宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

顔のトラブル

2019年06月30日 14時15分58秒 | 診断と治療
雨の多い不安定な気候が続きますね

湿度が高く、空気が重くまとわりつく感じで、日照も少なく暗いので、なんだか爽やかな気持ちになりにくい方も多いと思います

さて。

近年、アレルギー疾患の増加は顕著で、花粉症や喘息や鼻炎だけでなく、皮膚炎も増えています。
その中で。
この数年、気になっていることがあります。
それは。
顔のトラブルが増えていることです

ニキビや吹き出物。
肌荒れ。
脂漏性皮膚炎。
酒さ様皮膚炎。
アトピー性皮膚炎の中でも、顔のみの悪化。

こうした疾患は、洗顔方法を間違えたり、化粧品のチョイスが違っていたり、自己判断で塗った薬がかえって悪化原因になったりするケースが目立ちます。
なにしろ、化粧品にせよ薬にせよ選択肢が無数にあるために、自分で判断してしまうことは多いからです。
でも。
そのためにどんどん悪化して手に負えなくなってから病院にかかるケースは少なくないです。
そして、治療に時間がかかってしまうのですね

なにしろ、現代人はとても忙しく時間もないので、病院にかかる時間も惜しいという方も多いと思うのです。
でも・・・。
そのために、顔の皮膚トラブルが慢性化し、悩みが深くなってしまうこともありますね

当院では、皮膚病の治療はもちろんチカラを入れていますが、同じくらい、予防も重要と考えています。
正しい洗顔やお手入れの仕方を知るだけで、余計な肌トラブルを起こさずにすむケースも多いからです

こんな程度で皮膚科にかかってよいのか・・と悩む必要はありません。
その方の肌質にあった正しいスキンケアを知るだけで、不必要な治療をせずにすむことだってあるからです
スキンケアだけのご相談でもお気軽に受診くださいね







  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジメジメしたこの季節ならではの肌トラブル

2019年06月25日 07時05分21秒 | 診断と治療
梅雨ど真ん中ですね

じめじめムシムシして、身体に張り付くような思い汗をかいて、なんだか気持ちが下がる方も少なくないでしょう

こういうべたべた汗をかく季節は、乾燥した季節とは違った肌トラブルが起こるのです

全身の角質層が汗でふやけて、もろくなります。
ちょっとこすったり摩擦しただけで、皮膚に簡単に傷がつくのです
むれてふやけて柔らかくなるからなんです。

お子様がアセモなどになったとき、かゆくてかいてしまったり、また汗をタオルでゴシゴシと強い力でふいたりすると。
ふやけた角質層がはがされて、ホコリや細菌が侵入しやすくなるのです。
その結果・・・。
細菌が繁殖して、トビヒになってしまうのです。
また、水いぼが広がりやすくなります

大人の女性では、強めのチカラで洗顔したり、剥がすパックをしたり、マッサージしたり、ピーリングしたりすると、ふやけた角質層が簡単に剥がされてしまい、赤ら顔になったり、かぶれやすくなったりするのです

こういうむれてふやけた素肌のお手入れは・・・。

安全な石けんを使い、しっかり泡立てて。泡のチカラで汚れを落としましょう。
全身を洗うとき、ナイロンタオルなどでこすらないこと。
手で洗えば大丈夫です
その後。
タオルでふくとき、ゴシゴシこすらず、押さえるようにして水分を拭き取りましょう。

こういう季節は、清潔に洗うことが重要ですが、こすったり剥がしたりするやり過ぎケアは厳禁なんですよ

優しく清潔に・・・これがポイントですね

しっとり!もちもち!保湿クレンジングが早くもなかなか好評です
柔らかいテクスチャーで、さっと顔に伸び、すばやく化粧品と混じり合って、その後ぬるま湯で洗い流すと、お化粧はすっきり落ちますが、大切な角質層は痛めません。
汗汚れも同時に落とすので、石けんのダブル洗顔は特に必要ありません。
かなり脂性の方は、その後石けんで洗ってもオーケーですよ。
お子様の日焼止めクリームのクレンジングにもお使いください。

近年、日本人はものすごく敏感肌になっています。
皮膚トラブルの予防に、スキンケアをきちんと行いましょうね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クレンジングのこだわり

2019年06月14日 17時59分58秒 | 化粧品
お待たせいたしました

しっとり!もちもち!保湿クレンジングが発売になりました。
多くの方が待っていてくださったようで、発売早々にお買い上げいただいています

私がクレンジングを開発したのは、さまざまな肌トラブルや疾患の原因のひとつに、クレンジングが関係していることに気づいたからです

近年
「ひとつでしつこいメイクもしっかり落とせる!!」
とか
「一拭きでめくも汚れもすっきりオフする拭き取りコットン」
だとか
「たまった角質を取り除き、くすみも消す」
とかいう、実は肌にとても刺激の多いクレンジングが数多く出回っています。

これらにより、健康な角質が痛めつけられて、化粧品かぶれや花粉かぶれ、酒さ、吹き出物などになりやすくなってしまっている敏感肌の方が年々増加しているのです

私が1年かけて開発したのは、安全な成分にこだわったシンプルなクレンジングです。
高品質なパーフェクターワセリンを加えて、クレンジング後に角質層を守って保湿ケアをすることに成功しました。
こういうマイルドなクレンジングは、ともするとメイクを落とす力が弱く、化粧成分が肌に残ってしまうリスクもありました。
でも、マイルドでありながら、メイクを落とす力はしっかりあります。

すでにお使いの患者さんから
「つっぱらないのに、メイクはきれいに落ちますね!!」
とお褒めの感想もいただいています

ダブルクレンジングは不要なので、これひとつで終了です。
ただ、すっきりさっぱりを好む方は、石けん洗顔をあわせても大丈夫です。

毎日お化粧する女性は、クレンジングの度に肌をこすったり摩擦したりして、肌のトラブルを知らず知らずのうちに悪化させていることが少なくありません。

ぜひ、お試しくださいね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

保湿オタクな医者のひとりごと

2019年06月10日 07時07分24秒 | スキンケア
皮膚科学会に出席して参りました

まるまる4日間の勉強合宿でした
さすがに少々疲れ気味です。

さて・・・。

近年、保湿ケアはもう日本人にとって当たり前になりました。
いまや、女性だけでなく、若い男子から成年男性もお肌に保湿ケアをするのが普及しています。
また。
生まれた途端の赤ちゃんから、全身の保湿ケアをするのが、常識にもなっていますね

ただ。
やたらに肌に塗りたくっていれば良いわけではないんです。
肌にたくさんのベタベタを塗り重ねると、かえって肌トラブルのもとにもなってしまうんです

その方のお肌に合わせて、正しいアドバイスを行っています
正しいスキンケアを行うのが、あらゆる皮膚病の予防にもなるし、また、皮膚の老化を予防することにもつながるのです。

スキンケアのアドバイスも行っています。
お気軽にご相談ください

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする