円あった売り上げが2010年には1520億円と6割も減りました。ニューヨークをはじめ、米国の主要都市の大型レコード店はばたばたとつぶれました。日本のCD生産量は1998年の4億6000万枚から2010年には2億700万枚と半減しました。

SP、LPレコードで育ったタケちゃんは、CDが出てきたとき、その音の良さにびっくりしました。一番驚いたのは、レコードは使えば使うほど、音質が落ちたり、雑音が入るようになるのですが、CDにはそれがないことです。「随分、便利なものができたな」と感嘆した覚えがあります。それが10年余で、もっと便利で使いやすいiTuneとiPodに取って代わられたのです。CDメーカー、CDを使った携帯型音楽プレーヤー、音楽CDを販売するレコード店は市場から追い出されようとしています。そこで働く人たちは職を奪われてしまうのです。

時代の急変に敏感にならないと、生活の基盤が簡単に崩される「おとろしい時代」になったと感じています。時代の流れを、目を凝らして見つめ、耳を長くしてキャッチする知恵を、個々人が持たなければならない「たまらない時代」です。

コメント

エンディングノート

2011-10-27 09:35:54 | 映画

砂田麻美さんの第1回監督作品の映画「エンディングノート」を見てきました。父の砂田知昭さんを、麻美さんが中学生時代から撮り始め、67歳で勤めていた化学会社の役員を退職し、健康診断で胃がんが見つかり、69歳で亡くなるまでをドキュメンタリー映画にしています。営業一筋の会社人生は、高度成長期のサラリーマンの典型的なモーレツ社員の生き方であり、専務まで昇進し、「幸せな会社人生だった」と本人は話しています。

映画は知昭さんが葬儀の会場を選ぶため、カトリックの教会を訪ねることから始まります。退職後の人生を楽しもうと考え、健康診断を受けたところ、末期の胃ガンで手術などの根治療法は困難と診断されます。人生の「終業」に向けて、知昭さんが始めたのがエンディングノートづくりです。エンディングノートは、遺言のように法的な効力はありませんが、故人が遺産はどうするか、葬儀はどんな形でどのように行うか、親族をはじめ、どの範囲の人たちに参列してもらうか、などを書いておくのです。知昭さんが「終業」に向かって、どのような準備をし、どのように亡くなったか、は映画を見ていただくことにし、映画を見て私が感じたことを綴ります。

ドキュメンタリーの対象に家族を選ぶのは「禁じ手」と言われるのですが、知昭さんの次女の麻美さんは感情移入することなく、一定の距離を取って撮影していたのは驚きでした。知昭さんの明るいキャラクターもあるのですが、両親の夫婦げんかを中学生時代に撮影してから、知昭さんの退職祝い、開業医の知昭さんの父(麻美さんの祖父)が認知症になってからも患者を待つ姿をビデオに収める「監督の目」(発表の場があるかどうかは別にして)を麻美さんが備えていることです。また、私が感動したのは、衰弱し声も出なくなった知昭さんが孫娘2人と乳児の孫息子が病院のベッドに訪れると、声が出て孫娘たちに「ありがとう、ありがとう」と感謝の言葉を述べたことでした。

タケちゃんもエンディングノートをつけていますが、これまでの自分の人生を振り返るのには大変役に立つ道具だと思います。資格、栄誉の項目には、車の免許証、航空特殊無線技士、柔道初段などを書きましたが、37年間の会社人生で培ったものは他の分野で通用するものはありませんでした。自分の「売り」がないと気づいたとき、衝撃を受けると同時に、より謙虚にならないといけない、と自分を戒めています。

コメント

カツ丼は牛、豚のどちら?

2011-10-25 09:36:10 | まち歩き

小腹がすいていたので、閉店間際のそば屋さんに入り、ざるそばを注文しました。私のほかは、中年の男性がビールを飲んだあと、カツ丼に箸を伸ばしていました。その男性が「これ、豚じゃないの。カツ丼はトンカツやろ」と叫んで箸を置きました。おかみさんが出てきて「うちは40年前から牛ですが」と答えました。男性は「牛のカツ丼なんて知らんわ」と言い残して、カツ丼を半分以上残して勘定を払って引き揚げました。

おかみさんは当惑した様子で、私に「うちでは、ずっと牛なんですが。よそではトンカツなんですか」と問いかけてきました。「関東では、カツ丼はトンカツですが、大阪では牛カツのカツ丼も結構ありますよ」と答えましたが、おかみさんは納得がいかない様子でした。

そこで、インターネットで調べたら、ウィキペディアには「どんぶり飯の上にトンカツをのせ、出し汁と砂糖と醤油で鶏卵とじにした具をのせる」とあり、基本はトンカツのようです。ちなみに、福井名物のソースカツ丼、名古屋の味噌カツ丼もトンカツです。

ところが、大阪では「肉は牛」という嗜好が強く、豚のひき肉を使ったまんじゅうは東京では肉まんといいますが、大阪では「豚まん」と呼んでいます。大阪の食習慣が広がる関西では、トンカツを使ったカツ丼を「ポークカツ丼」とメニューに書いている店もあります。東京の食文化が関西に入り込み、うどん中心の大阪でもそばの需要が高まっている現状では、「ビーフカツ丼」としてメニューに出している店も増えてきています。

それにしても、肉は安くなりました。私が小学生だった五十数年前、コロッケが5円、豚のひき肉が少し入ったメンチカツが10円、トンカツが50円でした。トンカツはもちろん、メンチカツもめったに口にすることはありません。もっぱら、コロッケです。給食に出る豚の脂身がまずいこと、まずいこと、この上なく肉は嫌いになりました。牛を初めて食べたのは、父が良いことがあったのでしょう、浅草の「菊水」というすき焼き屋に家族4人で出かけ、すき焼きを食べたときです。その時のすき焼きの味は忘れましたが、店の名前をいまだに覚えていることから、とてつもなく美味しかったのでしょう。私の家がとりたてて貧乏だったのではなく、周りの家もほぼ同じ食事情でした。

そんな生活だったですから、今日のように、食べ放題の焼き肉店が現れようとは私の子ども時代は想像もできませんでした。牛でも豚でも、ニワトリでも上質な肉を好きなだけ食べられる、ありがたい時代を素直に喜んでいます。

コメント