宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

ひとやすみ

2010年10月31日 18時55分58秒 | インポート
台風が去って、穏やかなお天気の一日でした。

映画の無料券をもらったので、久しぶりに映画を観ました

邦画です。
七日間のデスゲームという副題のあの映画・・・イン◎テミルです。

心理ゲームというキャッチコピーに興味を惹かれて観たのですが。

結論からいえば、少々期待はずれでした
次々に殺人が起こってスリリングではあるのですが、細かい心理を追求した・・というほどのものではなく・・。
主役の藤原竜也は、演技がカイジの方が良かったと思いました。
せっかく実力ある俳優なのに、使われ方が薄っぺらだった印象です。

まぁ、無料券ですから、そう文句は言えませんが、ちょっと期待しすぎたようです

でも映画とか美術鑑賞とかすると、秋を楽しめますよね

なんだかんだ言っても、良い気分転換になりました


手のひび割れ

2010年10月29日 19時09分33秒 | 診断と治療
せっかく暑い夏が終わって、やっと秋を楽しめると思ったのに・・・

これじゃあ、もう冬ですよ

今日、ダウンコートを着ている方をたくさん見かけました。
びっくりですね
先週はまだ半袖の患者さんもけっこういたのに・・・。
極端に寒くなってしまいました。

そのせいで、手や足の血液の循環が悪くなり、冷えを感じている方も出始めました。

血液の循環が悪くなると、冷えるだけではなく、潤いも極端に低下します
かさつきが増し、やがてひび割れて痛くなります。

この数日、急にひび割れのご相談が増えています。
ひび割れに効果の高いハンドクリームやかかと用のクリームを処方しています
早めに使用を始めると、ひび割れや手荒れの予防効果がぐっとアップしますよ。
ご相談下さい



手のかわむけ

2010年10月27日 18時51分18秒 | 診断と治療
寒いですね~

暑い暑い夏を頑張って乗り越えてきたんだから、もうちょっと爽やかな秋を楽しませてくださいよ~って訴えたいです。

いきなり、冬じゃぁないですか

さて。

今日は、最近、何人かご相談を受けた「手のかわむけ」についてです

これは、手のひらや指のかわがむけ、ひどくなると赤くなり痛くなることもあります。
お子様や若い人に多く見られます。

診断は・・・・・汗疱です。異汗性湿疹ともいいます。

原因は、手の汗が異常に増加して、皮膚がふやけてかわがむけるというものです。
ストレスや緊張でおこります。
また、今のような、気温が大きく変わる時期に、自律神経の調節が狂っておこることもあります。
疲れも原因です。

仕事や勉強で、疲れがたまっているのかもしれません。
運動会の練習でくたびれたのかも原因かも知れません。

睡眠をしっかり取りましょう

それにしても、今年は自然が人に厳しいですね
穏やかに生活したいものですね・・・


かゆみについて

2010年10月26日 17時40分03秒 | 診断と治療
このところ、かゆみが急にひどくなった・・という方が多く来院されます。

どうしてでしょうか?

原因は、三つあります。

一つめ・・・・・空気の乾燥です。当然、肌も乾燥してきますね。
二つめ・・・・・秋の花粉です。主にブタクサ花粉です。
三つめ・・・・・身体の疲れです。気温が急に下がり、体力がダウンすると、かゆみを抑える力も低下します。つまり疲れているとかゆくなりやすいのです。

かゆみに敏感になると、強い効果の塗り薬を希望される方がとても多いです。

でも、ここに、注意しなくてはならない問題点があります

それは・・・。

強い塗り薬を塗っても、かきむしっているとほとんど無駄に終わるということです
かき続けていると、塗り薬の効果はほとんどでません。
すると。
薬を使いすぎてしまうことになるのです。

では、どうしたら良いのでしょうか?。

かゆみ止めののみ薬をきちんと飲むことです。
かゆみ止めののみ薬は、継続して飲むと効果が上がります。
今は副作用のほとんど少ない薬が多いので、安心して飲めます。
かゆみが軽くなり、塗り薬の効果が早く出ます。
結果、つけすぎの予防になりますね。

また、塗り薬を塗って、ガーゼを当てて、包帯で保護すると、さらに効果がアップしますね
薬の密着が上がり、さらに触らないので、効果が良いのです。

かゆいかゆい・・・の季節です。

いろいろ工夫して、塗り薬の効果をあげたいものですね




かかとのヒビワレ

2010年10月25日 18時46分27秒 | 診断と治療
秋らしい気温が続きます。

大学通りのイチョウも一部が黄色く色付きはじめています。

皆さまの皮膚も秋らしく(?)変化が見られます。

全身のカサカサした乾燥が始まっています。
手荒れの患者さんも、徐々に増えています。
最近目立ってきたのは、かかとのかさかさです。

かかとは角質が厚いので、乾燥すると厚くなり硬くなります。
ひどくなると、ひび割れてきます
これをほおっておくと、やがて深い亀裂が入り、歩くときに痛くなります

こうなる前に、保湿ケアをしましょう

当院では、カカトヒビワレ用のクリームを処方していますよ
足専用なので、よく効きます
ご希望の方は、ご相談ください


肌の疲れ?

2010年10月23日 20時40分40秒 | 診断と治療
どんどん秋が深まっています。

夏の疲れがでてくる時期ですよ

何をかくそう私にも、疲れのサインは出ています
朝目覚めたときに、まだ疲れが残っていたり、頭痛や肩こりなど、あちこちに小さな不調を感じます

皆さまはいかがですか?。

私は、とにかく、睡眠を多く取ることにします!。
疲れには、睡眠が一番だと思います。

今日は、顔のトラブルの患者さんが、すごく多かったです。

中でも目立ったのは、ニキビです。

秋になってから、ニキビが増えてきたとおっしゃる患者さんがとても多いです。

これは、どうしてでしょうか?。

原因として考えられるのは、季節の変化です。
気温も湿度も変わりやすいので、肌も変化しやすく、安定しないのです。
あぶらがでたり、急にかさついたりします。
また、体調管理もむずかしく、疲れも出るので、それが肌に出てしまいます。
潤いが足りなくなったり、おできのように化膿してしまったりします。

このような時に、注意したいのが、おできをつぶさないことです
大きいニキビが気になって、つい指でつぶす人が多いのですが、これは逆にあとが残る危険性が高いのです

この時期は、とにかく、石鹸で泡をたくさん作り、ていねいに洗顔することです。
そのあと、潤いの多く補うしっとりタイプの化粧水をつけましょう。
その方の肌にあった乳液またはジェルも使いましょう。

肌のバランスを整えることが重要です
そして、ニキビの治療をあわせて行うことで、徐々に良くなります

ニキビの方も、睡眠不足は大敵ですよ

秋の夜長・・・・・たっぷり寝て、良い夢を見たいですね~

顔がかゆい(その2)

2010年10月21日 19時25分34秒 | 花粉症
今日は一日寒い日でした
疲れも溜まっているので、一日中、家にいました。

でも何故でしょう。

顔がとてもかゆいのです。

今日は、一歩も外に出ていないし、いつだって洗濯物も外に干していません。
今日は、花粉に接触する可能性はほとんどないのです。

これは、つまり。

昨日や一昨日に、接触した花粉の反応が今日出ているのです。

花粉かぶれは、1~2日遅れて症状が出ることが多いのです。

確かに昨日も一昨日も外出していて、爽やかな秋のお天気でしたから、花粉は飛んでいましたね

顔はかゆいのですが、一見して赤くなってはいないし、ぶつぶつも少ないです。
こういう場合は、強い塗り薬は要りません。
しっかりと保湿ケアをするクリームをぬり、抗アレルギー剤をのむ必要があります。

お化粧は、ちゃんとしていきましょう
ノーメークは、乾燥しやすいし、花粉が入りやすいですね。

ただし、メイクを落とす際、こすりすぎると肌が荒れます。
優しく洗い流すメイクオフがお奨めです

秋は、花粉が飛ばないような気がしている方も多いですね。
でも、多摩地域は雑草の花粉が多いので、ご注意くださいね


ウオノメ

2010年10月19日 17時11分56秒 | 診断と治療
空気が乾燥しています。

とても爽やかな秋のお天気ですね

湿度が低いので、爽やかで気分は良いのですが、皮膚の潤いも急速に低下しています

このところ、連日、ウオノメのご相談があります

ウオノメとは、足の裏の皮膚が硬くなり、その中心に目のような硬い小さなしこりができるものです。
しこりの部分が、歩くと当たって痛みを感じます。

原因は、足の裏の一部に、過度の圧力がかかっていることによります。
靴がきつかったり、きつくないけれど当たっていたり、あるいは靴の底が固かったりすることが原因の一つです
足の皮膚がその圧力から守ろうと硬く厚くなるのです。
立ち仕事の方や、ハイヒールをはく仕事や、歩く時間が長いとおこりやすいです。

柔らかい靴をはくようにしましょう。
きつい靴や、指が当たっているのに無理に履くことは危険です。

もう一つの原因は、足の裏の乾燥がすすんでいることです。
足の裏の皮膚の水分量が減ると、皮膚は厚く固くなり、いっそうウオノメができやすくなります。

ですから、ウオノメは、除去する治療だけではダメで、すぐ再発してしまいます
靴を変えたり、インソールを利用したりします。
同時に足の裏を柔らかくするクリームを使って、ウオノメの予防も必要です

足の裏専用のクリームの処方を行っています。
ご相談ください

ブタクサ花粉のピークに入りました

2010年10月16日 14時12分03秒 | 花粉症
昨日、今日と、同じような症状の方が多く来院されました。

秋の花粉のピークに入ったのです。

「夏の間はまぁまぁ調子良かったんでが、この一週間で急にかゆくなりました
という事をおっしゃる患者さんが、本当に多いです。

鼻水やくしゃみ、目のかゆみや涙目の症状が出ている方も多いようです。

皮膚で言うと、目のまわりやほほ、唇の赤みとかさつきと湿疹、耳や首、頭の中もかゆいという方も多いです。
また、腕や手に湿疹が出てきた方も少なくありません。

秋の花粉・・・代表はブタクサ花粉ですが、秋晴れのお天気ではたくさん飛びます
でも、雨の日も、少しは飛ぶようで、油断はできません。

汗の量が減ってきたので、帰宅後にシャワーを浴びないでいるお子様も増えてきました。
浴びた花粉が長時間付いたままになるので、湿疹がひどくなりやすいです。
外出から帰ったら、まずはシャワーを浴びることをお奨めします。
その後、しっかり、保湿ケアをしましょう。

今日、明日は、とても秋らしい良いお天気のようです
外でたくさん遊んだら、なるべく早くシャワーを浴びてしまいましょうね

肌荒れ

2010年10月13日 15時59分59秒 | 診断と治療
いわゆる季節の変わり目ですね。

暑かったり、涼しかったり、はたまた寒く感じたり・・・

一日のうちでも、気温も湿度も変わるので、洋服の選択も大変です。
街を見ると、まだ半袖の人もいますし、厚手のトレーナーやニットを着ている人もいます。

最近、「肌荒れ」のご相談で来院される方が増えています。

肌荒れ・・・ってなんでしょう?

皆さんが肌荒れ・・と思われている皮膚をよくみると、いくつかの違う皮膚病が見られます。

まず、ニキビ
これは、一年中、見られますが、季節の変わり目には、アブらっぽいのに乾燥するといういわゆる混合タイプの肌質が多く見られます。
こういう肌質のニキビ治療は、少し治りにくい方がいるので、治療には工夫が必要です
洗いすぎるとかさかさになるし、乾燥にクリームを塗りすぎるとニキビになるので、患者さんは混乱しますね
ですから、治療とともに、スキンケアもアドバイスしています。

次に、秋の花粉症
花粉かぶれです。
花粉のせいで、肌がかさついたり、赤くなったり、かゆみがでたりするのです。
この2週間で急増しています。

脂漏性皮膚炎という病気もあります。
顔が赤くなったり、かさかさと粉をふいたりします。
中年の男性に多く見られます。
季節の変わり目や、ストレス、疲労などで悪化します。

過ごしやすいようで、実は肌のコントロールが難しい季節なんですね

私は、最近、何だか、眠いです・・・・・
よい眠りがとれていないのかも知れませんね。
ちょっと疲れやすい気もします。

今日は、早く寝るようにします