まつたけ山復活させ隊運動ニュース

マツタケの発生は里山復活の王道であり里山を再生することはマツタケの復活に繋がる.再生アカマツ林から日本で初めての快挙!

第17回まつたけ十字軍運動のご案内

2005年10月15日 |  マツタケの林地栽培 
嵯峨嵐山のアカマツ林です.調査地になります.

 11月4日まで、京まつたけ(嵯峨ブランド)発生調査になります.
10月12日、有志9人で京まつたけ(嵯峨ブランド)の発生調査に出かけました.マツタケの発生に良いアカマツ林がありました.残念ながら、山は、未だ、若い.これは、植物の葉の色で判断.まだ暖かく秋本番になっていないことを意味する.また、落葉が乾きすぎで、歩くとぱりぱり音をたてる. キノコはほとんどなし、あっても乾燥標本の様.

 兵庫県三田市の丹波屋さん情報:丹波で立派な2本のつぼみを採取とのこと.
 亀岡の新メンバー今西さん情報:亀岡あたりも余り発生していないとのこと.

 京北では、9月の降水量が163mm、10月11日まで1日置きに6.8mmの降水量(ここは出ている).福知山では、9月に124mm、10月には、平均すれば1日2mmの雨が5回しかない.丹波マツタケが連続発生しない理由であろう. 京都アメダスによれば、9月に91.5mm、10月の雨量は、1日3mmの雨が4回しかない状態である.

10月22日(土)-23日(日)に、地球デザインスクール(地球DS)主催の丹後半島奥波見[共生の森」でまつたけ発生調査があります.参加者を募っています(地球DSのHP参照).

第 17回 作 業 予 定 日
1)実施日    2005年10月20日(木)
2)集合時刻 午後1時(午後4時作業終了)
3)集合場所 京都市右京区JR嵯峨嵐山駅前広場
4)服装等 山で軽労働できる服装、運動靴、タオル、手袋、など
5)用意するもの 飲料水、交通費など.
6)アクセス JR嵯峨嵐山駅12時55分着(京都駅12:38発、二条駅12:42 
         発、円町駅12:47発などから).
7)雨天の場合  午前11時現在雨天の場合や午後の降水確率50%以上の
         場合、本日の作業を中止します.

指定車輌に分乗する関係で、先着20名までとします.
参加申込が必要で、連絡は18日までに吉村へ.参加費は無料
自分の車で参加する方は、通行料1150円の個人負担で参加できます.
今後の調査日のお知らせ
集合等は、JR嵯峨嵐山駅前に午後1時(6台の限定車両に分乗、現地駐車場に移動します.
尚、車で参加希望の場合は、普通乗用車通行料1150円の個人負担となります.

10月29日(土):第18回作業日
11月4日(金):第19回作業日

主 催 団 体
吉村 文彦(連絡先;担当責任者)
まつたけ十字軍運動 本部    
607-8166京都市山科区椥辻番所ヶ口町173 075-581-3210(Fax兼用)、090-6227-4305
大月 健
京都大学マツタケ研究会(京大農図、大月 健気付090-4280-3334. 飯塚弘明)
共 催 団 体
NPO国際環境微生物応用研究機構、香川理化学研究所、NPO市民環境研究所
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 第16回まつたけ十字軍運動の... | トップ | 第17回まつたけ十字軍運動の... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教えてください。 (國貞 毅)
2018-10-11 13:13:52
私は岩手県に松茸山を所有していますが、年々取れなくなっています。原因はたぶん落ち葉が積もってきていることだと思います。そこで、落ち葉かきをしようと思うのですが、どの程度、掻けばよいのでしょうか?地肌が見えるまで掻いてよいのでしょうか?うちの山は大体3層です。比較的に若い赤茶色の落ち葉層、古い黒色の落ち葉層そして地肌です。毎年、松茸狩りシーズンが終わった11月か12月に行いたいと考えながら、一人でやるのは大変で、仕事もあるから、ついつい後回しにして、全くできていません。しかし、今年こそ行わなくてはいけないという覚悟でいます。ぜひ、どの程度、地掻きをすればよいか教えてください。お願い致します。
地搔きの程度について (宮崎 昭)
2018-11-19 11:33:56
コメントありがとうございます。
この活動レポートブログは代表と数名のメンバーが交替で担当しており、コメントいただいても気付かずスルーしてしまうことも多く大変失礼いたしました。
さて、ご質問いただきました地搔きの程度ですが、一言で申し上げますと「アカマツとマツタケが生存のために互いに共生を必要とする適度の貧栄養状態」ということになるかと思います。その程度は、地域の気候、立地、過去のマツタケ発生状況などに応じて対応が必要で、一概に標準化するのは難しいと思われます。
私たちの京都市岩倉では温暖化の影響か、年々気温の上昇傾向が見られ、里山の腐植などの栄養源の蓄積もかなりのものとなっており、結構強度の地搔きを行わないと厳しい状況です。
一昨年よりようやく発生を見るようになった山域は数10年前に開発業者が重機で造成(強度の地搔き)を行い、その後開発頓挫、放置され、パイロットプラントであるアカマツが優先繁殖したという、手入れ次第でマツタケ発生の可能性の高い条件を備えていた、と言えます。
岩手は気候的に現在、過去に西日本がマツタケ産地であったころの条件に近くなってきているものと思われます。また、ご所有地で過去にマツタケが発生していたころからどのくらい年数経過して富栄養化が進行しているかによっても地搔きの施業方法も考える必要があるかと思います。
詳しくは吉村代表の著書「ここまで来たまつたけ栽培」(トロント刊)をご覧ください。Amazonで手に入ります。
また、下記はじめこのブログでも折に触れて地搔き状況の報告をしておりますのでご参考ください。
頑張ってください。今後ともよろしくお願いいたします。
”下記”を入れ忘れました (宮崎昭)
2018-11-19 11:40:26
https://blog.goo.ne.jp/npoiroem/e/413610d3995eac225ff74edcf9557cdf

コメントを投稿

マツタケの林地栽培 」カテゴリの最新記事