団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

「店内で不審な物音がします」と緊急電話

2017-01-31 09:32:12 | 健康・病気

かつて勤めた新聞社の旧友会があり、午後の施療を休んだときの出来事です。旧友会の会場があるビルに着いたとき、携帯電話に着信歴があります。音声が吹き込んでありましたから、再生すると、整骨院があるマンションの管理人さんでした。「店内で不審な物音がします。電気の消し忘れはありませんか」との伝言が入っていました。

管理人さんとは、帰宅する際、お会いしましたから、店内にはだれもいないのはご存じのはずです。聞きますと、店の裏口のドアをたたく音がしたので、ドアのところに行くと、「シュッ、シュッ」という音がして、何かが動き回っているというのです。

「それは、ロボット掃除機です。ドアの物音は、掃除機がドアにあたって方向転換をしたときの音です」と説明して、納得してもらいました。

私の店で最も働き者がロボット掃除機です。いすやトレーニングマット、バランスボールなどは待合室の腰掛けの上に置いて、スイッチオンして帰ります。翌朝、ダスト容器のごみを掃き出します。1週間に1回は、ブラシやゴミセンサーの掃除をします。

ゴミセンサー、ブラシの掃除を忘れて手痛い失敗をしました。販売スタッフからは、ダスト容器の清掃は聞きましたが、ゴミセンサーやブラシの掃除についての説明はありませんでした。開業して2か月ほどたったとき、ロボット掃除機が突然動かなくなりました。ブラシを外して見ると、ゴミセンサーにびっしりとゴミがはりつき、センサーの機能に支障が起こっていました。製造会社に送って直してもらいましたが、修理費1万7000円を取られました。

以来、ゴミセンサーやブラシの掃除は欠かしません。説明書をあとで読んだら「こまめに手入れしてください」と書いてありました。道具は大切に扱い、こまめに手入れをしていれば、物持ちもよくなります。バッテリーの交換時期は1年が目安と説明書にありますが、私のロボット掃除機のバッテリーは6年も持ちました。

コメント

徘徊中です。この電話番号に連絡してください

2017-01-30 09:42:50 | 健康・病気

整骨院があるマンションの掲示板に「認知症の人がマンションの防火扉を動かしたり、新聞受けから新聞を抜き取ったりすることが起こっています。徘徊中の人を見かけたら警察に連絡してください」との張り紙が出されました。

築40年以上のマンションですから、玄関はオートロックにはなっていません。出入り自由です。ここで整骨院を始めて6年余になりますが、認知症の人の徘徊は初めてです。高齢化社会で現れる現象が、身近なところにも訪れた、と感じました。

徘徊中の人を見つけたのは管理人さんでした。朝、マンションに到着すると、高齢の男性が防火扉を閉めようとしています。何をしているのか、と尋ねると、「寒いから」と答えたそうです。「ヘンだな」と」思いながら胸元を見ると、「徘徊中です。この電話番号に連絡してください」と書いた布が張り付けてありました。

それで、その番号に電話をすると、家族が飛んできて、老人を引き取りました。このことをマンション住民に伝えたところ、「新聞を抜き取られた」「早朝、ドアをトントンと叩かれた」「防火扉を開け閉めしている老人を見たことがある」との声が次々と寄せられました。

その結果が、掲示板の張り紙になりました。ところで、管理人さんに「いくつくらいの方でしたか」と尋ねました。「足腰はしっかりしていましたし、70歳すぎでしょうか」が回答でした。「私と同世代、70代は徘徊老人になってもおかしくない年齢なのか」と思わず考え込んでしまいました。

コメント

あっという間に70歳 ずーっとノンビリです

2017-01-27 09:55:28 | 健康・病気

今年いただいた年賀状の添え書きで、「これは使えるな」と思ったのが同年代の友人の男性が書いた「あっという間に70歳 ずーっとノンビリです」でした。今年70歳を迎える私は、来年の年賀状の添え書きに書こうかな、と思っています。気持ちの上では「ずーっとノンビリです」から、このフレーズも使えるかな、とも考えています。

自宅近くの浄土真宗のお寺には、今月の言葉が書かれています。昨年12月は「あっという間の一年、あっという間の一生」でした。振り返ると「あっという間」になりますが、その間は「山あり、谷あり」で、つらいことも悲しいことも多々ありました。

90歳の高僧が法話の際、聴衆の60代の男性に「60歳から90歳までは、どのように過ごされましたか」と尋ねられ、「一瞬だった」と答えたそうです。顧みれば、30年間の年月も「一瞬」になるのでしょうか。

年月が短く感じられるのは、打ち込むことがあるからにほかなりません。「あっという間の一生」は、ある意味幸せな人生と言えるのかもしれません。そういう考えから言えば、毎日の仕事があることはありがたいことなのでしょう。フランスの哲学者、ヴォルテールが言います。

「労働はわれわれを三つの大きな悪から逃れしめる。悪徳、欲望、退屈」

確かに、仕事にはトラブルがつきものですから、退屈はしませんね。

 

コメント

鉄ちゃんの子どもたちの知識量にびっくり!

2017-01-26 09:37:51 | 健康・病気

京都鉄道博物館に行ってきました。乗り物好きの5歳の孫の男の子が喜ぶのではないか、と家族全員で出かけました。新幹線、SL、ディーゼル電車などの実物が展示されており、孫はスキップして各フロアの展示ルームを見て回りました。

80分の1の鉄道模型が走行する鉄道ジオラマは、開演30分前に行ったのですが、鉄道ファンの親子連れで席はすでに満員でした。最後部の立見席に並びました。

アナウンスと同時にジオラマの照明が点きます。「新幹線のホームから始発電車が発車しました」とアナウンスされると、私の前の席の3歳くらいの男の子が「N700系のぞみ」と叫びました。そうした子どもたちの声はあちこちから上がりました。列車が走るたびに、系列を指摘したうえで「はやぶさ」「こだま」などの声が飛び出します。幼児の甲高い声ですから、3~5歳の男の子、女の子のようです。

鉄男、鉄子という鉄道ファンのオタク的な知識の深さは聞いていましたが、幼児の「鉄ちゃん」の知識量に驚かされました。

博物館では、3階のスカイテラスからJR京都駅を発着する電車を見ることができます。何気なく電車が到着するのを見ていたら、前の4歳くらいの男の子が「223系新快速」と叫びました。好きなことならば、スポンジが水を吸い込むように知識が頭に入っていくのですね。

 

コメント

体が動きにくくなったら、道具を使いましょう

2017-01-24 09:29:52 | 健康・病気

「リハビリで使う便利な道具」をテーマとした十三市民病院の健康セミナーを受けてきました。講師は作業療法士の若い男性です。この場合の道具は、自助具のことです。病気や加齢、事故などで起こる身体的な変化や障害によって、日常生活で不便になったり、できなくなったりしたことを、できるようにする道具です。

実物を持参して説明しました。最初に登場したのが、セルロイドをウサギの顔状に切って、耳のところにひもを通したソックスエイドでした。股関節、膝関節などの可動域の制限があり、一人では靴下が履けない場合に使います。「お父さん、やってください」と呼ばれて、私が実際使ってみました。セルロイドを縦に折り曲げ、そこに靴下をかぶせます。

足の指をハイハイさせながら、セルロイドの先まで入れます。ひもを引っ張り上げると、靴下が足にすっぽりはまりました。思った以上に簡単にできました。市販されているものは2000円以上しますが、型紙があれば、自分でもつくれます。

続いて、リーチャー。長い棒の両端に?型や|「型のカギがついています。上着やズボンを着たり脱いだりするときや、病室でのカーテンの開け閉め、エレベーターのボタンの操作など幅広い用途で使うそうです。お値段は5940円。

このほか、台付き爪切り、片手用の爪切り、片手用のハサミ、スプーンやフォークにつける太柄スポンジ、バネ箸などが紹介され、使い方を教えてもらいました。

病気や事故、加齢で体の動きに不都合が起こる恐れは誰もが抱えています。私は、そうした事態になったら、率先して自助具を使いたいと考えています。

 

コメント