宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

汗をかくとかゆい!

2021年05月28日 07時30分42秒 | 診断と治療
このところ、急に季節が進んだ感じがしませんか?

この前まで肌寒い日もあったのに、この数日で夏の訪れを感じますね
蒸し暑さを感じると、身体のだるさも感じるようです
また、コロナ禍で何のイベントもないので暇な時間も増えたのに、時間はなぜか早く進み、気づいたら何もしていないのに5月が終わりそうです

さて。

皆さまの多くが、コロナ禍で運動不足になっていると思います。
運動不足は、筋肉が衰えることも問題ですが、実は汗のかきかたにも問題が出てきます

普段から毎日運動をして汗をかく習慣がある方は良いのですが、ずっと運動不足が続いていると、実は汗のかきにくい体質になっている可能性があるのです。
汗をかきにくい生活が続くと、急に夏の暑さを感じてもスムーズに汗をかくことが出来ず、熱中症のリスクになります
また、じわじわとしか汗が出ないので、汗はネバネバベタベタしたタイプのものになりがち。
このネバネバベタベタ汗は、放置すると、じわじわとかゆみの原因になるのです。

といっても、急に汗をかく運動を始められるわけもないですね。

そこで、おすすめなのが、汗をかいたらまず水で濡らしたタオルで優しくふくことです
乾いたタオルでゴシゴシとこすると、皮膚の表面が傷つけられ、かえってアセモや皮膚炎やトビヒになりやすいのです。
また、市販の汗を拭き取って涼しくする汗拭きシートは、アルコールやメンソールなどを含むものが多く、皮膚の弱い方や湿疹のある方は避けた方がよいです。
かえってかゆみを増す原因になるのです

帰宅後は、まずすぐにシャワー。
汗をすばやく流しましょう。

もう一つのポイントは、毎日、できるだけゆっくりとお湯につかること。
ゆっくりの入浴の習慣は、毎日の発汗機能をきたえるのです

一番やってはいけないのは、汗をかいたまま、クーラーで乾かしてしまうことです。
これは、汗の成分や汗に付着した花粉やホコリなどが皮膚に固着してしまい、湿疹やかゆみをおこす大きな原因になってしまうのです

帰宅後はまずはすぐにシャワー。
出来たら、しっかりゆっくりお湯につかりましょう。
その後は、夏も忘れず保湿ケア。
冬とは違うさっぱりした保湿クリームなどを処方していますので、お申し出ください。
しっとり!もちもち!オールインワンジェルは、夏の保湿ケアに大好評です。
このジェルは、入浴の後かいた汗とすぐに混じり合い、さぁ~っとすばやく伸びるので、保湿ケアが短時間でできますね。

肌保湿研究所のYouTube動画では、汗とのつきあい方をお話ししているので、ぜひ、ごらんください
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 顔が赤くなる!! | トップ | 汗のトラブル »

診断と治療」カテゴリの最新記事