宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

敏感肌が多すぎる!!と思うのです

2017年05月28日 07時50分12秒 | 化粧品
この1ヶ月くらい、診療でとにかく忙しくしていました

患者さんが多く受診されていても、治療がとても順調に進んでいる方が多いときは、私はあまり疲労を感じません。
「おかげさまで、とても肌の調子が良いです。」
とおっしゃる方が多いと、うれしさから、一日終わっても疲れを感じないのです
そういった意味で。
この一ヶ月は、とてもハードな日々でした

4月の後半くらいから、とにかく大変なんです。

とくに、この一ヶ月は、顔と首と頭がかゆくなって悪化したという患者さんが、ものすごく多いのです

原因は、雑草の花粉アレルギーです。

イネ科の雑草のアレルギーなのですが、この患者さんが年々増加しています。

「スギ花粉が終わってから、皮膚の症状がひどいです。」
「ゴールデンウィークで出かけた後から、悪化しました。」
「鼻水がへってきたと思ったら、身体中かゆくてつらいです。」
「とにかくこのところ、顔がかゆくてたまりません。」
「子供が外遊びの後、全身をかゆがります。」

顔や首がひどいと紫外線のせいかと思って、日焼止めを一生懸命塗っている方もいます。
が、多くの患者さんの中で、紫外線が原因と思われる方は、ほとんどいませんでした。
私は大学病院勤務時代、紫外線アレルギーを専門にしていましたので、この違いを見分けることは出来る方だと思っています。

私が診療を続けていく中で、この数年とくに顕著に感じることは。

スギ花粉以外のさまざまな花粉にも、アレルギーをおこす方が、年々はっきり増加していることです

なので、多くの患者さんが
「こんなことは、はじめてです!!。」
とか
「昔は皮膚が丈夫だったのに、このところ、すごくかぶれやすくなってきました。」
ということをおっしゃいます。

私も、皮膚が弱くなっている方がとても増加していることをつくずく実感します。

また、これが、全年齢に見られるのです。

赤ちゃんやご高齢の方は、もともと皮膚が弱い年齢ですから、多少はしょうがないのですが、でも見過ごすことが出来ないくらいに急増しています。
さらに、問題なのは。
本来、一番バランスが取れていて丈夫であるはずの、若い方や成人に、肌荒れや敏感肌、アレルギー肌がものすごく多くなっているのです。

今日は、ここまで。
次回は、この原因について考察してみます


~~~お知らせ~~~

6月3日土曜日は、皮膚科学会のため、休診させていただきます。
しっかり勉強してまいります










  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あらためて肌のことをお話ししましょう(その2)

2017年05月25日 10時25分14秒 | スキンケア
私は時々テレビショッピングを見ます。
よく利用するのは、調理器具。
圧力鍋や、電子レンジ器具などは、買って良かったと思えますね

さて。

そのテレビショッピングで、よく化粧品を販売しています。
本日のみ、大安売り!!というもので、その日に買えば半額くらいになるというもの。
安い上に、2本セットとか3本セットというものが多く、いったん買うともったいないから使い切るまでずっと使用すると思います。

そういった商品の中で、とくに私が疑問になっているものがあります
それは。
ファンデーションをきれいに落としきるという洗顔料(クレンジング)で、その成分に、数多くの植物成分や美容成分をあえて入れているものです。

洗顔料というものはいくらマイルドとうたっていても、皮膚の汚れや化粧品を落としきるわけですから、皮膚の表面の角質層への侵襲はどうしても免れません。
その洗顔料に多くの植物成分やら漢方薬成分やら美容成分やら角質を取る成分などを加えると、それらが皮膚に侵入しやすくなるのは容易に想像できます。
そういったさまざまな成分に、敏感肌やアレルギー体質の方はアレルギー反応を起こす危険性はあり得ると思います

でも。
そういったもので肌荒れを起こしていても、まさか洗顔料が悪いとは思わない場合が多いのです。
なのに、皮膚科に行って強い塗り薬をもらいぬり続けていたりすることもあり、そういったことは本当に危険だと思っています

私は、マイルドなオイルなどでさっとファンデーションを落とし、安全な石けんで洗顔し、シンプルな保湿ケアで終了・・・これをオススメします。

こういったシンプルな肌ケアを続けると・・・丈夫なつや肌を取り戻すことへ導くことになるのです。

つくづく、化粧品の種類は多すぎてわかりにくいですね。

最近、こういったお言葉を聞くことが多いです。
それは。
「これまではこういったことはなかったのに。最近、急に顔に湿疹や肌荒れがでるようになったんです。」
というもの。
化粧品があまりにも種類が増えすぎて、あれこれ使用して、反対に肌が弱くなっている方が、とても多いのです。

弱くなりすぎた肌は、原点に戻らなくてはいけないかもしれませんね。

スキンケアのみのアドバイスでも、受診しただけます。
お気軽にご相談ください



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あらためて肌のことをお話ししましょう

2017年05月22日 17時03分52秒 | スキンケア
今日も、真夏を思わせる暑さでしたね

出かけるときに、何を着ていこうかと悩みます。
昼はあつくなっても、夕方はヒンヤリすることも。
温度調節の出来るカーディガンがオススメですね。

さて。

私は最近、保湿ケアのことを考え続けるようになりました。
大学病院勤務時代から、保湿ケアにはこだわってアドバイスをさせていただきました。
でも。
最近、ベストな肌のケアをしみじみ考えるようになっています。

今日、ある患者さんから、とても良いご質問を受けました。
それは。
「先生、肌断食をどう思われますか?。」
というものです。

これは、とても良いご質問です

私は、かねがね、現代の都会の生活は、肌に過酷だと申し上げています。
過剰な冷暖房の使用。
アスファルト生活や、鉄筋コンクリートの建物に囲まれ、湿度は最低です。
さらに。
強いヘアシャンプーやボディシャンプー、マッサージやスクラブやピーリングなどの肌ケア。
必要以上に使いまくる基礎化粧品。
こすったり、けずったり、マッサージしたり、塗りたくったり、パックしたり・・・。
敏感になった肌が、いっそういじられまくっているのです。
あれこれやった結果、いっそう肌が弱くなり、悩みの末にエステに行ったり。

だから私は、いじりすぎない、あれこれやらないスキンケアをアドバイスしています

そこで、今日のご質問。
肌断食。
一切の手入れをいったんやめてしまうことですね。
場合によっては、石けんの洗顔もしない、化粧水も乳液も何もかもやめて、皮膚の本来のチカラを引き出すという考え。

私の結論は・・・。

肌断食は、反対です

まぁ、若くて、丈夫な肌であれば、これもありかもしれません。

でも。
あれこれやって、痛んでしまった皮膚は、何もしないことでいっそう痛むのです。
まして。
炎症やかぶれがあったりすると、適切に治療しないと、断食の結果どんどん悪化しかねませんね。
肌本来のチカラには、もともと個人差が大きいのです。
自己流でやると、大変危険ですよ。

こういったご質問は大歓迎です。

正しい知識とスキンケアが、丈夫できれいなつや肌につながりますよ

私は、石けん洗顔とオールインワンジェルのみの超時短スキンケアで、肌の調子はすこぶる良いですよ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ひとりごと

2017年05月21日 21時28分18秒 | 日記
皆さま、体調や気力は大丈夫ですか?。

五月連休のあとの疲れで、多くの方がいわゆる「五月病」の状態になっていたり。
いきなりの真夏のような暑さに、熱中症の軽い状態になっていたり。

無理を続けると、バテますよ・・・・お気をつけて

さて。

なので。

今日は、軽いのりのひとりごと。

私は、最近、ちょこっと、某アイドルがマイブーム
もともと、ジャニーズとか、アイドルとか、あまり興味がないのですが。
ひさびさに、テレビに出てくると見ちゃうアイドルがいます。
それは。
KとYPです。
わかりますか?。
12年前も大ヒットをした曲があって、その歌も良かったですよね~。
今回は、踊りがいい感じ
なんだか、アイドルの王道っていうか、昭和のアイドルを彷彿するというか、とにかくいい感じ。

夏バテや五月病の解消に、いかがでしょうか(笑)。






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

顔が赤い!

2017年05月19日 18時40分34秒 | アレルギー
急に夏がやってきましたね
明日は、さらに暑くなるそうです。

そんな今の時期、顔の皮膚炎の方がかなりたくさん受診されました。

毎年のことですが、この時期、顔が赤くなる方がたくさん来院します。

「日に焼けました。」
とか
「紫外線アレルギーになりました。」
とおっしゃる方が、少なくありません。

でも。

実際、紫外線による皮膚炎は、あまり多くはありません。
私は、大学病院勤務時代は、紫外線による皮膚疾患を専門にしていましたので、かなり多くの患者さんを診察させていただきました。
なので、その経験の結果、紫外線によるものとそうでないものを見分ける目を持つことができました。

そういった目で見ると・・・。

紫外線による皮膚疾患の患者さんは、まだほとんどみられません。
むしろ、それ以外の方がとても多いです。

その原因は・・・。

イネ科の雑草の花粉アレルギーです。
さらに、黄砂やP.M2.5などもアレルギーの原因と考えられます。

つまり、晴れた日に風に乗って飛散している花粉や黄砂が、皮膚病をひきおこすと思われます。

草むしりや公園遊びなどのあとに悪化した方がとても多いです

洗濯物や布団の屋外干しはやめましょう。
外出から帰宅したら、まずはシャワーを浴びましょう。
気持ちよいからと、窓を全開にし、室内に風を取り込むと、たくさんの花粉も室内に侵入します。
換気は、風のない日の夜がオススメです。

なお。

顔が真っ赤になると、治療しても良くなるのには五日くらいかかります。
一日塗って、まだ真っ赤にほてっていると心配になって治療をやめてしまう方がいます。
でも。
すぐには治らない方が少なくありません。
焦らずに、正しい治療を続けましょうね


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

肌をいじりすぎはトラブルの元

2017年05月14日 21時42分58秒 | スキンケア
今日は、おだやかな日曜日。
母の日です

我が家のテーブルの上に、赤いカーネーション

いかがお過ごしでしょうか。

私は今日は、家から一歩も外出せず、自宅でのんびりと手芸をして過ごしました。
先週は診療がとても忙しく、少々疲労がたまっておりました。
なので、趣味をしてリフレッシュです。

さて。

この数年、感じることがあります。

それは。

肌をいじりすぎてかえって敏感肌やトラブル肌を招いている方が、どんどん増えているような気がするのです
たとえば・・・。
間違ったマッサージ。
角質ケアと称して、皮膚の表面をこすっているスキンケア。
ピーリングやゴマージュや、やりすぎ美白ケア。

いろいろと手を加え、古い角質やらたまったくすみや色素をこすってはがしとるような化粧法。
これって、いじりすぎの結果、かえって皮膚が薄くなり敏感肌や乾燥肌を招いているのではないか・・と危惧します。

医学的には、皮膚の角質層をこすって剥がすと、さまざまな物質が入りやすくなり、アレルギーをおこしやすくなる可能性があるのです。
かぶれをおこすことを、感作するといいます。
角質層をこすってはがすと、感作されやすくなり、かぶれのリスクも増加するのではと心配です

そこで。

私がおすすめするのは。

優しく洗う石けん洗顔。
そしてシンプルな保湿ケア。

これを続けると、皮膚本来の丈夫な角質層が保たれると思います。

丈夫な肌は、きれいなつや肌につながります。
スキンケアのアドバイスも行います。
お気軽にご相談ください


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アレルギー肌の原因

2017年05月08日 07時24分44秒 | アレルギー
今日は、急に気温が上がる予想が出ています

ゴールデンウィークでゆっくりのペースに慣れてしまった身体と心には、ややハードな週明けとなりそうです

こういう、ちょっと厳しめの気分の日には、私はカラフルなものを身につけて、自分の気分を色であげてもらうようにします。
色のチカラは、けっこう頼れるのですよ

さて。

年々、アレルギー肌の患者さんが増加していると感じます。
私は大学病院時代、紫外線の研究をしていました。
そういった経験を積んだ目で見ると。
紫外線のアレルギーの患者さんは、それほど増加していません。
日焼止めの進化もあるのかもしれませんね。

では、どんなアレルギーが増えているのかというと。

ホコリ、さまざまな花粉、カビ、動物の毛、化粧品・・・などなど。

性別関係なく、ほぼ全年齢に増加しているのは、花粉の皮膚のトラブルです。
ここに、今飛散している黄砂やP.M2.5なども加わっています

また、女性では、化粧品のトラブルがとても多いです。

これには、もちろんまず、かぶれがあります。
でも、かぶれであれば、患者さん自身が気づくので、使用をやめていただければ良いですよね。
問題は。。。
かぶれではないが、合わないものを使っている方が、少なくないという事実

とくに、最近多いのは。

皮膚の中に浸透しやすいといううたい文句のものを、あれこれつけていたり。
細かい粒子になった・・という宣伝のものを塗りまくり、毛穴に多くの物質をつめてしまったり。
その結果、毛穴がつまったり、汚れがどんどん沈着したり。
さらに。
最近は、そういった多くの化粧品物質や汚れなどを、しっかり落とす・・というクリア洗顔とか、沈着した角質除去するのマッサージとか。

つまり、あれこれ塗り重ね、それをしっかりと落としきる・・・というなかなか皮膚には厳しい刺激をくり返している方が多いのです

こういったことをくり返すことで、中には、本来の皮膚のもつ角質層の機能が弱まっている状況の方がいます。

とくに危険なのは。
もともとアトピー性皮膚炎をもっているとか。
もともと肌が敏感な方とか。
小さい頃から乾燥肌とか。
あと、更年期の女性はとくにリスクが高いです。

肌トラブルが気になっている方ほど、あれこれと多種類の化粧品を使っていますし、トラブルを何とかしようとして薬に頼っていたりします。
でも、これが、また肌トラブルの元になって、悪循環のもとになるのです

私が皮膚のアドバイスの中で、強調していることは。

丈夫な角質層をつくること・・・です

皮膚の最上層の角質層は、外からの様々な刺激物質の侵入から守るチカラがあるのです。
ほこり、花粉、カビ、、細菌、動物の毛、化粧品物質、黄砂やP.M2.5などの侵入をはばむ最強の組織が、皮膚の角質層なんです。
最近の化粧品は、この角質層を痛めつけるものが少なくなく、困ったな・・と感じます。

悪循環のもとは・・・やり過ぎ、つけ過ぎ、塗り過ぎ、擦り過ぎと感じます。

もちろん、化粧品の進化はめざましく、塗り心地は格段に良くなっているし、化粧ののりもきれいに見えるものが多くなっています。
でも、そういった良いものばかりでなく、医師でも把握できないほどの多種類の商品が出回り、また、どれもトラブルが表にでないまま消えていくので問題ですね。

まぁ、一言で言えば・・・。
やり過ぎない方が、丈夫できれいな肌は作れるよ・・・ということですね




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雑草の花粉のアレルギー

2017年05月06日 16時25分02秒 | スキンケア
連休明けの診療だったので、ちょっと調子の悪かった方が目立ちました

今日の診療で、目立っていたのは、特に顔と首と手の湿疹でした。
中には、原因を紫外線と感じている方が少なからずいました。
「日差しが強かったので、悪化しました。」
とか。
「日焼けでかゆくなりました。」
とか。
「日焼止めをぬっていたのに、焼けてしまい真っ赤になりました。」
とか、おっしゃるのです。

でも。

ほとんどの方は、日焼けのせいではありませんでした。

私は、大学病院で勤務していたころ、一時期紫外線アレルギーの研究をしていましたので、紫外線による疾患には経験を積んだ方だと思います。
なので、紫外線による疾患の診断には、一応自信があります。
その目でみて、本日の患者さんの中に、紫外線アレルギーはいませんでした。
では、なぜ、紫外線と思われたのでしょうか?。

実は、原因は今の時期に、晴れてお天気が良い日にたくさん飛ぶ、雑草の花粉のアレルギーなのです。

毎年、ゴールデンウィークあたりから、イネ科の雑草の花粉症は増加してきます。
屋外に出かける機会が増えて、雑草の花粉に触れる機会も増加するのです。

たとえば・・・。
公園で遊ぶ。
バーベキューをする。
山登りを楽しむ。
ウォーキングを始める。
犬の散歩。
草むしり。
ガーデニング。
遠足。
動物園。
・・・・・などなど、雑草の近くに行く機会は格段に増えるのです。
しかも、こうしたことは、お天気の良い日ほど接触の時間は長くなります。
なので、紫外線のせいだと勘違いしがちなのです

屋外で遊んで帰宅したら、まずはシャワーを浴びて花粉を洗い流しましょう。
着替えもしましょう。
全身の保湿ケアをお忘れなく

アセモだと思っている方も多いです。
アセモは汗のせいだからと、保湿ケアをしない方もいますが、これは間違いです。
保湿ケアをしている方が、花粉の影響は出にくいし、アセモだってなりにくいことをお忘れなく。

べたつきの少ない保湿クリームやローションの処方も行っています。

オールインワンジェルも好評で、べたつかないのにしっとりが続くので、とても人気が出ています。

保湿ケアだけのご相談もお気軽にどうぞ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ひとりごと

2017年05月05日 07時58分15秒 | 日記
皆さま、どんなゴールデンウィークをお過ごしでしょうか?。

今年の連休は、お天気に恵まれましたね

適度にあたたかく、過ごしやすい気温でしたので、行楽地にお出かけした方が多いと思います。

私は、一度映画を観に出かけた以外は、ほとんど外出せずに、手芸をして過ごしました。
ネックレスを1本。
ミシンで縫ってつけ襟をひとつ。
織機でストールをひとつ織りました。

これを身につけてどこかに行きたいけれど・・・もう私のゴールデンウィークは今日でおしまい。

明日から、平常の診療です。。。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする