宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

皆さん、乾燥しすぎです!!

2021年01月09日 20時16分28秒 | スキンケア
8日から新年の診療がスタートしました

お待たせいたしました。
お薬がなくなっていた方も少なくないようで、お正月休みの間にやや悪化してしまった患者さんもいました

でも、とにかく、たくさんの方に見られたのが・・・・・全身のひどい乾燥です

お正月の間、コロナの自粛生活に伴い、リモートワークやステイホームが当たり前で、ずっと室内でじっと生活していた方も少なくないと思います。
年末から急に寒さがひどくなり、当然のように暖房を強めにかけていた方も多いのです

会社のエアコンの風が強く吹いている。
塾や学校の暖房がいっそう強くなっている。
ホットカーペットや床暖房の上に寝転んだり、座り込んだりする。
ファンヒーターの風をついつい浴びてしまう。

こうした生活の中で、皮膚が極端に乾燥しているのです

加湿器も有効とは思いますが、実は、暖房がしっかりかかっていて暖かい部屋の中では、加湿器はあまり効果が出ない場合があります。
加湿器は部屋の中央の高い位置に置かないと、部屋にゆきわたらないというデータもあります。
また、寝室に加湿器をかけると、ベッドの裏などにカビが生えるという心配もあります

なので、私は、なるべく重ね着をして暖を取り、暖房を控えめに使うことをおすすめしています。

皮膚の乾燥予防には、保湿クリームを毎日塗ることが大変有効です

当院では、さまざまなタイプの保湿クリームを処方しています。
こってりややべたつくものをお好みの方もいますし、反対に塗りやすい軽めのクリームを希望される方もいます。
その方にあった効果的な保湿クリームを処方します。
また、私が開発したしっとり!もちもち!オールインワンジェルを全身の保湿ケアに惜しみなく毎日お使いになる方もどんどん増えてきました。


何人かの患者さんに、
「先生の処方の保湿クリームと、しっとり!もちもち!オールインワンジェルはどう違うのですか?」
というご質問をいただきました。
また「しっとり!もちもち!オールインワンジェルとワセリンはどう違うのですか?」
とも聞かれました。
はい、お答えしますね。

1、ワセリン・・・・これは、とても安全な油です。
          皮膚に皮膜を作り、水分の蒸発を予防します。汗をかく季節には効果があります。
          ただ、極端に乾燥している冬は、皮膚の水分がそもそも少ないので、効果がやや劣ります。
2、保湿クリーム・・・医療用の保湿成分を含むすぐれた保湿剤です。
           入浴後に塗ると特に保湿効果が高まります。
3、しっとり!もちもち!オールインワンジェル
        ・・・精製高品質ワセリンとたっぷりの水分をあわせたものです。
           これそのものに水分をたくさん含むので、入浴後はもちろん、カサカサに乾いた皮膚に塗るとすぐに水分を補給す           るという特徴があります。つまり即効性のある保湿剤です。

しっとり!もちもち!オールインワンジェルは保険処方ではないので、ちょっともったいないと感じて全身でなく顔のみにお使いの方も多いです。もちろん、顔のみでも良いですよ。
でも、全身に保湿剤としてお使いの患者さんから
「湿疹が出にくくなって、薬を使う量がすごく減った」
とか
「べたつかないので、子供が塗るのを嫌がらないです」
というご意見をいただきました。
とにかく、皮膚の状態が良くなるなら、それはとても良いことなんですよ!!と思います。
お薬の量が減れば、薬代も節約になるし、何より薬にたよらない皮膚になればすごくうれしいですよね

肌保湿研究所の最新のYouTube動画では、暖房の危険性のお話をしましたので、ぜひ見てくださいね

~~~緊急事態宣言を考慮して~~~
当院は十分に感染対策をしてきましたので、基本的には診療自体は変わりません。
しかしながら、さらなる注意として以下のようにいたしますので、ご了承くださいますようお願いします。

1、マスクを必ず着用し、待合室での会話はお控えください。
2、十分な換気を行い、四方の窓を開け放したままエアコンはひかえております。なので、少々寒いことがありますので、暖かい服装のま  まで受診ください。
3、速やかにお薬の処方を心がけますので、お薬のみをご希望の方は必要なお薬を書いた紙をあらかじめ持参ください。
  このとき、そのメモに現在の症状を簡単にお書きください。
4、不本意ではありますが、しばらくの間、診察時間をこれまでよりスピーディにします。
  いつものように長い時間をとることが難しいので、やや早口でお話しすることもあるかもしれません
  得意の雑談は、残念ながらしばらく封印ですね(苦笑)。
  受診ご希望の疾患の種類は2種類までとさせていただきます
  これまではいくつものご質問にお答えして参りましたが、待ち時間を計算しやすくするために何とぞご協力ください。
5、受け付けしたら外出していてもかまいません。お戻りになったら、なるべく速やかにお呼びするよう心がけます
  ただし診療がすべて終了する前には必ずお戻りください(大体のお時間をお知らせします)。
6、朝早くから、道路沿いに並ぶことは絶対におやめください。自動車の往来も多く危険ですのでお願いします

コロナ禍の中で、できる限り気持ち良く安心して診療を受けていただきたいと思っています。
そのためには、皆さまのお互いのご協力が必要です
みんなでなんとか乗り越えたいですね。
何とぞご理解の上、よろしくお願いいたします

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

目元、口元は、年齢を感じやすいので特にケアが大切ですね

2020年12月04日 18時41分55秒 | スキンケア
空気の乾燥が半端ないです
東京の今日の外気の湿度は、なんと21パーセントだったそうです
これで暖房をつけたら、お肌の潤いなんてあっという間に奪われますね。

クリニックで、しっとり!もちもち!シリーズ第3弾の、リップ&アイを発売開始しました
(通販での販売は、手続きの関係で、まだしばらく先になりそうです。)

お待ちいただいていた方が少なくなかったのか、今日、たくさんの患者さんがお求めくださいました。
私は、いち早くサンプル商品を2ヶ月前から使用しており、おかげでくちびるはプルプルですよ
毎日続けて使えば使うほど、くちびるに潤いが感じられます。
ついでに、目のまわりにも塗ってますよ。

この商品は、いくつかのこだわりと特徴があります

1,精製をくり返した高品質ワセリンときれいな水が主成分。
2,保湿アップのため、セラミドとビタミンEをプラス。
3,シンプルなので敏感肌の方や、お子様にもおすすめ。
4,べたつかずすばやく潤いを補給するので、マスクにもはりつきにくいです。
5,もちろん無香料。
6,ほんの少量で(唇だと、米粒の半分くらいでOK)すごく伸びるので、1本でワンシーズンたっぷり使えます。

・・・という特徴です。

市販のスティック状のリップクリームは油分を固めているので、唇にぬると表面を油でおおうイメージのものが多いです。
これは唇の水分の蒸発の予防なのですが、そもそもかく汗が少なく、空気が乾燥しているこの季節は、唇の水分がすごく少なくなっているので、蒸発予防しようにも水分そのものがカラカラなのです。
つまり。
カサカサの唇を例えるなら、干ししいたけにアブラを塗っても、干ししいたけは柔らかくはならないというイメージですね
干ししいたけを柔らかくするには、水につけて戻さないと・・・というわけですね。

なので、この時期、角質層の水分が極端に少なくなる唇と目のまわりには、水分を補給する必要があるのです

でも、唇をなめて唾液でぬらしたり、水をスプレーしたりすることは、全くの逆効果なのです
かえって、さらに、乾燥が進むのです

このリップ&アイは、塗ると、みずみずしいテクスチャーで、すばやく水分が唇に補給されます。
この上に、綿やシルクのマスクをつけると、水のパックのような効果がありますよ。
持ち歩いて、一日、数回塗ってください。
夜寝る前には、唇と目のまわりに塗って、おやすみください。

唇に水分を補給する・・・という新しい発想のリップ&アイを、毎日楽しみながらお使いくださいね。

なお、油分をメインのリップクリームは、クリニックで処方しています。
リップ&アイとあわせてお使いいただいても良いですね。
リップクリームの処方をご希望の方は、お申し出ください

~~~お知らせ~~~
年内の診療は、26日土曜日の、お薬の処方で終了です。
平常のご診察は、25日金曜日が最後となります。
26日の土曜日はお薬の処方のみなので、お気をつけください
お化粧品の販売も26日土曜日まで行っています。
来年は1月8日金曜日より開始いたします。
お休みがやや長めですので、必要なお薬をやや多めに処方しています。
来年の花粉症ののみ薬も年内から処方可能ですので、お申し付けください。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

目元、口元の保湿ケア!!

2020年11月26日 18時49分04秒 | スキンケア
空気がカラカラに乾燥しています
手のひらが乾いて、指先が硬くひび割れし始めている方もいることでしょう。

当然、顔の皮膚も、水分を失ってカピカピになり始めています

顔の皮膚が乾燥すると、さまざまないやなことがおこります
目元や口のまわりの小じわの原因となります。
乾燥による湿疹や赤ら顔になります。
これが続くと、くすみとシミの原因となってしまいます。
また、ニキビや吹き出物が出やすくなります。

顔の乾燥のサインとして、まずはくちびるがかさつき、皮がむけたりヒビキレしたりかゆみが出たりします。
同時に目のまわりがつっぱって、ちりめんじわがでたり、かぶれてかゆくなったりします。

さらにこれから心配なのが、マスクのトラブルです

コロナ禍にあって、マスクを外すことはできません。
一日中、マスクをすることも多くなります。
暖房の効いた部屋でマスクをずっとつけていると、マスクの下の肌に汗がたまりむれます。
このムレにより、肌荒れやかゆみ、赤みがでます。
また、雑菌が繁殖し、ニキビや毛嚢炎がなかなか治らないという状況になります。
ムレていると、保湿されていると勘違いしがちですが、実はむしろ乾燥するのです。
くちびるの乾燥とひび割れもおこります。
マスクの下の肌は、とても敏感でトラブルの起こりやすい状況なんです

つまり。

暖房の部屋で汗をかくと、マスクの下の肌はトラブルが起こりやすいのです

これらの予防は、とにかく保湿のスキンケアですね。
ただし、オイルやこってりしたクリームを塗りすぎると、ニキビや毛嚢炎が悪化します。
だから、保湿ケアの選び方にも注意が必要なんですね。

当院では、顔用の保湿ケアクリームやリップクリームを処方しています。
保険で処方をご希望の方はお申し出ください。
また、しっとり!もちもち!オールインワンジェルは、乾燥肌にもニキビ肌にもぴったりなので、簡単で便利なスキンケアです。
同じシリーズで、12月には、リップ&アイを発売開始します。(12月2日クリニックにて販売スタートします)
これは、やはりパーフェクターワセリンをメインにセラミドやビタミンEを加えたくちびると口のまわりと目元用に作った保湿化粧品です。特徴は、べたつかず潤いを与えるジェルクリームで、くちびるに塗ってマスクをしてもマスクに張りつかず快適なテクスチャーです。
また、寝る前に塗って、くちびるや目のまわりの水分パック効果を実感してください。
くちびるに水たっぷりのうるおいとオイルのテクスチャーが、使い心地抜群ですよ

これから、どんどん湿度はさがり、肌はあっという間に乾きます。
炎症を起こしてしまってから治すのではなく、保湿ケアで予防し続けるのが重要ですよ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これからの季節の過ごし方の注意(その2)

2020年11月11日 07時12分09秒 | スキンケア
急に寒さを感じるようになってきましたね

同時に空気の乾燥が厳しくなってきました。
最近、暖房をかけていない室内の湿度をはかってみると、なんと25%でした
サハラ砂漠でも30%以上だといいますから、かなりの乾燥です
ここまで湿度が下がると、皮膚の乾燥は避けられません

もう10年以上、私は、暖房をつける前にまずは重ね着をと申し上げています。
このブログを書いているこの部屋の温度は19度。
少しヒンヤリくらいです。
私は、タンクトップ、ワンピース、カーディガンの3枚に、パンツ、靴下の格好です。
ポイントはここにさらに一工夫です

首回りにネックウォーマーを2枚巻いています。
膝下にはレッグウォーマーをはき、暖かい膝掛けを腰回りからお腹にかけてかけています。

もう、身体の芯からぽかぽかしてきて、じんわりと汗ばんでいます

そうなんです。
これがポイントです

首や手首や足首を冷やさないこと
お腹周りを温めること。
つまり、身体の部分で大事な血管を温めることがポイントなんです。

こうして身体の中からあたたまると、全身にじんわりと汗をかくほどで、重ね着をしているとこの汗が蒸発しないので保湿効果があるのです

身体の血管を温めることと、重ね着をすることで、冬の全身の乾燥肌の予防が出来るんですよ

ところで、当院は真冬でも暖房はやや控えめで、窓は開けて換気を行います(正直、寒いですよ)。
これは以前からやっていたことで、患者さんにはコートを着たままで診察室に入っていただき、服を脱ぎ着は電気ストーブの前で行っていただきます。
エアコン嫌いの私は診察室をあまり暖めません。
エアコンをつけると、空気の乾燥が著しく、皮膚的にも、ウィルス的にもよろしくないと考えています。
なので、こちらから拝見するまでコートやオーバーを脱ぐ必要はありません。
暖かい格好でおいでくださいね。
この診察の仕方はもう何年も以前から行っており、皆さまには重ね着の効果についてや過剰暖房の危険性についてのご説明をし続けてきました
今年の冬も行いますが、これは偶然にもコロナウィルス対策にも大変有効ですね
クリニックは少々ヒンヤリ気味ですが、皮膚の乾燥予防に加え感染予防対策でもあるので、なにとぞご協力ください

そうです。
コロナ禍の中、今こそ、暖房を最小にひかえ、重ね着を実行しましょう。
空気の乾燥はお肌の敵ですし、ウィルスも増えやすいので要注意なんです。
ちなみに。
暖房でぽかぽかに暖めると、加湿器はいくらかけても効果はでません
部屋があまり暖かくなければ加湿器は効果的です。ご参考にしてください。

肌保湿研究所のYouTube動画では、すでに20本の動画が出ていて、患者さんからも色々とご感想をいただけるようになりました。
ありがとうございます
とても励みになるし、やる気も出ますね
YouTube動画でやってほしいテーマがありましたら、診察時にでもおっしゃってください。参考にさせていただきます。
スキンケアは、皮膚病の予防と治療の重要なポイントです。
正しく学んでいただければうれしいです
本日、21本目の動画をアップしました。
新米ママ必見の内容です。赤ちゃんの肌トラブルにお悩みの方、見てくださいね。

~~~お願い~~~
来院時は、マスクを必ず着用してくださるようお願いします。
待合室での会話はお避けください。静かな待合室にご協力ください。
患者さんのお話をよくお聞きするために、診察室内で2メートルのソーシャルディスタンスをとっています。
換気のため、窓を開けていることが多いので、寒い場合もあるかとおもいますので、暖かい格好でおいでください。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これからの季節の過ごし方の注意(その1)

2020年11月05日 07時28分31秒 | スキンケア
祝日に久しぶりに、ネズミの住む国に遊びに行きました
寒くも暑くもない過ごしやすい気候で、パーク内で11時間も歩き回りました。
一体、何万歩歩いたか・・・と思うほど、足がパンパンになりましたが、楽しい休日でした

さて。

11月になり、日に日に寒さが深まってきました。
衣替えをすませて、冬支度はバッチリの方も多いと思います。

これからの季節、お肌には最も厳しい季節とも言えます。
それは。
もちろん、乾燥です。

そもそも、乾燥とは何でしょうか。

冬、乾燥するのは当たり前!!と思っている方がほとんどだと思います。
だから、こってりするクリームやオイルなど、べたべたするものを塗りたくなると思います。
でも。。。
よ~~~く、考えてください。
皮膚の脂は、毛穴から出てきます。
そして、そのアブラの量は、気温で変化するものではありません。
一番気温に反応するのは・・・・実は、汗の量なんです。

そうです。
これからの季節、すごく変化するのは、実は、汗の量なんですね。

寒くなり、全身からの汗の量は減っていきます
さらに、運動もあまりしなくなり、暖房のきいた室内にこもりきりになると、さらに汗は出にくくなりどんどん蒸発してしまうのです

だから、全身の乾燥を防ぐには、毎日の一定の運動、ゆっくりの入浴などで、発汗を促すことが有効なんですね。
とはいえ、なかなか、毎日の運動は難しく、忙しいとゆっくりの入浴の時間もとれないこともありますね。
さらに、学校やオフィスや自宅でエアコンが長時間つき始めると、少ない汗もどんどん乾いてしまいます

なので、これからの季節は、全身の汗の量を意識して、上手に保湿ケアを続ける必要があるのです

長くなるので、続きは次回にしますね。

当院では、患者さんのお肌の状態や年齢に合わせて、多くの種類の保湿クリームを処方しています。
これからは保湿ケアがとにかく重要です。
保湿ケアだけのご相談でも大丈夫。お気軽にご相談ください

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クレンジングの選び方

2020年10月11日 07時32分49秒 | スキンケア
いきなりの寒さに、身体がびっくりしています
風邪をひきやすい気候なので、くれぐれもお気をつけください。

さて。

台風が過ぎ去るごとに、秋がどんどん深まっていきます。

すると。。。

顔のお肌の状態がごろっと変化します。
汗をかく量がぐ~~んと減少するのです。

ついこのまえまで、顔は汗と脂でベタベタしていて、マスクの下がむれて真っ赤になっていたと思います。
それが、いきなり汗が減ってしまい、寒さで血流が落ちると、潤いのキープが出来なくなっていきます。
ほんの1~2週間のうちに、顔の肌の状態は劇的に変化しているのです

洗顔の後、顔がつっぱりませんか?
くちびるが乾いたり、ひりひりしたりしませんか?

これは顔の肌の水分量が減少し、潤いを保つことが出来にくくなっている証拠です。
これが続くと、顔がかゆくなったりひりひりしたり、くちびるのかわがむけたり赤くかゆくなったり、マスクの下の肌ががさがさブツブツしたりするのです
男性ですと、ひげそり負けをおこしやすくなります

さて、ここで今日のテーマですが。

クレンジングのお話です。

これはメイクのクレンジングはもちろん、日焼止めクリームのオフも関係します。

顔に一日つけているメイクや日焼止めクリームは、肌の表面だけでなく毛穴や汗の穴などの小さな溝やしわの中に入り込んでいます。
これを毎日きちんとオフしないと、かぶれたりニキビや吹き出物の原因になります。
さらに、くすみの原因にもなるのです。
ですから、毎日のメイクや日焼止めクリームやホコリや雑菌をきちんと落とさなくてはいけないことは、皆さまもご存じですね。

でも。
ここからが本題

クレンジングのチョイスを間違えると、肌荒れや湿疹の原因になるばかりか、その後のシミや黒ずみの原因にもなるのです

まず、しっかりメイクをしたり、濃いめのアイメイクをしている方は、オイルクレンジングを選ぶと良いです。
オイルクレンジングはメイクオフのパワーが強く、きれいに落ちます。
一方で、界面活性剤の量が多く、肌ダメージが強いので、敏感肌やアトピー性皮膚炎や花粉症のある方には向きません。
皮膚科に縁のない丈夫な肌をお持ちの方は、使いやすいと思います。

敏感肌の方は、メイクは薄めにして、ミルククレンジングやジェルクレンジング、クリームタイプが刺激が少なめで良いと思います。
ただ、いずれも洗い流すタイプが良いです。
ティッシュやコットンで拭き取るタイプは、摩擦で肌荒れが進み、かえって危険だからです。

シートに洗浄剤が含まれている拭き取りコットンタイプは、簡単便利な一方、肌の摩擦が強くアルコールなどを含む場合が多いので、肌荒れしやすくおすすめしにくいです。
敏感肌やアトピー性皮膚炎や花粉症の体質のある方は避けた方が良いですね。

今回、肌保湿研究所のYouTube動画ではこういったクレンジングのことをくわしくお話ししています。
健康な肌を守るために、正しいクレンジングのチョイスは欠かせません。
クレンジングで肌荒れして、その後ブツブツしてくると、クレンジングが原因と気づかずお化粧品が合わなかったと思いファンデーションを買い換える人も少なくありません。
でも、ぜひ、クレンジングのことをじっくり考えてみてくださいね

さて。
話は変わりますが、私はいよいよ重ね着をスタートしました。
急に寒さを感じると、すぐにエアコンを入れる方も知ると思いますが。
私は絶対に大反対
まずは重ね着です

ヒンヤリを感じる室内で、私はいま、靴下をはいて、ネックウォーマーをつけて腹巻きを一枚着ました。
もう、今はぽかぽかして、じんわりと汗をかき始めるくらいです。
これは、暖房による乾燥の予防だけでなく、秋や冬でも自分からの汗を誘導できるので、いっそう肌の乾燥を予防できます

これから本格的な寒さがやってきます。
安易に暖房ばかりにたよらないで丈夫な潤いのある肌を守るためのアドバイスをこれから続けていきますので、このブログにご注目くださいね

~~~おまけ~~~
肌保湿研究所のYouTube動画ではもう20本アップしています。
スキンケアは、健康な肌の基本です。
私は医師ですが、薬ばかりにたよりきっている治療にかねてから疑問を感じています。
だから、YouTube動画を通じて、正しいスキンケアを学んで欲しいのです。
20本の中から興味のあるものを選んで見てくださいね。
最近は、化粧品かぶれの原因、クレンジングの選び方をアップしました。
以前出した、メンズスキンケアの動画が予想以上に反響があります。
どうぞご覧くださいね。









  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マスクのトラブルが増えています!!(その1)

2020年05月29日 07時28分24秒 | スキンケア
緊急事態宣言が解除されたと思ったら、全国でじわじわと感染者が微増しています
気を緩めすぎてはいけませんね

なので、これからもマスクを外すことはできないですね

ところで・・・。
当院では、マスクの下の皮膚のトラブルの患者さんがたくさん来院されます
昨年までもこういう患者さんは結構いましたが、今年は特に増加しています

これはコロナウィルス対策に夜マスクの着用の徹底によるもので、全国で増加しているようで、最近は報道番組でもよく特集していますね。

これから気温が上がり、マスクの下の肌の気温も上がり、トラブルはいっそう増えると思います

マスクの下の皮膚トラブルは以下のようなものです。
1、ほほが赤くなり、ぶつぶるしたりかゆくなる。
2、ニキビや吹き出物ができる。
3、ほほが赤くなりひりひりしたり、痛いこともある。
4,マスクの角の固い部分に赤みがでる。
5、ゴムの当たる耳の後ろに皮膚炎やかゆみがでる。

これから気温があがる季節になり、こういったトラブルはいっそう増える危険性があります

こういった症状は治療が必要な場合が多いです。
また、症状と肌質にあわせて、細かいアドバイスが必要です
肌質を見て治療いたしますので、ご相談ください。

マスクのお話は、長くなるので、次回に続きます

~~~YouTubeをご活用ください~~~
皮膚科医の立場から、治療に役立つ日常のスキンケアを、YouTubeでわかりやすくお伝えする活動を始めました
ためになる情報を、わかりやすく、面白くお伝えするよう工夫しています。
肌保湿研究所で検索してください。
皆さまの毎日の正しいスキンケアが、皮膚疾患の治療にも役立つと思い、頑張って作っています。
ぜひチャンネル登録してください。
新しいものが更新されてくるので、オススメです。
これまで、手荒れ、頭のかゆみ、ニキビなど・・すでに7本をオンエアしています。
本日アップ予定は、実はマスクトラブルです。
ためになると信じています。
ぜひ、ご覧くださいね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スキンケアと花粉症の関係

2020年01月19日 18時37分53秒 | スキンケア
昨日雪が降って、真冬らしいお天気でした

でも、明日からの一週間は暖かくなりそうですね。
春は近づいていますね

さて。

春はスギ花粉症の季節ですね
まったく、憂鬱な問題です

今日はスキンケアのお話です。

当院は、皮膚科の治療を当然メインに行っていますが、スキンケアのみのご相談も積極的に行っています。
それは。
毎日のスキンケアを正しく行っていないと、様々な皮膚病や肌荒れの悪化につながるからです。
間違ったスキンケアを続けていると、皮膚病の治療もスムーズにいかず、余計な薬を必要としてしまうと考えます。

洗顔の仕方や、保湿化粧品の選択など、その方に合ったスキンケアのアドバイスも行っています。

毎年、春になると、実感することですが。
顔の湿疹や肌荒れの患者さんが急増するのです
まぶたが腫れたり、頬が真っ赤になったり、くちびるの皮がむけたり・・・こういった方がとても多くなります。

治療にのみ薬や塗り薬は必要ですが、早く効果をだすことと再発を防ぐためには、正しいスキンケアの知識はとても大切ですね

本格的なスギ花粉の飛散が始まる前に、正しいスキンケアの知識を持っていたいものですね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丈夫な肌を作るために(その5)

2019年12月22日 09時14分57秒 | スキンケア
早いもので、12月もあと9日を残すのみとなりました

10年ぶりの風邪でぐったりしているうちに日が過ぎていったみたいで、なんだかやり残したことがいくつもあるような気持ちです

年内の診療は、28日土曜日までですが、この日はお薬の処方のみとなります。
多めに処方が可能なので、お申し付けください。
通常の診察は27日金曜日が最終です。
年末年始は多くの診療所や病院がお休みになりますので、少しでもご心配なことがあれば、この日までにご相談ください。

当院では、皮膚に安全で効果的な化粧品をいくつも取り扱っておりますが、12月に入ってまとめ買いの方が増えていますね。
アレルギーをおこしにくい基礎化粧品や石けんやシャンプー。
冬でもむれて匂う脇や頭の汗のにおいを抑えるクリームやシャンプー。
アンチエイジングに効果的な美容液。
シミや肝斑にぬる美白クリーム。
肌荒れでも使用できるファンデーション。
肌を傷めないクレンジング。
一年中使用するための日焼止めクリーム。
・・・・・など、さまざまな商品を取り扱っています。
これは、きれいで丈夫な健康的な素肌を保つために、毎日使用する基礎化粧品の選択が間違えてはならないという考えからです

シミやくすみ、小じわなどを気にされて受診する方も多いですが、実は大切なのは毎日の正しいスキンケアです

シミやくすみ、小じわなどがすべて年齢に伴うものと思い、早く効果の出る高い化粧品を買おうと思う方は少なくありません。

でも。

洗顔料でこすったり、クレンジングで摩擦したり、早くつるつるにしたくてピーリングしたり、なんとなくマッサージしたりをくり返している方は意外にも多いのです。
その結果、肌がヒリヒリして赤くなったり、かゆみを感じたりすることがあります。
実はこれは、とても怖いことなんです
これをくり返すと・・・・・実はシミや色素沈着や変なしわしわになってしまうからです

肌は安全な洗顔をすること。
その後、ゴシゴシこすったり摩擦せずに、シンプルで効果的な保湿ケアを行うこと。
これをくり返すうちに、丈夫な角質層が保たれていきます。
丈夫な角質層は、外部からの異物の侵入を予防し、その結果、潤いを保ち続けていきます。
つやのある、小じわの目立たない、健康な素肌作りのお手伝いも、立派な皮膚科診療の一環であると考えています

スキンケアのみのご相談も承ります。
最近は男性のスキンケアのご相談も増えてきました。
都会の冬は、砂漠以下の超乾燥ですから、当然と言えますね

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丈夫な肌を作るために(その4)

2019年12月18日 16時27分07秒 | スキンケア
やっと咳が止まりました・・・。

空気が乾燥していると、喉が治りにくく、咳が長引きました。
咳が止まり、やっと快適になりました

でも、もうエアコンはいやです
電車に乗るのも憂鬱だし、デパートにも行けなくなりそうです

さて・・・。

空気の乾燥と、エアコンやファンヒーターや床暖房といった部屋全体を暖める生活のせいで、患者さんの肌がかさかさガビガビになってきました
顔の肌のかさつきもひどいですが、特にひどくなってきたのが、手指のヒビキレです。
固くなった角質がパカッと切れて、とても痛そうです

当院では、顔のクリーム、ハンドクリーム、全身の保湿クリーム、かかとのひび割れクリーム、リップクリームの処方を行っています。
毎年、とても好評で、処方を希望される方がたくさん来院されます。

今年はこれに加え、院長が7年前に開発したしっとり!もちもち!オールインワンジェルを購入される方がとても多いです。

自分で開発しておいて、自慢するようで恐縮ですが・・・
このジェルの評価が、どんどん爆上げなんです

特に患者さんの方から教えていただいたご感想でとても増えていることがあります。
それは。
このジェルをハンドクリームとして使うと、ひび割れが早く治る!ということです。

とてもうれしいご意見ですね

これは、このジェルが、皮膚の角質層にたっぷりの水分をすばやく浸透させ、しかも長時間その水分が角質層にとどまるからなんです。
ぜひともお試しいただきたいと思います

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする