宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

頭がかゆい!!

2020年08月02日 07時43分41秒 | 診断と治療
やっと梅雨があけましたね

今年はずっと雨ばかりで日の光がなくどんよりしている上に、テレビをつければ連日ウィルスのニュースばかりで、正直7月はあまり楽しいことはなかった方が多かったと思います

なので、やはり太陽の明るい日差しには、小さく縛られていた心が解けるような思いがします。
夏はやはりこうじゃなくっちゃ

とはいえ、厳しい暑さがはじまるので、それはそれで大変なこともありますね

さて。

今日のテーマは、頭の地肌のかゆみについてです。

このテーマを選んだわけは、近年、明らかに頭の地肌をかゆがって受診される方が増加しているからです。

肌保湿研究所のYouTubeでは、新しく頭のかゆみについての動画をアップしました
このテーマの動画は2本目です。
なぜ、頭のかゆみの動画を2本出したかというと、1本目の動画は冬バージョン、今回は夏バージョンだからです。
とはいえ、冬バージョンの方もかなり参考になるので、あわせてご覧ください。
冬からずっと頭のかゆみがあって、夏の今でも治らないという方も多いです。
原因はいろいろありますが、梅雨明けしたこれから頭に汗をかくようになると、どの原因のかゆみであっても悪化するので、しっかり治療をした方がよいですね。

そもそもなぜ私はYouTubeの動画を作り始めたのでしょうか。
これには、私の大きな目的があるからなんです。
それは。
皮膚病の治療の効果をあげることと、さらに治療薬を無駄にせず早く治すことです。

私は開業してだいぶたちますが、だんだん実感してきたことがあります。
そして最近確信にかわってきました

それは。

ただ薬をもらってなんとなく飲んだり塗ったりしても、皮膚病の治療効果は上がらないということなんです

つまり。

本来正しい治療薬であっても、原因を知らなかったり日常の生活の中で悪化原因に気づいてないと、薬は効かない!ということです。

私は、診療の中で、なるべくお話をよく聞いて、その疾患の原因を探るようにしています。
とはいえ、患者さんの毎日の生活24時間の内容をすべてお聞きすることは不可能ですし、また、診療時間の中で患者さん自身が私にすべてをお話しくださるとも思っていません。
気づかないことだってたくさんあるからです。

私は時々、患者さんと話が脱線して、雑談になっちゃうことがあります
皮膚病と直接関係ない学校や会社での日常のことを聞きながらおしゃべりしまうことがあります。
ところがその中で、時々、あっという発見があったりします。
そこに原因があって、でも、とうてい、短い診療では聞く機会のない内容だったりもしますね。
それに気づいたからこそ、効果的な治療にたどり着くことだってあるんです。

YouTube動画は、一本数分の短いものです。
でも、内容は、患者さんの皆さまに日常の中で気づいて欲しい事柄をぎゅっと詰め込んでいます。
決して堅苦しいないようではなく、すっとわかるように工夫しています。

ご自分の病気の原因に少しでも関心を持っていただき、治療にいかして欲しいです
また、ご自分の生活の中にどんな原因が潜んでいるかを見つけてほしいのです。

昨日、面白いことをおっしゃった患者さんがいました。
「先生、YouTube動画みて予習してきました。」
なんてちょっとうれしいことを言われました
なんだか、私、塾講師みたいですが、予習や復習に見ていただけると、効果的です
YouTube動画に関する質問もどうぞお聞きください。

患者さんと一緒に、効果的に薬を使って治していく治療法をめざしているんです

大人ニキビは生活習慣病?

2020年07月21日 19時12分51秒 | 診断と治療
今年は雨が多いですね
関東地方の梅雨明けが8月になる可能性もあるようです。
雨がよく降るので、雑草が喜んで育ってますね

さて。

数年前から、当院に受診するニキビの患者さんは年々増加の一途です。
若い思春期のニキビから、上は40代までの大人ニキビの患者さんが増えています
これはどうしてでしょう・・・。

私はこれは一種の生活習慣病と捉えています。

現代人は、ストレスや食生活の乱れが加わり、肥満や高血圧、糖尿病、痛風やがん、アレルギー疾患などがすべて増加しています。
内科の治療では、単なる薬の投薬だけでなく、毎日の運動や、カロリーとバランスを考えた食生活を指導することが当たり前になっています。
これは、生活習慣の問題を無視して治療は進まないからです。

皮膚科で増加してきたニキビもそういった側面を無視できなくなっています。

単にチョコレートをやめましょうとか、ビタミン剤のサプリメントを飲むだけでは、もはや効果はありません。

バランスの良い食事と、規則正しい生活を心がけることはとても有効です
たっぷりと睡眠をとってホルモンバランスを安定させることや、ストレスを回避して自律神経を安定させることが、腸活にもなり、お肌の水分調節に働きます

寝不足が続いたり緊張が続いてリラックスできないと、便秘になったり、免疫機能が落ちておできや膿みニキビの原因になります

このように、毎日の生活を意識して心がけることが、ニキビの治療にとても役立つのです

だから、現代人のニキビは、単にお肌だけの問題ではないということをよく理解して欲しいのです。

このことは、肌保湿研究所で13本目になるYouTubeにアップしました。
ぜひ観ていただき、当院での治療に前向きに取り組んでいただきたいのです
YouTubeは診療の中ではそれほど時間がとれないこともあるスキンケアについて、たっぷりとご説明しています。
正しいスキンケアは、クリニックでの治療がよりスムーズに効果を上げるお手伝いをします。
スキンケアも治療の一環として、有効に活用ください

近年、皮膚科でのニキビ治療薬は種類が増えており、その方のニキビの状態にあわせていろいろ選びやすくなっています。
なので、以前に比べ、治しやすくなっています。
とはいえ、夜中遅くまでスマホでゲームやYouTubeに夢中になって睡眠不足になったり、食事時間がめちゃくちゃに乱れたり、ハンバーガーみたいなアブラっぽい高カロリーな洋食ばかりに偏ったりすると、治療の効果が激減してしまうのです
これは、とても残念だし、もったいないとも思います。

コロナ禍の生活は、ついつい運動不足になりがちですし、だらだらするのに慣れてしまいがちです。
せめて食生活や睡眠時間には意識して気を配りましょう。

ニキビを治すのは、自分自身の自覚が大切・・・ということなんですね

今年ならではの皮膚病

2020年07月05日 07時56分43秒 | 診断と治療
東京のコロナ感染の増加が止まらず、じわじわと不安を感じて過ごしている人は多いと思います
手洗いは大切なのはもちろんですが、同じくらい重要なのが人との会話だと思います。
マスクを外している食事中の会話が、感染のリスクだと思います。
友人との食事中は、会話はひかえて、さらに食事の際の距離も必要だと思います
ワクチンや有効な治療法が確立するまで、注意が必要なのは、手洗いと同じくらい、マスクを外さないことなのだと思います。

・・・・と色々不自由なことばかり書きましたが、コロナの時代をうまく生き抜くためには、この注意を続けることしかできませんね。
クリニックでは、定期的な消毒と換気には注意しており、かつ、蜜の時間を短くするために、受付した後の外出をオススメしています。
また、待合室内ではマスクの着用をお願いし、かつ、会話をひかえていただくようお願いしています。
気持ち良く受診できるように、ご協力をお願い申し上げます

そんなwithコロナの時代に突入し、今年はこれまでなかった皮膚病の患者さんがものすごく増えています

とにかくすごく増加しているのが、、、
マスクによる顔のトラブル

手洗いやアルコール消毒による手荒れや手の湿疹の悪化
なのです。

どちらも昨年まではあまり見られなかった状況なので、治療には注意と工夫が必要になります。

もちろん必要な情報を詳しくお話ししていますが、どうしても時間には限りがあります。
なので、肌保湿研究所でYouTubeで情報を発信しているのです。

このところ、患者さんから
「YouTubeを見てすごく勉強になりました!!」
とか
「いけないスキンケアをしていたことがわかりました!!。すごくわかりやすいです。」
とか
「知りたいことが、すっかりわかりました!!」
などとおっしゃることが増えています


毎日のスキンエアの方法や、生活の仕方などをYouTubeを通じてお話ししていますが、正しい方法を身につけることが、実は皮膚病の治療がスムーズに進む大きなポイントなんです
せっかく受診して良い薬をもらっても、日常のケアが間違っていて薬が効果を出さないとしたら、本当に残念です

患者さんの中には、薬を飲んで塗りさえすれば必ず治ると思っている方もいらっしゃると思います。
でも、これは、全然違うのですよ
たとえば。
湿疹やかぶれの塗り薬を塗っていても、その皮膚をかきむしっていたりかさぶたを剥がしたりすると、薬の効果は激減してしまいます
また。
洗顔や身体を洗う際、使う石けんやクレンジングの選択も間違うと皮膚病は悪化し、さらには洗う力の入れ方も影響するのです
withコロナの時代になり、日常のケアの影響はこれからも大きくなると思います。

YouTubeでは、敏感肌のスキンケアや、手荒れのアドバイス、くちびるの皮むけの注意、くり返す頭のかゆみの原因、ニキビの話、マスクのトラブルの注意、メンズのスキンケア・・・などのそれぞれの注意点を動画でわかりやすくお話ししています。
皮膚科王になった方は、ぜひ私にご報告くださいね

~~~お願い~~~
皮膚科の外の門は8時くらいに開きます。
早めに来院される方は、診療所の戸があく8時半までは、やむを得ずお並びいただいてしまうことになります。
その際、戸の前からお並びいただき、列が伸びた場合、門から道路に出ないようにお願いいたします
道路に列ができると、通行の妨げになり、また自動車の往来もあって大変に危険なのです。
列は、駐輪場の内側でお並びいただくよう、お願いいたします。
8時より前にいらして道路にお並びにはならないよう、くれぐれもお願い申し上げます
また、道路上に、一時的にでも自転車やバイクや自動車をお止めになることは絶対におやめください。
混雑してくると、一時的に道路にとめる方がいらっしゃるようですが、近隣の方々のご迷惑にもなりますので、ご協力ください。
お願いばかりで恐縮ですが、気持ち良く診療をお受けいただくためになにとぞよろしくお願いいたします。

コロナの影響がこんなところにも・・・という話

2020年06月22日 18時52分25秒 | 診断と治療
梅雨らしいお天気が続いていますね

暑くなったり、涼しくなったりとめまぐるしくお天気が変わるので、なんだか気持ちが落ち着かないですね。
こういった気候は、疲れやすいので、体調の崩れにご注意ください

さて。

今日の題名を見て、コロナウィルスが皮膚病の原因になると思われたら、それは違うのでごめんなさい
直接の原因になるわけではないのですが、コロナの時代になって、これまで見られなかった皮膚への間接的な影響に気づくことが多いのです

1、手湿疹の悪化・・・・・・これは頻繁に手洗いをすることやアルコール消毒により、手荒れが急増しているのです
2、マスクによる肌荒れ・・・これも、昨年までは見られなかった新しい皮膚病です。
              マスクのムレでアセモのようになったり、マスクの下のニキビや吹き出物が増えています。
3、イネ科のアレルギー・・・これが、びっくりするのですが、今年とても患者さんが多いのです
              役所が緊急事態宣言により仕事をセーブしていると思われ、やむを得ず公道や公園の雑草が未処理になって              いるところが多いようです。
              そのため、あちこちの雑草が伸び放題になっており、雑草花粉の飛散が多いようです

この3つの皮膚病はどれも、今年はじめて症状が出た患者さんが多く、コロナウィルス対策に伴う経験のない皮膚病と考えます。
はじめて皮膚病になると、原因がわからず、驚かれる方も少なくありません

これからはwithコロナの生活になっています。
原因を知り、正しい治療と適切なスキンケアを行い、上手に対処していくことが必要ですね

熱中症対策も、紫外線対策も必要で、なかなか難しい季節になります。
少しでも、心地よく過ごせるようアドバイスをさせていただきますね

~~~お知らせ~~~

肌保湿研究所では10本のYouTubeをアップしています。
敏感肌のスキンケア
ニキビの話
頭皮のかゆみ
くちびるのかわむけ
手荒れの話
メンズのスキンケア
・・・・・など、皆さまの毎日の肌ケアのお手伝いに役立つ有益な情報をわかりやすくお伝えする動画になっています。
皮膚科では、その方の皮膚病にあわせてきめ細かく治療を行っていますが、日々のスキンケアを正しく行うことが治療効果をさらに上げることに役立つから、YouTubeでも情報を発信しているのです
ぜひご活用ください
現在準備中の動画もあり、これからもどんどん新しい動画をアップします。
チャンネル登録していただくと新しいものがあがるので、ぜひよろしくお願いします



マスクのトラブルが増えています!!(その3)

2020年06月11日 08時04分23秒 | 診断と治療
急に暑くなってきました
熱中症のリスクもニュースで報じられるようになり、辛い季節になってきました
ベタベタした汗が、やる気をそぐような梅雨入りも間近です

コロナのリスクも完全に減るわけではなく、マスクの着用はまだまだ必要です。

このところ、クリニックには、マスクのトラブルが増加しています

マスクの中でも、使い捨てマスクはポリエステル繊維などの化学繊維で出来ており、薄くて高機能ではありますが、真夏の使用に適合するものではありません。
なので、長時間つけていると、マスクの下の肌の状態は劣悪なんです

まず、マスクの下の湿度はかなりあがり、べたべたムレムレ!!なんです。
このように、長時間ムレが続くと、肌はふやけてしまい、摩擦に弱い状況になります。
長い時間、絆創膏を貼りっぱなしにした指の皮膚がふやけて赤くなり、皮がむけたり、湿疹になった経験がありませんか?
くちびるをいつもなめている子供のくちびるが真っ赤になったことを見たお母様もいると思います。
暑い夏、下着の下がむれてかゆくなったりもしますよね。
これらと近い現象です。
だから、べたべたムレムレ!!は肌にすごく悪いんです

また、そんな状況の肌は、さまざまな雑菌やカビが増殖しやすいです
なので、おできやニキビや肌荒れが出来やすいのです。

実際は、赤くなったり、ヒリヒリしたり、ブツブツしたり、かゆくなったり、痛くなったりします

さまざまな要因が混在していて、治療にも苦慮する場合もあります。

だから、これからの暑い真夏、マスクトラブルはまだまだ増えていくような心配があります

こういった場合こそ、スキンケアが差をつけるのです

まず、マスクの素材は、なるべく綿や麻などの吸湿性のある素材がオススメです。
使い捨てマスクは蒸れるため、内側にガーゼを一枚はさむだけでも違いますね。

マスクの下にはメイクをひかえて、一定時間つけてムレを感じたら、さっと水洗いしても良いと思います。

石けん洗顔のあとは、保湿ケアをしておきましょう。
あまりべたべたする乳液やクリームは毛穴をつまらせるので、保湿ジェルなどがよいでしょう。
しっとり!もちもち!オールインワンジェルはぴったりですよ。
乾燥肌でも脂性肌でも、どちらでも使えます。
ご自分の気持ち良い量をお使いください。
気持ち良い量が、その方にあった使用量なのです
よく、患者さんに
「しっとり!もちもち!オールインワンジェルはどのくらい塗れば良いですか?」
とご質問をうけます。
私はかれこれ6年間、一年中これ一つのスキンケアですが、季節により、使用量を変えていますね。
冬は大きなパール粒くらいで、夏は大豆位の量を塗るだけでもしっとりしますね
つまり、、、
その方の気持ち良い量で使うのが、一番良いんですよ
これはいいですね~~。使いやすいと思います。
面倒くさがり屋さんや雑なタイプの方にもぴったりですね

マスクトラブルはこの夏も続くと思います。
ひどくなる前に、ご相談ください

~~~YouTubeをご活用ください~~~
皮膚科医の立場から、治療に役立つ日常のスキンケアを、YouTubeでわかりやすくお伝えする活動を行っています
ためになる情報を、わかりやすく、面白くお伝えするよう工夫しています。
肌保湿研究所で検索してください。
皆さまの毎日の正しいスキンケアが、皮膚疾患の治療にも役立つと思い、頑張って作っています。
チャンネル登録してくださるとうれしいです。
これまで、手荒れ、頭のかゆみ、ニキビ、マスクのトラブルなど・・すでに8本をオンエアしています
動画では、クイズを行っています。
楽しくスキンケアを学んで欲しいです

マスクのトラブルが増えています!!(その2)

2020年06月02日 07時17分25秒 | 診断と治療
今回は、前回の続きです

クリニックには、連日、マスクのトラブルの患者さんが来院されます
昨年までもこういった患者さんはいましたが、マスクをつけるのが春だったので、今の時期は患者さんが少なくなっていました。
今年は、状況が違います。
コロナウィルス対策で、多くの方が長時間マスクを外すことが出来ないので、マスクトラブルが格段に増えているのです

マスクの下の肌に、赤みや湿疹、ニキビや肌荒れ。
マスクの角の摩擦で皮膚の炎症。
こういった患者さんのご相談は毎日多いです

そもそも、使い捨てマスクの多くは、素材が化学繊維で出来ており、汗を吸収したり外に発散するものではありません。
花粉やウィルスの侵入を防ぐよう緻密な繊維でできているため、これからの季節は体温もこもり、汗がマスクの下にたまった状態が続き、肌が蒸れたり、毛穴がつまったりするのです
最近流行っている

マスクのかぶれや湿疹はもちろん治療は出来ます。
でも、これからの暑い真夏に、マスクトラブルは増えると危惧しています

マスクの素材や肌触りが大きく関係すると思います
なので、素材のチェックや触った感触などを気をつけて、マスクを選んだ方が良いですね。
私は、使い捨て医療用マスクの場合は蒸れやすいので下に綿のガーゼを重ねて、汗や息で蒸れるのを予防します。
また、ちょっとした外出の場合は、綿素材や麻のマスクを買ってあるのでそれをつけようと思っています。
熱中症も気をつけないといけませんね

また、マスクのゴムが当たる耳の後ろが赤くなったり、かゆみが出たりする方もいます。
これからさらに気温が上がると、いっそう増えそうです。
ゴムのきつさにも気をつけましょう

マスクの肌トラブルの予防には、まずは正しいスキンケアが重要になります。
石けんで優しく清潔に洗い、あまりべたつきすぎない保湿ケアをしましょう。
しっとり!もちもち!オールインワンジェルは、その方の肌によって使用量を加減していただけます。
たとえば、マスクの下の汗ばむベタベタ肌には、このジェルを少量でも効果があります。
少量でも自分の汗を味方に変えて保湿しますので、大丈夫ですよ

~~~YouTubeをご活用ください~~~
皮膚科医の立場から、治療に役立つ日常のスキンケアを、YouTubeでわかりやすくお伝えする活動を始めました
ためになる情報を、わかりやすく、面白くお伝えするよう工夫しています。
肌保湿研究所で検索してください。
皆さまの毎日の正しいスキンケアが、皮膚疾患の治療にも役立つと思い、頑張って作っています。
ぜひチャンネル登録してください。
新しいものが更新されてくるので、オススメです。
これまで、手荒れ、頭のかゆみ、ニキビ、マスクのトラブルなど・・すでに8本をオンエアしています。
ためになると信じています
ぜひ、ご覧くださいね

汗とアセモ

2020年05月19日 07時58分11秒 | 診断と治療
コロナは全国的に収束の方向が少しずつ見え始めましたが、まだ油断は禁物ですね
完全に安全と言える時期はまだ先になりそうです。
なので当分マスクは必要ですが、暑くなってきたので、マスクの下の肌がべたべたします

こういう蒸し暑い季節がくると、汗のご相談が増えてきます。

つまり。
「アセモになりました!」
とか
「汗をかいていたところがかゆくなります」
とか
「日常ではなるべく汗をかかないようにした方がよいですか?」
といったご相談です。

実は汗そのものは悪いものではありません

そもそも汗は本来は美肌を保つために必要なんです
でも、汗をかくと皮膚がかゆくなったり赤くなったりする人が増えているのです

この時期、汗が肌にトラブルを起こす原因は三つの条件が重なった場合です。

それは。

1、そもそも肌が乾燥している場合。
2、花粉症や喘息などのアレルギー体質がある場合。
3、花粉や黄砂や砂ぼこりなどが舞っている場合。

1は、もともとアトピー性皮膚炎がある場合はもちろん、冬の暖房や夏のクーラーなどで環境から乾燥している場合もおこります。
だから、都会の生活環境にも原因があるとも言えます。
2は、いまや花粉症のない人が少ないくらいアレルギー体質はポピュラーになってしまいましたので、当てはまる人は多いです。
3は、今の時期、風が吹くとイネ科の雑草花粉や黄砂、P.M2.5などが多く飛びます。

こうした条件が当てはまると、今の季節、汗をかいた肌に花粉や黄砂が付着し、そのまま放っておくと、乾燥肌からそれらが浸入して、アレルギー性の湿疹を起こしてしまうのです。

つまり。
汗をかくことが悪いのではなく汗についた花粉やホコリをそのままにすることが悪いと言えます。

なので。。。

外で遊んだり、あるいは散歩やウォーキングを楽しんだり、または草むしりやガーデニングをした後は、帰宅後にすぐにシャワーを浴びて、頭も洗い、室内着に着替えてさっぱりしましょう
シャワーの後、全身の保湿ケアも忘れずに

遊んで帰ってきて、疲れて外着のままで昼寝などしてしまうと、夜になり全身がかゆくなったりします
面倒くさがらず、シャワーとスキンケアしましょうね

~~~ちょっとつぶやき~~~
このところ患者さん方から、うれしいお言葉をいただくことがありました
「YouTube、楽しいです。応援しています!」
とか
「コロナで先生も大変でしょうが、お身体大切にしてください。」
とか、さらに、
手作りのマスクをいただいたりしました。
皆さまも自粛続きでストレスもたまっていて不自由な毎日を送られているでしょうに、こういった優しいお気持ちを伝えてくださり、本当に私も元気をいただきました。
本当にありがとうございます。ここであらためてお礼を申し上げます。
こういう張り詰めた状況のときだからこそ、ちょっとした優しさや思いやりが深く伝わるものだなぁ・・とつくづく思いました。
平和だった時期には当たり前に思えたことが、そうではないんだということ。
クリニックで3密を避けることや、なるべく診療を早く進めなくては・・と毎日緊張感が続いていて、私も肩に力が入り続けていたのですが、あらためて毎日の診療の中で優しさのバトンをお返ししないといけないなぁと思うのでした

~~~お知らせ~~~
肌保湿研究所ではYouTubeを7本アップしています。
お肌のケアのポイントやこつなど、皮膚科医の視点からお伝えしています
治療にも役立つので、ぜひとも有効活用していただきたいです
今、準備中のものが3本あり、順次、アップする予定です
大人だけでなく、お子様と一緒に見ても楽しんでいただける内容になっています
チャンネル登録するとどんどん更新されるので、よろしくお願いいたします。

緊急事態宣言の間の診療システムについて

2020年04月30日 17時22分30秒 | 診断と治療
毎日、感染者のニュースが報道され、緊張感が続いている方も多いことでしょう
東京は、緊急事態宣言の延長も濃厚になり、全く油断できない状況です。

さて。

これからの当院の診療について、お話しします。
できる限り安心して診療を受けていただくために、当分の間、以下のようなやり方で行っていきます。
何とぞ、ご了承の上、ご協力をお願いします

1.全館換気扇が作動しており、かつ、窓を開けっぱなしにしています。空気清浄機も作動しています。

2.できる限り、お薬処方をメインに行っていきますので、あらかじめご希望の薬を自宅でメモに書いたものをお持ちください。
  代理の方でもお受けします。
  可能な限りご希望の薬をお出ししますが、症状にあわせて適正な内容と量を考慮します。
  
3.赤ちゃん、妊娠されている方、ご高齢の方に関しては、初診からでも代理の方による診察が可能です。
  その場合、症状がわかるスマホの写真をお持ちの上、症状をお話しいただける方の来院をお願いします。

4.受付をすませたら、いったん外出されたり、あるいは屋外の駐輪場でお待ちになってもかまいませんので、待合室をすいている状態  を維持することにご協力ください。

5.受診時は、お子様も含め、マスクをご着用ください。

6.診察時、患者さんと医師の距離を開けています
  検査と治療以外は、距離をあけたままでご診察いたしますことをご了承ください。

7.基本的に診察時間をこれまでより短く、5分以内にいたします。
  これにより、待ち時間も計算できます。
  ご診察の方がどのくらい待ち時間が出るかがわかりますので、ご自分の順番が来るまでは外出されても大丈夫です。
  診療の質を下げることはできないので、早口でご説明することもあるかもしれませんが、そこはご理解ください

8.当院はオンライン診療や電話による処方は行っておりませんのでご了承ください。
これは、詳しくお話をお聞きしたり発疹の状態を見て、それぞれの方にあわせてその都度調合するお薬を処方するからです。
  
日本全国、みんなで協力し合っていかないと克服できない状況です。
自粛や我慢続きで、心も疲れがたまってきています
でも、自粛疲れという言葉に甘えることもできないですね
おうちでの自分時間を楽しむ生活を見つけていくチャンスと捉えて気持ちを切り替えていくのも必要かもしれませんね

~~~お知らせ~~~
肌保湿研究所では、このたび、YouTubeチャンネルを開設しました
自宅にいる時間を有効に使おうと始めました。
肌保湿研究所で検索してください。
しっとり!もちもち!オールインワンジェルのご紹介はもちろんですが、、、
肌のトラブルにお悩みの方々にご自分でも解決できるようにと、スキンケアに有益な情報をお伝えする内容になっています
チャンネル登録をしていただくと、お知らせがいくので便利ですよ。
ぜひとも、ご覧ください。
やってみて、YouTubeがいかに大変な作業なのかわかりました
でも、皆さまがご自宅にいても少しでも肌の悩みが解決することを願っています。
これからも、時間を見つけて、どんどんやっていきますので、ついてきてくださいね

~~~ひとりごと~~~
そもそも、医師が化粧品を作るものには、いくつかの種類があります。
美容外科や美容皮膚科の医師が開発する場合は、美容に特化した成分が含まれているものが多いと思いますね。
でも、私の開発した化粧品はそうではなくて。
成分をとことんこれ以上少なく出来ない・・・というくらいにシンプルにしたのです。
でも、シンプルなだけでは、意味がなく。
なぜ、開発に1年もかけて研究したかというと、シンプルで安全でありながら水分を保持する保湿効果が抜群のものにこだわったんです
だから。
安心して使っているうちに、潤いのあるつやつやした皮膚に導くというものなんです
そして・・・私が本当に目指していることが少しずつ結果を出し始めたんです。
それは。
アトピー性皮膚炎や敏感肌やニキビ肌などの患者さんが、使用する薬が減ってきたことなんです
まさに、これこそ、私がこの商品を作った理由なんです
患者さんが薬ばかりに依存しないようにする・・・この夢が、だんだん結果を出し始めたんです。
「しっとり!もちもち!オールインワンジェルを使っていたら、湿疹が出来にくくなってきた」
「しっとり!もちもち!オールインワンジェルを使っていたら、ニキビができにくくなりニキビ跡も目立たなくなってきた」
「薬を使う量がすごく少なくなってきた」
・・・・・こういった感想は、本当に多くなってきたんです
これこそ、私が、この商品を開発した理由なんです。
YouTubeにも、この商品の紹介をしているので、ぜひ、楽しみながら見てくださいね

マスクの影響?

2020年04月21日 13時01分34秒 | 診断と治療
自粛生活が続いていますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

連日、テレビのどのチャンネルを回しても、ウィルス関連のニュース一色で、少々、進展のない内容にお腹いっぱいになっている方も少なくないでしょう。

とはいえ、緊張感を緩めて良い時期では全くなく、我慢を続ける必要がまだまだありそうです

さて。
最近、クリニックで、目立っていることについてお話ししましょう。
それは・・・。

マスクのお肌への影響についてです

ウィルス予防でマスクをつけることが当たり前になっていますが。
そのマスクによる肌荒れがみられるのです

紙マスクをつけ続けるようになって・・・
顔がかゆい、とかひりひりする
マスクの端が顔にすれて赤くなる
ニキビや吹き出物がでるようになった
などなど・・です。

これは、紙マスクの繊維が固かったりする物理的刺激や、紙マスクの成分が肌に合わないかぶれや、紙マスクによる蒸れなどが原因です。

肌に合う柔らかいマスクに変えるか、マスクの内側に柔らかいタオルやTシャツを切ったものを入れて直接肌に刺激が起こらないようにすることもオススメです
(これから家に届くアベノマスクがもし柔らかい感触であれば、紙マスクのインナーマスクに使うのもいいかもしれません。)

マスクの刺激を予防するには、実は顔の肌の水分量を上げることも効果的です
つまり、角質層の水分量が高くなるほど、摩擦に対して強くなるからです。
しっとり!もちもち!オールインワンジェルはまさにこれにぴったりのスキンケアです
ひと塗りで角質層の水分量は多くなり、しかも、長時間持続するので、一日中マスクする人にもぴったりのスキンケアといえます。
さらに、水分がたっぷりですが油分はそれほど多くないので、蒸れたり、ニキビや吹き出物が出来やすい方にも、快適にお使いいただけますね

これまでに例がない状況なので、マスクのトラブルも未経験の方も多いと思います。
春は、湿度が低く、吹く風には様々な花粉に加え、黄砂やP.M2.5がたくさん含まれています。
肌トラブルも多いシーズンですので、スキンケアにも悩みますね。
スキンケアのみのご相談もお受けしていますので、お気軽にお聞きください



手荒れの原因

2020年03月25日 14時56分59秒 | 診断と治療
オリンピックが延期になりましたね
目に見えない敵との戦いですから、やむを得ないですが、これからも問題が山積していますね

私たちが出来ることは、自分が風邪をひかないようにすることと、他人にうつさないように気をつけることだと思います。
つまり。
これまでどおり、手洗いをしっかり行うこと。
咳エチケットを守ること。
換気に努めること。
不必要な外出を控えること。
・・・・・こういったこれまで通りの予防を続けることです。

ただ、ここにきて、ちょっと注意したいことがあります。
それは、大人だけでなく小さなお子様にも手荒れの患者さんが増えてきたことなんです

春の手荒れの原因はいくつかあります。
スギ花粉やヒノキ花粉といった花粉が手につくと、かぶれやすくなります。
また、春は風が強く、ホコリや黄砂やPM2.5などの飛散も増え、これが露出している皮膚(顔や首や手)を乾燥させ肌荒れをひきおこすのです。
さらに。
今年ならではの原因があります。
それは。
頻繁に手洗いをくり返すことや、アルコール消毒によっておこる手荒れなんです

最近、保育園児や幼稚園児の手荒れやヒビキレの受診が増えています。
ヒビキレが痛くて、手を洗うのもいやがるお子様のご相談もあります。
ウィルスが心配ですが、手洗いを嫌がったり、アルコール消毒がしみて泣いちゃったりします
そんなお子様のために、ハンドクリームを処方します。
ひび割れに聞くハンドクリームや、しみないハンドクリームなど、ご相談ください

春は実は手荒れの患者さんが増加するんです。
きちんと治して、快適な新学期を迎えたいですね

~~~お知らせ~~~
当院は、全館に換気扇が作動しています。
また、空気清浄機を設置しています。
さらに、窓を開けたままにしております。
ちょっと寒いかもしれませんが、ご了承くださいね