宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

YouTube登録者が500人になりました!!

2021年10月10日 17時53分34秒 | 日記
肌保湿研究所のYouTubeの登録者が・・・

祝登録者500人

ありがとうございます

クリニック名も医師名も一切出さず、地味に配信していますが、じわじわと登録者が増加していて、苦労して作っている甲斐があるというものです。
もともと、診療の中ではすべての患者さんに伝えきれない細かいスキンケアの注意とか、正しい保湿の知識などをわかりやすくお伝えする目的で始めました。
診療の中でもなるべくわかりやすく細かくお伝えする努力をしているつもりですが、それにも限界があるのです。
だからYouTube動画を始めたというわけです。
正しいスキンケアがあってこそ、皮膚病の治療が効果を発揮するのです
これは、間違いありません
このYouTube動画は、皮膚科医師である私が100パーセント内容を作っています。
なので、私の伝えたい思いがぎゅっとつまった動画なんですね。

これまで34本の動画がありますよ。
ぜひ、チャンネル登録して、チェックしてみてください。
増加してきた皮膚の問題点や、患者さんの多くが疑問に思っていることなどにお答えできるよう内容を選んで配信しますね

これからもよろしくおねがいします

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

臨時休診のお知らせ

2021年10月05日 07時02分21秒 | 日記
10月18日月曜日は、臨時休診となります。
よろしくお願いいたします

さて。
秋の花粉症の患者さんが多いです

何年か前から、9月や10月に花粉によるアレルギーの患者さんが増えています。
その患者さんの数は、ほとんどスギ花粉症の多い春と同じくらいです

症状は、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどスギ花粉症と同じような症状がみられます。
また、喉のイガイガや咳もみられます。
皮膚科なので当然、皮膚の症状の方が一番多いのですが、結構重症の方もいますね

まぶたが腫れたり、ほほが赤くなったりヒリヒリしたり、ニキビや吹き出物が増えたり、耳がかゆくなったりします。
首回りや頭の地肌もかゆみがでやすいです。
腕や手の湿疹も多いです。
すねのかゆみも特徴です。

急に涼しい季節が来ると、気持ちが良いので、外出しやすくなり、お散歩やウォーキングなどをしやすくなりますね。
問題は、汗が少なくなり、帰宅後にすぐにシャワーを浴びる必要を感じなくなり、つい外出の服のまま長時間過ごしてしまいがち。
でも、全身に花粉のふりかけをかぶっている状態なんです
なので。
帰宅後はすぐにシャワーを浴び、洗髪もすませましょう。
そして。
忘れてはいけないのが、その後の保湿ケアです

秋は、肌が急に乾燥し始めます。
爽やかな季節ですが、油断しないで、気持ち良くお過ごしくださいね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏期休診のお知らせ

2021年08月07日 19時52分53秒 | 日記
連日、厳しい暑さに、すっかり外出をひかえている私です。
そもそも、緊急事態宣言がでているし、どこにも行く予定もありませんし

さて。
夏期休診のお知らせです。

8月16日月曜日から、21日土曜日までを夏休みとさせていただきます
日曜日を含めると、15日から8日間のお休みになりますので、ご注意ください。
その間のお薬を多めにご希望の方は、可能な限りご希望に添うようにはいたしますので、まずはご相談ください

アセモの薬、保湿クリーム、虫刺されの薬など、夏には欠かせないお薬があると思いますので、ご要望をお知らせください。

さて。
暑すぎる日々のせいで、汗によるトラブルがとても多いです
肌保湿研究所のYouTube動画では、赤ちゃんの夏のスキンケアをアップしました。
赤ちゃんの肌を守るアドバイスをお話ししていますので、ぜひご覧ください。
また、お子様や大人の方の汗のトラブルの動画はすでにいくつかアップしているので、見てくださいね。

現代人は、とても肌が弱くなっています。
湿疹や肌荒れ、ニキビやおでき、かぶれなど、敏感肌になっている方が増加しています

皮膚科のお薬で治療するのはもちろん必要ですが、正しいスキンケアがなにより大切だと痛感しています。
そのことをアドバイスさせていただく動画です。
ためになること、間違いなし

ぜひとも、何回も見て、お役立てくださいね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マスクニキビ、マスクかぶれ

2021年07月26日 07時56分12秒 | 診断と治療
いきなりの連日の暑さに夏バテ気味で、頭痛が続いており、室内で熱中症気味かもしれないと思うくらいでした
どうもクーラーの寒い風にやられていたようです。
体調管理が難しいですね

さて。

このところ、汗のトラブルの患者さんがものすごく増えています。
これだけ暑いのですから、もはや、多すぎる汗に肌がむれて皮膚炎になってもしょうがないとさえ思います。

また、すごく増えているのが、マスクの中の肌トラブル。
ニキビや吹き出物。
肌荒れ。
かぶれや湿疹。
痛い化膿。
唇のかわむけ。

これらさまざまなトラブルについて、すべてお話しできないので、肌保湿研究所のYouTube動画で色々とお話ししています
ぜひとも、ご覧ください。
とくに、ニキビに関する動画は3つあるので、きっと参考になると思います

私は、まだ、少々夏バテぎみなので、ブログはここまで。
元気になったら、また書きますね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

汗のトラブル

2021年06月06日 17時51分11秒 | 診断と治療
湿度が高くムシムシする季節になりましたね
もわ~と思い空気が、首回りにまとわりつくような不快感があります。
そろそろ梅雨入りなんですね

さて。

こういった季節になると、汗のトラブルに悩むご相談が増加します

汗をかくと、全身がかゆい。
汗がたまる首や、脇や、肘やひざ裏がかゆくなる。
下着の締め付ける部分や、ゴムの下がかゆい。
手のひらや足の指などがかゆい。
脇汗が気になって、薄い色のシャツが着れない。
手汗が多くなって、鉛筆がすべる。
脇や足の汗のにおいが気になる。
頭に汗をかくと、かゆい。

こうした、汗の伴う症状やご相談が増え始めるのが6月です

さまざまな治療が出来ますので、まずはご相談ください

保険診療がメインですが、自費の医薬部外品の化粧品による治療など、さまざまな治療が選択していただけます。
お気軽にご相談ください

~~~お知らせ~~~

オリンピックが開催されるかどうかわかりませんが、一応7月のカレンダーをアップしました。
紙カレンダーに印刷されている祝日は変更になっています。
ご確認ください

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

汗をかくとかゆい!

2021年05月28日 07時30分42秒 | 診断と治療
このところ、急に季節が進んだ感じがしませんか?

この前まで肌寒い日もあったのに、この数日で夏の訪れを感じますね
蒸し暑さを感じると、身体のだるさも感じるようです
また、コロナ禍で何のイベントもないので暇な時間も増えたのに、時間はなぜか早く進み、気づいたら何もしていないのに5月が終わりそうです

さて。

皆さまの多くが、コロナ禍で運動不足になっていると思います。
運動不足は、筋肉が衰えることも問題ですが、実は汗のかきかたにも問題が出てきます

普段から毎日運動をして汗をかく習慣がある方は良いのですが、ずっと運動不足が続いていると、実は汗のかきにくい体質になっている可能性があるのです。
汗をかきにくい生活が続くと、急に夏の暑さを感じてもスムーズに汗をかくことが出来ず、熱中症のリスクになります
また、じわじわとしか汗が出ないので、汗はネバネバベタベタしたタイプのものになりがち。
このネバネバベタベタ汗は、放置すると、じわじわとかゆみの原因になるのです。

といっても、急に汗をかく運動を始められるわけもないですね。

そこで、おすすめなのが、汗をかいたらまず水で濡らしたタオルで優しくふくことです
乾いたタオルでゴシゴシとこすると、皮膚の表面が傷つけられ、かえってアセモや皮膚炎やトビヒになりやすいのです。
また、市販の汗を拭き取って涼しくする汗拭きシートは、アルコールやメンソールなどを含むものが多く、皮膚の弱い方や湿疹のある方は避けた方がよいです。
かえってかゆみを増す原因になるのです

帰宅後は、まずすぐにシャワー。
汗をすばやく流しましょう。

もう一つのポイントは、毎日、できるだけゆっくりとお湯につかること。
ゆっくりの入浴の習慣は、毎日の発汗機能をきたえるのです

一番やってはいけないのは、汗をかいたまま、クーラーで乾かしてしまうことです。
これは、汗の成分や汗に付着した花粉やホコリなどが皮膚に固着してしまい、湿疹やかゆみをおこす大きな原因になってしまうのです

帰宅後はまずはすぐにシャワー。
出来たら、しっかりゆっくりお湯につかりましょう。
その後は、夏も忘れず保湿ケア。
冬とは違うさっぱりした保湿クリームなどを処方していますので、お申し出ください。
しっとり!もちもち!オールインワンジェルは、夏の保湿ケアに大好評です。
このジェルは、入浴の後かいた汗とすぐに混じり合い、さぁ~っとすばやく伸びるので、保湿ケアが短時間でできますね。

肌保湿研究所のYouTube動画では、汗とのつきあい方をお話ししているので、ぜひ、ごらんください

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

顔が赤くなる!!

2021年05月09日 14時57分07秒 | アレルギー
ゴールデンウィークも全くのステイホームで、のんびり過ごしていたら、もう一週間過ぎてしまいました
仕事以外にイベントが皆無で、こういう生活だと、日が早く過ぎていくことに驚いています

とはいえ、家で寝ていたわけではありません。
まとまった時間が取れるので、論文を読んで勉強したり、録画で映画をたくさん観たり、アクセサリーを作ったりしましたよ。
それなりに充実した休日でした

さて。

休日明けのクリニックが混雑するのは例年通りですが、やはり・・・という感じで、顔の赤い患者さんが急増しています
毎年、5月になると、顔の皮膚炎の方がたくさん来院されます。
この原因は、主に雑草の花粉と黄砂や砂ぼこりです。

顔だけでなく、頭皮や首回り、腕や手にも悪化が見られます
半袖になったり、半ズボンになったりするので、露出している腕やすねなどにもかゆみが広がります。
今年は黄砂が大量に飛んでいるようで、ベランダや車も黄色く汚れていますが、これが皮膚炎の原因になるのです

家の近くに雑草が多い方はもちろんですが、風が強いとかなり遠くまで飛散するので、外出しただけでひどくなる方もいます。
また、草むしりやガーデニング、畑仕事や庭いじりの後にも悪化が顕著です

大切なことは、帰宅後のシャワーと着替え、そして保湿ケアの徹底です。

洗濯物の屋外干しもやめましょう。

マスクの下に汗をかくと、顔の赤みがいっそうひどくなります。
不織布のマスクや、ウレタンマスクの影響が特にひどいので、出来れば綿のマスクを下につけて、汗を吸うようにしましょう。
マスクの2枚重ねは暑いと思われますが、不織布マスクで汗をかくよりはずっとましなんですよ。

マスクの下に日焼止めクリームや化粧をすると、赤みだけでなくニキビも増えてしまいます。
綿マスクの2枚重ねなら日焼けの心配はありませんから、なるべく何も塗らず、汗をかいたらぬれタオルでふくようにしましょう。

コロナ禍で、顔のトラブルは以前の数倍以上の患者さんがいます。
やっかいな時代です
スキンケアのご相談もどうぞお聞きください。
みんなでなんとか乗り切りましょうね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

風の強い日は花粉にご注意

2021年04月29日 17時15分02秒 | アレルギー
気づかないうちにどんどん日が過ぎていくようです
コロナ禍にあって、イベントもすべてなくなり、ジムにも行けず運動不足で、でもどんどん時間だけたっていきます。。。
さまざまな行事がないため生活にメリハリがなく、もう4月も終わることに驚いています

5月に入ると毎年、雑草の花粉のアレルギーの患者さんが急増します。
急に初夏を感じるようなお天気になると、雑草がぐんぐん伸びてきます。
この雑草の花粉が、たくさん飛び始め、皮膚に湿疹をおこすのです。

お天気の良い日、ハイキングやウオーキング、公園遊びなどの後、顔や首、頭の中、肩や腕、すねなどにかゆみとブツブツが出るのです。
つまり、洋服から外に出ている部分に特に出やすいですね。
また。
草むしりや、畑仕事、庭いじりなどでも悪化が見られます。

こうしたことをしていなくても、風が強く吹くとたくさん浴びるので、ちょっとした外出でも症状が出る方もいます

今は緊急事態宣言がでたので、ステイホームの方も多いかと思いますので、今年はそれほどひどくならないかもしれませんが、いまや花粉症はスギ花粉だけではないのでご注意くださいね

帰宅後はすぐにシャワーを浴びて、洗髪もして、花粉のついた洋服を着替えましょう
その後の保湿ケアが重要です。
5月は、まぶたや唇が腫れる患者さんが多いので、顔の保湿ケアはしっかり行いましょう。
リップ&アイは効果が高いので、おすすめですよ

ゴールデンウィークはどのようにお過ごしになりますか?
私は、自宅で、映画三昧の予定です。
ネフリ、アマプラを見まくろうかと思います
皆さまも、感染対策をこころがけてお過ごしくださいね

~~~お知らせ~~~
都合により、5月24日月曜日は、臨時休診となります。
よろしくお願いいたします。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さまざまな花粉のアレルギー

2021年04月12日 20時26分27秒 | アレルギー
桜はすっかり散って、緑色が濃くなってきました

春はどんどん進んで、もう初夏の空気の香りも感じます

ところが、うれしいことばかりではなく、このところクリニックにはアレルギーの患者さんが増加しているのです

え?。スギ花粉はもう終わったのでは・・・?と思われる方も多いでしょう。
確かに、スギ花粉の飛散は減っています。
でも、代わりにヒノキ花粉がピークになり、さらには早くもイネ科の雑草花粉症の患者さんの症状が出始めているのです

お彼岸でお墓参りに行った後からとか、庭の雑草をむしってからとか、畑仕事をした後とか、多摩川べりをウォーキングした後とかに、顔や首や腕に湿疹が出たという方が多いです。
これらは、夏の雑草のアレルギーによくみられるのです。

今や、花粉アレルギーは一年中見られます。

外から帰宅したら、すぐに入浴またはシャワーを浴びて、着替えましょう
毎日、保湿ケアをしましょう。
特に、ゴールデンウィークの後に悪化する方が多いので、いまからきちんと保湿ケアで予防しましょう

~~~お知らせ~~~

しっとり!もちもち!オールインワンジェルがおかげさまで、大好評です。
そのため、アマゾンで商品の欠品が出てしまい、ご迷惑をおかけしました。
予想を遙かに超える売れ行きで、アマゾンの可能な在庫個数を超えてしまったのです。
まもなく入荷しますので、お待ちください。
肌保湿研究所のホームページからの購入や樂天での購入は、多めの在庫が可能で欠品することはまずないので、こちらをご利用することもおすすめです。
最近は、ご家族全員でご利用されることが多くなり、何本もまとめ買いされる方が増えております。
ご評価いただき、開発者としてはとても光栄です。
ありがとうございます



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

顔のトラブル

2021年03月31日 07時57分52秒 | アレルギー
この数日、初夏を思わせるような暖かい日差しを感じます
ついこの前まで、厚手のオーバーを着ていたのに、昨日は半袖の方もいました。

さて。

このところ、顔のトラブルの患者さんがとても多く来院されます。

皮膚病の種類はさまざまです。

マスクのかぶれ。
マスクの下のニキビの悪化。
マスクのムレによる皮膚の赤み。
毛穴の詰まり。
花粉による赤みや湿疹。

今の時期はまだスギ花粉が多く飛散し、さらに、ヒノキ花粉も加わっているので、これらの花粉による肌荒れは多いです。

さらに、問題が、、、

それは、黄砂とPM2.5が今年は特にたくさん飛散してくるからです。

黄砂とPM2.5には、中国の工場から出る廃棄物や金属などを含むので、これらによる肌トラブルやアレルギーが起こります

洗濯物の屋外干しはやめましょう。
取り込む際に払ったくらいでは、全く取れませんよ。

一年で一番明るく晴れやかな時期なのに、残念なことにアレルギーには良くない季節なんですね

帰宅後は、すぐにシャワーを浴びて着替えもしましょうね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

臨時休診のお知らせ

2021年03月24日 07時53分46秒 | 日記
春がやってきましたね
国立の桜もきれいに花開いて春の風の中で揺れています

まだまだスギ花粉の飛散は終わらず、加えてヒノキ花粉が飛んでいます。
花粉症対策は油断せずにお過ごしください。

さて。

今日は臨時休診のお知らせです。
29日月曜日は都合により休診となります。

また、27日土曜日は、混んでいても診療を午後一時までにすべて終了させていただきます
そのため、土曜日の診療をいつもより早めにスタートします。
9時開始を早めて8時45分くらいからスタートしますので、早めに受付された方はそのままお待ちください。

早めに来院された方は、敷地内の駐輪場内で列をお作りお並びいただくようお願いします。
敷地外の道路上に並ぶのは、危険でもあるのでくれぐれもお控えください

何とぞご協力のほど、お願い申し上げます

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あらためて受診時のお願い

2021年03月11日 08時05分12秒 | 日記
急に春が早足になってやってきた感があります

桜もあわてて開花の準備に入っているようです

さて。

今日は、コロナウィルスの緊急事態宣言が延長が続くであろう今後において、あらためて受診時のお願いです

1,マスクは必ず着用をお願いします。お子様もマスクを外さないようお願いします。
2,発熱されている方は受診をお控えいただき、内科にご相談ください。
3,待合室内では会話をされないようお願いいたします。
4,診察時はマスクを外さずに、症状などのお話をお聞かせください。
5,顔の皮膚の診察時はマスクを外していただきます。
  このときは、お話をしないようお願いします。
6,入り口と待合室内に数カ所アルコール消毒を設置してありますので、ご利用ください。
7,全館換気扇が作動しています。さらに窓も開けたまま換気は万全に行っています。
  多少、寒さを感じることもあるかと思いますが、何とぞご理解ください。

つくづく、こういった生活スタイルがニュースタンダードになっていると思います

なるべく細かい症状の把握のために詳しくお話を聞きたいですしご、ていねいな診察を心がけたいので、是非ともこういったことにお気をつけていただきたいというお願いでした

私事ですが、季節の変わり目のせいか、ちょっと体調を崩してしまい、数日、めまいと頭痛、ひどい肩こりに悩まされました
先週の土曜日は急遽、お薬処方をお願いしてしまい、ご迷惑をおかけしました。
体調はほぼ戻りました。
皆さまも、ご自愛ください



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花粉症のピークに入りました

2021年02月28日 14時09分34秒 | 花粉症
春の暖かい日差しを感じるようになりましたね

明るいまあるい光を感じるようになった反面、この空気の中にあのアレルギーの原因が潜んでいると思うと、ちょっとがっかりもします。

急に花粉症の患者さんが増加してきました。
鼻水やくしゃみ、目のかゆみはもちろん有名な症状ですが。
その他の症状もあるのです。
かわいた咳が続く。
まぶたやほほ、唇が極端に乾燥し、赤くなる。
ブツブツやかゆみも出てくる。
頭痛がおこる。
人によっては微熱も出る方もいるようです。

コロナウィルス対策としてマスクをしているのは結構なのですが、かゆくなった目や鼻をぐりぐりとかいている人も少なくありません。
目や鼻の粘膜からもウィルス感染はおこるので、やはり花粉症はなんとか軽くしておきたいものです

抗アレルギー薬の内服薬、点眼薬や点鼻薬もあわせて処方いたします。
お子様が飲める薬もあるので、ご希望の方はお申し出ください

まぶたや唇は花粉症のかぶれが起こりやすいので、リップ&アイを持ち歩いて、こまめに塗っておくとかなり予防効果がありますよ
まぶたや唇は、湿疹をくり返すと小じわやシミの原因になりやすく、加齢変化を感じやすい部位です。
ぜひとも、こまめに効果的なケアをおすすめします
発売して2ヶ月を過ぎましたが、リップ&アイは大好評です。
こんなリップクリームははじめてといううれしいご感想をいただきます。
ぜひ、お試しください。
まぶたや唇は、ステロイドなどをあまり使いたくない部位なので、薬を減らす目的でもおすすめします。

スギ、ヒノキ、ハンノキ花粉は、これから4月いっぱいくらいまで飛びます。
ぜひ、毎日のスキンケアに気をつけて、なるべく悪化させないようにお過ごしください

~~~お知らせ~~~

3月29日は都合により臨時休診させていただきます。
よろしくお願いいたします

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花粉症で皮膚症状がでるのです

2021年02月07日 17時35分31秒 | 花粉症
まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では春が訪れており、気温は上下しています。
このところ、花粉症の症状を発症している患者さんが増えてきました

目がかゆい。
鼻水やくしゃみがでる。
鼻がつまる。
咳が出やすい。
こういった典型的な花粉症の患者さんも多いですが。
皮膚に症状がでてしまった方が多くなってきました。

え?
皮膚にも花粉症??と思われる方もいるかと思います。
でも、花粉で皮膚炎を起こす患者さんは、実はすごく多いのです

特に多いのが、まぶたや目のまわりが赤くなったりかゆくなったり、はれる方。
唇がかゆくなったり、かわがむけたり、唇の縁が赤く腫れたり、口角が切れたりします。
ほほが赤くなり、ブツブツがでます。
ほほが火照って熱っぽくなる方も増えています。
耳たぶに湿疹が出やすくなり、首や頭皮にもかゆみがでます。
こういった症状が出始めた方が増えており、この症状は、2月から4月まで続きます

意外に思う方もいるでしょうが、花粉で手荒れや手湿疹も悪化するのです

これらはスギ花粉やヒノキ花粉、ハンノキ花粉、シラカバ花粉などの花粉に加え、黄砂やPM2.5でもおこります。
つまり。
春の風は要注意なんです

洗濯物や布団の外干しはやめましょう。
洗濯物には特にたくさん付着するので、払っても全く取れませんので注意しましょう。
屋外から帰宅したら、すぐにシャワーと洗髪をおすすめします。
このとき、頭はシャンプーでなくとも湯シャンでもほぼ大丈夫です。

コロナ禍にあって、外出はひかえている方も多く、花粉の付着を減らせるかもしれません。
ただ、換気で窓を開けているため、室内に入ってくるかもしれません。
いろいろ気を遣う春ですね

ところで。
肌保湿研究所のYouTube動画はもう28本配信しています。
暖房の注意の動画も出しました。
これは実は、すごく重要なんです
ためになることをお話ししているので、ぜひ、見て欲しいなあと思います。

肌保湿研究所で新発売したリップ&アイは、大好評です
思っていた以上に反響があり、患者さんがうれしいコメントをお伝えくださいます。
お子様も、大人も、誰でも使えますし、持ち歩きしてこまめに塗ると、この実力がわかると思いますよ

今からでも、遅くありません。
暖房をひかえて、どんどん保湿してください。
花粉に負けないお肌を作りましょうね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花粉症にご注意ください!

2021年01月19日 17時17分02秒 | 花粉症
暖かくなったり、急に寒さが厳しくなったり、気温の上下が激しいですね
連日、コロナのニュースばかりで、じわじわと気分が下げられてしまいがちです。
こういう日々は、美味しいおうちご飯を作って、メンタルをあげていこうと思います
最近、凝っているのは、手羽先のすっぱ煮とか、もつ煮込みとかの和食です。
ちょっと手間をかけて美味しく食べることが、気力を上向きにすると感じてます。

さて。

テレビではコロナのニュースばかりが報じられていますが、実はスギ花粉や黄砂が飛び始めているようです。
昨年は飛散量がすごく少なかったので、軽症で終わった方が多いと思いますが、今年は昨年よりは多いようです。

気をつけなければいけないのは、冬の間、エアコンやファンヒーターや床暖房といった部屋全体を暖める暖房器具の中で生活していた方は、皮膚全体や鼻や目の粘膜がカサカサに乾ききっている可能性がとても高いということです。
乾燥肌や乾燥した粘膜は、バリアー機能が低下しているので、花粉や黄砂が侵入しやすくなっていて、アレルギー症状が早く強く出るリスクが高いのです


なので、花粉や黄砂がそれほど多く飛散していなくても症状が出る場合があります。
花粉の飛散が本格的に増加すると、当然症状が強くなってしまいます

毎年のように、顔に赤みや湿疹が出る患者さんがたくさんいます。
特に、まぶたが腫れたり、ほほがかゆくなったり、唇がかぶれたり、首に湿疹が出やすくなります。
頭の地肌にも湿疹やかゆみ、ふけがでやすくなります。

まず、今の時期に気をつけることは、無防備に暖房をつけっぱなしにしないこと。
あまり室温を高くしないで、重ね着を工夫して、できるだけ空気の湿度を下げすぎないようにしてください。
顔や首はもちろん、全身の保湿ケアを毎日しましょう。
洗濯物の外干しはやめましょう。
帰宅後はすぐに入浴して、着替えましょう。

実はスギ花粉は飛び始めていて、くしゃみや鼻水や目のかゆみといった花粉症の症状が出始めている方がぼちぼち来院しています。
飲み薬や点眼薬、点鼻薬の処方をしますので、お申し出ください。

当院処方の保湿クリームや、しっとり!もちもち!オールインワンジェルで、保湿ケアをしっかり行いましょう
まぶたや唇のケアの、リップ&アイが早くも評判が良いです
これらの保湿ケアを行うことで、症状が出にくくなり、症状が出ても軽くすむので、薬の使用量を減らすことが出来ます。
あまりニュースになりませんが、花粉や黄砂にはご注意ください

~~~つぶやき~~~
今日、ある患者さんに
「毎年、花粉症で、咳き込んでしまうのですが、今年は人前で咳をするとまわりからいやな顔をされちゃうのでこまります
と相談されました。
なるほど。。。
そうですね。今年は、くしゃみや咳を続けてすると、あれと誤解されかねないですね
本当に気を遣う生活だな・・・と途方にくれる思いです
私も、空気が乾燥していると気管支炎を起こしやすいので、特に気を遣いますね。
電車に乗るときは、飴をなめています。
そういえば、電車が換気のために窓をあけているので、風がびゅんっびゅん入ってきますが、花粉も入ってくるのでこれも注意ですね。
昨年のスギ花粉の飛散量が平年の3分の1くらいしか飛ばなかったので、その分今年は多めに飛散すると言われており、当院でもすでに花粉症が出始めてしまった患者さんが増えてきました。
ですから、少し早めに内服を始めた方が良さそうです。
全く眠気のない内服薬も数種類ありますので、車を運転される方も安心して飲めます。
また、漢方薬も選べます。
点眼薬や点鼻薬だけでも処方できるので、ご相談ください。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする