団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

「1時間遅かったら、米国同時多発テロで死んでいたかも」

2018-10-30 09:27:43 | 健康・病気

長期投資で将来も必要とされる優良企業を支援するとともに、運用利益で投資者の財産づくりを目的にするさわかみ投信の勉強会に参加しました。勉強会が終わった後、希望者が1500円程度の会費で、講師を囲んで軽い料理で飲み会をするのですが、異業種の人たちと会話するのも愉しみで、私は時間があれば、参加しています。

今回の飲み会の参加者は約10人。講師は30代と50代の男性2人で、ともに元N証券に勤めたあと、さわかみ投信に転職しました。50代の講師を囲むテーブルに座りました。隣りは紅一点の70代の女性、生命保険会社で保険外交員をしている60代半ばの男性らと瓶ビールで乾杯しました。

お酒が進んだところで、転職した理由を講師に尋ねたところ、「給料は半分以下に減るし、家族からは猛反対されたのですが」と言ってから、2001年9月11日の米国同時多発テロの話を切り出しました。

当時、米国のN証券に勤務していて、同時テロで倒壊したワールドトレードセンターに職場がありました。あの日、ロンドン出張でトレードセンターを出て約1時間後に航空機が突っ込みました。先輩、同僚の何人もが亡くなりました。

「もし、あと1時間遅かったら、私もテロに巻き込まれて死んでいたかもしれません。N証券は給料も良かったですが、会社が利益を上げることが最優先でした」

講師は口に出しませんでしたが、投資をしてくれた人たちが損することを承知で投信や株式の購入を勧めたり、手数料稼ぎで次々と売買を求めたりすることもあったようです。

「いつ死ぬか、わからない時代、それなら投資してくれる人たちに喜んでもらえる仕事をしたい」と思って転職したのだそうです。

 

コメント

一人暮らしの高齢男性は白骨死も覚悟しなくては!

2018-10-29 09:30:33 | 健康・病気

大阪大人間科学科招へい教授で男性更年期外来医師の石蔵文信さん(63)は講演「100歳時代の定年後をどう生きる」の中で、孤独死について「既婚・未婚を問わず誰でも起こる可能性がある」と指摘したうえで、「女性は死後3日以内で発見される可能性が高いが、男性は白骨化して発見される可能性が高い」と強調しました。

女性は一人暮らしでも地域に友人・知人が多いため、亡くなったら、3日以内に友人らが訪ねてきて発見に至りますが、近所との付き合いがない一人暮らしの男性は白骨になってから発見されるケースが大きいといいます。

男性が死後すぐに発見されるためには、既婚者は「妻に逃げられないようにする」と石蔵さんは呼びかけ、一人暮らしの男性は「地域の付き合いを密にするよう」提言しています。

白骨化して発見されるのを避けるため、一人暮らしの末期がんの男性は、同じ一人暮らしの知人の男性2人と毎朝、交代で見守り電話をかけあっています。一人が他の二人に朝、電話をかけ、無事を確認し合っています。

70代半ばの友人男性は同じマンションの知り合い二人にドアに鍵がかけられ、新聞受けに数日分の新聞がたまっていたら、消防署に電話するよう依頼しています。

高齢化社会になり、こうした「見守り需要」は増大しています。「見守り」はセンサー型、コミュニケーション型、その他複合型に分かれています。センサー型は電気・ガスの使用状況、スマホ、フォトスタンドなどから発信して、別宅の親類、友人に連絡が届きます。コミュニケーション型は郵便局員、新聞配達員らが訪問して確認します。その他複合型はセンサーで異常が発信されたら、連絡を受けた警備員らが駆けつけます。

私は幸い、妻と同居していますから「逃げられないよう」努力をします。

コメント

老後、妻がいる男性は、いない場合より死亡率が半減!

2018-10-26 09:49:07 | 健康・病気

「100歳時代の定年後をどう生きる」のテーマで講演した石蔵文信・大阪大人間科学研究科招へい教授は、更年期外来の医師として、夫が定年後、自宅に長時間在宅することで妻がストレスを受け、心身が不調になる「夫源(ふげん)病」を提唱しています。

講演の中で、「老後、夫がいる女性は、いない場合より死亡率が約2倍」という愛媛県総合保険協会の調査結果を紹介しました。自らが提唱する「夫源病」を補強するデータです。「男性は、妻がいる場合、死亡リスクが半減する」ともいいます

調べてみたら、2007年1月29日付の朝日新聞に「老後に夫と同居 妻死亡リスク2倍」という記事がありました。記事によると、愛媛県総合保険協会の藤本弘一郎医長が1996年から98年にかけて、松山市に隣接する旧重信町(現・東温市)の60~84歳の男女3100人を対象に、配偶者の有無、喫煙習慣、糖尿病や高血圧などの治療歴など17項目を答えてもらいました。

約5年後の2001年から2002年にかけて、対象者の生死を確認。調査中に死亡した男女200人と生存していた2900人を比較したところ、75~84歳では、女性は夫がいる方が、いない場合に比べて死亡リスクが2.02倍高まっていました。一方、男性は妻がいる場合、いない場合に比べて死亡リスクは0.46倍に下がっていました。

高齢夫婦の場合、「夫は妻のストレスになり、逆に妻がいなくなったら、夫はがっくり」という傾向は間違いないようです。「妻を亡くした夫は平均3年で亡くなり、夫を亡くした妻は平均13年は長生きする」というデータもあるそうです。

老後の男性は、できる限りカミさんの手助けをしてストレスを軽減し、長生きしてもらうことが、自らの長寿につながるようです。

 

コメント

「就労寿命を延ばそう」

2018-10-25 09:58:56 | 健康・病気

「100歳時代の定年後をどう生きる」をテーマにした大阪大人間学科招へい教授で男性更年期外来医師の石蔵文信さん(63)の講演を聞いてきました。石蔵さんは、定年後の夫が自宅に長時間在宅することから、妻が精神的ストレスを受ける「夫源(ふげん)病」を提唱した医師として知られています。

石蔵さんは、老後の問題として①健康②老後資金(年金)③夫婦関係④居場所(趣味など)を挙げました。これらの問題を解消するためには「就労寿命を延ばそう」と呼びかけました。自らが関わった、定年後に働くのをやめた人たちが陥ったトラブルを紹介しました。

60歳でトラック運転手を定年退職した男性は、初めてやったパチンコでいきなりフィーバーしたことから、パチンコ店に毎日通うようになりました。負けるときは数万円が吹っ飛び、年金は月初めになくなるありさま。困り果てた家族の要望で、男性は65歳でタクシー会社に就職し、いまは落ち着いた生活をしているといいます。

製造会社の営業担当を62歳で退職した男性は、酒浸りの毎日となり、肝機能障害で緊急入院しました。

経理部長を70歳で退職した男性は自宅に引きこもり、会社の話ばかりをするうえ、妻の家事に注文を付けまくるので、妻が精神的に不安定になり、家庭内トラブルが頻発するようになりました。

こうしたトラブルを防止するために、石蔵さんは就労寿命を延ばそうと提唱します。マクドナルドで早朝から働いている人は高齢の女性が多いことを指摘し、高齢者でも働ける職場は探せばあるといいます。

1000円未満の最低賃金で、3K(きつい、汚い、危険)職場しかありませんが、1日数時間働けば、酒やギャンブルにお金を使わずに、小遣い銭は稼げます。「なにより働くことで体は適度に疲れ、よく眠れるようになります。健康にもよいです」と石蔵さんは強調しました。

 

コメント

利き足に関係なく、自転車のペダルのこぎ出しは右足⁈

2018-10-23 09:27:48 | 健康・病気

利き手、利き足ばかりか、利き目、利き耳、利き尻まであることを知ってから、ヒトの体の左右にあるものの優位性に関心が出てきました。

私は自転車通勤をしていますが、利き足は左なので、信号待ちをしているとき、左足を地面につけ、右足をペダルに乗せて待機しています。同じように待機している自転車の人たちを見ると、ほぼ全員が左足を地面につけ、右足をペダルに乗せています。左足をペダルに乗せている人もおりますが、ごく少数です。

ペダルのこぎ出しは利き足に関係ないの? と疑問がわきました。ネットで調べたら、私と同じ疑問を抱く人たちから質問があり、納得できる回答が載っていました。

その答えは「日本では自転車は左側通行だから」というのです。なーるほどです。道路の左側に自転車を停めると、道路の左端はゆるい下り坂になっていますから、左足を地面につけなければ安定しません。

右足を地面につけて、左足をペダルに乗せてみたら、左側に倒れがちな自転車を右に起こさなければならず、とても不安定です。

アメリカやヨーロッパでは、右側通行なので、自転車のペダルのこぎ出しは左足といいます。ちなみに、日本では、オートバイのスタンドは左側で、エンジンをかけるキックは右側ですが、ヨーロッパのオートバイはスタンドは右側に、キックは左側についているそうです。

 

 

コメント