マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

知人の第二の人生・・・『グレゴリアン聖歌』 そして 聖ヨセフの人生・・・『聖ヨセフ 祭日』

2019-03-19 22:10:46 | 待降節。クリスマス。降誕節。四旬節。復活節。

3月19日。火曜日。

 午後の時間・・・     『グレゴリアン聖歌』
 
 聖モーリス及び聖モール修道院ベネディクト派修道士聖歌隊』

   間接的に存じ上げている方が、今月をもって退官なさるそうです。
          第二の人生の始まりです。
     
       好きなバイオリンを思い切り弾きたい。
       若かりし頃に歌っていた『グレゴリアン聖歌』
  ゆっくりと流れるラテン語の『聖歌』に身をゆだねて癒されたい。

これまでの半生の営みに区切りをつけて始められる『新たな人生』が、豊かでありますように!
                            お祈り申し上げます。

     
    私も今日の午後。
       自前の『グレゴリアン聖歌』に耳を傾けながら・・・

        これまでの第二の人生を振り返えってみました。
         豊かな午後の時間に感謝!感謝! 

 

そして。

今日は3月19日。
         『聖ヨセフ 祭日』
 
 『聖ヨセフと幼子イエズス』     グイド・レーニ作品

処女マリアの夫ヨセフは、聖家族の長としてイエスを守る務めをゆだねられていた。
1870年。カトリック教会では、教皇ピウス9世により、全教会の普遍的な『守護聖人』であると宣言。
     教会は、ナザレの聖家族の保護者であったヨセフを、
     キリストのからだである教会の保護者として崇敬している。 
                    『毎日の読書』より。

  カトリック教会では、聖ヨセフ様を、『義人で忠実な人である聖ヨセフ』と呼びます。
   私たち夫婦は、崇敬する『ヨセフ』を、我が息子の『洗礼名』に頂きました。

 

  今日は、神にささげた『ヨセフの人生』、をたどってまいりましょう。
                よろしくお願いいたします


まずは。
ヨハネの人生の始まりから。
ヨセフの人生の第一弾:『ヨセフの出生』

 『今日の第一朗読 主の御言葉

『わたしの僕ダビデが生涯を終え、先祖と共に眠るとき、
    あなたの身から出る子孫に跡を継がせ、その王国を揺るぎないものとする。
   
この者がわたしの名のために家を建て、わたしは彼の王国の王座をとこしえに堅く据える。    

       わたしは彼の父となり、彼はわたしの子となる。

あなたの家、あなたの王国は、あなたの行く手にとこしえに続き、あなたの王座はとこしえに堅く据えられる。』
                   サムエル記下 7章4-5a、12-14a、16節

 
 『主の約束』は実現し、ダビデの後27代目、イエスの養父・ヨセフが生まれるのです。

   
   『ダビデはウリアの妻によってソロモンをもうけ・・・・・十四代。

その後。 バビロンへ移住させられた後・・・・・十三代。
   
   ダビデから26代目のヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。

     このマリアからイエスがお生まれになった。
   こうして全部合わせると、
ダビデからバビロンの移住まで十四代、バビロンへ移されてからキリストまでが十四代である。』
                       マタイ福音書1章8-17節

     ヨセフは・・・
     アブラハムから41代目、ユダ族の子孫として、誕生したのです。

 
次に。
ヨセフの人生の第二弾:『天使のヨセフ訪問』

    大工として生業を立てていた『義人で忠実な人である聖ヨセフ』の人生は、
    『天使ガブリエルのヨセフ訪問』から、一変します。
   
   『ヨセフの夢に現れる天使』

     『マリアはヨセフと婚約していたが、
二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。
夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことが表ざたにするのを望まず、
     ひそかに縁を切ろうと決心した。

    このように考えていると、主の天使が夢に現れて言った。
  「ダビデの子ヨセフ、恐れずに妻マリアを迎え入れなさい。
マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。マリアは男の子を産む。
その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を救うからである。」

ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れた。』
          マタイ福音書 1章18-24節

 
   ヨセフは、神に選ばれ、”神に協力してほしい!” と神に依頼されました。
マリアに生まれる子を・・・
 ”我が子として…受け入れ、『イエス=神は救うの意味』と名づけ、育ててほしい。” 
       ・・・と、神に頼まれるのです。

     
  この『神の依頼』は、普通の人に、受け入れ可能な依頼でしょうか?
ヨセフは、神を信じて…受け入れたのです。ヨセフの信仰が、不可能を可能としたのです。

 
つまり。
こういうことです。

 『今日の第二朗読 使徒パウロの言葉』

 『彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じた。

    従って、信仰によってこそ世界を受け継ぐ者となるのです。
 つまり、彼の信仰に従う者も、確実に約束にあずかれるのです。』
          ローマの教会への手紙 4・13、16-18、22

 
   使徒パウロは、アブラハムの信仰について書いたのです。
    そして。
ヨセフは、アブラハムの信仰に従い…神を信じ、『神の約束』を受け継ぐ者となりました。
    同様に。
私たちも、アブラハム、ダビデ、ヨセフの信仰に従い…神を信じ、『神の約束』を受け継ぐ者となれるのです。

 
次に。
ヨセフの人生の第三弾:『マリアと結婚とイエスの誕生』

『今日の福音 イエスの誕生次第

 『ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。
   このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった。
 
 『キリストの誕生』
  
    ヨセフは、主の天使が命じた通りにした。』
           マタイ福音書 1章6-17節

 ヨセフの信仰は、神の試練に出会い、益々、研ぎ澄まされていくのです。

 
次に。
ヨセフの人生の第四弾:『エジプト逃亡』

  『イエスの誕生を拝みに来た占星術の学者たちが帰っていくと、
        主の天使が夢でヨセフに現れて言った。

「起きて、子どもとその母親を連れて、エジプトに逃げ、私が告げるまで、そこにとどまっていなさい。
   ヘロデが、この子を探し出して、殺そうとしている。」

 ヨセフは起きて、
     夜のうちに幼子とその母親を連れてエジプトに去り、
 
        ヘロデが死ぬまでそこにいた。』
           
マタイ福音書 2章13-15節

ヨセフは、『旧約聖書』に精通していたことでしょう。
 そこに書かれている、
エジプト王の『イスラエルの男児殺害』の命令と、ヘロデの『イスラエルの男児殺害』の命令が重なり、
  更に、
『エジプトの男児・モーセ』『我が子・イエス』の、奇跡的助かりを、重ねたことでしょう。

 ヨセフは、その人生の間、実感なさっていたことでしょう。

    『神の計らいは限りなく、生涯わたしはそのなかに生きる。』
             
詩編 90章1-17節

更に。
エジプトから帰国後。
ヨセフの人生の第五弾:『少年イエスとの日々』
 
  『聖家族』
 

もう一つ。
『今日の福音 イエスとの日々

イエスが十二歳になったときも、両親は祭りの慣習に従って都に上った。
     
祭りの期間が終わって帰路についたとき、
 少年イエスはエルサレムに残っておられたが、両親はそれに気づかなかった。

  
イエスが道連れの中にいるものと思い、一日分の道のりを行ってしまい、

   見つからなかったので、捜しながらエルサレムに引き返した。

  三日の後、イエスが神殿の境内で学者たちの真ん中に座り、
 
     話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。

     
聞いている人は皆、イエスの賢い受け答えに驚いていた。
両親はイエスを見て驚き、すると、イエスは言われた。

     「どうしてわたしを捜したのですか。
わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか。」
   しかし、両親にはイエスの言葉の意味が分からなかった。

 それから、イエスは一緒に下って行き、ナザレに帰り、両親に仕えてお暮らしになった。』
  
  『父ヨセフの仕事を、光を照らし、手伝う少年イエス』 
                ルカ福音書 2章41-51節

 
      
ヨセフの人生は、理解できない、わからないことだらけです。
     それでも、ヨセフは、信仰心を失うことはありませんでした。


そして。
最後には。
ヨセフの人生の第六弾:『イエスの磔刑』
  
   
   『十字架を運ぶイエス』

           ヨセフは、この時はすでに、亡くなっていたのでしょう。
    神の世界から、わが子・イエスの姿を見守っていたのでしょう。

    
          聖ヨセフの生涯は、

   『神のみ旨』のままに、神に従う人生でした。
   それは、沈黙の中で神と出会い、神を確信する人生でした。

幼子イエスとその母を守り、イエスに背中を見せながらイエスを教え、神を証しする人生でした。

 
『今日の叙唱』

    『聖なる父よ、聖ヨセフの祝日に、感謝の祈りをささげます。
    義人ヨセフは神の母おとめマリアの夫に選ばれ、
      誠実賢明なしもべとして聖家族を守り、
聖霊によって人となられた御ひとり子、主イエス・キリストを養い育てました。』


               以上。聖ヨセフ様の人生をたどり、聖ヨセフ様への畏敬と感謝を表しました。
                長々とおつきあいくださいまして、ありがとうございました

 皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
お人の人生いろいろ。そして、皆様は『人生のお手本』をお持ちのことでしょう。
   聖ヨセフに倣えれば、きっと、聖人になること間違いなしですね。 お元気で!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 最後の仕事・・・『椿』 そ... | トップ | 25年ぶりの再会・・・『生き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

待降節。クリスマス。降誕節。四旬節。復活節。」カテゴリの最新記事