宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

花粉症にご注意ください!

2021年01月19日 17時17分02秒 | 花粉症
暖かくなったり、急に寒さが厳しくなったり、気温の上下が激しいですね
連日、コロナのニュースばかりで、じわじわと気分が下げられてしまいがちです。
こういう日々は、美味しいおうちご飯を作って、メンタルをあげていこうと思います
最近、凝っているのは、手羽先のすっぱ煮とか、もつ煮込みとかの和食です。
ちょっと手間をかけて美味しく食べることが、気力を上向きにすると感じてます。

さて。

テレビではコロナのニュースばかりが報じられていますが、実はスギ花粉や黄砂が飛び始めているようです。
昨年は飛散量がすごく少なかったので、軽症で終わった方が多いと思いますが、今年は昨年よりは多いようです。

気をつけなければいけないのは、冬の間、エアコンやファンヒーターや床暖房といった部屋全体を暖める暖房器具の中で生活していた方は、皮膚全体や鼻や目の粘膜がカサカサに乾ききっている可能性がとても高いということです。
乾燥肌や乾燥した粘膜は、バリアー機能が低下しているので、花粉や黄砂が侵入しやすくなっていて、アレルギー症状が早く強く出るリスクが高いのです

なので、花粉や黄砂がそれほど多く飛散していなくても症状が出る場合があります。
花粉の飛散が本格的に増加すると、当然症状が強くなってしまいます

毎年のように、顔に赤みや湿疹が出る患者さんがたくさんいます。
特に、まぶたが腫れたり、ほほがかゆくなったり、唇がかぶれたり、首に湿疹が出やすくなります。
頭の地肌にも湿疹やかゆみ、ふけがでやすくなります。

まず、今の時期に気をつけることは、無防備に暖房をつけっぱなしにしないこと。
あまり室温を高くしないで、重ね着を工夫して、できるだけ空気の湿度を下げすぎないようにしてください。
顔や首はもちろん、全身の保湿ケアを毎日しましょう。
洗濯物の外干しはやめましょう。
帰宅後はすぐに入浴して、着替えましょう。

実はスギ花粉は飛び始めていて、くしゃみや鼻水や目のかゆみといった花粉症の症状が出始めている方がぼちぼち来院しています。
飲み薬や点眼薬、点鼻薬の処方をしますので、お申し出ください。

当院処方の保湿クリームや、しっとり!もちもち!オールインワンジェルで、保湿ケアをしっかり行いましょう
まぶたや唇のケアの、リップ&アイが早くも評判が良いです
これらの保湿ケアを行うことで、症状が出にくくなり、症状が出ても軽くすむので、薬の使用量を減らすことが出来ます。
あまりニュースになりませんが、花粉や黄砂にはご注意ください







秋の花粉症

2020年09月01日 07時09分57秒 | 花粉症
9月になりました
皆さまにとって、今年は特別な夏になったのではないでしょうか。
特別・・・といっても、楽しいイベントがあったわけでなく、自粛などの我慢を強いられた厳しい夏だったのでは・・ということです。

今日、朝起きたら、外気が涼しく感じて・・・ああ、夏が去って行くんだなぁと思いました

今年の夏は、マスク着用がほとんど義務となり、旅行や飲み会などすべてを中止し、夏の思い出がほとんどなかったとういう方も少なくないでしょう。
そんな特別な夏が終わりそうです・・・。

今年の8月はほとんど雨が降らず、乾きっぱなしの地面でしたが、今日から秋の雨の季節が始まるようです

するとちょっと気になるのが、秋の花粉症のシーズンが始まると言うこと。

イネ科やブタクサの雑草などの秋の花粉は、秋の雨が降り出すとシーズンに入ります。
目のかゆみやくしゃみ、鼻水などはもちろん、目のまわりや口のまわりなどの湿疹が出やすくなります。
マスクの着用が続くので、マスクのトラブルも加わり、ほほやあご、耳の後ろなども湿疹がでやすくなりそうです

予防としては、毎日のスキンケアがとにかく大切です。
肌トラブルを起こしにくいマイルドな石けんやクランジングを選ぶことが重要です
皆さまは、肌が荒れるととにかく化粧水や乳液やクリームなどをとにかくべたべたと塗りがちです。
でも。
濡れば塗るほど、配合成分にかぶれたりして、手に負えなくなります

大切なことは、肌に良くない汚れや雑菌などはきちんと洗い落とすことですが。
同じくらい大切なことは、洗顔石けんやクレンジングをきちんと選ぶこと。
これを間違えると洗顔やクレンジングで角質層を痛めてしまい、湿疹やかぶれやニキビがさらに悪化してしまうのです
( 肌保湿研究所のホームページには、クレンジングの重要性についてお話ししていますし、敏感肌やニキビにもおすすめの石けんを販売しているので、のぞいてみてください。)

さて。
正しい洗顔を行い、汚れや雑菌や秋の花粉を肌からきれいに落としたら、その後は保湿ケアをまいにち怠らずに行いましょう
実は、ちょっと涼しくなるこれからの秋は、肌のトラブルが減るわけではありません。
それは、秋の花粉がたくさん飛んだ場合です。
爽やかにふく秋の風には、たくさんの秋の花粉が含まれているので、その花粉にトラブルを起こさないように毎日ケアをして欲しいのです。
肌保湿研究所のYouTube動画では、さまざまなスキンケアのアドバイスを、私の分身ぺぺがお話ししています
私の分身はとても小さいですが、知識は全く私と同じなので、皆さまに有益な情報を惜しげもなくお伝えしております
季節にあったスキンケアのアドバイスをどんどん配信していきますので、チャンネル登録をぜひしていただきたいです。
チャンネル登録すれば新しい動画がすぐにアップされ、その季節に必要な情報がわかりやすいからです。

花粉症による肌トラブルは、正しいスキンケアによりかなり予防が出来るから、ぜひとも見てくださいね




秋の花粉症

2019年09月17日 07時23分29秒 | 花粉症
日に日に秋めいてきました

そのため、秋の花粉症の患者さんが増加しています

くしゃみの連発や、急な鼻水。
目のかゆみ。
顔や耳のかゆみ。
頭の地肌のかゆみやふけ。
首のアセモの復活。
手の湿疹の悪化。
脇や腰回りのかゆみと湿疹。

こうした症状は、今の時期に毎年おこる秋の花粉症です

イネ科の雑草の花粉。
ブタクサの花粉。
ヨモギの花粉。
これらはすべて秋の雑草で、秋雨前線が活発になる8月末から飛散が増加します。
昭和にはほとんどいなかったと思われる雑草の花粉症は、平成の中頃から増加し、今ではまったく珍しくはありません

秋の運動会の練習で、お子様もこの花粉症の方がたくさんみられます

気持ちの良い秋晴れの日は、たくさん飛散しています。
帰宅後すぐのシャワーは、必須ですね

せっかくの気持ちの良い秋が来るのですから、気分良く過ごしたいものですね。
まめなシャワーとともに、全身の保湿ケア、洗濯物の部屋干しにも気を配ってくださいね

~~~おまけ~~~
映画を観ました。
話題の日本映画です。
太宰治をテーマにした日本映画をこれで3本観たことになります。
太宰治その本人の実像はわかりませんから、あくまで監督の独自の表現だと思います。
これまで、浅野忠信、生田斗真、小栗旬による太宰治を観ました。
あくまで個人の感想ですが、今回の映画が一番面白くなかったです
映像に監督の視線が見えすぎるし、その中で太宰の表現が上滑りしていると感じました。
過去のの二人の演技には、それぞれの太宰の独自な表現があり、その世界観に納得させられたのですが・・。
また、セット感が強すぎて、スケールが小さく感じ、時々「はい、カット!」というものが透けてみえてしまいました
ま、あくまで私の感想です。
これからもいろいろ映画を楽しむつもりです


秋の花粉症

2017年09月05日 20時10分13秒 | 花粉症
お久しぶりです

夏がなかなかにハードな日々だったので、少々疲れ気味で、ブログを休んでしまいました。
ごめんなさい。
今年の8月は、かなり忙しくしておりました。
でも。
例年の8月とは、少々様子が違ったのです。

夏によくみられる疾患・・・アセモや虫刺されやトビヒや日焼け
こういった疾患が少なめでした。
一方、多かったのは、雑草の花粉症でした。

これには理由があります

今年の8月は、ずっと雨が降っていて、暑さもたいしたことがなく、いわゆる冷夏でした。
日照も少なく、野菜や米が不作になると心配されていましたね。
こういったあまり暑くない雨続きの夏は、雑草が枯れることなくぐんぐん伸びるのです。
その結果、雑草の花粉がたくさん飛んでいます。

そのせいでこの8月は、花粉によるアレルギー疾患の患者さんが多く来院されたのです。

そして9月。

ひき続き、花粉によるアレルギーの方が多くなっています。

まぶたがかゆい。
目の周りがかさつく。
頬や顎や耳周りにブツブツがでる。
頭がかゆい。
首や胸回りに、湿疹が出る。
腕やすねがかゆい。
全身にかゆみがでる。
手の湿疹が悪化してきた。
目のかゆみやくしゃみ、のどのかゆみ。
風邪でもないのに、咳が続く。

こういった患者さんが増加しています

これらはいわゆる秋の花粉症です。
のみ薬や点眼薬、点鼻薬なども処方いたします。

涼しくて爽やかだと思っても、帰宅後は早めにシャワーを浴びて、花粉を流してしまいましょう。

肌の乾燥も始まりました。
保湿クリームを処方いたしますので、毎日のスキンケアを忘れずに行いましょう

雑草の花粉症

2017年08月18日 23時18分08秒 | 花粉症
私の夏休みが終わりました。
今日から、平常診療です

さて。

毎年、私の夏休みあけの診療はどうしても混雑してしまいます。
でも。
今日の診療は、例年とはちょっと内容が違ったものになりました

それは・・・。

来院された方々の疾患がこれまでの夏のものとは違ったのです。

毎年、この時期は、日焼け、虫刺され、アセモ、トビヒ・・といった夏に増加する皮膚病が多くなります。
でも、今日は違ったのです。

今日、とても目立ったのは、アレルギー疾患だったのです

まぶたのかゆみ。
唇のかゆみとぶつぶつ。
ほほや耳や首の湿疹。
鼻炎や結膜炎。

こういったアレルギーの原因は、雑草の花粉です。

例年であれば、こういったアレルギーは、晩夏や秋に増加します。
秋雨前線の影響で雑草が伸びて、花粉が飛ぶからです。
今頃の時期は、猛暑の影響で、雑草はむしろ枯れていて花粉の飛散は少なくなる傾向があるのです。
でも。
今年は、驚くほどの冷夏で雨ばかり降っているため、雑草はどんどん育ち花粉が飛散しているのです

そうです。
皮膚病もその他のアレルギー疾患も、お天気や気候により影響を受けるのですね

ですから、今日はたくさんの患者さんが来院されましたが、アレルギーの方が多く占め、点眼薬や点鼻薬をご希望の方も少なくありませんでした。

本当に、予測不可能な天候ですね

というわけで。

ずいぶん早く始まった秋の花粉症にお気をつけください。
そういえば。
なんと、昨日から、夜に秋の虫が鳴いているのですよ






今の時期の花粉症(その3)

2017年04月16日 08時19分15秒 | 花粉症
国立の桜はいよいよ見頃を過ぎました。
桜吹雪の中を自転車をこぐと、季節が勢いよく夏に向かっていることを実感できます

さて。

スギ花粉の飛散量が減ってくると、天気予報で花粉情報をしなくなってきます。
でも。
このところ、花粉症やアレルギーの患者さんがまた増加しています。

これは、毎年、同じように見られる現象です

4月はヒノキの花粉症。
そして、ゴールデンウィークあたりからイネ科の雑草の花粉症の患者さんが来院されます。

こうした、スギ花粉以外のアレルギーの患者さんが、年々増加しています。
まさに、アレルギーはいまや他人事ではないのです

とくに。
寒さが和らぐと、外出の機会が増えますよね。
公園にでかけたり、外でスポーツをしたり。
遠足や山登りなど、草や木に触れることも多くなります。
こうした、自然に触れる楽しいイベントの中で、植物や花粉のアレルギーをおこしてしまうなんて、残念な話ですね。
また。
ガーデニングや草むしりなどの後にも顔が真っ赤になる方が増え、紫外線によるものと勘違いしている方も少なくありません。
私は、大学病院では紫外線アレルギーの研究をしていましたので、花粉症による皮膚炎と紫外線による湿疹の違いを見分けることには慣れていますが、普通には難しいと思います。
でも、治療法などには違いがありますので、正しい診断が大切です。

これからは、楽しいイベントが多くなります
アレルギーをおこさずに十分に楽しめるようにしたいものです。

治療だけでなく、予防のアドバイスも行います。
お気軽にご相談ください

今の時期の花粉症(その2)

2017年04月02日 09時56分27秒 | 花粉症
4月になりました

いよいよ新生活の始まる人もいることでしょう。
進級で新しい先生やお友達に、少し不安を感じているお子様もいるかもしれません。
でも。
ひとつひとつ、目の前のことに取り組んで、少しずつ乗り越えていけばいいんですよ。
応援しています

さて。

寒い日々が続いていましたが、いよいよ桜の季節になりました
おそらく、今日もお花見を予定している方も多いと思います。

でも。

こんなことを言うのは、ちょっとしらけるかもしれませんが。
花粉の飛散は、かなり多く、今がまさにピークかもしれません。
スギ花粉、ヒノキ花粉、ハンノキ花粉など、多くの花粉が飛んでいるのです

屋外でシートを敷いて、お花見をしながらお酒を楽しむ方が増えますが。
実は、たくさんの花粉を浴びてしまうことにもなるのです。
ですから。
毎年、お花見の後に花粉症が悪化する方が少なくありません。

予防にのみ薬は飲んでおきましょう。
点眼や点鼻も予防でしておくことをオススメします。

それでも、悪化してしまったら・・・。

なるべくお早めの受診をお勧めします

毎年、この時期は、顔が真っ赤になったり、耳たぶや首、頭などに湿疹が出る方が増えるのです。
早く治療しておかないと、新学期や新生活が始まってしまいますね

それでは、皆さま、お花見を楽しんでくださいね

今の時期の花粉症

2017年03月25日 22時17分23秒 | 花粉症
おかげさまで、やっと体調が戻りました。
ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません

7年ぶりにひいた風邪は、なかなかしつこくて、すっかりバテてしまいました。
空気が乾燥し続けているので、気管支炎がこじれてしまいました。
やっと完全復活です。

さて。

今日の診療で気づいたことがあります。
それは。
スギ以外の花粉が飛散し始めたことです。

患者さんの症状から、スギ花粉、ヒノキ花粉、ハンノキ花粉など、様々な花粉が飛散のピークに入ったと感じました

目の症状、鼻の症状、咳や気管支炎の悪化している方が急増しています。
また、皮膚の症状も悪化しています。

できるだけ早めに、症状を抑えてしまうか、軽くしておかないと、どんどんつらくなる場合があります。
鼻つまりがひどい人には、効果の高いのみ薬もあります。
ご希望で、漢方薬の処方も可能です。

お気軽にご相談ください

今年のスギ花粉情報(その7)

2017年03月09日 22時09分55秒 | 花粉症
いよいよ春らしい日差しを感じるようになりました

でも。
スギ花粉の飛散がピークになっています。

家のドアノブや、自転車のサドル、自動車のボディなどに黄色い粉がたくさんついているのを見るようになりました。

当然、このところ、花粉症の患者さんが増加しています

今がピークです
そして、このピークが、しばらく続きます

洗濯物の屋外干しはやめましょう
帰宅後は、速やかに入浴していまい、室内着に着替えましょう。
部屋の換気は、風の吹いていない夜に行いましょう。
抗アレルギー薬を飲みましょう。
全身の保湿ケアをしっかりと行いましょう。

ところで。
私が開発したオールインワンジェルが、予想を超えた大好評です
感想をお伝えいただいた患者さん方、本当にありがとうございます。
値段もかなり安いので、コスパも良いですよ。
何を隠そう、私は、顔のスキンケアを、このオールインワンジェル一本のみで、かれこれ一年行っていますが、かなり肌質が良くなっています。
超乾燥肌の私が、ずっとしっとりもちもちなんです。
つい宣伝しちゃいました・・・ごめんなさい。
でも。
高品質で、安心処方で、保湿効果が抜群で、べたつかないので、とても快適です。
私のスキンケアは、毎日、10秒で終わります。
実は、ここに意味があります。
敏感肌や乾燥肌、肌荒れの方々が、スキンケアにあれこれ手間と時間をかけすぎてはいないかという懸念があるのです。
肌は、手をかけすぎたり、こすりすぎることで、かえってトラブル肌になるのです。
シミだって、こすりすぎで濃くなることをご存じでしょうか。

ですから、私は10秒スキンケア

スキンケアのご相談だけでも受診いただけます。
その方に合ったスキンケアのアドバイスも行っています。
石けんや、化粧水、乳液やクリーム、美容液や美白剤などのアドバイスも行います。
お気軽にご相談ください

今年のスギ花粉情報(その6)

2017年02月23日 20時36分45秒 | 花粉症
連日、すごい風が吹いていますね

今年は例年に比べて、風の強い日が多いと感じます。
そのせいで、自転車のサドルやかごがホコリだらけです

風が強いと、砂ぼこりがたくさん舞います。
目にゴミが入って、痛かったです

この砂ぼこりの中身は何でしょうか。

もちろん、土や砂も入っていますが。
スギ花粉や黄砂、P.M2.5なども含まれています。
これらは、アレルギーの原因物質です。

スギ花粉がアレルギーの原因物質であることはもはや有名です。
でも、黄砂やP.M2.5はどうでしょうか。
これらには金属物質や工場廃棄物が含まれているようです。
つまり。
金属アレルギーをおこす可能性があるのです。

ですから、春の強い風にはご注意ください

なるべくつるつるした繊維の上着を着ることが望ましいです。
帽子もかぶった方がよいですね。

帰宅後は、これらの上着や帽子は玄関近くで脱ぎましょう。
そして、なるべく速やかにシャワーを浴びて、室内着に着替えましょう。

春の風には、アレルギーの原因がたくさん含まれているのです。
ご注意ください