団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

施療の技術も知識も抜群の友人の整骨院が閉院

2016-07-29 09:26:01 | 健康・病気

柔道整復師の専門学校で同級生だった50代になったばかりの男性から電話があり、「9月に整骨院を閉めることにしました」と言いました。友人は私のすぐあとに北大阪で整骨院を開院しました。学校では、成績はいつもトップクラスで、整形外科医院で長年、勤めた経験があり、施療の技術も知識も抜群に素晴らしい柔道整復師です。

私は患者さんの施療に困ったとき、男性に電話しました。施療の方法を丁寧に教えてくれる「先生」でした。5年半前に開院すると、患者さんは順調に増えました。ところが、施療技術が高いためなのか、少ない回数で治る患者さんが多く、繰り返し来られる患者さんが少ないことが悩みと話していました。「治ると、半年に1回とか、1年に1回しか、来てくれないのです」

それでも、患者さんから「道楽仕事」といわれる私とは違って、多くの患者さんの支持を受けていました。ところが、オートバイの自損事故を起こして3か月も休院したことが大打撃になりました。オートバイを運転して砂利で滑って転倒し、ガードレールに激突して鎖骨や上腕骨を骨折してしまったのです。

3か月後に施療を再開したのですが、よく来られていた患者さんの一割も戻ってこなかったそうです。整骨院業界は超過当競争時代に入っていますから、その間にも周辺で整骨院の新規開業が続いていました。

「施療の技術も知識もあれだけ優秀な友人でも、立ち行かなくなるのだろうか」と私は強い衝撃を受けています。

コメント

信号無視の車にクラクションを鳴らしたら

2016-07-28 09:41:34 | 健康・病気

70代半ばの男性は毎朝、自分が営む作業所に向かうため、軽自動車で通勤しています。ある朝、いつもの通り、右折するため、交差点の中央で待機し、右折OKの青矢印が出たので、右にハンドルを切ろうとしました。ところが、前から来た乗用車が赤信号を無視して交差点に入り、左折しました。

あわてて急ブレーキをかけて停車し、注意のクラクションを何回か、鳴らしました。乗用車をやり過ごして右折したところ、前方にくだんの乗用車が停車していました。道が狭いこともあり、その後ろに車を停めたところ、乗用車から若い男が降りてきました。

近づいてきた男を見ると、右手に鉄パイプを持っています。「外に出たら、危ない」。内側からロックをかけ、男と目を合わさないよう、下を向いていたそうです。1分間ほど、そうしていたでしょうか、男は「年寄か」と言って、引き揚げていきました。

「信号無視を注意しようとクラクションを鳴らしたのが気に食わなかったのでしょう、男は鉄パイプを手にはなからけんかする気だったようです。相手になったら、えらいことになる、と下を向いていました」

世の中、ちょっとしたことで切れてしまう人が増えてきました。赤信号を無視して横断歩道を渡ろうとした男性を注意したおじいさんが男性に突き倒され、頭を強く打って死亡する事件も起きました。

男性は理不尽なことが許せない性格です。「でも、クラクションを鳴らしただけで、鉄パイプで殴られたらかないません。これからは、こっちが我慢するしかありません。えらい世の中になりました」。狂犬のような人は相手をせず、やり過ごすしかありません。

 

コメント

侵入防止の防虫剤が効果あり

2016-07-26 09:49:23 | 健康・病気

クロアリの羽アリが外から侵入してくるのがわかったものの、どう防げばよいか、が見当もつきません。大型修繕に伴う羽アリの侵入ですから、他の住民も困っているのではないか、と考えました。マンションの管理人さんに尋ねましたが、他の住民からはそんな苦情は出ていないといいます。でも、羽アリ、ムカデ、クモなどの侵入を防止する殺虫剤「虫コロリ」を教えてくれました。

帰宅する前、入口のドアの下の隙間、裏口のドアの下の隙間に「虫コロリ」をまきました。すると、翌朝、冷蔵庫のわきのスペースに死んだ羽アリが数十匹見つかるようになりました。生きている羽アリもいましたが、日を追って、その数が減っていきました。そして、整骨院の前の足場が7月15日に撤去されました。

それを境に侵入してくる羽アリが目に見えて減ってきました。それまでは、患者さんの体にまとわりつく羽アリもいて、羽アリに平気な人は「ここにいる」と手でつぶしてくれましたが、ムシが大嫌いな患者さんもおられて、気が付かないように捕まえてつぶし、ゴミ箱に捨てていました。

整骨院のすぐ前に植木を入れたコンクリートのマスが、どうやらクロアリの巣があるようです。ここに足場を組み、外から入られないよう金網フェンスを張ったことから、巣が手狭になり、一部が羽アリになって周辺に飛び出した、と私はにらんでします。

隣のお弁当屋さんで幕の内弁当を買った際、聞いてみたら、羽アリの侵入に困っているといいます。それで「虫コロリ」が効果があると伝えました。いまは、帰宅する前、入り口のドアの下の隙間に虫コロリをまくだけです。7月2日以来の羽アリとの戦いは終焉に近づいています。やれやれ、です。

コメント

腰痛の三分の一は姿勢から、です

2016-07-25 09:47:21 | 健康・病気

腰のおもだるい痛みがしばらく続きました。腰に大きな負担をかける運動はしていないのに思いながら、「はっ」と気づきました。あの姿勢を続けたことが痛みを招いているのではないか、と。

整骨院のあるマンションは十数年に一度の大型修繕のさなかです。足場が組み立てられ、塗装の塗り替え、ベランダの防水シートの張り替え、駐車場のアスファルトの切削・塗り直しなどの工事が進められています。足場の組み立てやペンキの塗り替えで、アリの巣に変化をもたらしたのか、一部が羽アリとなって、巣分かれを始めたようです。

7月2日、整骨院にある冷蔵庫のわきで、50匹以上の羽アリがうごめいているのを発見しました。ほうきとちり取りでかき集め、ごみ箱に入れる作業が始まりました。見ると、施療ベッドの下や運動機器の後ろに数十匹単位で動いています。一番多いのが、冷蔵庫のわきの狭いスペースです。

毎朝の羽アリの収集が始まりました。そのうち、冷蔵庫のわきの壁紙のはがれた個所が羽アリのたまり場になっていることがわかり、壁紙を切り取りました。ネットで調べて、院内の羽アリはクロアリでシロアリでないことを確認。クロアリは土の中に巣をつくるので、院内に該当するところがないことがわkりました。どうやら、入り口のドアの下の隙間から侵入してくるようです。

それがわかるまで2週間はかかりました。その間もそれからも、冷蔵庫と壁の間の狭いスペースで、小ぼうきを手にしゃがみこんで羽アリをかき集める作業をしていたことが腰痛を引き起こしました。

腰痛の原因は3分の1が姿勢、3分の1が筋力の低下、残り3分の1の半分が椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの病気とされています。残りの約15%は原因不明といわれています。同じ姿勢を続けないよう心掛けて、羽アリをかき集めています。羽アリ騒動の顛末は次回に。

コメント

作り笑いでも福が来ます

2016-07-22 09:25:49 | 健康・病気

作り笑いと自然な笑顔を区別する方法は、目じりにしわができるかどうか、といいます。すなわち「目じりにしわができたら、自然な笑顔」、「できなかったら、作り笑い」です。

1952年、アメリカのプロ野球選手になった選手230人の入団時の写真をもとに、ウェイン州立大学のマイケル・クルーガ教授らは笑顔が本物かどうかで、その後の寿命に与える影響を追跡調査しました。

これも、予防医学研究者の石川善樹さん(35)が「よみうりドクター」に連載している「続けたくなる健康法」からの受け売りです。それによると、入団時の写真が①無表情②作り笑い③自然の笑顔に分類しました。その後、それぞれの選手がその後何歳まで生きたかを追跡調査をしました。

その結果はーー。

①無表情 72.9歳

②作り笑い 74.9歳

③自然な笑顔 79.9歳

自然な笑顔の選手は、無表情より7歳も長生きでした。まさに「笑う門には福来る」です。作り笑いでも寿命が2年長し、です。せいぜい、口角を上げて作り笑いをしましょう。

 

 

コメント