宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

おわび(その3)

2011年07月29日 22時45分44秒 | インポート
ご心配とご迷惑をおかけします。

なるべく休診は避けたいので、ちょっとだけセーブ気味でただいま診療を続けています。
いつもより声が小さいのは、どうかご了承下さい。

実は、1週間、食事が取れませんでした。
過労気味はずっとここ数ヶ月続いていたのですが、突然食欲がダウンし、食べられなくなりました。
暑さも関係したかもしれません。
青汁と豆乳だけ飲んでいました。

全然食べていないので、元気が出ず無理が出来ない感じでした。

多くの患者さんから、心配していただいているお言葉をいただきました。
本当にお気遣いありがとうございます。

昨日から、少しずつ、食欲が戻ってきました。
もう少し、ちょっとセーブ気味で診療をしていこうと思います。
経過の安定されている方は、お薬のみでお願いできれば・・と思います。

ご迷惑をおかけしますが、もう少々お待ち下さい

おわび(その2)

2011年07月27日 19時12分41秒 | インポート
私の体調不良で、皆さまにご心配とご迷惑をおかけしています

もうしばらく、セーブして診療を続けることをご了承下さい。
無理をするのが少々辛い感じです

今のところ、休診の予定はありませんが、経過の安定している方はお薬の処方のみをお願いすることもあります。

よろしくお願い申し上げます。

おわび

2011年07月23日 07時05分14秒 | インポート
体調をくずしてしまいました

過労が原因のようです

昨日お薬の処方のみに御協力いただいた方、申し訳ございません。

なので、ちょっとの間このブログもお休みします。
パソコンは目が疲れるので、しばらく出来なくなりました。

しばらくは、すこしセーブして体調を戻していきたいと思います。
ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ございません。

しばらくの間、ご理解くださるようお願い致します。
(診療日の変更の予定は今のところありませんが、お薬のみの処方をお願いする場合もあるかもしれません。)


じんましん

2011年07月21日 07時59分10秒 | 診断と治療
この2週間くらいの間の気候は、身体に負担が多かったのではないでしょうか。

蒸し暑い梅雨・・・節電のためクーラーを控え、皆さんは暑さに耐えていました。
その後、早い梅雨明け。
梅雨明け後は、例年よりも早い猛暑が訪れました。
そして、相変わらずの節電。

そろそろ、ボディブローのように身体に暑さのストレスがかかっているようです

私も今年の夏は、早くも夏バテです

さて。
こういった気候のせいでしょうか。
じんましんの患者さんが急増しています。

じんましんというと、皆さまは、まずは何か変なものを食べたかな・・と考えますね。
確かに食事の内容に原因がある場合もあります。
原因の食べ物を食べたあと、まもなくじんましんが出る場合が多いですね。

でも。
最近、たくさん診察するじんましんは、ちょっと違います。

何日もくりかえしでます。
そして。
朝起きたときにはじんましんがでていても、昼頃から自然に治ってしまい、夜になるとまたでてくる・・・というタイプが多いです。

こういった、だらだらと繰り返すじんましんは、体力の低下やストレスによるものが多いですね。

節電じんましん。
とか
夏バテじんましん
とか、そういった感じかもしれません。

のみ薬で治療します。
でも。
暑さ対策をしてください。
夏バテに気をつけましょう。

台風の影響で、今日はひさしぶりに涼しい朝です。
ほっと一息・・・の過ごしやすい一日となりそうです

ひとやすみ

2011年07月18日 16時53分37秒 | インポート
今日は、一日中、なでしこジャパンの活躍をテレビで観ていた方も少なくないのではないでしょうか

どの試合でも、あきらめないで頑張り抜く姿が見られ、感動で涙がでました

震災以後、先の見えない状況が続き、最近も政府を信じられないニュースばかり見せられて、国民はみなすっかり信じるということを忘れていたと思います

ですから、頑張って頑張ってしっかり結果を出し切ったなでしこジャパンのニュースは、本当に日本全国の方々を元気づけたと思います

あきらめない・・・これがキーワードですね

フットケアのお話(その2)

2011年07月16日 23時01分10秒 | インポート
今日は、アスファルトから反射する熱の暑さがすごかったです

地面から熱気が立ちのぼり、大きなフライパンの上を歩いているようでした。

思わず、木陰に逃げ込むと、やはりかなり暑さは緩和されました。
国立は木々が多いので、逃げ場所が多いので助かります

都心のビル街の暑さはかなりきついでしょうね
節電の関係で、都会は逃げ場所も少なくなっており、スーツの方は辛そうです。

さて。

暑いアスファルトの上を歩いた足の裏は、汗でむらされ、その後乾かされて角層が厚くなっています。
冬のように、ヒビワレが見られる方もいます。

そのケアの仕方ですが。
まずは、帰宅後、石けんで丁寧に清潔に洗いましょう。
その後、軽くヤスリのような器具でこすっても良いでしょう。
強くごしごしこするのはやりすぎです。
やさしく、一方向にこすって角層を除去します。
その後、そのままにすると、カカトはかえって硬くなってしまいます。
大事なのは、保湿クリームで十分潤しておくことです。

毎日、保湿クリームを塗って下さい。
すると。
しっとりと柔らかいカカトを取り戻すことができますよ

今年の暑さも厳しそうです
乾燥しすぎに注意して、柔らかいきれいなカカトを維持したいですね

フットケアのお話

2011年07月15日 07時03分39秒 | スキンケア
暑くて、いつもより早く目覚めてしまいました。

タイマーをかけてクーラーをつけたまま寝ていましたが、クーラーが切れるとじわじわと気温が上がってきますね。

カーテンの間から漏れる日の光が、すでにかなり暖かいですね。

さて。
昨日、夜のニュース番組で、足の裏のケアのことを特集していました。
私の医局の仲間の医師が出てお話ししていたので、うれしくなっちゃいました

サンダルやミュールを履くようになるこれからの季節。
カカトの角質やがさがさやヒビワレが気になるようになります。

カカトや足の裏は、このところトラブルの患者さんが多く来院されます
梅雨の時期は、特にむれるため、汗でふやけたかわむけや水疱、湿疹、ミズムシなどが多くみられました。

これに加えて。
これからの時期、見逃せないのが、カカトの角質が厚くなることです。
カカトの角質が厚くなるとかヒビワレは、高齢の方に多いと思いがちですが、実はそうでもありません。
若い方もカカトにトラブルのある方は少なくありません。
また、冬にばかり多いと思われるでしょうが、これも違います。
真夏日やも猛暑日が続くと、アスファルトの地面の気温はなんと60度にもなります
こんな地面の上を歩いていると、当然長時間がんがん乾かされてしまうのです。
その結果。
足の裏はがさがさ、カカトは厚くなるのですね。

角質の厚くなった足の裏には、雑菌やミズムシが住み着きやすい環境となります。
ですから。
フットケアは見かけだけでなく、ミズムシなどの皮膚病の予防のためにも必要なんです

サンダルやミュールからのぞくカカトは、目立つものです。
きれいでつるつるにケアをし、病気も予防しちゃいましょ

カカトをつるつるにするクリームを処方いたします。
ご相談くださいね


~~~~お知らせ~~~~

明日は、第3土曜日で、本来は休診です。
が、アセモや湿疹のひどい方が多いため、お薬の必要な方が少なくないと予想され、お薬の処方のみを行います。
急な悪化や重症の方のみ、ご診察も行いますが、お薬の処方の方を優先させて頂きますので、なにとぞご了承ください。

プールの注意

2011年07月14日 07時59分12秒 | インポート
梅雨明けして、本格的な夏がきました

楽しいプールの季節も始まりました


毎年のことですが、プールが始まると皮膚のトラブルが増加します。
それは。
プールの塩素消毒の影響です。

プールの水には、消毒用の塩素が入っています。
これが皮膚につきます。
その皮膚を、お日様で乾かすと、塩素が皮膚のびっちりとつきます。
これにより、ひふの様々なトラブルがおきます。

まず。
乾燥してがさががさになります。
目のまわりや口のまわりや、首、背中やうで、腰回りや足・・・。
さまざまな部位が乾燥します。
そこに日焼けも加わり、湿疹になります。

プールの後は丁寧にシャワーで流しましょう。
そして。
帰宅後は、もう一度シャワーを浴びて、この時は石けんでやさしく洗って下さい。
その後、しっかりと保湿ケアしてください

日焼けも乾燥肌を悪化させます

プールと日焼けのダブル効果で、乾燥肌は進みます。
汗をかいていても、全然潤い肌にはなりません。

保湿ケアをきちんとして、プールを楽しみましょうね


顔のあせも

2011年07月12日 20時54分42秒 | 診断と治療
梅雨明けしてから、連日の真夏日です

なんだか、年々夏が好きではなくなります
年齢のせいかな・・と思いましたが、そうでもないかもしれません。
都会は確実に年々少しずつ夏の気温が上昇しているようです。

小学校の時は、汗を流すことが楽しみでさえありました。
プールや西瓜や虫取りなど、夏ならではの楽しみがありました。
でも。
ここまで夏が暑いと、外で遊ぶのも危険な時があります。

さて。

顔のアセモについてお話ししましょう。
顔にアセモができるの?と疑問に思う方もいると思います。

赤ちゃんや小さなお子様には、顔のアセモはよく見られます。
特におでこや上のはえぎわには多いですね。

では。
大人には顔のアセモはできるでしょうか。
今日は、顔のアセモと思われる方が何人か来院されました。
乾燥肌や敏感肌の女性の方に多く見られます。
こういう方は、流れる汗をタオルで拭きすぎていたり、あるいは、化粧を落とす際や洗顔の時にこすりすぎたり洗いすぎたりが原因のひとつです。
夏の女性の顔は、汗で柔らかくふやけて敏感になっています。
汗を拭くつもりで強くこすったり、洗いすぎたりすると、皮膚の表面に傷をつけてしまい、ひりひりしたり赤くなったりします。

夏のお肌は、想像以上に敏感です。
やさしくスキンケアをしてあげないと、顔の湿疹やアセモの原因になります。

顔に汗をたくさんかいた日は、丁寧に石けんでやさしく洗顔しましょう。
その後、水分をふき取るときは、押さえるように拭きましょう。
ごしごしとタオルでこすってはいけません
そして。
その後、丁寧に保湿ケアをして下さいね

節電による皮膚炎

2011年07月09日 19時51分31秒 | 診断と治療
梅雨明けしましたね

今日は、かなり気温が上がり、夏本番という一日でした
この暑さに慣れるまで、ちょっと身体が大変かもしれません。

さて。

今日は、とにかく、汗による悪化の方が多かったです。
身体中のアセモ、頭の地肌のかゆみ、足の裏のミズムシや異汗性皮膚炎などなど。

今日は、「節電による皮膚炎ですね~」と思わず診断してしまいたくなるような方が多かったです。
というのも。
通勤や通学につかう電車が暑い、会社や学校のクーラーが消されており一日中暑い。
このような状況のため、全身に一日中汗をかき続けているのです。
このような経験がないため、汗対策がとられず、結果的に全身にひどいアセモや湿疹ができているわけです。

長時間汗をかいたままにした皮膚は、柔らかくふやけています。
時間がたった汗は、雑菌やほこりで汚くなっています。
かゆみを感じてかきむしると、このほこりや雑菌が、皮膚の傷から侵入し広がってしまいます。
汗ばんだ首の皮膚は、タオルでごしごしこすりすぎると、赤くひりひりしたりします。

これからの夏の暑さ対策が重要ですね

着るものの素材や厚さに気を配りましょう

汗を吸う綿や麻、レーヨンは良いと思います。
同じ綿でも、ジーパンのような厚手の生地は汗を吸いませんのでむれますよ
また、ジーパンでも、薄手のライトオンスのものの方が良いでしょう。
同じジーパンでも、スリムでぴっちりしたものより、オーバーサイズのゆるめのものの方が、むれません。
風を通す・・というイメージの衣服が良いと思います。

汗は、洗い流すことがベストですが、出来ないときは、まず濡れたタオルで拭いてその後乾いたタオルでこすらないように水分を取りましょう。

自分の肌に合った、厚さ対策を見つける工夫も大切ですね

私事ですが。
最近、バーゲンでTシャツを買いました
これが、結構良いんですよ
薄手の綿ガーゼで、汗をよく吸い、乾きも早く、風通しもナイスなんですね
着てみて、良さが分かりました。
お気に入りの一着になりました