ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時も笑顔といっしょ~

ハッピー介護トッシーのブログ。Webは「介護は今よりラク~にできる!」 https://happykaigo.jp/

地域の 「認知症サポーター」 大活躍です! パート2

2009年06月24日 | ご近所の皆様に感謝

いつもありがとうございます。

今日の夕刊に、認知症サポーターが100万人になった・・・という記事が載っていまし。認知症の母と住んでいる私たちにとっては、とっても心強くなる嬉しいニュースでしたね。

今日は、6月12日に続いて2回目の、我が家で実際にあった地域のサポーター大活躍のお話です。これも嬉しかったですね・・・。

 

2年ほど前のお話です。

その日は帰宅したのが、夜8時頃だったと思います。いやもっと遅かったかもしれませんね。

いつもどおり、真っ暗な玄関でドアの鍵を入れると、アレッ? 鍵がかかってないぞ・・・。もしやトミスケ、外へ出たのかな? と、ドアを開けて家の中へ入っていきました。

すると、中から女の人の声がするではありませんか。真っ暗な中で、トミスケと楽しそうに話している声が聞こえたのです。早速照明を付けると、何と、お近くのSさんじゃありませんか。すると開口一番、

「あぁ~ごめんなさい。すみません勝手に上がりこんじゃって」

 

ちょっとびっくりするやら、有り難いやら嬉しいやらで、少し興奮気味にお話を伺うことになりました。

夕方薄暗くなった頃、家の前の道路を散歩されていた時、車が多く通るその上の道路を歩いている母を見つけられたそうです。

危ないと思われたSさんは、母を玄関まで連れて来られたそうですが、母が、

「上がりゃ~、上がりゃ~、上がってきゃ~」とあまりに言うもんだから、つい上がってしまわれた・・・とのことでした。

そのSさん、他人が勝手に上がりこんで堂々と照明を付けるのもなんだからと、外が暗くなってからも暗いままで母のお相手をしていただいていた・・・ということのようでした。(笑)

 

いやあ~感動しました!

とっても嬉しかったです!

「ごめんなさいね。勝手に上がりこんですみませんでした」

って何度も言われるけれど、すみませんなんてとんでもない。

「何おっしゃるの、すみませんなんてとんでもない。危ない道から母を連れて来て頂き、よくもこんな時間まで母の相手をしてくださいました。こちらがお礼を言うことですよ。本当にありがとうございました」

そんなやり取りをした後、真っ暗な中を帰って行かれました。

私だったら、きっとそこまではできなかったろうと思います。そのことを考えると、Sさんには感謝の気持ちでいっぱいになります。本当によくやっていただいたなぁ~と、今も鮮明に覚えていますね。

本当に、ご近所の皆様にも、感謝、感謝ですね!

 

写真は、今日、デイサービスから持ち帰ったものです。

今日も元気 明日も元気 毎日笑顔でうれしいな! 

我が母トミスケ、いい笑顔してますね。

デイサービスの皆様にも、本当に感謝、感謝ですね。

私たち、お陰で今日も、とってもハッピーな1日でした。

お読みいただき、ありがとうございまぁ~す。 (toshi) 

 

サイトに戻る!

コメント