団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

災難はいつ起こるか、わかりません

2014-04-29 09:42:38 | 健康・病気

オートバイの自損事故で上腕骨と鎖骨を骨折した友人の男性整骨院長(49)は「こんなけがをすると、勤めていたら、どんなに気持ちが楽なことか」と嘆きました。一人院長ですから、整骨院は治るまで休みにしなければなりません。その間、収入は入ってきませんし、再開しても患者さんが戻ってくれるかどうかの心配もあります。整骨院に勤務しているのであれば、給料はもらえなくても、自分が休むだけですみます。

開業して3年余の友人は腕の良い柔道整復師であり、鍼灸師です。私も難しい施療で困ったときはよく電話をして施療方法を聞いたものです。地域の人たちの信頼を得て、患者さんも上向いてきた矢先の事故でした。しかも、自損事故では自賠責保険は出ないそうで、治療費は自らの国民健康保険でまかなわなければならないといいます。

災難はいつ起こるかわからない、と感じました。自転車で往復40分の通勤をしているタケちゃんですが、毎日、ヒヤリハットの連続です。前を走っているおばさんの自転車は後ろも見ずにUターンするし、歩行者も後ろを確認せずに斜め横断をしてきます。青信号で交差点を通過しようとすると、赤信号無視の自転車が突っ込んでくるのはしょっちゅうあります。黄信号で徐行運転する車は見たことがありません。

居眠り運転や飲酒運転の車がぶつかってきたら、避けようがありません。細心の注意を払って自転車に乗ったり、歩いたり、走ったりしていますが、災難に遭わない保証はありません。「私は運がよいから、災難には遭わない」と信じることにしています。もし、災難にぶちあたるようなことがあれば、「大難は中難に、中難は小難に、小難は無難に」となるよう祈るだけです。

コメント

無事、これ名馬、とわかっていても‥

2014-04-28 09:28:54 | 健康・病気

友人の男性整骨院長(49)がオートバイを運転してスリップして転倒、そのままガードレールに衝突しました。病院で診断した結果、左の上腕骨と右の鎖骨の骨折、肋骨2本も折る重傷でした。上腕骨は骨頭の一部が剥離していたため、ボルト2本で固定し、鎖骨もプレートにビスを打って固定する手術を受けました。4時間に及ぶ手術で、医師の診断は全治3か月でした。

先日、見舞いに行きましたが、手術して5日後ということもあり、左腕は三角巾で吊っていたものの、顔色は良く、少しほっとしました。手術した直後は、両手とも動かさない方が好ましい、といわれたそうですが、痛いけれでも動かすことができる右手は出きるかぎり動かしているといいます。「両手が使えなくなったら、一番に困るのはトイレ、パンツも下ろすことができません。ですから、右腕を無理にでも動かしています」

肋骨を折ると、腹筋に力が入らず、寝床から起き上がることができません。それで、ベッドが持ち上がる装置がついていました。ベッドを起こしてから、友人は「バイクには30年乗っていますから、転倒したことは15、6回はあります。でも、こんな大けがはしたことがありません」と話しました。

午後の施療が休みだった土曜日、オートバイを長い間、動かしていなかったため、慣らし運転を兼ねてツーリングに出かけたそうです。隣の市の初めて走った道路で、たまっていた砂でタイヤがスリップして転倒、そのまま滑るようにガードレールのポールとフェンスにぶつかりました。「左手がまったく上がらなくなり、これは骨を折ったと思いました」。近くの人に救急車を呼んでもらい、病院で応急手当を受け、後日、診断に行くことにしました。その夜、今度は右手が上がらなくなりました。「鎖骨もやられたと感じました」

友人も一人院長です。骨折が治るまで整骨院は休院です。「けがしたらアカン、と思い、バイクの運転は気をつけていたですが」

「無事、これ名馬」とわかっていても、これを守ることは至難の技です。友人には「いまは治療に専念して」とお願いして病院を去りました。

コメント

集客サービスの手伝いといわれても‥

2014-04-26 09:37:37 | 健康・病気

「整骨院の集客サービスの案内です」と呼びかける電話が毎日のようにかかってきます。要はパソコン、スマホ向けのHP(ホームページ)づくりを勧めるセールスプロモーションです。

「どの整骨院でも紹介するわけではありません。先生の整骨院はグリーン色で統一され、院内はとても清潔です。弊社が紹介するのにふさわしい整骨院と考えました」などと呼びかけ、私の整骨院を見てきたような「くすぐり言葉」を入れてきます。

交通事故の被害者の自賠責保険による施療をあっせんする電話もかかってきます。「ホームページに自賠責保険による施療を大きく掲げれば、交通事故の患者さんが施療に訪れます。これまでの実績では、月に1、2人の患者さんが来られる整骨院さんが多いです」と勧めます。

聞くと、HPの製作料とは別に、掲載料は月1万円で「事故の患者さんが来られれば、最低でも月5万円の収入になります。月1万円で5万円以上の売り上げがあれば、十分に採算が取れるのではないでしょうか」と呼びかけます。

「当院の患者さんは高齢者が多く、ホームページを見て来られる方は残念ながらおりません」とそのつど丁重に断っています。

集客サービスや事故の患者さんのあっせんは、HP製作・掲載会社が責任を持ってするわけではありません。あくまで、HPの作成・掲載までです。患者さんが来なければ、それは整骨院の責任です。それにしても、集客サービスを勧める会社が頻繁に電話をかけてくることは、シュリンク業界といわれる整骨院が集客に四苦八苦している現状を浮き彫りにしています。

コメント

見た目が若い人ほど長生き!

2014-04-25 09:36:02 | 健康・病気

双子1000組の2000人について14年間にわたって、体の動き、握力、知能検査、細胞寿命を見るための白血球のテロメアの長さを調べたところ、70~74歳、75~79歳、80歳以上の3グループとも、見た目が若い人ほど長生きという結果が出ました。

デンマークのクリスチャンセン教授のグループの調査で、明らかになりました。見た目が若い人ほど、握力や知能が高く、身体能力や心の動きも優れていました。テロメアも老けて見える人より長いこともわかりました。

さらに、重篤な病気や運動不足、喫煙や過度の飲酒といった悪い生活習慣もない人が多いうえ、記憶力が良くて精神的な落ち込みもほとんどなかったといいます。

老化には、病気、大けが、喫煙、大酒飲み、肥満など老けて見える要因から起こる病的老化と加齢に伴う通常老化の二つがあります。病的老化は当然、通常老化より老け込みがひどくなります。とりわけ、大病と大けがは老化を大きく促進させます。

見た目といっても、顔だけではなく、動作の若々しさ、声の張り、肌艶の良さなど、体全体の状態が若々しいことでしょう。通常老化は避けようがありませんから、私はチャレンジ精神を失わず、せめて気持ちだけは若い心を保ちたいと心がけます。102歳の現役医師、日野原重明さんも言っています。

「創めることさえ忘れなければ、人はいつまでも若さが保てます」

コメント

元気で長生きの十か条

2014-04-22 09:57:26 | 健康・病気

東京都老人総合研究所は、高齢者3000人を調査してわかったことを「元気で長生きの十か条」として公開しています。

①血中アルブミン値が高い(アルブミンは血液中に最も多いタンパク質。不足すると、肝臓・腎臓の機能低下を起こし、心筋梗塞、脳梗塞など命に関わる病気が起こりやすくなる。同研究所は、年を取っても時には血の滴るステーキを口にしてください、と呼びかけている)

②総コレストロール値が高すぎず、低すぎない

③自分は健康であると思う

④足が丈夫である

⑤太りすぎず、やせすぎない

⑥禁煙する

⑦お酒はほどほどに

⑧少し前のことを良く覚えている(短期記憶を意図して覚えるようにする)

⑨血圧は高すぎず、低すぎない

⑩外出して会話を活発にする

元気で長生きの十か条はプリントにして整骨院に掲示し、患者さんに見てもらっています。私は「自分は健康である」と自分に言い聞かせ、主観的な健康感を高めるようにしています。

コメント