宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

今月のまとめ

2010年04月30日 22時08分57秒 | 診断と治療
大学通りの並木の緑色が、目にとても鮮やかな季節になりました

国立は桜並木がとても有名ですが、私は今の季節が大好きです。

みずみずしい鮮やかな緑色の帯が連なる大学通りを自転車で駆け抜けると、気分がす~っとリフレッシュします

さて、今日のクリニックは、とても混雑しました。ちょっとお待たせした事をお詫び致します。
連休前だから混んだのでしょうが、でも、症状をみていると、それだけが理由ではないようです。

このところの季節特有の皮膚病が多くみられました。

1・・・・とても多かったのは、ヒノキ花粉のかぶれです。顔や首、耳、腕などに赤い湿疹がでてきるものです。
2・・・・このところ、気温の差が激しいので、体力がついていかず、じんましんがでてきた方も多かったですね。
3・・・・新年度の疲れもあると思いますが、免疫力低下による帯状疱疹もよくみられます。

今年は長いゴールデンウィークのお休みをとれる方もいらっしゃるようですね。
ちょっとうらやましいです。
色々なところに遊びに行くのもとても良いと思います。

でも、疲れを感じている方は、少しのんびりお休みするのも、良い過ごし方だと思います
自宅でのんびりビデオを見たり、音楽を聴いたりするのも、良さそうですね

明日から5月です。
明日の土曜日は通常通り診察がございますので、ご来院ください。




今年、はじめて

2010年04月27日 21時22分35秒 | 花粉症
この二週間くらい、顔(とくに目のまわりやまぶた、口のまわり、耳のうしろ)と首、腕などに湿疹が出たという患者さんが急増しています。
毎年、4月のこの時期には、ヒノキ花粉をはじめとするいくつかの春の花粉が飛んでいて、これが原因の皮膚炎が多いです。

スギ花粉は、皮膚炎だけでなく鼻炎や結膜炎が多いのですが、ヒノキ花粉は皮膚炎が圧倒的に多いです。
ですから、3月のうちはくしゃみや鼻水、涙や目のかゆみがひどかったけれど、4月になったら顔がかゆいとおっしゃる患者さんが増えています。

今までには鼻炎や結膜炎しかなかったのに、今年からはじめて皮膚に症状が出た・・・という方もけっこう多いです。

なぜ、アレルギーが急に皮膚にでてしまうのでしょうか?。

これは、顔や首の皮膚のコンディッションが悪いという可能性が大きいです。
簡単に言えば、肌が乾燥している・・・ということです。

肌に十分潤いの膜があるときは、皮膚に花粉は侵入しません。
アレルギーは粘膜だけに、つまり鼻や目、のどに症状を起こします。
が、皮膚が乾燥しすぎているとき。
つまり、皮膚の表面の角質層という、皮膚を守る屋根の部分が、乾燥しすぎてバラバラにこわれてしまっていると、花粉は皮膚の内側に侵入してしまいます。
その結果、皮膚炎や湿疹をおこします。

肌のコンディッションを乱すもの。
それは、肌をごしごし洗いすぎたり、刺激の強いアルコール入りの化粧水を使ったり、石鹸が合わなかったり・・・が原因になることがあります。
また、疲れやストレス、睡眠不足・・・これらも大きな原因です。

春は、敏感肌になりやすいです

肌は優しく洗い丁寧に保湿ケアをし、十分睡眠や休息をとり、トラブルに負けない丈夫な肌を保ちましょうね



口角炎

2010年04月26日 14時23分55秒 | 診断と治療
このところ、とても良いお天気ですね
お日様がまぶしく感じます。
そろそろ、本格的な日焼け対策が大切ですね。

さて、口の角が赤くなり、ひどくなると亀裂も入る皮膚炎を、口角炎と言います。

よく胃が悪いのですか?とか、栄養不足でしょうか?と聞かれます。

が、原因は違います。

口角炎は、多くは乾燥肌の人におこります。
アトピー性皮膚炎の方にもおこりやすいです。

花粉の飛ぶ時期に悪化する場合もあります。
また、しょうゆやソースや香辛料などが口のはしについて悪化したりします
フルーツの汁も悪化原因になることがあるので、果物はかじらず小さくして口に入れた方がよいです。
歯磨きペーストの泡が口のはしに残ってかぶれることもあります。

口角炎になったら、まず刺激物などくちびるや口のはしにつかないように気をつけましょう。
ついた場合は、洗っておきましょう。

気になってなめてしまう人が多いようですが、唾液が悪化原因になるので、なめ癖には注意しましょう

口角炎を治す薬は、市販薬でもあるようですが、意外に治りにくいものです。
ひどい場合は、その状態にあった薬の選択が必要ですので、ご相談下さい


雨なのに・・・

2010年04月23日 17時38分32秒 | 花粉症
昨日、今日と、寒い雨が続きますね

でも、今日も、花粉かぶれの患者さんは少なくありませんでした。

雨なのに、なぜでしょうか?。

確かに、昨日や今日は気温が低く雨なので、ヒノキ花粉は殆ど飛んでいません。

しかし、一昨日は23度くらいで暑いくらいの晴れのお天気でしたね。
その日は、ヒノキ花粉がたくさん飛んだのです。
その日に花粉を浴びて、顔や首に湿疹が出るのは、その翌日からなのです。
だから、昨日がひどくても不思議はありません。

また、久しぶりによいお天気だったので、洗濯物や布団を外に干した方も多かったようです。
花粉のびっしりと付いたタオルで、顔を拭いたりすると、湿疹はひどくなってしまうんです

ヒノキ花粉は、皮膚の弱い方にはかなり強いかゆみをおこすので、要注意ですね

今のうちに早く治しておきましょう
放っておけば、ゴールデンウィークになってしまいます。
湿疹や肌荒れをそのままにして、山や公園などあちこちに遊びに行くと、ひどくかぶれてしまうから困りますよね

楽しい連休のために、正しいスキンケアをしておきましょう



顔がひりひりする・・・

2010年04月21日 17時20分16秒 | 診断と治療
今日は、暖かく、太陽がまぶしいです

今年の4月はお天気が変わりやすいですね。
風邪をひいている方が多いようです。
新学期の疲れもあるのでしょう。
体調管理が大切ですね

今日は、珍しく、帰宅後、お昼寝をしました。
15分位ですが、なんだかすっきりして疲れも少しとれたみたいです

さて、春という季節は、肌荒れの方が多いですね。
赤くなったり、湿疹でかゆくなれば、見てわかりますし、しっかり治療しようと思いますね。
でも・・・。

洗顔をすると顔がひりひりする・・・赤くないけれど何だか痛い・・・ひどくつっぱる・・・ぱりぱり乾燥を感じる・・・。
この程度ですと、皮膚科に行こうとは思わず、我慢する方が多いと思います。

でも、毎日、ひりひりするし、化粧水もしみるし、化粧のりもいまいち悪いし・・・という場合は、困りますよね。

高い化粧水を使ってみたり、敏感肌用の化粧品に買い換えたり、こってりクリームをぬってみたりされるかもしれません。

こういう方法で改善すれば、とくに心配はありません

でも、いつまでも改善しないと、次第に皮膚は治りにくくなり、さらに悪化することもあります。

一見、顔の皮膚に何の変化もなさそうなのに、ひりひり痛かったり乾燥する場合は・・・・ヒノキ花粉かぶれの可能性があります

この場合は、きちんと治療をお奨めします。
軽く見えても、花粉が飛んでいるやく一ヶ月の間治りませんし、皮膚は徐々に劣化して、小じわや老化の原因となるのです

ヒノキ花粉は、皮膚にはやっかいな花粉です。
正しい対処をして、ゴールデンウィークを快適に楽しく過ごしたいですね



洗顔の仕方

2010年04月19日 22時49分01秒 | スキンケア
二日前には、雪が降ったんですよね

今日は一転して、とても暖かい一日でした。
汗ばむほどでしたね

雨や雪の後の暖かい晴れた日は、花粉が多めに飛びます。

4月に入ってから、湿疹が急にひどくなった方は、ヒノキの花粉症の可能性があります。

特に出やすいのは、目のまわり、ほほ、くちびると口のまわり、耳、首、腕などですね。

さて、春はスギ花粉やヒノキ花粉により、顔に湿疹が出やすいのですが、治療と同時に大切なのが、洗顔です。

顔の洗い方には、注意が必要です
まず、石鹸は、無香料で低刺激のものが良く、手で十分に泡立てる必要があります。
たくさんの泡を作り、顔にその泡をのせて、優しくすべらせるように洗います。
この時、ごしごしとこすったり、まして、皮をむくような洗い方は絶対だめです
よく、湿疹や皮膚炎の方は、かわがむけているので、それを除去しようと強くこする傾向がありますが、これは禁物ですね。

くちびるのかわを自分でむいてしまう方も少なくないので、注意しましょう。

かわをむいたり刺激を加えてうすくなった皮膚は、花粉の侵入しやすい状態になっているので、いっそうかぶれやすい悪循環に陥ります。

ですから、顔の洗い方には特に細心の注意が必要なんですね

やさしく洗った皮膚は、タオルでこすらず抑えるようにしっかり水分を拭き取ります。
そしてその後、しっとり化粧水や保湿クリームで、しっかりと潤いを補給しておきましょう。

ヒノキの花粉は、5月中旬まで続きます。
毎日のケアに気をつけて、かぶれないようにしたいものですね



ひとやすみ

2010年04月18日 19時05分38秒 | インポート
地方に学会に行って参りました。

二日間、同じ会議場にいました。
たくさん、学ぶことがありました

が、さすがに、少々疲れ気味です。

新しい情報や、多くの知識を得ましたので、また新たに頑張ります



包帯の効果

2010年04月16日 17時57分46秒 | 診断と治療
寒い雨です~
このところ、お天気が極端に不順ですね

体調を崩している方も少なくないようです

風邪をひいている方も多いようで、微熱を出したり扁桃腺を腫らしたりする方もいますね。
このように体調を崩すと、その後に皮膚の症状が一時的に悪化してしまうことがあります。
入浴できなかったりすると、さらにひどくなりますね。

身体の不調は、かゆみを強くすることがあり、寝ながら掻きむしってしまい、朝起きたら皮膚が血だらけになっていた・・なんてご相談もあります

こういう時は、のみ薬でかゆみを止めることも大切なんですが、湿疹のひどいところに薬を少し多めに塗り、ガーゼをあてて、包帯を巻いておくと効果があります

塗り薬でシップをする・・・というイメージですね。 

覆うことで、塗り薬が安定して病変部に吸収され、効果が倍増します。
また、覆っておくと、無意識に掻きむしることもかなり減少します。
傷も早く治りやすいんですよ。

ぜひ、この包帯効果をおためし下さい



おしらせ

2010年04月14日 17時00分30秒 | インポート
今週の土曜日(17日)は学会出張のため、休診いたします。
24日の土曜日は、平常どおり診療がございます。


なお、5月の土曜日は、診療の変更があります。
すべての土曜日(1,9,15,22,29)、5回すべて診療いたします。

どうぞ、ご来院ください

紫外線のお話(その2)

2010年04月13日 17時31分33秒 | スキンケア
昨日は冷たい雨でした
ああいうお天気は、気持ちまで下がりますね

しかし、一転して、今日はポカポカ陽気。
街を歩く方の装いも、冬、春、夏とバラバラです
何を着て出かけるか、悩みますね~。

今日は紫外線が強いですね
これから、どんどん、日差しは強くなります。
紫外線対策が必要になります。

今日は、赤ちゃんの紫外線対策について。

まだ歩けない、新生児や乳児の場合、移動はベビーカーが多いと思います。
この場合は、ベビーカーの屋根や日傘、帽子などでの紫外線防御で十分でしょう。
顔がヨダレだらけの年齢ですから、日焼け止めクリームは塗りにくいと思います。

公園などでは、木陰にいるだけでも十分です。
成長に紫外線は必要ですから、この程度の紫外線対策で良いと思います

次回は、歩き始めた幼児の紫外線対策についてお話ししますね