宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

顔が赤くなる!!

2021年05月09日 14時57分07秒 | アレルギー
ゴールデンウィークも全くのステイホームで、のんびり過ごしていたら、もう一週間過ぎてしまいました
仕事以外にイベントが皆無で、こういう生活だと、日が早く過ぎていくことに驚いています

とはいえ、家で寝ていたわけではありません。
まとまった時間が取れるので、論文を読んで勉強したり、録画で映画をたくさん観たり、アクセサリーを作ったりしましたよ。
それなりに充実した休日でした

さて。

休日明けのクリニックが混雑するのは例年通りですが、やはり・・・という感じで、顔の赤い患者さんが急増しています
毎年、5月になると、顔の皮膚炎の方がたくさん来院されます。
この原因は、主に雑草の花粉と黄砂や砂ぼこりです。

顔だけでなく、頭皮や首回り、腕や手にも悪化が見られます
半袖になったり、半ズボンになったりするので、露出している腕やすねなどにもかゆみが広がります。
今年は黄砂が大量に飛んでいるようで、ベランダや車も黄色く汚れていますが、これが皮膚炎の原因になるのです

家の近くに雑草が多い方はもちろんですが、風が強いとかなり遠くまで飛散するので、外出しただけでひどくなる方もいます。
また、草むしりやガーデニング、畑仕事や庭いじりの後にも悪化が顕著です

大切なことは、帰宅後のシャワーと着替え、そして保湿ケアの徹底です。

洗濯物の屋外干しもやめましょう。

マスクの下に汗をかくと、顔の赤みがいっそうひどくなります。
不織布のマスクや、ウレタンマスクの影響が特にひどいので、出来れば綿のマスクを下につけて、汗を吸うようにしましょう。
マスクの2枚重ねは暑いと思われますが、不織布マスクで汗をかくよりはずっとましなんですよ。

マスクの下に日焼止めクリームや化粧をすると、赤みだけでなくニキビも増えてしまいます。
綿マスクの2枚重ねなら日焼けの心配はありませんから、なるべく何も塗らず、汗をかいたらぬれタオルでふくようにしましょう。

コロナ禍で、顔のトラブルは以前の数倍以上の患者さんがいます。
やっかいな時代です
スキンケアのご相談もどうぞお聞きください。
みんなでなんとか乗り切りましょうね
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 風の強い日は花粉にご注意 | トップ | 汗をかくとかゆい! »

アレルギー」カテゴリの最新記事