まつたけ山復活させ隊運動ニュース

マツタケの発生は里山復活の王道であり里山を再生することはマツタケの復活に繋がる.再生アカマツ林から日本で初めての快挙!

まつたけ「十字軍」運動NEWSLETTER-334-

2008年08月30日 |  マツタケの林地栽培 
本日の活動日は小雨がぱらつく中で行われました。
本日の参加者は次の方々です。(敬称略)は、三輪、森、小原、石原、雅子、村上、中野、北村、榎本、仲広、藤井、前田、橋本(敏)、池内夫妻、阿閉夫妻、猫田、松川、前田、大久保、宮崎、ツトムちゃんの23名の方々でした。

 
午前中は雨が小雨ながら降り続く状態でしたので、山での作業は各班共に中止、ベースキャンプでそれぞれが思い思いに雨の日の活動をしました。取り付け道路の補修をするもの、
駐車場にチップを撒くためのチップづくり、枯れ木の焼却、薪作り、お昼の準備、


草刈りなどです。
 昼食後玉城班は水源池のタンクやホースの再設置作業に出かけました。
前回設置したホースを再度敷きなおしして、高さやルートの見直しをやりました。
その結果中継地点までの通水に成功いたしました。次回は現在整備作業を行っているところまでホースを伸ばして通水を行う予定です。
コメント

まつたけ「十字軍」運動NEWSLETTER-333-

2008年08月22日 |  マツタケの林地栽培 

散水用のホースにめでたく通水(玉城山)。

 


まつたけ復活・里山再生市民運動


     第155回(8月22日)まつたけ十字軍運動活動報告

 連日の猛暑も一段落。今日は久しぶりに過ごしやすい一日でした。天気予報では明日からまた蒸し暑くなると言っていますが。
 それにしても雨が少ないです。いっとき短時間集中的に降ったかと思うとしばらく降らない、総じて少ない。こんな状態でマツタケは今、どうしているのでしょうか?

 本日の参加者(敬称略)は、村上、三輪、前田、宮崎、加藤、石原、中広、橋本、榎本、阿閉夫妻、中野、北村、大月、雅子、有山、藤井、大久保、吉川、鈴木、大塚、米沢、近藤、安永、小原、玉城、まり子、内田の28名の方々でした。

<玉城山班>
 猛暑が続く上に雨も少ない。これではマツタケ発生条件は悪くなるばかり。そこで各地で効果があったと言われている“散水”をやってみようということになりました。

まず前回調査済みの水源から整備地上部まで水を引くためのホースを設置します。


荷解きしたホースの束をバラけないように丸太に通して伸ばしていきます。

ホースをつないで..

沢水の水源から水を誘引。

やった!水が出ました(表題写真)。

<澤田山 N-M班>
 今日は関西TVの取材があり、N-M班の自然公園整備地での作業の取材を受けました。早くも今日夕方に放映されたらしいです。筆者は残念ながら見られませんでした。

<澤田山 中広班>
 いつもの最高峰整備地へ。お盆前後の眩暈がしそうなころと比べると、つかの間のしのぎやすい気温の中、地掻きに精を出しました。

 阿閉さん考案の新兵器の“袋ソリ”。ガラ入れ袋の底にトタン板のソリを取り付けて斜面を滑り下ろせるように工夫しました。

斜面を滑らせて下ろします。

一度に担架型ソリの5倍くらい積め、斜面でもこぼすことなく下ろせます。

 地掻きしたあとにあらわれた根っこ。栄養豊富な腐植が積もったところに根が伸びているのがあらためて確認できました。

 シロができる深さまで根が伸び、マツタケの胞子が根まで届き、地中深く水が滲みこむようにするためには、適度の地掻きが大切です。

<香川山BC>
 陶芸窯(多機能窯)の仕上げ、天井ドーム用のレンガ作りに余念のない橋本さん。

前田さん他の方々の地道な作業で、枯損松を活用した窯用の薪も「二冬くらいの暖房はOK」というくらい積み上がっています。

 昼食メニューはカボチャカレー、サラダ、デザートあんみつでした。

 本日の賄班のみなさんです。おいしい食事をありがとうございました。

(宮崎 記)

コメント

まつたけ「十字軍」運動NEWSLETTER-332-

2008年08月15日 |  マツタケの林地栽培 
京まつたけの復活を濱稔の碑に報告するまつたけ十字軍運動の仲間達


まつたけ復活・里山再生市民運動
 次回の活動日は,第155回 8月22日(金)です.

 私たちは,マツタケの生物学的起源とその伝搬経路の探索を計画している.その過程で、まつたけの食文化に興味を持つ内外の人類学者達と出会った.マツタケの取り持つ縁である.未だ端緒にすぎないが、果たしてマツタケはどんな世界を描くのだろうか? 
 


シンポジウム マツタケがつなぐ世界


日時:2008年9月20日(土)午前10時~午後5時30分 

   場所:京都大学国際交流ホール2(百周年時計台記念館2F)

   資料代:500円

  挨拶
  10:00-10:15 挨拶
    鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター教授)

  10:15-11:00
   ◎マツタケとパイン・マッシュルーム
    佐塚志保(トロント大学人類学部)

  11:00-12:00
  ◎マツタケ研究の流れ
  小原弘之(同志社女子大学名誉教授)

  12:45-13:30  
  ◎まつたけ考     
    吉村文彦(マツタケ生態学者)
 
  13:30-15:00
  ◎里山再生運動とまつたけ(各地のフィールドから) 

 琵琶湖沖島(川嵜悦子(株)日吉)、 亀岡市(河田裕輝他 京都学園大生)、 木津川市鹿背山(中村伸之 鹿背山クラブ)、 綴喜郡宇治田原町(山本 薫  マツタケ研究会)、右京区京北地域(井本寿一 )、石川県珠洲市(赤石大輔  金沢大)

  15:15-16:00
  ◎まつたけ人類学
   上田耕司(かね松老舗)

  16:00−16:30
   ◎行って来い帰って来い窯 -火・土・水、循環の再生-
近藤高弘(工芸・美術家)

16:30-17:30
   ◎パネル・ディスカッション―まつたけがつなぐ世界― 
    コーディネーター:石原敏行(まつたけ十字軍運動事務局).吉村文彦
     パネラー:阿閉仁美・榎本輝彦・小林雅子・中広建治・猫田哲三他 
          会場との掛け合い


主催:京都大学こころの未来研究センター(大石高典 075-753-9681)
   京都大学マツタケ研究会(大月 健 075-753-6016)

共催:まつたけ十字軍運動・京都学園大学マツタケ研究会


まつたけ十字軍運動とは?
 まつたけ復活・里山再生まつたけ十字軍運動は、生物の保全・多様性上危機に瀕する里山をマツタケ山に戻すことが目的である.近代的マツタケ学発祥の地、京都市左京区岩倉を活動の拠点として、放棄されたアカマツ林でマツタケ山づくりを楽しむことをモットーとしている.
私たちの山づくりは、
a)山-川-畑・水田(-海)のつながりを意識する.
b)“自然”との共生-徹底した有機物循環型の農林「業」をおこなう.
c)里山のバイオマス資源、有用植物・キノコなどを活用する. 
しかも楽しくなければならない!運動の中身は参加者の皆さんが創り上げることを
前提としていて、参加者の数だけ面白いことがあると自負している.

開催予定日 2008年8-10月
活動場所は岩倉香川山他.活動開始は、午前10時頃から.
第155回:08月22日(金)宮崎(ブログ報告担当者名)
第156回:08月30日(土)三輪
第157回:09月05日(金)榎本
第158回:09月12日(金)宮崎
第159回:09月20日(土)榎本
シンポジウム「マツタケがつなぐ世界」 京都大学時計台;午前9時30分
第160回:09月27日(土)榎本
第161回:10月04日(土)三輪
第162回:10月10日(金)宮崎
第163回:10月18日(土)榎本
第164回:10月24日(金)三輪
第165回:11月01日(土)吉村

<カンパ! ありがとう> 
  カンパ等の振込先:
氏名: まつたけ十字軍 代表 吉村文彦 
銀行名: 京都銀行 山科中央支店 
口座No.: 普通預金 3698173 

主 催 
吉村 文彦(マツタケ生態学者)
まつたけ十字軍運動 代表
〒607-8421 京都市山科区御陵岡ノ西町38-27.075-581-8932, 090-6227-4305

共 催 団 体
京都大学マツタケ研究会(代表 大月 健)
京都市左京区北白川 京都大学農学部図書室気付(大月 健090-4280-3334)
NPO国際環境微生物応用研究機構、香川理化学研究所、NPO市民環境研究所
コメント

まつたけ「十字軍」運動NEWSLETTER-331-

2008年08月08日 |  マツタケの林地栽培 
ナラ枯れのコナラを処理する。




まつたけ復活・里山再生市民運動


第154回(8月8日)まつたけ十字軍運動活動報告


 今日も35℃を越える猛暑。風も無く蒸し暑い。BCでは昨週以前に伐採したナラ枯れ病に侵されたコナラの薪割りが始まっていた。思った以上に硬く、クサビを打ち込んでの作業である。とにかくカシノナガキクイムシを撲滅しなければならない。一部は丸太のまま焼いて熱中死させる。 今夏、予想以上に被害が広がっているようだ。
 本日の参加者(敬称略)は、松浦、加藤、橋本、三品、川崎、三輪、中広、阿閉夫妻、雅子、宮崎、有山、周田、村上、佐塚、中野、まり子、大月、大石、岡阪、小原、前田、中川、猫田、藤井、石原、松川、榎本の28名だった。

<BC>・・・皆が、各作業山へ出かけている間、女性班を中心に昼食の準備が進んでいる。今日も自家菜園で収穫した無農薬有機野菜をメインとした献立だ。

<玉城山ⅠⅡ>・・・先週作ったログのイス・机の脚を鎹で固定。むせるような暑さの中、橋本シュート上部尾根の整備を続行する。 
 
<澤田山ⅠⅡ>・・・村上班は、旧レール横のアカマツ林を、昨週に続いて整備した。  N-M班も継続してナラ枯れのコナラの処理作業を行っている。
 
<澤田山Ⅲ>・・・中広班、今回はブルーシートをシューターにして腐食の掻き下ろしを行いました。今日の暑さにさすがにみんなヘロヘロでした。 

 途中、カシノナガキクイムシに派手にやられたコナラの木がありました。早晩、この山にも広がりそうです。ナラ系の木が駆逐されることはアカマツ林の再生にとって吉なのでしょうか?凶なのでしょうか?・・・と、MYさん。
 

 <田圃>・・・穂が垂れてきた。水門の管理が大変である。当番を、日曜(前田)、火曜(中川)、木曜(三輪)と決めている。


 北京オリンピックの開幕中継を見ながら、ブログを書いている。来週の活動は、お盆で一休み。次回は22日の活動日だが、その間も、田や菜園の水遣りなど何人かのメンバーは自主活動しているようだ。暑いので事故の無いよう慎重に。
(E記)
コメント

まつたけ「十字軍」運動NEWSLETTER-330-

2008年08月06日 |  マツタケの林地栽培 
里山づくりに必ず生まれるバイオマスの多角的利用を図るために、我々は有機堆肥、完全無農薬で米作りもしている



まつたけ復活・里山再生市民運動


第154回(8月8日)
まつたけ十字軍運動活動開催のお知らせ

 暑い日が続きます.京都では、昼過ぎから夕方に掛け、大きな粒の激しい雨が降ります.
今頃、マツタケの菌根があるあたりも地温はずいぶん高くなっている.8月の初めには、岩倉の地表下10cmの地温は25℃近くになっている.気温は33℃前後である.林業に携わる人や林学の研究者達は、今頃アカマツの根は伸長を止めると云う.実験室内では、気温25度でアカマツを栽培すると根は休むことなく伸びるのだが・・・・.すると、新たな菌根形成も止まる.いよいよ秋らしくなってきたときのために、菌根は成熟期に入っているのである.
 今年のマツタケ発生期は、どんな気象になるのか不安である.
 
私事であるが、この夏の暑さから逃げ出して、世界のマツタケを考える旅に、約ひと月ほど出かけることになりました.
皆さん、猛暑のみぎり、お体にお気を付け下さい.
 
<お知らせ>
1)8月10日(日) 滋賀県栃垰と椿垰の間で焼畑実施
前日の天気が良ければ余呉の北端、栃垰と椿垰の間で焼畑をします。興味がある方がいらっしゃれば、お知らせ下さい。火入れ・カブラ植え付けの後、そばの清流わきでバーベキューです。参加費は2~3千円。連絡は 滋賀県立大学の黒田末寿へ(kurodasuehisa@yahoo.co.jp)

2)里山産業創造ワークショップ開催(雨天の場合は、中止)
8月21日(木)午前9時30分より
観音寺峠道の入口に集合※峠道入口の南側(モン・スイユ向い)に駐車スペースあり。外来の方はJR線路側から進入してください。問い合わせは0774-73-2708(田中)に。
8月22日(金)、23日(土) サンタウン夏祭り(高の原駅前)  14時から21時まで 

3)8月28日(木) 13時~16時 金沢大学「能登里山マイスター養成プログラム」(http://cr.lib.kanazawa- u.ac.jp/meister/)の受講生10名が見学にこられる.

4)8月30日(土)18:30~   「京都のナラ枯れ問題を考える市民の集い」がある.
会場:ホテルグラン京都清水(電話:075-561-9900(旧保養所きよみず)
東大路五条から五条坂を清水寺の方に 登っていき途中、中ほどで左に曲がって(右はちゃわん坂)100メートルほど。問い合わせは、メンバーの杉山廣行へ.

5)9月20日(土)午前10時から(受付9時30分)
京都大学心の未来研究センター、京都大学マツタケ研究会、京都学園大学マツタケ研究会並びに京まつたけ復活・まつたけ十字軍運動共催で、「マツタケがつなぐ世界」と題してシンポジウムが、京都大学国際交流ホール2(本部時計台2F)で開催されます.
演題は、「マツタケとパインマッシュルーム」、「マツタケ研究の流れ」、「マツタケ考」、「里山とマツタケ山づくり(各地の事例報告)」、「北東アジアのマツタケ事情」、 「まつたけの人類学」、「まつたけ十字軍運動3ヶ年の軌跡」
問い合わせは、京都大学マツタケ研究会の大月 健090-4280-3334)に.

<メール便り> どんどんお寄せください
1)柳内久俊さんから
 暑中お見舞い申し上げます。いつもマツタケ十字軍の活動報告をいただきありがとうございます。時々出張で京都を過ぎる度にはるか岩倉の方を眺めております。
 さて、暑い日が続きますが、一昨日久しぶりに築地市場にランチを食べに行きましたら、何と今年初めてマツタケに出会いました。中国産で10~15cm、3本詰めで1700円、Kg当たり5~6000円のようです。こげ茶色で日本産より色が濃く、おそらく航空便でしょうが、あまり傷みはありません。でも、中国産の表示が一切ないのが曲者です。
 いつもお盆を過ぎるとコメとかマツタケの出来が話題なりますが、今年はどうでしょうか。また機会をみつけてお話を伺いたいと存じますのでよろしくお願いします。

まつたけ十字軍運動とは?
まつたけ復活・里山再生まつたけ十字軍運動は、生物の保全・多様性上危機に瀕する里山をマツタケ山に戻すことが目的である.近代的マツタケ学発祥の地、京都市左京区岩倉を活動の拠点として、放棄されたアカマツ林でマツタケ山づくりを楽しむことをモットーとしている.
私たちの山づくりは、
a)山-川-畑・水田(-海)のつながりを意識する.
b)“自然”との共生-徹底した有機物循環型の農林「業」をおこなう.
c)里山のバイオマス資源、有用植物・キノコなどを活用する. 
しかも楽しくなければならない!運動の中身は参加者の皆さんが創り上げることを
前提としていて、参加者の数だけ面白いことがあると自負している.

開催予定日 2008年8-10月
活動場所は岩倉香川山他.活動開始は、午前10時頃から.
第154回:08月08日(金)榎本(ブログ報告担当者名)
第155回:08月22日(金)宮崎
第156回:08月30日(土)三輪
第157回:09月05日(金)榎本
第158回:09月12日(金)宮崎
第159回:09月20日(土)吉村
シンポジウム「マツタケがつなぐ世界」 京都大学時計台;午前9時30分
第160回:09月27日(土)榎本
第161回:10月04日(土)三輪
第162回:10月10日(金)宮崎
第163回:10月18日(土)榎本
第164回:10月24日(金)三輪
第165回:11月01日(土)吉村

<カンパ! ありがとう> 
  カンパ等の振込先:
氏名: まつたけ十字軍 代表 吉村文彦 
銀行名: 京都銀行 山科中央支店 
口座No.: 普通預金 3698173 

主 催 
吉村 文彦(マツタケ生態学者)
まつたけ十字軍運動 代表
〒607-8421 京都市山科区御陵岡ノ西町38-27.075-581-8932, 090-6227-4305

共 催 団 体
京都大学マツタケ研究会(代表 大月 健)
京都市左京区北白川 京都大学農学部図書室気付(大月 健090-4280-3334)
NPO国際環境微生物応用研究機構、香川理化学研究所、NPO市民環境研究所

コメント

まつたけ「十字軍」運動NEWSLETTER-329-

2008年08月02日 |  マツタケの林地栽培 
久しぶりの素麺流し. 今度は岩倉の子供たちとの約束の素麺流しをやんなきゃ!




まつたけ復活・里山再生市民運動


第153回(8月2日)
まつたけ十字軍運動活動報告

 昨日の夜から蒸し暑さが続いていたが、朝は、曇りのため活動が少しやり易いとのことであった.昼からは 時々熱い日差しがあり、アウトドア活動には過酷な天気だった.朝10時の京都市の気温(円町)は、30.2℃、湿度62%.岩倉BCの気温は28℃.

香川山BCに着くと、我らがニホンミツバチの逃亡の原因が解明されていた.当初は、環境の悪化がその要因と思われたが、これは、山形でサクランボが盗まれたり、各地の米が盗まれる事件が報道されているが、これらと同類であった.ミツバチ泥棒のお出ましである.隠せぬ証拠が発見された.ハチ泥の残した証拠品の分泌物などから個人情報が特定できる.このハチ泥野郎は、もう一つの巣からハチを盗めなかった.

俺たちを舐めるなよ、 蜜じゃねーんだぜ、 まつたけ十字軍だぞ! 
マツタケ泥棒対策には、高性能な映像撮影装置がある.
泥さんよ!! 未だ、おいしい蜜があるぜ! もう一度 来い 来いだ.今度は三振アウトにしてやる.

メンバーが楽しみにしていたニホンミツバチは、このように「誘拐」された.残された蜂蜜は、みんなで戴いた.混ぜものなしの蜜である.セイヨウミツバチの味とも違う.しつこくない甘みがなかなか良い.

ということで、本日の活動に参加された方々は、26名で、お名前(敬称略)は、森、川崎、三輪、三品(スイカありがとう)、中川、村上、佐塚、雅子、斉藤、橋本棟梁、榎本、内田、中広、大久保、藤井、有山、杉山、多田、中野、阿閉夫妻、石原、池内夫妻、猫田と筆者である.

 8月には、プロは山仕事を休む、アマチュアーは休まない.賃金が絡まない計算のない趣味の世界である.いったい、彼らは何をしているのだ.興味が持たれる.皆さんの活動の様子を見ることができます(それらを覗くにはパスワードが必要).ブログ画面左下Bookmark中のまつたけ復活・里山再生運動写真集(Nikon)を左クリックすると、ニコンオンライン写真集の画面に飛ぶ.その画面の右上にパスを入れるところがある.そこに10ji(読みは10時: 半角英数)を入れる. これでOK. スライドショウが見やすい.必要な写真は、右クリックで保存下さい.

<お知らせ>
1)里山産業創造ワークショップ開催(雨天の場合は、中止)
8月21日(木)
午前9時30分:観音寺峠道の入口に集合※峠道入口の南側(モン・スイユ向い)に駐車スペースあり。外来の方はJR線路側から進入してください。問い合わせは0774-73-2708(田中)に。
8月22日(金)、23日(土) サンタウン夏祭り(高の原駅前)  14時から21時まで
 
2)8月10日(日).滋賀県栃垰と椿垰の間で焼畑実施
前日の天気が良ければ余呉の北端、栃垰と椿垰の間で焼畑をします。興味がある方がいらっしゃれば、お知らせ下さい。火入れ・カブラ植え付けの後、そばの清流わきでバーベキューです。参加費は2~3千円。連絡は 滋賀県立大学の黒田末寿へ(kurodasuehisa@yahoo.co.jp)

3)8月28日(木) 13時~16時 金沢大学「能登里山マイスター養成プログラム」(http://cr.lib.kanazawa- u.ac.jp/meister/)の受講生10名が見学にこられる.

4)8月30日(土)18:30~   「京都のナラ枯れ問題を考える市民の集い」がある.
会場:ホテルグラン京都清水(電話:075-561-9900(旧保養所きよみず)東大路五条から五条坂を清水寺の方に 登っていき途中、中ほどで左に曲がって(右はちゃわん坂)100メートルほど。問い合わせは、メンバーの杉山廣行へ.

2)9月20日(土)午前10時から(受付9時30分)
京都大学心の未来研究センター、京都大学マツタケ研究会、京都学園大学マツタケ研究会並びに京まつたけ復活・まつたけ十字軍運動共催で、「マツタケがつなぐ世界」と題してシンポジウムが、京都大学国際交流ホール2(本部時計台2F)で開催されます.
演題は、「マツタケとパインマッシュルーム」、「マツタケ研究の流れ」、「マツタケ考」、「里山とマツタケ山づくり(各地の事例報告)」、「北東アジアのマツタケ事情」、 「まつたけの人類学」、「まつたけ十字軍運動3ヶ年の軌跡」
問い合わせは、京都大学マツタケ研究会の大月 健090-4280-3334)に.


<メール便り> どんどんお寄せください
1)雅子さんから投句
  山男への賛歌  
       道程のたかがひとふりされど一鍬ゆめつづく
 


まつたけ十字軍運動とは?
まつたけ復活・里山再生まつたけ十字軍運動は、生物の保全・多様性上危機に瀕する里山をマツタケ山に戻すことが目的である.近代的マツタケ学発祥の地、京都市左京区岩倉を活動の拠点として、放棄されたアカマツ林でマツタケ山づくりを楽しむことをモットーとしている.
私たちの山づくりは、
a)山-川-畑・水田(-海)のつながりを意識する.
b)“自然”との共生-徹底した有機物循環型の農林「業」をおこなう.
c)里山のバイオマス資源、有用植物・キノコなどを活用する. 
しかも楽しくなければならない!運動の中身は参加者の皆さんが創り上げることを
前提としていて、参加者の数だけ面白いことがあると自負している.

開催予定日 2008年8-10月
活動場所は岩倉香川山他.活動開始は、午前10時頃から.
第154回:08月08日(金)榎本(ブログ報告担当者名)
第155回:08月22日(金)宮崎
第156回:08月30日(土)三輪
第157回:09月05日(金)榎本
第158回:09月12日(金)宮崎
第159回:09月20日(土)吉村
シンポジウム「マツタケがつなぐ世界」 京都大学時計台;午前9時30分
第160回:09月27日(土)榎本
第161回:10月04日(土)三輪
第162回:10月10日(金)宮崎
第163回:10月18日(土)榎本
第164回:10月24日(金)三輪
第165回:11月01日(土)吉村

<カンパ! ありがとう> 
  中野さんから追加のカンパを頂戴しました.
カンパ等の振込先:
氏名: まつたけ十字軍 代表 吉村文彦 
銀行名: 京都銀行 山科中央支店 
口座No.: 普通預金 3698173 

主 催 
吉村 文彦(マツタケ生態学者)
まつたけ十字軍運動 代表
〒607-8421 京都市山科区御陵岡ノ西町38-27.075-581-8932, 090-6227-4305

共 催 団 体
京都大学マツタケ研究会(代表 大月 健)
京都市左京区北白川 京都大学農学部図書室気付(大月 健090-4280-3334)
NPO国際環境微生物応用研究機構、香川理化学研究所、NPO市民環境研究所
コメント