まつたけ山復活させ隊運動ニュース

 松茸は奈良時代から珍重されてきたが、絶滅が心配される.松茸山づくりは里山復活の近道であり里山の再生は松茸復活に繋がる.

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTR 1617

2022年07月02日 |  マツタケの林地栽培 

7月1日(金)第795回活動報告

本日の参加者は、橋本、前田、松田(洋)、大島、、内田、関、松本、河原、大久保、西川、𠮷村、三輪、Bibi、中野、宮崎、シバヤマ、TAKE、松浦

の、18名の皆さんでした。

連日35℃を超える猛暑、本日も京都38℃の予報の中、前日の内田代表の連絡メールには熱中症への懸念から「参加を含め、作業内容も、各自合理的判断

を望む」旨の通達がありました。 炎天、予報通り、岩倉基地の気温も38℃を超えていました。

 

17年前、活動を開始した頃、基地には赤松がにぎやかに育っていました。 松枯れは年々、留まることなく進行し、とうとう基地内で最も大きかった松も

最期を迎え、炎天下の中、関さんが伐採し視界から消えました。 年輪は35年程、直径42cm、マツノザイセンチュウに侵され変色した痕跡が痛々しい。

因みに基地背後香川山、シロを形成しマツタケが収穫された辺りの松も同じ頃の樹齢です、が、太さは半分位で痩せている。育つ環境の違いが瞭然です。

 

玉城山三輪班  大阪を眺望できる休憩ベンチに、急な雨に備え、雨宿りのブルーシートがいつでも張れるように支柱を建てる段取をしていました。 

 

ヤマガラ班: E地区、研修中のBibiさんも加わり、今後の作業段取りを立てるため現地調査です。 繁見峠で分岐を左に進んだ林道、ここが終点、行き止まり。

前田さんの軽トラ、中央木立の影に橋本さんの四駆。写真では暑さの程は分かりませんが、木立の中も相当暑い!!

 

シイタケ栽培圃場  故中広班の圃場、水量の細い川があり、シイタケ栽培には最適地。ホダギの累計は推定1000本(もっと多かったかも)、二軒茶屋駅

に通じるハイキングコースの尾根道の最高部付近まで開拓し、伐採、集めたもの。 ホダギの多くは適性な太さを超えており、重く、作業は相当きつかった。

今でも僅ながら、なでしこ班により収穫され、昼飯の食材になっています。

 

猛暑、炎天、プラの波板を通す日差しに耐え切れず、ブルーシートを張りました。

 

基地と菜園には様々な実のなる木が育っている。下記の他に、柿・丹波栗・かりん・ぐみ・いちじゅく 等

ガマズミ : 赤くなり、晩秋のころ、表面に白い粉が吹くころが最も美味のようです。

ブドウ : 種類は分かりませんが、お盆のころには熟すだろうか。

ナツメ : 秋に赤く色づき、リンゴのような味がする。小生実家では”砂糖漬け””焼酎漬け”にしていた。  

 

 

なでしこ班 : 猛暑ゆえ、昼飯作りは中止しましたが、調味料等の調達、持ち込み、収納をはじめていました。

冷蔵庫にカビが発生していたため、拭き取った後、終日ドアーを開いて乾燥させていました。

 

阿山班、三品班、川本班は、お休みでした。

来週は、台風4号の影響で猛暑も一時収まる予報ですが、その先は・・・・。  無理せず、くれぐれもご自愛ください。

                                             (大島 記)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTR 1616

2022年06月26日 |  マツタケの林地栽培 

6月25日(土)第794回活動報告

本日の参加者は、前田、橋本、大島、吉川、西川、川本、松本、小林、三品、仲間、ハイン・マレー、北村、三輪、村岸、松浦、ホリキタ、Bibi、アトジヒトミ、アトジマユミ、宮崎、山田、松田、フジイテイコ、河原 の24名です。

このくそ暑いときに、海外からも含めて、こんな多くの人が集まるのは驚きです。

今日は朝から薪を束ねて、出荷する作業が始まりました。

 

これは椅子が逆さになっているのではありません。

 

このように、薪を束ねるための道具です。いろいろ考えて作るもので、何でも作れそうです。

 

そして早速、トラック一台分が一杯になり、陶芸家のもとに出荷されました。

 

ベースキャンプの下の段にあった薪は、上の段にもって上がるよりも下の道路に落として、車で持っていく方が効率的ということになりました。

 

道路に落とします。

 

午後からは、午前中に山で作業していた班も、薪の束作りに参加します。

 

積んであるのが終わって作業終了と思っていたら、下の道路にあった薪が運ばれてきます。これが最後と聞いていたように思うのですが、終わったら、また薪を満載したトラックが到着しました。そして、これも最後ではなかった。

 

束ねた薪を積むところも、新しく作ります。

 

そしてやっとマツの薪の作業が完了。たまたま最後に残っていたメンバーで記念撮影をしましたが、全員の頑張りの成果です。写真に入ってない人、ごめんなさい。

 

最後にブルーシートをかけて完了です。

 

食事の再開に向けて、かまどの修理も進んでいます。なんでもできるグループです。

 

前後しますが、午前中は阿山班は不要木の伐採、マツの下枝の処理、落ち葉かきなど。

 

三品班は地かきなど。

ストーンサークルのような休憩場所を作りました。ベースキャンプから少し登らねばなりませんが、遊びに来てください。

既に梅雨が明けたような感じで、連日30℃以上の暑さが来週も続きそうです。年齢相応の注意を払って、この夏を乗り切りましょう。

(北村 記)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTR 1615

2022年06月18日 |  マツタケの林地栽培 

6月17日(金)第793回活動報告

花は上をめざすというのか。BCのひな壇の擁壁で咲いているのだけれど、道からは気付かないし、畑からは見えない。

本日の参加者は、河原・大島・橋本・前田・内田・Bibi・吉川・ムラギシ・北村・松浦・川本・大久保・西川・宮崎・TAKE・アトジヒトミ・アトジマユミ・三輪・三品・川崎・中野・シバヤマヨウコ・松本・仲間・まりこ・吉村さん(26名)だった。

BCの様子

長靴などを置く場所が台所倉庫裏に移動された。

  

束ねた松(薪)が出荷されている。(しばらく結わえる作業も続けられるようだ)

  

玉城山

三輪班;残り株の始末など。かってまつたけが多く発生した場所と伝えられている玉城山上部の大岩付近の様子。しめ縄の出番がありそうな雰囲気。

 

澤田山

しげみ峠にはホンダの血統につながる緑の一台がとまっていたー君もよう働くのう。向かいでは半夏生が咲き続けているが、なんだか緑の部分が多くなってきたようだ。

 

阿山班;手前で電池駆動のチェーンソーが新規出動。さらに奥のほうでは補整作業をしておられた様子だが、姿は見えない。

ヤマガラの里;奥深くで作業なのか、どこまで行ったのか分からない。

入口近くの足元に古いPETボトルを半切したものが出てきた。この形は日本ミツバチを飼っていた時にスズメバチトラップにしたボトルの一部にちがいない。12年ほど前になる。杉山さんが居た。この左手の林間に巣箱を置いていたのだった。皆伐後の再生の力が見えるところ。

 

川本班;林道わきの自転車。山では補整作業をしている様子が白く写っているのだけれど…本当に急斜面だ

 

香川山

三品班;入口で刈り込み作業のSさんに登り口を尋ねた。これはBCに一番近くて一番遠い(ほそい)道とおもう。作業場所は計画の最奥に近づいている様子。ここまでくれば腰をおろして?

  

この日の午後には運営員会が開かれました。記録は別途報告されますが、4月からの参加者数の記録(本ブログから集計)、10月までの活動日予定と暑気払い、まつたけの”OMATSURI日程”などがまとめられました。天気がよければ25人前後が参加している様子です。

次回活動日の25日(土)にはまたBCでお会いしましょう。この日も梅雨の晴れ間でありますように。  (内田記)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTR 1614

2022年06月11日 |  マツタケの林地栽培 

令和4年6月11日(土)第792回目の活動定例報告

 本日の参加者は次の通り 河原、前田、大嶌、内田、橋本、三輪、松田、松本、仲間、マレー、Bibi、三品、大久保、ホリキタ、カワサキ、ムラギシ、西川、宮崎、シバヤマ、やまだ、

松浦、アトジ(ヒ)、アトジ(マ)、フジイ(テ)の24名。

今日はベースキャンプに到着すると、Bibiさん、マレーさん、仲間さんら来ていて岩倉まつたけ

のグループが活動する里山での活動状況を調査したいと参加されていました。

三輪班は玉城山の林道にある雨水の設備にゴミが溜まっていないかと掃除をしながら

向かいました。私はしばらく同行していましたが、他のグループの様子を見に行くため

彼らと別行動をとることにしました。

繁見峠からまず最初に川本班の山を見に行きました。いつもは下から眺めるだけで取材をすましていたのですが、一度上まで登って見ようと急な坂を登りました。

上から見ると対岸の山の斜面が大きく削られて、ブルドーザーが斜面の上部まで上がって土を削り取っていました。こちらの斜面で作業をしているはずの大嶌さんを探した

のですが、下に自転車があるのでいるはずなのですが姿を見つけることができません。残念。

またやまがら班についても軽トラックはあったので、中に入って探して見ましたがここでも仲間の姿を見つけることが

できませんでした。ここも残念。

繁見峠に戻り、今度は山田さんらが作業している現場に向かいました。

 少し探し廻り、斜面の下の方で作業をしている二人の姿をようやく見つけることができました。

 今日はどこへ行っても作業中の仲間を見つけることが困難な一日でした。

 ベースキャンプの上部で作業している三品班の取材はできませんでした。

 文責 三輪

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTR 1613

2022年06月03日 |  マツタケの林地栽培 

6月3日(金)第791回活動報告

天気は晴れ、本日の参加者:関・橋本・大島・松浦・川崎泰・三輪・斉藤・川本・前田・西川・内田・堀北・川崎伸・吉村・宮崎・北村・TAKE・アトジ(ヒ)・アトジ(マ)・中野・三品・ヤマダ・松本・まりこ・シバヤマ・河原の26名

本日のハイライト3つ

①仲間真子さんのご主人、ハイン・マレーさん(来日前はアジアの国々で20年森林管理に関わっておられ、3月迄地球研に在職)我々の活動に興味をもたれて視察に! 内田代表が案内 

⓶本日後期高齢者の仲間入りの北村さん

他の団体ならば長老扱いで優遇されていたかも?ですが我が隊では未だ中年の働き盛り?

③2~3年前にそのバーをクリアーされた斉藤さん お元気そうです!!

【阿山班】

地掻き+急斜面+暑い➡いい表情をしている 何故??

資本主義では理解出来なくても、禅宗なら判る!!

その作業を眺めるハイン・マレーさん そのココロは判ったと思います

【三輪班】今日はゲストの案内役

繁見峠の通称宮崎小屋にてハイン・マレーさんを囲んで一服

小屋も天井に穴開き、補修が必要のようです

【ヤマガラ班】

早めに山作業終えて薪の束作りにみんなで(避暑テント張る細かい気配り)

【川本班】

大島さんがシダ刈りするも、時間なく取材出来ず

【三品班】

1ヵ月振り参加の川崎伸さん 地掻き 正直キツイでもこれが基本作業なんです

関さん 我々が集まった頃には香川山の枯れ松を1本伐採して、焼却作業中

    いつもすることが速い!!

ご連絡:お陰様で会費と運営資金が皆様のご協力を得まして予想以上に集まりました

よって作業用器具・補修材料他の部材等の購入が可能です 申し出下さい

                          川本(記)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTER 1612

2022年05月28日 |  マツタケの林地栽培 

5月28日(土)第790回活動報告

 

晴。過ごしやすい山日和でした。
本日の参加者は、
前田、大島、吉川、橋本、仲間、松浦、西川、三輪、阿閉(仁)、阿閉(眞)、柴山、山田、川本、宮崎、松本、河原の16名でした。

玉城山三輪班
今日は点検のみ。

澤田山阿山班
掃除など補整作業。

同ヤマガラ班
荷物はあれどメンバー見つからず。

同川本班
笹の根切り。地勢調査。

香川山三品班
作業はお休み。

BC昼の休憩タイム。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTR 1611

2022年05月20日 |  マツタケの林地栽培 

5月20日(金)第789回活動報告

 本日の参加者は、大島、前田、橋本、河原、TAKE、内田、中野、北村、小林、𠮷村、三輪、大久保、シバヤマ、アトジヒトミ、アトジマユミ、山田、西川、三品、

藤井、関、川本、松本、各氏の22名です。

 終日、薄曇りで、気温26℃位、5月の爽やかな日和でした。

 先週に引き続き、各班の現地見学・説明会です。  ① 三輪班 ② 阿山班 ③ ナデシコ班

 

 三輪さんの先導で、当時作ったつづら折りの道を登る。 その頃は班分けもなく、皆がこの先で

作業。「まつたけ復活させ隊」が発足して数年後、この玉木山で初めて「松茸」が見つかりました。

 当時の面影がない程に成長し、松山に変貌している! いつの間にここまで、感心しました。

 倒木や伐採した丸太、枝や藪、腐葉土の搬出方法は毎回試行錯誤、その跡はまさに遺構です。

 林道の上部の領域はかつて松茸が豊富に取れた場所。そこからの眺望、大阪まで一望できます。

 

 阿山班、繁見峠から蓑ノ裏ケ岳の登山道に入ると、そこは樹齢14~15年、地面は故吉村先生が言っていた

「日傘をさしてハイヒールで歩ける状態」に、完璧までに完成した松林でした。

 その領域を抜け奥に分け入ると、領域の拡張に手掛けるも、メンバーの体力も衰え始めた今、「どなたか

続きを引き受けてもらえませんか!」と、嘆く山田班長。

 阿閉さんの「ものしり科学」は、マツボックリ、枝の広がりはフィボナッチ数列、・・・のお話でした。

 

 午後はナデシコ班、ですが、今はコロナ禍の三密自粛ゆえ、皆が待ち焦がれる昼食作りは休止中、

「再開できる日が早く来てほしい・・・」と訴える中野班長。 

 活動日、参加者の義務は「同じ釜の飯を食うこと!」、早く義務が実行できます様に、その日まで我慢我慢!

 

 朝、基地に着いてびっくり、なんと立派な屋根ができていました。

 橋本さんこと棟梁が自身の技で築き上げたもの、どんな土砂降りの雨でも安心、しのげます。

 支柱など資材のご提供、他、ご尽力くださった皆さんありがとうございます。

 

 繁見峠の ヘビイチゴ(蛇苺)、蛇との関わりを連想し、毒があるという俗説を信じていました。

 無毒ですが、食べても味がないそうです。 鉢で、肥料を与えて育てると豊満な赤い房に育つようです。

 

 前回の当ブログに、クローバー(シロツメ)の種まきのことが。 外来種(江戸時代)はとかく嫌われ者ですが、

クローバーは誰もが馴染み、癒される不思議な植物だと思います、皆さんは? 

 現地見学、説明会に参加して、今まで気付かなかった、知らなかったこと、認識を新たに!   (大島記)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTR 1610

2022年05月14日 |  マツタケの林地栽培 

5月14日(金)第788回活動報告

本日の参加者は、橋本、前田、松浦、西川、中野、吉村、仲間、アトジヒトミ、アトジマユミ、川本、藤井、三品、内田、北村、山田、村岸、TAKE&VERA、シバヤマ、松本 各氏の19名です。

前日まで結構な雨で心配されましたが、早朝から天気は回復しました。

今日は朝から何やら真剣に話し合っています。

そうです、今日は各班の現地現状見学・説明会の日で、打ち合わせです。

まず最初はヤマガラ班です。前田さんが説明します。ヤマガラ班の範囲は広いですが、今回の説明はB地区。

マツ林を奥の方に進みます。

奥の方は少し細いマツが多いですが、しばらく他の大きな木が生えていて、成長が遅れたとのこと。

 

次は川本班、川本さんが下の方で説明します。

この班の地域は、斜面を上の方に伸びています。マツ林の中を進みます。

一番上まで案内していただきましたが、かなりの急斜面です。

日ごろは一番上まで登ることは、あまりないとのこと。今日は特別サービスですが気持ちの良いところです。

 

午前中はここまで。帰りの途中の池には、モリアオガエルの卵がありました。

昼食後、見慣れない作業をしています。以前にクローバを植えたが、均一に生えていないので、今回はあらかじめ土に種を混ぜて均一にしてから蒔くとのことで、芸が細かいです。

 

午後からはベースキャンプから近い三品班。ここはヒノキのうっそうとした森を伐採して、地かきをしています。

上の方は周りに元気なマツがないため、マツがほとんど生えていませんが、数年前に整備した下の方ではマツが元気に育っています。

他の地域と同様、シカにやられて盆栽状態になっているものも多いです。吉村先生は、シカに食われても大丈夫のように言っておられました。

口元のツツジの花は、奥のツツジが写っているのでなく、内田さんがツツジの蜜を吸っているところです。

戦中派ほどではありませんが、小さい頃に今ほど豊かでなかった戦後ベビーブーマー(私もそうですが、たくさんいます。)は、口に入るものは何でも食べようとするようです。最近はイタドリ(私たちはイッタンドリと言っていました)と言っても分からない人が多いですね。

日頃なかなか、ゆっくりと他の班のやっていることを聞く機会がないので、大変勉強になりました。

来週は、三輪班、阿山班、なでしこ班の現地見学・説明会で、乞うご期待。

(北村 記)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTR 1609

2022年05月06日 |  マツタケの林地栽培 

5月6日(金)第787回活動報告

本日の参加者は、河原・大島・橋本・関・有山・三輪・前田・吉川・西川・川本・松浦・北村・TAKE・松本・内田・宮崎・シバヤマ・山田・三品・川崎・大久保・アトジヒトミ・アトジマユミ・中野・まりこ・ナカマさん の26名でした。天気は朝の薄曇りから午後は雲ひとつない青空にうつり、まったくの山日和の一日でした。

BCの10時。朝の四方山話(これ字で書くと面白いね)にも区切りをつけて三々五々と山に向う。

玉城山三輪班

再来週には山田さん主催の見学会がここでも予定されているので、登り坂の松葉で滑らない様に通路を作っておこうと急に慌てて居る様子

澤田山シゲミの里阿山班

峠から登り口の左右に広がる~15年生位の松林。まつたけ発生ももうすこしと希望。

シゲミの里図というところ。M兄が作業場所を地図上で見えるようにしたいとGPS測地されたもの。先の2葉がどこかワカルカナ?他の場所も順次測地しましょうと提案されると予想。

澤田山ヤマガラの里

補整作業。初夏の訪れであっという間に豊かな自然植生にもどるので、棟梁も緑のカスミの彼方でした。

澤田山川本班

Oisland氏が林道を整備中。去年は山の、今年は林道のシダを退治。しださん強いからなあ。

12時前に2名が高所から降りてくる。

道があれば無敵。林道でこれに拾ってもらうと随分ラクチン

鹿よけを越えて背を伸ばしている栃。まつたけと栃餅の競争ではどちらが早いか?

香川山三品班 午後も斜面を元気に登ってゆくところまでは見送ったのだけど、別件にかまけて結局訪問出来ませんでした。ごめん

lunch 世の中に絶えてコロナ無かりせば、、、。もっと楽しいご飯時と思うのだけれど、今でも充分面白いですな

街中では思うように焼くことが出来ないので、今のうちにやっておこう(めざしのけむり)

和食洋食自由自在ギア。掌を裏返して食事するのには年季が要る?

音曲入り

貸家業再開(30日にはお試し入居を観察したのだけれど)

このお姐さんは水鉄砲遊びのようだけれど、「ヤアこれでもか!」「ま、マイリマシタ」とやっているような気もする。

以上のようにして、皆は晴天の里山の一日を充分に味わったのでした。

では皆様さようなら。

来週も元気にBCに集まり、山の精気を楽しむことにしましょう。(来週の定例は16日(土)です。(内田記)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まつたけ山復活させ隊運動ニュース

2022年04月30日 |  マツタケの林地栽培 

まつたけ山復活させ隊 NEWS LETTR 1608

4月30日(土)第786回 活動報告

世の中は正にゴールデンウィークの真っ只中、最大で10連休もあるやに、本来なら海外旅行・国内旅行と大賑わいのはずが、今賑わっているのはキャンプ場、大混雑のようです。あの作業服のワークマンが参入したことで、各種用品が良品質で格安のようです。しかし我が隊は毎日休みの人が8割以上!本日は出勤日です。

本日の参加者:関・大島・吉川・前田・周田・ヤマダ・川本・西川峰夫(見習い終えて正式入隊)・川崎泰・三輪・藤井信・三品・ムラギシ・北村・中野・吉村・藤井貞・橋本・内田・アトジ(ヒ)・アトジ(マ)・斎藤・松本・シバヤマ・河原・有山の26名。

本日のトップニュースは吉村加代さん、春の叙勲にて伝統工芸の京表具に永年精進されて、瑞宝単光章を受賞されました。誠におめでとうございます。私はテレビで見ましたが輝いていましたよ!!

新緑のこの時期の風情 ①比叡山

⓶青空に映える若葉のコナラ

③灌漑用水を貯めた権土池

④それを待つ田んぼ

【ナデシコ班】

八十八夜も2日後に迫っている中で、かつての娘さん達の茶摘み

宇治茶ならぬ岩倉茶

【ヤマガラ班】

男女仲良く作業に精を出している姿、頭が下がります

それにしてもデカ過ぎない?

【川本班】

向かいの採石場(作業地がいかに高いかお分かりでしょう!)

一度向こうから見てみたい 

幼松も順調に

道路整備

【阿山班】4月から山田さんが班長に、よって阿山班に改名

松林が綺麗、丁寧な作業が分かります

【三輪班】時間切れで訪問出来ず、ラインで送ってもらった写真の編集技術不足にて ごめんなさい

 

【三品班】

日向で黙々と檜林の地掻きを丁寧にするムラギシさん、来年の叙勲に推薦したくなります

この檜林を切るのです

屋根の葺き替え作業をする関さん・橋本棟梁 多分5月末には完成してるでしょう

休憩時間になんと三味線の練習のSさん 場所としては最高でしょう

出来れば暑気払いに披露してもらいたい

【お知らせ】

●運営資金納入のお願い

総会で決議された運営資金(出資金)の4/30日現在の入金状況、35名・177,000円です。作業に参加されている人はほぼ全員納入済ですが都合により未参加の人は下記への振り込みも含めて、1人3000円以上、6月末迄に納入お願いします。吉村代表時代はホテルへの定期的な薪の納品があり資金も潤沢にありましたが、コロナの影響で2年前からそれが途絶え新体制後の昨年1年間は自転車操業でした。それを回避する為にこの決議になりました。

振込先:京都銀行 三室戸支店 普通預金 口座番号:3731955

まつたけ山復活させ隊 会計 川本 勝

●ブログ管理者を内田代表の意向にて大島さんに依頼、受諾

●永年お世話になりましたあの、お元気な矢野先生が何と突然ご逝去されたとの報、我々から連絡するすべがありません。先生の奥様がこのブログをご覧になられましたら、代表:内田正明 090-2459-7528か本日の担当川本 勝 090-7769-7473迄ご連絡頂ければ幸いです。

                          川本(記)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする